FC2ブログ

哀れな痴態は救済の時まで中継される

2017.05.23.Tue.21:00
「あぁぁぁーっ! あっ、あぁ! まら、イぐっ! イっちゃ…あぁ! んあぁぁぁぁーっ!!」

黒革の目隠しの下で苦しげに眉根を寄せ、裸体を生き物とは思えないくらいに激しく痙攣させながら男が絶頂を迎える。
しかし、男が絶頂を迎えても責め苦は終わらない。細長い台に仰向けで寝かされた男の右手首と左足首、左手首と右足首を台の天板の下で鎖で繋いで拘束する頑丈な革の枷は外されず。首輪と一体化した長いベルトは男の首を台の天板に縫い付け。男の裸体に取り付けられた無慈悲な淫具達は無抵抗の男を容赦無く休み無く嬲って絶え間無い絶頂を強制し続けている。

クリップ型のローターに強く挟まれ振動させられている男の乳首は硬く尖った状態から元に戻れず、じんじんとした痺れと、痛痒さと、それら二つを掻き消す程の悦楽を感じている。
ローターが付いた小さなベルトを根元とカリ下にそれぞれ一つずつ巻き付けられている男根は、どんなに腰をくねらせても振り解けないローター付きベルトの振動に射精を促され続け、萎える暇も与えられないまま絶頂と絶頂寸前の短い間を行き来させられている。
台の天板に固定された箱型の機械から伸びた極太の張型に貫かれている尻穴は、張型が奥まで侵入し入り口近くまで抜ける一往復の間に小さな絶頂を何回も迎え、張型に生えた醜悪なイボで腸壁を掻き毟られる度に雌の快楽を感じさせられている。

望まぬ刺激に、心地良さを伴う甘い快楽責めに身動きを封じられた裸体を無感情な機械に長時間いたぶられた男。そんな男の肉体と精神は、もはやボロボロだ。
絶頂を堪える事も出来なくなった裸体は、目隠しの下から涙を零しながら全身から汗を噴き出し、男根からとめど無く先走りと精液を、張型にほじくられている尻穴から泡立った腸液を垂れ流している。終わりの見えない甘い地獄に置かれ、逃げる事も出来ない拘束と懇願も出来ない一人きりの状況を与えられた精神は自分を捕らえて嬲っている者達への憎しみを思い出すどころか刑事としての誇りを思い出す事も出来ず、悶え苦しむ姿をネットで中継すると宣言された事も忘れてはしたなく喘ぎ鳴き、情けなくイきまくりながら腹に黒で書かれた淫乱刑事の文字をくねらせる惨め極まりない自身の姿を全世界の人間に見せ付けてしまう。

「はー…あはぁぁっ!! イぐ! イぎゅ! まら、しぇーえき…出るぅぅぅぅぅーっ!!」

絶頂しながら淫らな叫びを上げ、拘束された裸体を仰け反らせて腹の文字を真上に固定されたカメラに突き出す哀れな刑事の痴態は、刑事が甘い地獄に置き去りにされた部屋に仲間の刑事が訪れるまで続き、吐き出す精液が尽きてもイかされ続ける刑事の様子もその救済の時が来るまで、全世界に中継され続けていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


てんちょと!
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者のみに表示