FC2ブログ

捜査員達は檻の中で恥辱を加えられる

2017.03.07.Tue.21:00
「んむぅぅぅぅ…っ! ふぅ、ふぐ、むぐぅぅぅんっ…!」
「お、ふむぅっ……んー、んんっ、んぶぅぅぅぅっ…!!」

二つの口を塞いでいる一個のギャグボールごしに憔悴し切った唸りを漏らしながら、二人の捜査員は苦悶から逃れたい一心で与えられた縄の拘束を解く為に裸体を金属製の檻の中でもがかせている。どんなに力を込めても縄が肌に食い込む痛みを感じるだけだという事は、嫌という程理解させられたというのに、だ。
背中で重ねた手首を縛り、二の腕を胸部に括り付けている上半身の縄は捜査員が暴れてもぎちぎちと軋む音を立てるのみで緩む気配すら見せない。足首と太ももを括り、膝の上下も短く繋いでいる下半身の縄は足を伸ばせないように固定し、二人の捜査員を向かい合わせで座ったまま立てないよう、尻穴を下から貫いてめちゃくちゃに掻き回している極太のバイブから逃れられないよう、無情にも身動きを封じてしまっている。

縄に自由を奪われ、ギャグボールに言葉を取り上げられ、動物のように檻に閉じ込められただけでも人としての尊厳と捜査員としての誇りを強く傷付けられる辱しめだというのに、二人の捜査員を拉致した悪人達はそこに更にバイブによる恥辱を加え、二人を置き去りにしてしまった。
敵に捕らわれ、あらゆる抵抗を制限された上に檻に入れられているという屈辱の状況に精神を追い詰められ、敵の指でたっぷりと解された尻穴を休みも手加減も知らない無慈悲な淫具にほじくり回されて望まぬ絶頂を強いられているという恥辱の状況に肉体を追い詰められた捜査員達は、限界を超えた苦しみを味わっている。

「んー、ふぅぅー…!」
「うぐっ、むぅ、んむぐぅぅぅ……!」

もはや、怒りを込めて騒ぐ気力も無い。縄を解こうとする動きもひどく弱々しい。檻の底に敷かれた黒いマットには二人が垂れ流した涙と唾液、汗と精液と腸液と先走りで作られた淫猥な水溜まりが出来ており、萎える事も許されない男根はその水溜まりに絶えずわずかに白の混じった体液をとろとろと滴らせている。
尻を嬲るバイブのせいで気絶も出来ず、ただただ悪人達の思うがままに捜査員達は絶頂させられ続けている。いつまでこの状態が続くのか、いつになったら悪人達は戻ってくるのか。絶頂地獄の終わりを求め、二人の捜査員は快楽に掻き乱されている思考で憎むべき相手であるはずの悪人達の帰りを望み、プライドを捨てた懇願の意思を心の中にふくらませていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


僕のペットはサラリーマン
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示