FC2ブログ

悪人達は屈服への期待を寄せる

2017.10.09.Mon.21:00
捕らわれの身となってしまった捜査員の左右の手首に嵌められた黒い革製の枷に繋がれた鎖は捜査員の頭上へと伸び、古びた倉庫の天井に固定されたフックへと結合されている。そして、左右の足首に嵌められた手首と同じ枷は倉庫の床に打ち付けられた金具へと短い鎖で繋がれている。
まるで、万歳をしているような状態を強要されたまま腕を下ろす事はおろか座る事も衣服を剥ぎ取られた裸体を覆い隠す事も禁じられ、足は肩幅に開かされたまま閉じられず捜査員の恥ずかしい場所は何もかも丸見えだ。
言葉を封じる黒のギャグボールの穴から飲み込めない唾液が零れ落ちる様も、胸元でつつましく自己主張する二つの肉の粒も、足の間で揺れている雄の証も、尻の谷間の奥で息づく窄まった穴も、何もかもが捜査員を捕らえた悪人達の前にさらけ出されている。

敵の手に落ち、衣服を没収された裸体を拘束され、ありとあらゆる箇所を視線で嬲られる状況。それは、捜査員にとって耐えがたい屈辱だ。
だが、悪人達にとっては、それだけでは到底物足りない。屈辱に震える捜査員の裸体を眺めるだけでは、満足など出来ない。
故に、悪人達は逃れられぬ捜査員に更なる責めを与え、屈辱と苦悶を何倍にも膨れ上がらせた。何をされても拒めない捜査員の左腕に、捜査員が取り締まろうとしていた強力な媚薬を多めに注射し、気が狂いそうな発情を誘発させたのだ。
勝手に身体が淫らに火照り、快楽を欲する強烈な発情。乳首が硬く尖り、男根が限界まで張り詰め、全身の皮膚が泡立ったように疼く暴力的なまでの淫薬による発情。そんな発情を、手足の自由を奪われた上で強いられた捜査員はあっという間に淫らな欲望に理性を蝕まれ、情けない唸り声を上げながら悪人達が見ている前で無様に身をくねらせて卑猥に踊る事となってしまった。

「んーっ! んふっ、ふぅ! ふぐうぅぅぅ!!」

発情による汗で濡れそぼった裸体を激しくくねらせて踊り、捜査員はとめど無く湧き上がる淫らな欲望をどうにか散らそうとしている。
しかし、そんな事をしても散るのは汗と淫液だけだ。赤く充血した乳首と、硬く勃起した男根を揺らしながら身をよじっても、それは残酷な悪人達の目を愉しませ、興奮を煽る効果しか生まない。

「ふっ…ぐうぅ! んもっ、おぉ…おぉーっ…!!」

自分の中で暴れ回る気持ち良くなりたいという欲求と戦いつつ快楽をねだる哀願を堪え続ける捜査員の様子を、悪人達は思い思いに倉庫内でくつろぎながら無言で眺め、捜査員が屈服を迎える瞬間への期待を寄せていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN Vol.25 男の娘同棲物語
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示