FC2ブログ

黒に覆われた刑事達は甘く無慈悲に追い詰められる

2017.07.13.Thu.21:00
「あ…おぉっ。ほ、おぉ、おぅぅぅ…っ!」
「ふぅーっ…うぅ、ふっ、あうぅっ…」

苦悶に歪んだ呻き声が、誰かを閉じ込める為だけに作られた地下牢の中から弱々しく響く。その呻き声の主は、二人の男。悪人達の罠に掛けられて抵抗虚しく捕らえられて地下牢へと運ばれ、身に着けていた衣服の代わりに金属のリングを噛ませる開口具の部分以外の全身を隙間無くぴっちりと覆う黒のラバースーツを着せられ、その着せられたラバースーツの上から地下牢の壁に短い鎖で繋がれた黒革の枷をあらゆる箇所に取り付けられ立ったまま抵抗と逃走を完全に封じられてしまった無様な刑事の男達だ。
頭上に持ち上げさせられた手首と肘を壁に繋ぎ、首と胸部と腰を縫い付け、肩幅に開かされた足の足首と膝と太ももを固定する厳重な枷に行動の自由を取り上げられた刑事達は、もちろん奪われた自由を取り戻そうと考え、開かされたまま閉じられなくされた口から飲み込めない唾液を垂れ流しつつじたばたと身をもがかせた。
しかし、もがいたくらいで簡単に解ける拘束をわざわざ時間をかけて施す訳は無い。もがいてももがいても並んで壁に繋がれた刑事達は無理矢理に着せられたラバースーツが立てる甲高い音を鳴らす事しか出来ず、挙句の果てに二人はラバーの内側に溜まる熱によってあっという間に消耗し、嘲笑う悪人達の前で荒い息を吐きながらぐったりと脱力するという情けない姿を晒してしまった。

自力での脱出は不可能に近い事を嫌でも思い知り、何もかもを憎い悪人達に握られた事実に屈辱と恐怖を抱く哀れな刑事達。そんな刑事達に悪人達は無慈悲な責めを追加し、ほったらかしでも刑事達が悶え苦しむ状況を作ってから地下室を去ってしまった。
二人の刑事に噛ませた開口具に透明な太いチューブを取り付け、そのチューブの先を箱型の機械へと繋ぎ、淫らな欲望を強く掻き立てる催淫ガスが含まれた空気を吸わなければ呼吸が行えない状況を用意してから、二人の刑事を地下牢に置き去りにしてしまった。
その結果、二人の刑事は意に反して湧き上がる淫欲に抗い切れずに肉体をいやらしく変化させてラバースーツの股間部分と左右の胸元を内側から押し上げ、壁に繋がれた状態で無意識に腰を前後に揺らめかせつつ、必死になって呼吸とラバースーツ内に蓄積する熱を我慢し続けるという地獄を味わされ、憎んでいた悪人達の帰還を心の底から待ち侘びる精神状態へと追い詰められていた。

「はっ…はっ、は、おぉ…!」
「ふーっ…! ふっ、ぐふっ…」

硬く張り詰めさせられた男根が、じくじくとした疼きと共に刺激が欲しいと喚く。男根程強烈ではないものの、全身が疼きに苛まれ、刑事達に気が狂わんばかりのもどかしさを抱かせる。
そのもどかしさに加えて、刑事達はラバー内の熱と、催淫ガスを拒むが故の酸欠に苦しめられている。もはや、プライドや自尊心を守る余裕などあるはずが無い。
憔悴し切った二人の元に戻って来た悪人達の問いに対して、意地を張った反応を見せる気力も、当然残されてはいなかった。

「刑事さん達、ただいま。たっぷりガスを吸ったから、気持ち良くなりたくて頭がおかしくなりそうだろ?」
「うっ、うふぅぅ!」
「これ以上ガスを吸ったら本当に気が狂っちまうかもなぁ。さすがに、もう吸いたくは無いだろ?」
「うー! ふうぅぅ!!」

無我夢中で肯定の唸りを発しながら、刑事達はラバーに包まれた顔を縦に振る。その様子を見て、悪人達は箱側に繋がれていたチューブを取り外した。

「は、おぉぉっ…」
「ふぅ、ふぅぅっ」

ようやく吸えた、甘ったるい味の混ざっていない空気に、刑事達は安堵する。が、その安堵は一瞬で終わった。悪人達が取り外したばかりのチューブ同士を繋いでしまったからだ。

「こっ、ふっ!? ほっ、こぉっ!」
「はぉ!? あ、おぉっ、はっ、はぁっ…!!」

もう一人が吐き出した空気しか吸えない循環呼吸。それを強いられた刑事達は視覚を奪われている為に状況が分からず困惑し、先程までとは別の意味で苦しくなった呼吸に慌てて対応しようとする。
けれど、冷酷な悪人達は呼吸を落ち着かせる隙すら許さない。悪人達は刑事達が困惑している間に二人を繋いだ壁に近付き、無言でマッサージ器に似た淫具を構えて刑事達の性の弱点に狙いを付け、何の躊躇も無く淫具のスイッチを入れると淫薬で発情し切った刑事達の肉体をラバースーツの上から容赦無く淫具でいたぶり、二人を次から次へと絶頂が訪れる甘い快楽地獄に叩き込んだのだ。

「あうぉぉぉぉぉーっ!? こっ、ほっ、おほぉぉ!!」
「うぎゅぅぅぅっ!! ふっ、ぎゅ! あがぁぁぁ!!」
「おいおい、悦び過ぎだぜ。そんなに感じまくってたら、逆にイき過ぎで頭がおかしくなっちまうぜ?」
「ま、壊して欲しいってんなら、俺達は大喜びで刑事さん達を壊してやるけどな」
「あぅっ、ふ…ふ! ぐふぅぅ!」
「んぉっ…ほっ、ひっ…!」

チューブ同士を繋がれた循環呼吸を強いられながら酸欠による失神寸前まで絶頂させられ、失神を避ける為にとチューブ同士の連結を解いた状態で失神しても許されずに絶頂させられる刑事達の絶叫は助けの望めない地下牢中に反響し、黒いラバーに包まれて痙攣する肉体の様子と共に、悪人達の残忍な心をこれ以上無く愉しませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ヒーロー、悪にはいぼく
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示