FC2ブログ

地下牢で刑事は凌辱を加えられる

2016.10.27.Thu.21:00
「あっ…あぁぁ! んあぁぁ! もぉ…やめて、くれ…っ!! 抜いて、く、れ……っ!」
「んん? もっと抜き差ししてくれって? 随分とエロいおねだりだなぁ、刑事さんよっ!」
「ひあぁぁぁぁーっ!? らめ、りゃめ…しょんなゴリゴリしないれぇぇぇーっ!!」

刑事の懇願の言葉、それをわざと聞き間違え腰の動きを激しくする悪人の男の言葉、そして男が腰の動きを激しくした事によって緩み切った腸内を掻き回された刑事が生まれた快楽に苦悶しながら発した甘く歪んだ悲鳴。それらの声はかなりの音量だが、刑事に救いを与える者には一切届かない。全て地下牢に反響し、刑事を捕らえた悪人達の興奮と支配感を高めるだけだ。
若くたくましい肉体を持った男の刑事は、同僚の刑事を人質に取った卑劣な悪人達に逆らう事が出来ず捕らわれの身となり、衣服と道具を一つ残らず取り上げられた裸体を敵の本拠地に存在する地下牢に、無様極まりない姿で繋がれていた。
指を使えなくさせる鍵付きの手袋を嵌められ、左右の手首に巻き付けられた黒革の枷を短い鎖で繋がれ、更に枷の鎖と地下牢の鉄格子の低い位置を太い鎖と南京錠で結合されてしまった刑事は、もはや手を使って悪人達の悪意から身を守る事は出来ない。
加えて、伸縮性と幅のある黒いゴム製のベルトを足首と太ももと膝に巻き付けられ、足を大きく開いて持ち上げたまま鉄格子の高い位置と足をゴムのベルトで結ばれてしまった刑事は丸出しの恥部を覆い隠す事も許されず、無防備な尻穴を悪人達の指で解され悪人達の男根で代わる代わるめちゃくちゃに犯され十数人分の白い体液を注ぎ込まれてもそれを受け入れるしか無く、背中に敷かれたマットの上で仰向けを強いられた裸体をくねらせながら、尻穴に与えられる刺激のみで何回も何十回も絶頂へと追いやられていた。

「も…ゆりゅじで、イぎだくにゃい。イきたぐないぃぃ! やめで、いやらぁぁぁ!」

男の誇りも、刑事の誇りもかなぐり捨てて鳴き叫び、舌足らずな口調で凌辱の終了を望む刑事。
吐き出す体液はとうの昔に尽き、尻穴は男根が一往復するだけでも軽い絶頂に至ってしまうくらいに過敏となっている。自分の肉体が意思を無視して快楽を悦び、淫らな体液をとめど無く分泌する状況に、このまま犯し続けられたら狂う、壊れてしまうと刑事は心の底から恐怖を抱き、なりふり構わず慈悲を求めた。
しかし、悪人達はそんな刑事を見ても意地の悪い笑みを濃くするのみで求める慈悲を欠片も与えず、逃れられない裸体を好き勝手に弄んで刑事を快楽地獄の方へと導いていく。

「ほら、イけ! 俺のチンコ搾り上げて、中に精液ぶちまけられながら、惨めにイき狂いやがれぇぇっ!!」
「ひっ、が、あぁ! は……あはぁぁぁぁぁーっ…!!」

一際激しくなった腰の動きに人間とは思えない痙攣を見せ、内部に白の体液が叩き付けられる瞬間舌を突き出しながら目を剥いて腸内をきゅうきゅうと窄ませ、まるで悪人の男根から精液を一滴残らず吸い出すかのような反応をしつつ、刑事はもう何十度目か分からない射精無しの絶頂を迎えると共に意識を手放した。

目を開け、男根から透明な先走りを垂れ流した状態で気を失った刑事に気が付いた悪人達は、わざとらしく咎める口調を作って意識の無い刑事に言った。

「あーぁ、気絶しちゃったな」
「俺達全員が十回中に出すまで耐えられたら刑事さんも人質の刑事さんも解放してあげるって約束だったのにねぇ」

凌辱を始める前一方的に出した約束を再度口にしながら、悪人達は地下牢に置いてあった箱の中身を次々と手に取っていくと、その手に取った道具を、穴の開いた赤いギャグボールを刑事の口に噛ませ、開き切った尻穴に極太のバイブを挿入するとそのバイブが抜け落ちないよう刑事の太ももにベルトで固定した。

「んじゃ、今から十分後にバイブが動き出すようにしておいたから、一人でイきまくっててくれよ? 刑事さん」
「俺達は刑事さんが一人で愉しんでいる間、もう一人の刑事さんで愉しんでるからさ」

そう言い残して地下牢を後にした悪人達は、別の地下牢に拘束している人質にしていた方の刑事の元へと向かった。

「ふー…ん、ふうぅ…」

もうすぐ、一人きりで機械に絶頂をさせられ続ける恥辱が始まる。もうすぐ、自ら捕らわれの身となってまで助け出そうとした同僚の刑事に対して悪人達の手で凌辱が与えられる。
そんな絶望を知る由も無い刑事は、ギャグボールの穴から唾液と寝息を零し、尻穴を埋め尽くす極太の淫具を無意識に絞め付けながら、たった十分の休憩を幸せそうに味わっていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


地下庭園
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示