FC2ブログ

刑事は一方的に淫らな辱めで嬲られる

2017.04.04.Tue.21:00
帰り道で数人の男に襲われ、抵抗もままならぬまま連れ去らわれてしまった刑事は騒いでも声が外に届かない地下室で衣類を奪われた裸体に拘束を施され、一方的な辱めを男達に加えられていた。

「ほら、刑事さん。もっとしっかり舌使えよ! 偉そうに許さないとか喚いてた口で美味そうにチンコを舐め回せ!」
「うぐっ、むっ、ふぶぅぅっ…!」

黒い革製の目隠しの下で苦しげに眉根を寄せる刑事の髪を掴んで持ち上げさせ、男は目隠しと同じ黒い革製の本体にリング状の金具が付いた開口具で閉じられなくさせた刑事の口を自らの男根で好き勝手に、容赦無く蹂躙している。
喉奥まで突かれた刑事がえづき、前に口内で出された精液をぼたぼたと滴らせても男は慈悲を与えず、更に喉奥を突いて刑事の苦悶と自身の快楽を追い求めるだけだ。
その動きをやめさせたくても、刑事の上半身には背中で肘から先を重ねた腕を十数本の黒いベルトで緩み無く拘束する白い拘束服を着せられている為に手を使って凌辱の動きをやめさせる事は出来ず、身体を引いて逃げようにも拘束服の金具と天井のフックを遊び無く繋ぐ数本の鎖はそれを許さず、刑事は上半身を床と平行に吊られ半分つま先立ちの状態で足を地下室の床に着けた体勢のまま移動すらも禁じられてしまっている。

こんな姿で、口内をいたぶる男根から逃れられるはずは無い。尻穴を弄ぶ責めからも当然逃れられない。
筋肉の弛緩を促す薬を乗せた指でしつこく、刑事の誇りを傷付けられながらたっぷりと解された尻穴を男達の男根で代わる代わるに犯し抜かれ、中に精液を流し込まれながら触れられてもいない自身の男根から精液を放出する望まぬ絶頂を何回も何十回も迎えさせられ、誇りをかなぐり捨てて凌辱の終わりを望む哀願の感情を刑事が抱いても、男達は無防備な刑事の穴を思い通りに嬲り刑事は嬲られた穴を淫らに収縮させ口の男根に舌を這わせながら、心の内で許しを叫びつつ言葉にならない悲鳴を漏らすしか無い。

許しを請う事も認められない状況で、何時間嬲られ続けたのだろうか。刑事の思考と全身が白く濁った色に染め上げられ、拘束を外そうと試みる気力が完全に打ち砕かれた頃、男達は刑事の口と尻穴から男根を抜き取った。

「はぁー…もぉ、出ないぜ」
「だな、淫乱刑事さんに搾り取られて俺もすっからかんだよ」

朦朧とした意識でどうにか聞き取れた会話は恥辱の終わりを感じさせる物で。刑事は尻穴と口から注がれた精液をだらしなく垂れ流しながら胸の内に安堵を浮かばせた。
しかし、その安堵も長くは続かなかった。何故なら、男達が実に愉しそうな口調で、残酷極まりない言葉を発し始めたからだ。

「んじゃ、淫乱刑事さんが退屈しないように玩具を付けてあげたら、寝るとしますかね」
「だな、こんだけ淫乱だったら、まだ全然イき足りないだろうしな」
「うぁっ…!? あー…あおぉぉ…!!」

まだ、絶頂させられる。それも、男達が眠る間に何かの道具を使われ一人きりで連続絶頂を強いられる。
絶望の事実に怯えた刑事は力無くイヤイヤと顔を横に振ったが、その動きを見て非情な男達がやめてくれる道理は無く、男達が手にした道具は、表面に醜悪なイボを生やした極太のバイブは無防備な刑事の身体に取り付けられてしまう。

「うぐっ…えぶ、うぐぶぅぅぅ…!」

開口具で閉じられなくされた口に挿入されたバイブは刑事の口を完全に塞いだ状態から抜け落ちないよう、開口具に金具と短い鎖で固定された。
これだけでも苦しい。苦しいのに、同じバイブは度重なる絶頂で過敏に高められた尻穴にも挿入され、同じく抜け落ちないよう白い布を使ってしっかりと固定されてしまった。

「は…ごぉっ、おぅ、ふ、ふぐぅぅ…!」

バイブを挿入されながらバイブのイボで腸壁を擦られただけで、刑事は小さな絶頂を数回迎えた。バイブを布で固定する際のバイブの揺れでも、小さな絶頂を迎えてしまった。
こんな状態でバイブのスイッチを入れられたらどうなるか、容易に想像が出来て刑事は目隠しごしに救いを求めてすがる視線を男達に向け、塞がれた口で助けての意思を込めて呻いた。
だが、それらの悲痛な懇願の意思表示を見ても男達の無慈悲さは変わらず、男達は容易に想像が出来る刑事の淫獄を作り出す為に口と尻穴のバイブのスイッチを入れ、残酷極まり無い淫具による快楽責めを刑事に与え始める。

「も…ごほぉぉぉぉぉーっ!? あぶっ、ぶぐっ、もごぉぉぉぉぉぉーっ!!」

頬肉や舌や喉近くの肉が、中を掻き回される悦びを知ってしまった腸内の柔らかな肉壁が、乱暴に首を振るバイブに掻き毟られる。息苦しさと、快楽と、機械に良い様に翻弄されている屈辱が刑事を襲い、拘束された身体を痙攣させくぐもった絶叫を上げさせる。
地下室にうるさいくらいに反響する刑事の鳴き声と拘束具が鳴る音を聞いた男達は満足そうに微笑んでしばらくそれを眺めると、お互いに目配せしつつ刑事に声を掛けた。

「そんじゃ、刑事さん…お休み」
「明日もたっぷり可愛がってやるから、しっかり寝て休んでおくんだぞ?」
「うぅぅぅぅぅぅ!? もぅぅぅ! うぎゅぅぅぅぅーっ!!」

地下室の扉を開けて出て行こうとする男達に向かって刑事は制止の唸りを発するが男達の足はとまらず。刑事は男達が去った地下室の中で一人きり、寝る事も叶わないまま一晩中二本のバイブに絶頂を強要され続け、刑事としての誇りと人間としての理性を跡形も無く叩き壊されるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オトコのコHEAVEN'S DOOR 3
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示