FC2ブログ

捜査官は吊り縄拘束で性処理道具となる

2013.10.20.Sun.08:00
「んーおっ!…うぅんっ!」

畳敷きの部屋で、男が布を押し込まれた口で唸っていた。
白い布の目隠しの下で眉根を寄せ、苦しげに身悶える男の身体は、麻縄によって拘束されている。

着ていた衣服を自身を捕らえた男達に剥ぎ取られた男は、無理矢理に腕を背中に捻り上げられて縄を巻かれた。そして巻いた縄と結合するように胸部も縛られ、男は腕が軋んだ状態で固定されてしまった。
その上、足は足首と太股を折り曲げた形で繋がれ、男は足を伸ばす事も出来なくされ、下着を奪われた恥部を大きく晒された。
体毛の薄い、年齢の割に幼い色のペニスも。ペニスのすぐ下にある恥ずかしいアナルも隠せずに公開を強制され、男はプライドをズタズタにされた。

「んぐっ、ふうぅ!」

しかし、本当に男を苦しめているのは身動きを奪う以上の働きをしている縄だ。
男の身体は今、天井から下がった縄と身体の縄を使って宙に吊るされ、断続的に絞め付けられている。

尻を下にして吊るされた男は、下手にもがけば自分をより苦しめる事となり、縄をほどこうともがく事さえ出来ない。
だが暴れなくても体重で縄は勝手に身体に食い込んでいき、男は無抵抗でもじわじわと追い詰められていく。

「ふぅ…んぐっ…んんぅっ!」

更に、男を苦悶させる存在がもう一つ。男の隠せないアナルに押し込まれた、極太のバイブだ。
幾つもの凶悪なイボの付いた淫具は男の体内に奥深く突き刺さり、敏感な肉壁を容赦無く抉っていた。そのバイブは男の身体を縛り上げた縄によって抜けないようにされており、しかも縄は男のペニスを睾丸から絞り出すばかりか、ちょっとした身じろぎでも快感に変えるよう尻の谷間に這わされていた。

「くぅ、うんっ、んあぁっ!!」

動いたらいけないと分かっているのに、快感のせいで身体がビクつく。その度に縄の拘束が全身を責め立て、淫具をくわえたアナルが思わずバイブをしゃぶる。
身体中から汗を畳に零して快楽に悶える男の表情は、もはや捕らえられた時とは別物だった。

自分を捕らえた男達を睨み付けていた目は目隠しの下で涙を零して気持ち良さに蕩け、頬は赤く火照って明らかに性刺激を悦んでいた。
身体も、鍛えられた肉体は分泌された体液で惨めに汚れ、憐れに小さな痙攣を繰り返していた。
その淫らな変わりように、男を見つめていた男は口元で笑い、男の震えている肌に触れた。

「気分はどうだい、捜査官さん? 潜入捜査は失敗した訳だけど」
「んふぅっ!」

意地悪く言って、男は縄で拘束されて吊り下げられ、敵の前ではしたなく喘いでいる捜査官のペニスを撫で上げた。
縄で絞り出され張り詰めているペニスは、先端を撫でられた事で零す蜜の量を倍増させた。何とかその反応をとどめたいと思っても、身体は男の言う事を聞かずに多くの淫蜜を溢れ出させる。

「淫乱だなぁ。潜入に失敗して、その上嬲り倒されて感じまくってる雄には、ふさわしい待遇をしてやらないとな」

捜査官は男の言葉の意味が分からず怯えていたが、しばらくして言葉が続けられた。
出来るなら耳を塞ぎたかった、そんな言葉が。

「朝から晩までチンコを口とケツマンコに突っ込んで、チンコ狂いにしてやるよ」
「うぅぅぅぅんっ!!」

アナルのバイブを掴まれてめちゃくちゃに回され、捜査官は塞がれた口で助けてくれと、やめてくれと叫んだ。そんな哀願など届くはずも無く、残酷な言葉は更に続いた。

「ここで飼われる、いつでも使える性処理道具に捜査官さんはなるんだよ。嬉しくて、身体が疼いちまうだろ?」

勝手な言葉。しかし、男が言っている事は正解で捜査官は言葉で悦び、身体をどうしようもなく疼かせていた。

「んふ…んふぅぅっ…」

自分の身体が自分の物じゃ無くなる感覚を覚えながら捜査官は、今から始まる凌辱の日々に、態度では否定しつつも確かな期待を心で感じていた…。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示