FC2ブログ

屋敷の秘密は青年を快楽の虜に堕とす

2016.10.24.Mon.21:00
青年はただ、家庭教師の仕事をしに来ただけのはずだった。当然、生徒である少年が住む屋敷や少年の父である屋敷の主に迷惑を掛けようと思った訳ではない。ましてや、向こうが知られなくない物を無理矢理に知ろうなんて考えは欠片も無かった。
しかし、手洗いの場所を間違えて扉を開けてしまった青年は、聞いてはいけない物を聞いてしまった。それは、地下へと続く階段の奥から響き渡る男のくぐもった悲鳴。苦しげで、痛々しくて、けれど甘さを滲ませた言葉にならない声。その声を聞いてしまった青年は慌てて扉を閉め屋敷を後にしようとしたが、廊下にまで響き渡った悲鳴を聞き付けて現れた男達に襲われた青年は満足に抵抗も行えないまま意識を奪われ、ようやく意識を取り戻した時にはもう、逃げ出す事は出来ない状態へと追いやられてしまっていた。

青年は全身の衣服を剥ぎ取られた上で上半身に白の拘束服を着せられ、自らの肉体を抱き締めたまま動かせないよう左右の腕を拘束服から伸びたベルトで緩み無く固定されてしまった。加えて、拘束服から伸びたベルトは青年を仰向けに寝かせた細長いベッドに結合されており、青年は拘束服に手の自由を奪われただけでなく、寝かされたベッドから起き上がる事さえも出来なくされてしまっている。
その上半身への拘束だけでも、青年の逃走を封じるには十分だ。だが、青年に与えられた拘束はまだある。左右の足と、口への拘束だ。
青年の左右の足首に巻き付けられた黒革の枷は、短い鎖と南京錠を使って青年の足首とベッドの脚を繋いでいる。この拘束のせいで、青年は足を使ってベッドごと移動するという荒業も使えず、恥部を丸出しにするように開かされた足を閉じる事も出来ない。
そして、顔の下半分を覆う形で施された黒革の本体に金属で作られたリングが取り付けられている口枷は、青年に限界まで口を開ける事を強制し、意味も声量も無い声しか上げられない状況を作り出している。

「あ…あぁ…!」

手を思い通りに使えず、足は恥ずかしい場所を隠す事さえ許されず、ベッドから離れる事も、大声を出して誰かに助けを求める事も叶わない。
何もかもを制限され、見知らぬ部屋に放置された青年は、必死で危機的な状況を打破しようともがいたがそのもがきは逃れられない恐怖と絶望を高めるだけで終わり、青年はもはや暴れる事を諦め、これから自分がどうなるのかを想像して身を震わせていた。
そんな中、青年が置き去りにされていた部屋の扉が開いた。その開いた扉の向こうにいたのは、青年の生徒である少年。

「あ…! あー! あっ、あぁ!」

少年の姿を目で確認した青年は驚きと共に安堵を覚え、開かされた口で救いを求める意思を込めた唸り声を発した。
現れた少年が救いとは真逆の目的で部屋を訪れた可能性を全く考えずに、だ。

「先生、そんな声を出しても駄目だよ。許してあげたいけど、この屋敷の秘密を知った以上は許してあげる訳にはいかないんだ」
「あ、がっ…!?」

素直で、まじめで、勉強熱心な少年が放つ冷たい声音に違和感を覚え、青年は少年が取り出した小瓶に身をすくめる。分かりやすく怯える年上の青年家庭教師の様子に少年はクスリと微笑み、微笑んだまま小瓶を傾けつつ説明した。

「このビンに入ってる薬はすごいよ。何せ日本で禁止されてる成分がたっぷり入った媚薬だから、これを使って調教された人はあっという間にイきまくる身体になって、金持ちの変態に高値で売れる肉奴隷になるんだ。先生が聞いちゃった声の主みたいにね」
「あ、あ…!」

瓶の中身が残酷な淫薬だと教えながら、少年は瓶をゆっくりと、青年の股間の上で傾けていく。そんな場所で傾けたら瓶の中身が最後にどうなるかなんて、深く考えるまでも無い。青年は淫薬から股間を逃がしたい一心で拘束具を鳴らして暴れるが、やはり頑丈な拘束はビクともしない。
無駄な抵抗を行う青年を眺めながら少年は瓶の角度を変え続け、とうとう瓶の中身である強力な媚薬は逃げられない青年の男根へと落下した。途端、青年の男根に変化が訪れる。一気に熱くなり、疼き出し、意に反して膨張していく男根は液体がかかるだけでも堪らない快楽を覚える程過敏になっていく。

「あぁぁぁーっ!? あっ、あがっ、あぁぁぁーっ!!」
「最初はおチンチン、次はお尻の穴、その次は口の中を媚薬でエッチにしてイかせまくってあげる。何回も何十回も僕の手でイかせまくって…父さんの許可が出たから、先生は特別に僕専用の家庭教師兼肉奴隷として可愛がってあげるよ…」
「あ、あぉ…あ、おぉぉぉっ…!」

不注意で触れてはいけない情報に触れてしまった青年は生徒として接していた少年に媚薬を用いた苛烈な快楽調教を加えられ、やがて聞いてしまった男の声と同じように苦しげで、痛々しくて、けれど甘い幸福感に歪んでいる淫らでくぐもった鳴き声を上げ始め、自らの意志で少年に服従を誓う快楽の虜へと堕ちていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


Girl´sManiaxアンソロジー vol.2 ―大人の玩具―
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示