FC2ブログ

二匹の犬は淫らできついお仕置きを施される

2017.07.17.Mon.21:00
「嫌だぁぁぁっ! 許して、くださいぃっ! やめて、やめ、んむぐぅぅぅぅ!!」
「お願いしますぅっ! もう、逃げたり、しませんから! 助けて! うぐぅぅぅぅーっ!!」

両手両足を幾重にも巻かれた布によって折り畳んだまま伸ばせないように拘束され、その上から首から下をすっぽりと包む黒犬と白犬の着ぐるみを着せられた二人の男が、なりふり構わない哀願の言葉を発する。だが、その言葉は無情にも途中で遮られてしまった。白犬と黒犬の顔を模した着ぐるみを頭部にも被せられ、その着ぐるみの内側に付いている太い棒で口内を塞がれてしまったからだ。
手足の自由を奪われ、最後に装着された頭部の着ぐるみに言葉を視界を塞がれた哀れな男達は、もはや何をされても受け入れるしか無い。
着ぐるみの上から赤い首輪を装着され、その首輪に繋げられた二本の鎖をもう一人の首輪と床に打ち付けた金具に南京錠で結合されても二人は着ぐるみの中で鎖が擦れる音を聞くしか無く。着ぐるみの股間部分に空いた穴に手を突っ込まれ男根と睾丸を取り出され露出させられても、二人は着ぐるみの中で羞恥に震えるしか無く。自分達を金で買い性奴隷として飼い慣らしている富豪の男が部下に指示を出しながら意地悪さと愉快さが混じった声で話しかけてきても、二人は着ぐるみの中でただただ恐怖するしか無い。

「さてと…私から逃げ出そうなんて考える悪いワンちゃん達にはきついお仕置きだよ。二度と逃げ出そうなんて考えられないように、気持ち良くなる事だけしか考えられないように、たっぷりと躾け直してあげるからねぇ…」

富豪の男が言葉を放つ間にも、部下の手で仕置きの準備が進められる。男根の根元と亀頭のすぐ下に射精を禁じる為の細く黒い革ベルトが巻き付けられ、着ぐるみの内側に生え尻穴を奥深くまで埋め尽くしている尻尾と一体化したバイブのスイッチに指がかけられる。

「うーぅっ! うぅ! うぎゅぅぅぅっ!!」
「んっ、むぅ、んぐぅぅっ!!」

幾度と無く弄ばれ、尻穴を性器として扱われた男達は視界を閉ざされていてもこれから何が行われるかが分かってしまった。故に、男達は犬の着ぐるみを被せられた頭部を富豪の男の声がする方に向け、無我夢中で許しを請う唸りを上げた。
もちろん、そんな唸りで慈悲を与えるような人物なら、最初から手間のかかる拘束など施さない。富豪の男は自分の性奴隷である男達があどけない表情の犬の顔を向けて意味を持たない声で救いを求める度に興奮と加虐心を募らせ、耐え切れないと言わんばかりに背筋を震わせながらバイブのスイッチに指をかけている部下達に目配せで指示を出し、哀れな黒犬と白犬に残酷な言葉を浴びせた。

「それじゃ、始めるよ。ここはどんなに騒いでも大丈夫な部屋だから、好きなだけ鳴き声を上げていいからね」

富豪の男の言葉が終わると同時に、部下の指がバイブのスイッチをオンにする。途端、二人の尻穴からは激しい駆動音と共に柔らかな腸内の肉を淫猥に掻き回す粘ついた水音が響き、着ぐるみの中の男達は拘束された手足をガクガクと痙攣させながら、塞がれた口で甘い悲鳴を部屋中に響かせた。

「んむぅぅぅぅーっ!! ぐ、ぎゅ! ふむぅぅぅぅ!!」
「あ、がぉっ! おぼっ、ほ! うぅぅぅぅーっ!!」

尻穴を襲う快楽に抗えずに二人の男根が膨張し、膨張してしまった男根に射精封じのベルトが強く食い込む。そのベルトの食い込みで痛みを感じながらも淫らに躾けられた男達の肉体は尻穴を掻き回される悦びを覚え、無意識に着ぐるみに包まれた裸体をくねらせてベルトに絞め付けられている男根とバイブと繋がっている黒と白の尻尾を左右に揺らめかせる。
その様子を、無言で頭を下げて部屋を後にした部下の代わりに二人の背後へと移動してしゃがんだ富豪はじっくりと眺めて笑い、左手で黒犬の左の尻を、右手で白犬の右の尻を掴んで力を込めた。

「ほら、もっと気持ち良くしてあげるよ。こうすると、ワンちゃん達のお尻の穴が更に気持ち良いでしょう?」
「うぅ、うぐ! ふぐぅぅぅ!」
「もっ、ふっ、ぶふぅぅぅっ!!」

富豪の男の手で引き寄せられた二人の尻が着ぐるみごしに触れ合い、そのままぐりぐりと手でこねられる。尻穴をバイブに掻き回されながらその動きを加えられた二人は一層激しいバイブの擦り上げを嫌でも感じ、あっという間に射精を伴わない絶頂へと追いやられてしまった。

「ふふっ…もうイっちゃったね。随分と気に入ったみたいだから、今から、ずっとバイブを動かしながらお尻を苛めてあげるよ。どっちかが勝手に気絶したらもっとひどいお仕置きをするから、気絶しないように気を付けながらイきまくるんだよ?」
「うぅ!? むっ、ふぐぅぅぅ!!」
「おぅぅぅ! ほふっ、お! あおぉぉぉぉ……っ!」

もう一人の尻と擦り合わせるように尻を捏ねられたかと思えば、一人一人順番に左右の尻肉を丹念に揉み込まれ、手が疲れたからと言われて自ら腰を動かして尻肉をぶつけ合う事を命令された男達は、着ぐるみの内部に溜まる汗の臭いと暑さに追い詰められ、息苦しさと否定出来ない快楽に理性を削り落とされながら数え切れない程に射精無しの絶頂を迎え、反抗する意思を失って快楽の事のみを考える淫乱な肉の塊へと、どうする事も出来ずに躾け直されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カテキョ中、生意気なショタをお仕置きした結果エロ可愛い件ww
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示