FC2ブログ

裸体は身じろぎも許されずに絶頂を強いられる

2017.07.09.Sun.21:00
口に、言葉を発する事と舌を噛む事を禁じる黒い棒状の枷を噛まされ。左右の手首に嵌められた黒革の枷と黒い首輪の後部を短い鎖で繋がれ。足首と太ももに巻かれた枷同士を手首と同じように短い鎖で繋がれてしまった兵士長の男が、敵国の施設にある地下牢に置かれたベッドの上で無様な裸体を晒している。
敵に捕らわれ捕虜の立場に堕とされただけでも強い屈辱を感じるというのに、兵士長の男はしゃべる事も出来ず、思い通りに手足を使う事も叶わない。完全に、無抵抗の状態へと追いやられた惨めな兵士長の男。そんな男を作り出した敵国の男は、抗えない裸体に更なる拘束を与えた。それは、兵士長の男根を人質のように扱い、足掻きさえも封じる拘束。男根の根元に巻いたベルトと首輪の前部を紐で繋ぎ、男根の中腹とカリ下に巻いたベルトを左右の足の親指に巻いたベルトに紐で繋ぎ、頭を少し持ち上げて足を胴体に限界まで引き寄せた体勢からわずかでも体勢を変えれば男根が激しく絞め上げられるという、残酷な拘束だ。

腹筋に疲労が溜まり、頭部をベッドに下ろして楽になりたいと兵士長が思っても、それをしてしまったら男根の根元が強く絞め上げられてしまう。足も同様で、どんなに疲労が溜まっても足を下ろしたら男根が絞め上げられてしまう為、兵士長は足を必死に引き寄せるしか無い。
ただじっとしているだけでも苦しさが絶えず湧き上がる無慈悲な拘束。だが、兵士長を捕らえて捕虜の立場に堕とした敵国の男はここまでやっても満足せず、抵抗に加えて身じろぎさえままならない姿となった哀れな兵士長に非情な責めを容赦無く注ぎ込み始めた。
どれ程甘い快楽を感じても拘束のせいで身をくねらせる事さえ出来ない兵士長の尻穴を右の指で好き勝手に掻き回しながら亀頭を左の手で休み無く擦り、望まぬ連続絶頂を味わわせながら跳ねそうになる裸体を兵士長自身に抑えさせるという、拷問以外の何物でもない責めを、敵国の男は愉しそうに笑いながら無防備な兵士長の裸体に注ぎ込み始めた。

「ん! んぎぃぃ! ふっ、ふぅ! ふぎゅぅぅぅぅぅ!!」
「あーぁ、またイっちゃったね。薄くなった精液をだらしなく噴き出させて、お尻の穴で私の指を強く絞めて、とても兵士長だった人物とは思えないくらいにいやらしいよ」
「もっ! ぐぉっ! ほぅ、おぶぅぅ!!」

不自然な体勢で支え続けた裸体はどこもかしこも汗で濡れて震え、その限界を超えた身体を絶頂へと何度も何度も追い詰められた兵士長は呼吸すらも上手く行えなくなってしまっている。
けれど、敵国の男はそんな事お構いなしに手を動かしてより淫らで鮮烈な苦悶を兵士長の男に叩き込む。達したばかりの男根の亀頭を、たった今放出された淫液の滑りを借りて素早く左の手の平で擦り、腸液をとめど無く分泌させながら収縮を繰り返している尻穴を右の指でほじくり過敏な前立腺をリズミカルに押し上げて、兵士長を次の絶頂へと無理矢理に導いていく。

「んーっ! んぅーっ!! ふっ、ふぐぅぅぅーっ!!」

目を大きく見開き、口枷に歯を強く立てながら甘い悲鳴を上げ、裸体が仰け反ったり跳ねたりしないよう制御する兵士長の男の哀願の表情を見つめつつ、敵国の男は手の動きを全く緩めずに言った。

「さぁ、もっともっとイこうね。気絶しても、ちゃんと起こしてあげるからさ」
「っう…!!」

気絶が救いにならない事を知って表情を絶望に歪ませる兵士長を眺めて敵国の男はにっこりと笑い、より歪んだ表情を愉しむ為に手を動かして快楽を与え、兵士長に数十度目の絶頂を味わわせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


第二体育準備室
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示