FC2ブログ

部屋は少年を弄ぶ為だけに用意される

2017.07.20.Thu.21:30
「ん…んー……む、うぅぅっ…」

窓が無く、扉は一つしか無い部屋。防音性の高い素材で作られた壁や天井に囲まれており、中でどんなに騒いでも外に音が漏れないよう設計された部屋の床に敷かれた柔らかな薄桃色のマットの上で、少年が弱々しい唸り声を上げている。
握り拳の状態を強制させ指を使えなくさせる黒色の手袋を嵌められた上で手枷と短い鎖を使って背中で拘束された手をじたばたともがかせながら黒革の目隠しの下で眉根を寄せ、壁の金具と赤い首輪の金具を繋ぐ長い鎖を冷たく鳴らしながら、衣服を一切まとっていない裸体の少年は口に噛まされた黒い棒状の枷の隙間から飲み込めない唾液と意味を持たない唸りを零している。

視界と言葉を封じられ、手を使う事も許されない姿で動物のように首輪で繋がれた裸体の少年が、騒いでも助けの来ない部屋に閉じ込められている。
周囲の状況を見て確認する事も出来ず、舌を噛んで自ら命を絶つ事も出来ない惨めな少年は、もはや自分をその状況に追いやった存在の思い通りになるしか無い。
部屋の扉が突然開き、靴音が近付いてくる音に気付いても、少年は床に転がされた裸体を硬く強張らせ、これから始まる辱めにただただ恐怖するしか無いのだ。

「んっ…うぅ、ふぐぅっ…!」

近付いてきた何者かが、左右の手で荒々しく少年の左右の足首を掴み、何の躊躇いも無く大きく開脚させる。拘束された腕を背中の下敷きにした上で仰向けに寝かされ、恥部を無理矢理に露出させられた少年は羞恥と屈辱で呻き声を上げたが、足を開かせた者はそんな呻きなどお構い無しに動き、少年がどうやっても足を閉じられないよう細い太ももを自らの膝でマットに押さえ付けると自由になった左手で少年の幼い男根を、右手で自分よりも先に少年を弄んだ者達が残した白の体液が少し溢れ出ている尻穴を弄り回し、望まぬ快楽を注ぎ込んで抗えない少年を一方的によがり鳴かせ始めた。

「んー!? むっ、ぐっ、ふぐぅぅぅ!!」

男根を緩く握られて上下に扱かれ、尻穴をいきなり三本の指でぐちゅぐちゅと掻き回される刺激に、少年はイヤイヤと顔を左右に振りながらやめてくれの意思を伝える。
しかし、やめてくれの意思を伝える少年の心とは裏腹に、この部屋に監禁されてからずっと淫らな調教を加えられてきた肉体は、甘い刺激に対して悦びの反応を返してしまっていた。
幼い男根を扱かれれば素直に硬くそそり立ち、三本の指で腸内を満たされても、やすやすと受け入れただけでなく中をほじくる指をまるで歓迎するかのようにきゅうきゅうと熱烈に絞め付け、たっぷりと解された直後に指を勢い良く引き抜かれてぽっかりと淫猥に開いた尻穴に男根を突き入れられても、少年の肉体は幸福感と共に堪らない快楽を覚えてしまう。

「んっ、んふっ! ふぅ、ふぐ、うぅ、うぶぅぅ!」

男根と尻穴を弄っていた手が再び少年の足を持ち、後ろにでんぐり返しをする途中に近い体勢を強いる。その体勢のまま真上から淫らに育てられた尻穴を奥深くまで容赦無く男根で掘削される少年は、嫌悪感とは全く違う蕩けた悲鳴を上げながらビクビクと裸体を震わせ、幼い男根から白の体液を腹部に放出しつつ何度も何度も絶頂を迎えさせられた。
その絶頂に合わせて激しくうねる腸内の動きに、長くは耐えられなかったのだろう。少年を凌辱する者は男根を襲う尻穴の揉み込みに野太い声を漏らし、腸内の深い位置に男根を潜り込ませた状態で濃い精液を大量に流し込んだ。

「んむ、ふぅ、ふぐ…うぅんっ!」

腸内に液体が流し込まれる充足感が消え去る頃に男根が引き抜かれ、少年に疲労とまた良い様に弄ばれてしまった事実に対する悔しさが訪れる。
汗と淫液で汚れた裸体を脱力させ、恥部を隠す事もせずにぐったりと横たわっている少年を作り出した者は、その淫らな様子ににっこりと微笑み、汗ばんだ髪を優しく撫でながら残酷に言った。

「じゃ、またね。今度は時間作って、たっぷり玩具を使ってイき狂わせてあげるよ。愉しみにしててね、少年探偵さん?」
「うー…うぐぅーっ……!!」

少年探偵は、哀願の感情を込めて制止の唸りを上げる。だが、無慈悲な男の足音は段々と小さくなっていき、少年探偵を性処理道具として弄ぶ為だけに用意された監禁部屋の扉は無情にも閉じられ、外から鍵をかけられてしまった。

「ふぅ…うふぅっ…!」

再び一人きりとなった監禁部屋には、尻穴からぬくもりを持った精液を溢れさせる少年探偵がすすり泣く声が、哀しく響いていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カテキョ中、生意気なショタをお仕置きした結果エロ可愛い件ww
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示