FC2ブログ

生殺しの責め苦は鳥籠の中で

2017.02.09.Thu.21:00
陽の光が差し込まず、必死になって助けを求めても誰にも届かない地下室。そこに置かれた鳥籠状の檻の中で、青年は自分を拉致した男達に檻の格子ごしに観察されながら甘い苦しみで裸体を悶えさせていた。

「う、うぐっ…ふぅ、んふぅぅ……っ」

口に噛まされた黒いギャグボールの穴から飲み込めない唾液を喘ぎと共に零しつつ、青年は裸体をもがかせる。だが、もがいても状況は変わらない。左右の手首に巻き付けられた黒革の枷と鳥籠の天井部分を繋ぐ鎖はじゃらじゃらと甲高く鳴るのみでビクともせず、青年の足首に巻かれた枷と檻の格子を繋いでいる短い鎖ももがいたくらいでは外れない。鳥籠型をした檻に閉じ込められた上に、立ったまま座れないよう、足を肩幅くらいまで開いたまま閉じられないよう青年は枷と鎖で拘束されている状態だ。そんな状態では当然ニヤニヤと笑う男達の目から裸体を覆い隠す事は出来ず、無防備な裸体に無慈悲な淫具が取り付けられる事も拒めなかった。

ベルトを使って左腕に固定されたリモコンから伸びたピンク色のコードの先にある楕円形をした二つの淫具は、青年の左右の乳首にテープで貼り付けられている。同じベルトを使って青年の左足の太ももの裏側に固定されたリモコンから伸びた黒いコードの先にある淫具は、青年の尻穴に挿入された状態で空気を手動のポンプで送られ、青年が括約筋に力を込めても吐き出せないよう腸内でパンパンにふくらまされている。
嫌がる青年を無視して装着された、二種類三個の淫具。それらを一度に、ダイヤルを最強にして駆動させたら青年は激しい快楽によがり狂い、自分を捕らえた憎い男達の前だという事も忘れてくぐもった声で喘ぎ鳴き、触られてもいない男根から精液を鳥籠の床に撒き散らしていただろう。
それを知っているからこそ、男達はそれをしなかった。捕らえてから毎日発情を促す媚薬を混ぜた食事を摂らせ、自由を奪って焦らしに焦らした青年を射精地獄に追いやってもそれは慈悲でしか無い。故に残酷な男達は与えた淫具のリモコンのダイヤルを最弱に設定して駆動させ、連日の食事と焦らしで発情し切った青年にイきたくてもイけない生殺しの責め苦を与え、捕らわれた直後に見せていた刑事としての誇りに満ちた反抗の態度を内側から完膚なきまでに叩きのめす気が狂いそうな程の射精欲を与える地獄へと青年刑事を追いやった。

「あおぉ…ほ、ごっ……んもぉぉぉっ…!」

まだ、青年刑事はおねだりらしいおねだりをしてはいない。しかし、表情は切なさともどかしさに歪み、汗に濡れた裸体は鳥籠の中で無意識に腰を振り、破裂しそうなくらいに張り詰めた男根を揺らめかせている。

「うぅ、んも、ほぐぅ…あぐぅぅ……」

何時まで我慢が続くのか、どこまで理性を保てるのか。男達は鳥籠の中で追い詰められる無様な青年刑事の淫猥な踊りを眺めながら、余裕たっぷりに陥落の瞬間が訪れるのを愉しみに待ち続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


HOPE-ACT.00
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示