FC2ブログ

男は青年に崩壊を促す

2017.05.09.Tue.21:00
「ぐぶぅぅぅっ! おぶっ、ぼぉっ! ふー、ふぅー! ぶぐぅぅぅぅぅぅーんっ!!」

青年の痛々しい悲鳴が、殺風景な部屋に響く。それと同時に、ぎちぎちという音も部屋に鳴る。
痛々しい悲鳴、それは青年の裸体に取り付けられた無慈悲な淫具達による物で。ぎちぎちという音は青年の裸体を緩み無く縛り上げ、部屋の中央に吊るしている縄が立てている物だ。
衣服を剥ぎ取られた青年の裸体に施された縄は、青年の全身を這うようにして自由を奪い抵抗を封じている。手首を背中で重ねたまま動かせなくされ、二の腕を胸部に括り付けられて大きく暴れる事も禁じられ、足首と太もも、膝の上と下を縄で繋がれて足を伸ばせないようにされた青年はもはや立ち上がる事は出来ず口に噛まされた棒状の口枷を外す事も出来ない。それだけでも拘束としては十分なのに、青年を捕らえた男はここに更に縄を加え青年の裸体を腹側を下にして吊るし、足を大きく開かせて男根と尻穴を無防備にさらけ出す恥辱の格好をさせた。
その目的は、青年を辱めて内側から追い詰める為。そして、青年の恥ずかしい場所を淫具が責めている様子と淫具に責められた場所が淫猥に苦しむ様子をじっくりと観察して愉しむ為だ。

「うーぅっ、むぐぅぅ! んー! んっんぅ…うぎゅぅぅぅぅぅ!!」

口枷を強く噛み締め、吊るされた裸体を仰け反らせながら青年はビクビクと痙攣し、勃起している男根から白の薄まった精液を放出した。強制され過ぎた絶頂のせいで、吐き出す精液は底を尽きかけている。萎える事も許されない男根はじくじくと痛み、裸体は常に小さな震えがとまらない状態に陥っている。
しかし、鬼畜な男は青年に許しを与えない。明らかに青年は限界を越えて苦しんでいるというのに、ソファーに腰掛けた男は眼前で揺れ動いている青年の恥部を眺めて微笑むと左右の手を動かし、裏筋にテープで固定したローターを男根ごと右手で緩く握りながら、尻穴から少し抜けていたバイブを左手の親指で腸内の蠕動を味わいつつ再び押し込み、そのままぐりぐりと時計回りにバイブを動かしたのだ。

「んむぉぉぉぉぉぉーっ!?」

ただでさえ絶頂が立て続けに襲ってくる状況で不意打ちに快楽を追加された青年は目を剥いてくぐもった絶叫を上げ、思わず顔を後ろに回し、やめてくれと哀願の視線を込めて男を見つめた。
だが、無慈悲な男はそんな哀願の視線すら残酷な責めに利用する。哀願の意思を把握しておきながらわざと間違った解釈をし、青年の屈辱を煽る言葉を付け加えつつ責めを強める。

「おや? もっと激しくして欲しいのかい? 捜査員さんは今よりもイきまくりたくて堪らないんだねぇ」
「ふぎゅ!? むぅ、おむぅぅぅぅぅ!!」

正義の存在である捜査員だというのに悪人に捕らわれた惨めな事実を改めて認識させられ、唸りによる反論の隙も与えられずに責めが激しくされる。
ローターがリズミカルに男根ごと握られ、男の小指に淫液で滑った亀頭を素早く擦り上げられる。尻穴のバイブが早く回され、時折過敏な前立腺を削れそうなくらいに力を込めて抉ってくる。
もう、快楽を堪える事も不可能。青年捜査員は頭で駄目だと思いつつも絶頂に抗えず、男が求めるままに絶頂を迎える淫らな肉の塊へと堕とされていく。

「好きなだけイきまくりなさい。我慢しないで、壊れるまで気持ち良くなって、捜査員としての自分なんて忘れちゃいなさい」
「んーんっ! んぐぅぅぅぅ!!」

それは嫌だ、と顔を必死に振る青年捜査員の姿を見た男はその残っている理性が全て無くなる瞬間を心の底から愉しみにしつつ、右手と左手で男根と尻穴を甘く嬲り青年捜査員に崩壊を促していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


メス堕ちBL【デジタル版・18禁】
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示