FC2ブログ

刑事は手加減無しの快楽でいたぶり倒される

2017.05.30.Tue.21:00
「う…あぁ、あ! も、やめひぇ…いやら、やぁぁぁぁーっ…!!」

苦悶と憔悴が混じり合った舌足らずな悲鳴が、窓の無い部屋に響く。その声の主は、一人の男。床と平行になるように固定された太く丸い棒に仰向けで寝かされた裸体を、拘束具で固定され身動きを封じられてしまった惨めな刑事の男だ。
肌触りの良さと弾力を併せ持つ青色の素材に包まれた棒に乗せられた刑事の左右の手は、万歳のように頭上に持ち上げた状態から下ろしたくても下ろせないよう、手首と肘の部分にベルトを巻かれて拘束を施されている。そして、棒の横にだらんとはみ出した左右の足は、両足首に巻かれた枷と床の金具を遊び無い鎖で繋がれており、刑事は露出させられた恥部を足を閉じて隠す事も出来ないよう足の動きを制限されてしまっている。

両手を棒に縛り付けられ、両足を床に繋がれ裸体の自由を奪われた刑事。仰向けに寝かされた棒から下りる事も出来ず、衣服を剥ぎ取られた裸体を覆い隠す事も許されない無様な状態に追いやられた刑事はもはや何をされても受け入れる事しか出来ず、自分を捕らえた悪人達が手を伸ばして無防備な裸体を容赦無く甘い快楽で責め立て望まぬ絶頂を強要してきても、抗えない刑事は悪人の思い通り快楽で喘ぎ鳴かされ、精液を男根から噴き出す絶頂を何回も何十回も迎えさせられるしか無い。

左右の乳首を指先で弾かれ摘まんだままくりくりと捻られ、精液と先走りで濡れそぼった男根の幹を手で扱かれ滑った先端を指先で素早く擦られ、たっぷりと解された尻穴の奥深くまでを指で貫かれ特に過敏な前立腺を断続的に緩急を付けて押し上げられ、内股や脇の下、脇腹や足の裏といった皮膚の薄い場所を絶え間無くくすぐられ、屈しないという誓いを思い出す余裕も無く絶頂を強いられ続けた刑事は、限界をとっくに超えている。
息が上手く行えない程に絶頂をされられているというのに、責める男達の巧みな指はその息苦しさが掻き消される程の甘い悦びを次から次へと生み出し、刑事に更なる絶頂を味わわせる。
イってはまたイき、小さくイっている最中に大きくイき、を何時間もさせられた刑事は、もう刑事の誇り以前に男の誇りを守る気力も無く、ただただ理性の崩壊を避けたい一心でなりふり構わない懇願の言葉を発した。

「も、ぉ! ゆりゅひでぇぇっ! イぎだくない! これ以上、イっひゃら…変になりゅ! 狂っちゃ、あぁぁぁぁーっ!?」

嘘偽りの無い懇願の言葉。壊れたくない思いで紡がれた哀願の言葉。そんな言葉は、無慈悲な悪人の男達の手が責めを激しくし始めた事によって途中で遮られ、甘く悲痛な絶叫へと変えられてしまった。

「やぁ! やぁぁぁんっ!! やめひぇ、たしゅけへ! あぁ、イっぢゃう! イぎだぐなひ、のにぃ! イぐぅぅぅ! イっぢゃぁぁぁぁーっ……!!」

淫らに歪んだ悲鳴を耳で堪能し、快楽に追い詰められた裸体が棒に縛り付けられた状態で行う痛々しい痙攣を目と指先で堪能する男達は、刑事の許しを請う声に興奮を募らせながら、もっと刑事を情けなくよがり狂わせる為に指を動かし、無抵抗の裸体を手加減無しの快楽でいたぶり倒していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


獣王の男狩り
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示