FC2ブログ

残酷な男は指先に力を入れる

2017.05.19.Fri.21:00
もう、何日この状態でいたぶられたのだろうか。実際には半日も経っていないのだが、誇り高いヒーロースーツを剥ぎ取られた裸体にあらゆる感覚を遮断する拘束スーツを着せられた二人の少年ヒーローには一分一秒が途方も無く長い時間に感じられている。
全身を隙間無く包み込んで絞め付ける黒のラバースーツに視覚と嗅覚と聴覚を封じられ、ラバースーツに付いている金具で手首と後ろに曲げた足首を短く繋がれている状況では見る事も嗅ぐ事も聞く事も出来ず、無様に横たわったまま思い通りの身動きも取れずに口に繋げられた細いゴムチューブで呼吸を行う事しか出来ないのだから時間の感覚が狂うのも無理は無い。加えて、今二人の少年ヒーローは自分を拉致した悪の組織の者によって施された無慈悲な責めに、ラバースーツに内蔵された機械で過敏な弱点である乳首と男根と尻穴の周りを小刻みに震わされる快楽責めに嬲られているのだ。そんな状況で、まともな時間感覚を保てる訳は無い。

二人に出来るのは、ただただ快楽を耐えて理性の崩壊を防ぐ事と、細いチューブでの呼吸を強いられている口から飲み込めない唾液と意味を持たない唸りを零す事、そして悪の組織の首領が腰掛けるソファーの前にうつ伏せで仲良く転がされた姿から離れられないようラバースーツの表面にある金具と天井から吊るされた鎖を繋がれた身体を無様にビクつかせ、望まぬ絶頂を迎える事だけ。
何も言わずに微笑んで自分達を眺めている悪の親玉である男に計画を幾度も邪魔した忌々しい少年ヒーロー達が情けなく悶え苦しむ様を提供し、これ以上無い優越感と愉快さを味わわせる事だけだ。

「う、ぐふっ! むぅ、むぐぅぅ、んぐぶぅぅぅっ…!」
「ん、もぉっ、ふぶーっ! ぐぶぅぅ!」

長い時間、嫌でも快楽に意識が集中してしまう状態で容赦無い快楽を注ぎ込まれた二人の少年ヒーロー達の肉体は限界以上に感度が高まっており、小さな絶頂を休み無く迎え続けるイきっぱなしの状況に陥っている。
もうイきたくないのに、絶頂は次から次へと押し寄せてくる。もう吐き出す精液は底を尽いているのに、男根は何も吐き出さない絶頂をすでに何十回も迎えているのに、無感情な機械はお構いなしに動いて哀れな少年ヒーロー達をより惨めにイき狂わせてくる。

「んー! ん! んぐふぅぅぅ!!」
「ふぼっ、ぐ! ぐふ、むぐふぅぅぅっ…!!」

自身が垂れ流した汗と体液が溜まったスーツの中で甘い絶叫を上げ、黒に覆われた裸体を生き物とは思えないくらいに痙攣させる少年ヒーロー達の姿は無様極まりない物だ。しかし、二人を捕らえて嬲る悪の首領は全く満足していない。もっと無様に乱れさせ、悶え苦しませなければ計画を邪魔された怒りは収まらない。
故に、悪の首領はソファーを下り、悲鳴を上げて身悶える二人の前にしゃがみ込むと残忍な笑みを浮かべながら二人の顔に手を伸ばし、呼吸の為のチューブを人差し指と親指で摘まんで何の躊躇いも無く押し潰した。

「っ…!? ぐ! っぐ! ん…!!」
「く!? くふっ、ふ! うご! おぉぉ!!」

呼吸を遮られ、二人は半狂乱になって呻きながらめちゃくちゃに顔を振り乱す。もちろん、そんな事をしても呼吸は取り戻せず、二人の息苦しさは快楽責めの影響もありあっという間に意識が霞む程の物となる。

「お…ほ、ふ、ぐぅ…!」
「む、う、ふぅ、ん…!」

悲鳴すら上げられなくなり、二人は空気の通り道を閉ざされたチューブを必死に吸いながらピクピクと身を震わせる。その無様な苦悶の姿をギリギリまで愉しんだ男は口角を吊り上げながら指の力を抜き、二人に再びの呼吸を許した。

「ふーっ! ふぐ、むふーっ!!」
「うーうっ! うふっ、ふぐぅぅぅ!」

ようやく許された呼吸に二人の少年ヒーローは心の底から安堵と悦びを抱き、無我夢中で空気を吸い込む。そんな二人の様子を見ながら悪の首領はまた無慈悲にも指に力を入れ、チューブを押し潰してしまった。

「うぎゅぅぅーっ!? ふ、ふぶぅぅ!!」
「んぉぉぉ! ほ、ほぐぅぅぅ!」

また呼吸を遮られた二人は、哀願の感情が痛々しい程に込められた唸りを発する。
口が自由だったら、許してと、助けてと、相手が敵である事を承知で叫んでいたのだろう。そこに思いが至った悪の首領は無意識に鼻で笑い、聴覚を塞がれた二人に聞こえない小声で呟く。

「絶対に許さないし、助けてもあげないよ。壊れるまで嬲って、壊れても嬲って、君達をずっと苦しめてあげるからね…」
「うぐーっ! うっ、うっうぅ!」
「ふごっ、ご! ごふぅぅ!」

冷酷な呟きを知る由も無く、ここが地獄の日々の入口だという残酷な事実を知る由も無い二人の少年ヒーローは、酸欠と絶頂に襲われながら届かない懇願の唸りを哀しく発し、ラバーと拘束具を鳴らしつつ惨めに痙攣し続けていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


エロほん-ぶっかけ-【デジタル版・18禁】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示