FC2ブログ

淫乱教師の肉体は暗闇で熟す

2017.03.20.Mon.21:00
「部長…顧問の○○先生が見当たらないのですが、どこにいらっしゃるか分かります?」

着替え終わった部員が、更衣室を覗き込みながら尋ねる。すると、部長と呼ばれた眼鏡の生徒は更衣室の奥から顔を出し、問いに答えた。

「あぁ、先生なら急用が出来たそうです。鍵とかは僕が返却しておくので、そこの台にまとめて置いておいて下さい」
「分かりました」

部長の言葉を飲み込み、部員達は言われた通りに鍵を始めとした備品達を更衣室内の台に置き、自身の荷物を持ってその場を離れていく。その離れていく足音が消えると、更衣室の周囲には静寂が訪れた。教室や教員室からは遠く、別の部活も距離を置いた場所で行われているからだ。
今この近くには誰も来ない。忘れ物をしたと言って戻ってくる部員の気配も無い。それを確信した部長は部員達が台に置いて行った物の中から一つの鍵を、本来ならば部活に必要でない為持って来ている訳が無いはずの更衣室内の掃除用具入れの鍵を手に取り、その鍵を使って掃除用具入れの扉を開けた。

薄暗い、ちょっと埃の匂いがする小さな部屋には、バケツや掃除用洗剤が雑然と置かれている。そして、部屋の壁と壁を繋ぐ形で固定された金属の棒に吊るされたフックにはモップや箒が掛けられている。
そんな、滅多に出番の無い掃除道具達の中に、明らかに異質な存在があった。それは、人だ。モップや箒を吊るす為の金属の棒を掴んだ手をそのまま離したくても離せないようガムテープでぐるぐる巻きに拘束され、一糸まとわぬ裸体をつま先立ちを強制される状態に追いやられ、口に貼り付けられたテープでしゃべる事を禁じられていたその人物はたった今扉を開けた少年が部長を務める部活の顧問の男で、教師である男は年下の生徒である少年に身動きを封じられ、暗闇に覆われた掃除用具入れの中でほったらかしにされていた。

「先生、お待たせしました。部員の皆も帰りましたし、今から可愛い先生でたっぷり遊んであげられますよ」

年下の少年に、それも生徒に笑いながら可愛いなどと言われ、その上自分で遊ぶと宣言された。普通に考えたらそれは侮辱以外の何物でもなく、拘束と監禁に対する怒りも合わせて鋭い唸りを上げて当然だ。
しかし、教師は怒りを込めた唸りを上げはしない。それどころか、少年の言葉を聞いた教師はテープで塞がれた口から甘えるような唸りを漏らす。

「んぅ…むぅぅんっ」

蕩け切った甘えるような唸りを発する男の目は、もはや教師が生徒に向ける物ではない。それはまるで、愛玩奴隷が主人に向ける目だ。
いや、目だけじゃない。教師の肉体は何もかもが教師という立場を投げ捨てて発情し切り、愛しい年下の主人に可愛がられる事を待ち望んでいる。
少年に手を縛られ口を塞がれた瞬間から、淫猥な肉体は火照り始めていたのだろう。その火照りは静かな掃除用具入れの暗闇の中で自身の惨めな姿を再認識する度に加速し、部活を終えた生徒達が更衣室で掃除用具入れの中の異常に気付く事無く騒ぐ声を聞く度に高まっていき、少年が扉を開けた時には変態の呼び方が適切と言えるくらいに熟し切っていた。

「ふふっ…先生、エッチですね。全身赤く染まって汗ばんでるし、乳首もおチンチンもカッチカチじゃないですか。そんなに、興奮しちゃいましたか?」
「むっ、うぅんっ」
「生徒である僕に拘束してくれっておねだりして、あまつさえ学校の中でいやらしく興奮するなんて…先生は、どうしようもないくらいの変態ですね」
「ふむっ…むぐぅぅぅんっ」

自分の変態な性癖を知っても引かずに慕い、加えてその性癖を満たす為の協力を飼い主の立場になって行ってくれる少年に愛情のこもった優しい声音で言葉責めをされた教師は、すでに肥大している乳首と男根を更に膨張させ拘束された裸体をよじって無意識に腰を揺らめかせる。
そんな淫ら極まりない教師の様子に、自分だけが知っている身も心も淫乱ペットと化した愛しい教師の痴態に、少年の欲望が耐えられる訳は無い。
表情と口調は平静を装いつつも少年は教師に負けないくらいに興奮を募らせ、左右の手と唇を刺激を待ち望んでいる教師の乳首と男根にあてがった。

「そんな変態の先生には、お仕置きですよ。僕の指と舌でこのエッチな乳首とおチンチンをたっぷり苛めて、嫌ってくらいにイかせてあげますからね。泣いてもやめてあげませんから、諦めてイきまくってくださいね」
「んー…んふぅぅーっ…!」

左の乳首にかかる少年の吐息と、右の乳首と男根に触れる指の感触に背筋を震わせながら、淫乱教師は一方的に快楽で嬲られる仕打ちにこれ以上無い期待を抱き、少年に聞かせるかの如く心臓の音を早く大きくさせていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


drap milk 2017年1月号
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示