FC2ブログ

少年ヒーローは悪の思い通りに壊される

2017.03.25.Sat.21:00
「あぁぁぁぁーっ!! も、ゆりゅじでぇぇ…! イぎたくない、イぎだく、にゃいのぉぉぉぉぉーっ!!」

跳び箱のような形状をした台に仰向けで寝かされ、両手両足を台の側面に頑丈な革ベルトで縛り付けられた少年が下着と共にヒーロースーツを剥ぎ取られた裸体をビグビグと痙攣させ、汗と涙と白く濁った淫らな体液を流しながら許しを求めて叫んだ。
だが、その叫びは何の意味も持たない。少年ヒーローを拉致した悪の組織の男達は悲痛な哀願を聞いてもニヤニヤと笑うだけで決して救いの手を差し伸べず、喉が張り裂けんばかりに叫んでも悪の組織のアジトには厳重な防音が施されていて声は外に全く漏れず、無抵抗の少年ヒーローに快楽という甘い苦悶を与えている者達の動きもとまらない。
自身のヒーロースーツに合わせた四色の首輪を嵌められ、その首輪の持つ効果で裸体の支配権を取り上げられた四人の少年ヒーローは台に縛り付けられたリーダーの少年が甘く鳴き叫ぶ声を聞いても首輪の命令に逆らえず、自分の意思とは関係無く舌を動かして逃げられないリーダーの性の弱点を容赦無くいたぶってしまうのだ。

長い時間舌で転がされ、強く吸い上げられた左右の乳首は赤く充血して尖り切り、もはや軽く舌で撫でられただけでも激しい快楽と痛痒い感覚を覚える状態になってしまっている。舌で亀頭から睾丸までをたっぷりと舐め回された男根は勃起した状態から萎える事も許されず、絶頂の体液の白色が薄まり始めても休み無く次の絶頂へと追いやられている。尖らせた舌でほじくられた尻穴はすっかり解れ、今ではまるでいつでも飲み込めると主張するかのごとく常に口を開いた淫らな穴になっている。
それらの淫らな変化を、他でもない仲間の動きで迎えさせられた少年ヒーローは心を羞恥と屈辱に打ちのめされ半狂乱で泣きじゃくって責めの終わりを望んでいる。一方、自分達の舌でリーダーの弱点をいたぶらされた四人の少年ヒーローの心は屈辱と罪悪感に苛まれ、首輪に制御されていて涙と声こそ出ていないものの、内側ではリーダーである少年に負けないくらいに責めの終わりを求めて鳴き喚いていた。

「あーぁっ、あぁぁ! も、やらぁぁ! やめで、やめひぇぇぇ!! これ以上、イっひゃら、おかひくなりゅ、おがじくなりゅぅぅぅぅぅ!!」

順調に壊れていく少年ヒーローの悲鳴を聞きながら残酷な悪の組織の男達は満足そうに口を歪め、同じ悲鳴を聞く四人の少年ヒーローは目の前で苦悶するリーダーを助けるどころか更に苦しめている状況と自分に絶望しつつ、舌で性の弱点を一撫でする度に正気を失って悪の組織の思い通りに壊されていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


drap milk 2016年11月号
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示