FC2ブログ

男は真上に吊るしたスパイを甘く弄ぶ

2017.04.24.Mon.21:00
「んーっ! んぅ…ふっ、ふぐぅぅぅっ…!」

口に噛まされた布の猿轡ごしに悲鳴を上げながら、スパイさんはまた私に見られた状態で絶頂を迎えた。
私が横になったベッドの上に縄で縛り上げられた裸体を吊るされ、その裸体に幾つもの淫具を固定された無様なスパイさんは、もはや私に淫らな姿を提供するだけの存在へと成り下がっている。
抵抗したくても、鍛えられた肉体をきつく戒める縄はスパイさんの手を背中に回した上で動かせないよう拘束し、足首と太ももを窮屈に折り畳んで括った足を大きく開かせたまま閉じられないようにしている。
そんな格好で、スパイさんが自分を吊るす縄を振りほどけるはずは無い。言葉を奪う猿轡を外せるはずは無い。尻穴で暴れる極太のバイブと、男根をぶるぶると震わせているローター付きのベルトをむしり取り、連続で襲い来る絶頂から逃れられるはずは無い。

「うっ…むぐぅぅぅーんっ! ふぅ、ふぅ、うぶぅぅぅ!!」

苦しげに目を剥き、吐き出す精液の尽きた男根から透明な先走りをとぷりと滴らせて、スパイさんが数十度目の絶頂を迎える。
スパイさんの裸体は汗と淫らな体液でびしょびしょに濡れ、絶え間無く痙攣を繰り返している。
ここまで追い詰めれば十分頃合いだろう。そう考え、私はスパイさんに尋ねた。

「もう、イきたくないでしょう? 貴方の雇い主の情報を教えてくれたら、イきっぱなしの状態から解放してあげますよ…どうします?」

私の問いに対するスパイさんの返事は…予想外の物だった。

「ふぅぅぅぅーっ…! ん、むぅぅぅ!」

スパイさんは私を鋭く睨み、言葉よりもはっきりと伝わる拒否の意思を示したのだ。
どう見ても身体は快楽に屈しているのに、心はまだ折れていない。絶頂し過ぎて苦しいはずなのに、なりふり構わずに懇願してもおかしくないのに、スパイさんは私の慈悲を拒んだ。
それはスパイとしてのプライドがそうさせているのか、それとも身体は屈しても心まで屈したくはないという思いがそうさせているのか、それは分からない。
いずれにせよ、私にとっては好都合だ。
スパイさんに余裕があるなら、まだまだ遊べる。快楽責めを加えてよがり鳴く様子を目と耳で愉しめる。
私は自分でも分かるくらいに愉快一色の笑みを浮かべると左右の手を持ち上げ、今まで責めていなかった場所を、赤く充血して尖りきったスパイさんの可愛い乳首を指で挟んで弄り始めた。

「うむぅぅぅ!? ふっ、ぶぅぅぅーっ!」

乳首にも訪れ出した快楽の波に苦悶し一際激しく身を跳ねさせるスパイさんを眺めながら、私は情報を引き出す事よりもスパイさんの可愛らしい痴態を引き出す事を目的にして乳首を引っ張り、乳首の硬さと震えを堪能しながらクリクリと捻っていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装した弟がビッチすぎてつら…これはいい
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示