FC2ブログ

捕らわれた者は甘く容赦無くいたぶられる

2017.08.24.Thu.21:00
豪邸の地下に作られた空間に、一人の男と数人の少年がいる。どんなに騒いでも声が外に漏れないように設計された地下に、男と少年達がいる。その状況だけでも異質だというのに、男と少年達は全員が衣服を一枚も身に着けていない、生まれたままの姿を晒していた。
明らかに、その地下室は正常な状態ではない。それもそのはずだろう。何故なら、その地下室は捕らえた者を閉じ込めて弄ぶ為だけに用意された空間だからだ。

逃げ出したくても逃げ出せないようつま先立ちのまま座る事も移動も出来ないよう、天井から鎖で吊るされた黒革の枷を両手首に、床の金具に鎖で繋がれた枷を足首に嵌められている捕らわれた者は、その身に無慈悲で淫らな苦悶を絶え間無く注ぎ込まれ、黒のギャグボールを噛まされた口から泡立った唾液と共にくぐもった喘ぎ声を発していた。

「うぅぅぅぅーっ!! んぐっ、ふっ、ぎゅ、ふぶぅぅぅ!!」
「刑事さん、またイっちゃったねー」
「捕まえようとしてた盗賊団に逆に捕まって、何度も何度も射精させられて…恥ーずかしー」
「でも、これじゃ全然足りないよね? もっともっと情けなく射精させられたいよね? 恥ずかしくして欲しいよね?」
「むぐぉぉぉぉぉーっ!!」

少年盗賊団の罠にまんまと嵌まり、豪邸の地下室へと運ばれてしまった刑事の男は、手足と口の拘束によって抵抗はおろか哀願も禁じられた状況で望まぬ快楽を与えられながら、もう何時間も絶頂を強いられ続けていた。
一回り以上年下の少年達の手に無防備な裸体を容赦無く撫で回され、硬く尖ってしまった左右の乳首を指先で転がしたり摘まんだりして弄られ、丹念に解されて異物の侵入を拒めなくされた尻穴を指で好き勝手にぐちゅぐちゅと掻き回され、何度射精を迎えても萎える事さえ許されない男根をしつこく手で擦られ、数え切れない程の回数の絶頂へと追い立てられた哀れな刑事の男は、もはや心も身体も疲弊し切っている。
休み無く長時間淫らな刺激を加えられた刑事の裸体は常にガクガクと小刻みに震え、見開かれた目からは大粒の涙がぽろぽろと零れていて、男が刑事としての誇りや年上としての威厳を保つ余裕を失う程の快楽を感じて苦悶している事実を少年達に伝えている。
だが、その事実を把握しても少年達は手をとめない。残酷な少年盗賊団は自分達のモノにした刑事の男に手を伸ばして無防備な裸体を更なる快楽で追い詰め、狂ったようによがり鳴いて身悶える刑事の痴態を目と耳で愉しみながら、無慈悲な笑みをにっこりと浮かべて刑事を辱める言葉を放つだけだ。

「刑事さん、イっちゃいなよ。もう何十回もイってるんだから、今更我慢する意味無いでしょ?」
「ほらほら、僕の手の中でチンコがビクビクしてるよ? 刑事さんのチンコが、少年盗賊の手でイきたいって言ってるよ?」
「さ、お尻と乳首もいっぱい苛めてあげるから、情けなくイきなよ。刑事さん」
「あーっ! が、あぁ…んぅ! ふー! ふぐぅぅぅぅぅーっ……!!」

息子程年の離れた少年達に甘くいたぶられ、無様な絶頂を迎える刑事の裸体が苦しげに仰け反る様子を眺めつつ地下室に反響する歪んだ悲鳴を聞く少年達は満足そうな表情を浮かべながら、自身の幼い男根の先端から透明な蜜を滴らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



男の娘スプレイヤー総集編
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示