FC2ブログ

柔らかな尻肉は反省を促す為に打ちすえられる

2018.02.06.Tue.21:00
「さてと…口枷のベルトと、お尻の玩具を鎖で繋いで…はい、完成! うんうん、とってもよく似合ってるよ、怪盗君」
「んうぅっ! む…ぐふうぅ!」

意地悪く微笑む男の顔に向かって鋭い視線を浴びせ、怪盗と呼ばれた少年は黒い棒を噛まされた口から抗議の唸りを上げる。
だが、そんな事をしても男は痛くも痒くもない。左右の手首と足首に嵌められた黒革の枷を四本の短い鎖で繋がれて窮屈な四つん這いを強制され、口を塞ぐ棒状の枷と尻穴を塞ぐ釣り針のような形状の張型を鎖で繋がれて顔を限界まで持ち上げ続ける苦しい状態を強要され、隷属の証である真っ赤な首輪を嵌められた裸体の少年怪盗が反抗的に睨み付けながら唸ってみせても、それは怪盗を捕らえた男の興奮と加虐心を煽る効果しか無い。

「おや? せっかく可愛く着飾ってあげたのに、随分と不満そうだね? ご主人様からの贈り物を喜べない悪い子は、お仕置きだよ」

こんな贈り物が嬉しい訳が無い。そう考えて、少年怪盗は再度抗議の唸りを上げようとした。
だが、その唸りは、甘く歪んだ悲鳴へと変わってしまった。男の左手が口枷と尻の張型を遊び無く結ぶ鎖を握って、ぐいと持ち上げたからだ。

「あむぉぉぉぉっ!? ほ、ごほぉっ…!!」

口に棒枷が食い込んで、苦しい。しかしそれ以上に、気持ち良い。男の左手が鎖を持ち上げた事によって腸内を満たす張型の先端が前立腺を激しく抉り始めたせいで、少年怪盗は嫌でも快楽を強く感じてしまう。

「あ、おぉっ! むぅ、ぐふ…あ、はっ、はぁぁっ……!」

捕らわれた日には尻穴で異物を受け入れる事など出来なかったというのに、今では男が用意した悪趣味な淫具をすんなりと受け入れ、乱暴に弄ばれても快楽を覚えてしまう。
こんな事をされて気持ち良くなんてなりたくないのに、気持ち良くなってしまう。勝手に男根を膨張させて、先端から透明な蜜を零してしまう。
淫らに作り変えられてしまった事実を改めて理解させられた少年怪盗の心に、屈辱の感情が沸き起こる。けれど、それはまだ序の口に過ぎない。男が口にしたお仕置きは、まだ前準備が終わった段階なのだ。

「さ、良い子になれるまで、しっかり反省しなさい」
「うぎゅぅぅぅぅぅぅーっ!? ふっ、むぐっ、ぐぶぅぅぅぅ!!」

左手で鎖を持ち上げて少年怪盗の裸体が前に逃げるのを封じた男の右手が、柔らかな尻肉に向かって容赦無く、何度も振り下ろされる。
衝撃を受けた尻肉に、鋭い痛みが走る。痛みが走るのに、その痛みは少年怪盗の筋肉を強ばらせて無意識に腸内の張型をきゅうきゅうと絞め付けさせ、更なる快楽を生む引き金となってしまう。

「んー! むぐぅっ…ふぐぅぅぅ!! あー! あおぉぉっ!! ふー、うぅぅぅーっ…!!」

床に着いた手足をガクガクと震わせながら責め苦に苛まれている少年怪盗の痛々しい悲鳴は、男の手が尻を打つ乾いた音と共に、助けの望めない空間の中で少年が意識を手放すまで虚しく反響し続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


罵倒しながらエロいことしてくれる塾の先生がいるって本当ですか?
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示