FC2ブログ

男は全ての選択肢を奪われ一方的に苦悶を注ぎ込まれる

2018.01.08.Mon.21:00
「んっ…んむぅぅぅっ!! ふぅっ…ぐ、ふぐっ……んー! んっ、むふぅぅっ」

畳敷きの和室に敷かれた布団の上で、男が苦しげな唸り声を発しながら身悶えている。
黒色のガムテープを幾重にも貼り付けられて視界と言葉を封じられた顔を振り乱し、背中側でピンと伸ばしたまま手首と肘の部分をガムテープできつく括られた腕に力を込め、足首と膝と太ももを腕と同じようにテープで括られた足を暴れさせながら、男はテープに自由を奪われた裸体を、芋虫のように布団の上でのたうち回らせている。

何も見えず、何も言えない。立ち上がる事はおろか、無防備な裸体を隠す事も出来ない。
行動の選択肢を根こそぎ奪われた哀れな男。そんな男に出来る事は、一つしか残されていない。
自分を捕らえ飼育する男の気まぐれのままに弄ばれ、一方的に苦悶させられる…屈辱に満ちた選択肢しか無い。

ガムテープに身動きを封じられた裸体を惨めにもがかせる様子を観察されても、男は視界を塞がれていても分かる視線に貫かれながら羞恥を抱くしか無く。布団から足がはみ出した仕置きと称して左右の乳首に痒み薬をたっぷりと塗り込まれても、男はじくじくとした疼きと共に痒みが高まっていく乳首に触れる事も叶わぬまま時折意地悪く乳首を軽く撫でてくる憎い男の指に反応して情けなく裸体を跳ねさせるしか無く。度重なる調教によって異物を受け入れる行為に抵抗が無くなった尻穴を一円玉程の大きさの球が連なった淫具で埋め尽くされ、その球で前立腺を刺激されて硬く張り詰めてしまった男根を射精も認めぬまま勃起させ続ける事を強いられても、拒否の選択肢を取り上げられた男は大人しく命令に従うしか無い。

右側を下にして布団に寝転がり、ガムテープに覆われた顔を歪ませながら意味を持たない唸りを上げ、痒みに襲われている乳首を時々指で撫でられ、淫らな躾によって性器へと作りかえられてしまった尻穴を容赦無く抉る球の淫具に快楽を叩き込まれ、硬く勃起させられている男根は一切の刺激を与えられない状態でほったらかしにされている。
地獄のような状況に追いやられ、淫らな欲望を何処までも高められながら狂ったように身悶える男。そんな男を作り出した無慈悲な飼い主の男は、苦悶する男の前で左側を下にして寝転がり、思い通りに喘ぎ無く可愛い男の痴態を至近距離で眺めながら微笑んだ。

「君は、本当に可愛いね。幾ら苛めても、反応が可愛いからもっともっと苛めたくなっちゃうよ。ね、君も苛めて欲しいでしょう?」
「うー! んむっ、むぐぅぅんっ!!」

苛めて欲しくなんてない。くぐもった唸りでそれを伝える予想通りの反応に鬼畜な男はまた微笑み、苛めて欲しいという意思を引きずり出す為に痒む乳首を焦らしに焦らしてやろうと考え、自身の太ももの上に置いていた右手を男の左乳首の方へと、ゆっくり近付けていった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


雄尻品評会 極
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示