FC2ブログ

お友達は隠された地下空間で作られる

2017.10.13.Fri.21:00
「あの…社長、私に見せたい物があると仰っていましたが、それは…」
「ふふっ、すぐに分かるよ」

二人きりのエレベーター内の中で質問をしようとした秘書の言葉は、いたずらっぽく笑う社長の男の言葉で遮られた。そして、そんな会話の最中にも、エレベーターは下に下にと移動していく。社長室が存在する最上階からエントランスがある一階へと移動し、秘書が知る限りの最下層である地下二階も通り過ぎて更に下へと移動していく。
今まで見た事も無い表示をしているエレベーター内の液晶パネルに、秘書の中で不安が募る。その不安はエレベーターがとまった瞬間最高潮に達し、扉が開いた途端予想もしていなかった光景を目にした事で恐怖へと変換された。

「んんーっ…んむっ、ふぅ、ふぐぅんっ!?」
「あ…っ!?」
「ふふっ、ほら、見てごらん? 君と同じように私のしている事に気が付いて、同じように警察にそれを伝えようとしていた私の前の秘書だよ」

扉が開いた途端、秘書の目に見えた物は広い部屋の中心で裸体を晒し、立ったまま拘束されている男が赤いギャグボールを噛まされた口で唸りつつ左右の乳首と男根に固定された淫具を振り乱しながら身悶えている姿と、その男を取り囲む黒いスーツ姿の男達で。社長の男の言葉でそれはすぐに、自分と同じ事をしようとしている事を悟られて捕らえられた自分の前の秘書と、裏で悪事を働く社長の部下の男達であると秘書は理解出来た。
同時に、自分の行動を把握されていたという絶望の事実と、幾ら騒いでも外に声が漏れない地下深くの場所に自分が誘い込まれた事実も、秘書は理解出来てしまった。

「さ、今日から彼と君はお友達だよ。一緒にこの部屋に監禁して、たっぷり可愛がってあげるからね」
「ひっ…!? い、嫌だぁっ! 離せ! 離してくださいぃっ!!」

放心していた秘書の左手が強く掴まれ、秘書はエレベーターから引きずり出される。当然秘書は抵抗するが、部下達が社長に加勢した事で抵抗はあっという間に抑え込まれていき、秘書は着ていた衣服を一枚残らず剥ぎ取られ、裸体に拘束を施されていく。
手首に巻き付けられた黒革製の枷から伸びた鎖を天井から滑車で吊るしたフックに繋がれた秘書の腕は万歳の状態から下ろしたくても下ろせず、つま先立ちを強いられた足は移動する事はもちろん座る事も出来ない。加えて、赤いギャグボールを噛まされた口は意味のある言葉を発する事を禁じられてしまっている。
衣服を没収され、立ったまま裸体を拘束され、言葉を封じられた秘書は、自分よりも前に捕らわれの身となってしまった秘書と同じ逃げられない状況へと追いやられてしまった。違うのは、左右の乳首にピンク色をしたクリップ型のローターが取り付けられていない事と、男根の根元とカリ首の下に細いベルトと一体化したローターが取り付けられていない事だけ。
自分の悪事を暴こうとした悪い秘書達を捕らえ、身動きを封じた社長の男は怯えと悔しさに歪む二人の表情を一しきり眺めると部下に目で指示を出しながら、淫具を取り付けられている方の秘書の背後に回った。

「ほら、お友達が出来て嬉しいでしょう? ここでの生活の先輩としてお手本を示すついでに、歓迎をしてあげようよ」
「んむっ!? むぅぅぅんっ!!」

拒否を挟む余裕も無く、社長の右手で持ち上げられた右足の膝に部下が用意していた枷を巻き付けられ、天井のフックと右膝を鎖で繋がれて右足を下ろせなくされた秘書は、ついさっき捕らわれた秘書に対して股間をさらけ出す恥辱の格好を強いられた。
それだけでも気が狂いそうな程の恥ずかしさを秘書は感じているのに、社長の男は部下から極太のアナルバイブを受け取ると、何の躊躇いも無くそれを開かせた秘書の足の間に運び、長期間の快楽調教ですっかり緩み切った尻穴にずぶずぶと押し込んでいく。

「むぐぅぅぅーっ!! うぶっ、ふぶぅぅぅ!!」
「ふふっ…入っちゃうねぇ。最初はこれの半分の太さも入らなかったのに、今じゃ潤滑剤もまぶしてないのに簡単にこの太さがお尻に入っちゃうねぇ……淫乱秘書くん?」
「んむぅぅぅ! ふぐぅぅっ……!」

弱々しい否定の唸りを聞きながら社長が愉しそうに微笑み、尻穴に押し込んだバイブをベルトで抜け落ちないように固定する。そうして固定し終えると社長は今度はもう一人の秘書の背後に回り、左手に握ったリモコンをこれみよがしに秘書の顔の前で揺らしながら、耳元で残酷に囁いた。

「よく見ておきなさい。明日からは、君も同じように可愛がってあげるんだからね」

言い終わるのとほぼ同時に、社長はリモコンの三つのダイヤルを操作し全てを『MAX』と記された位置に合わせる。直後、乳首のローターと、男根のローターが今までよりも大きな駆動音を立てて震え始め、尻穴のバイブが容赦無く暴れて腸壁を掻き毟り、秘書は上げた状態を強要された右足をガクガクと痙攣させながら無意識に腰を振ってよがり狂う痴態を晒し出した。

「むぎゅぅぅぅぅぅーっ!? んぼっ、おぼぉぉっ! おぅ、おふっ、おごっ、むごぉぉぉぉんっ!!」
「あぁ、いやらしい身悶え方に、良い声だね。君も、そう思うだろう?」
「っ…んぐぅ……」

過剰なまでの快楽を当然のように叩き込み、我を忘れて獣のような声で喘ぎ鳴く男を作り出した社長の静かな声を聞きながら秘書は恐怖と絶望を改めて胸に募らせつつも、目の前の男の淫らな姿に欲情を煽られて興奮を抱き、自らの男根を緩やかにふくらませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


契約少年3。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示