FC2ブログ

地下室で詐欺師は飼い慣らされる

2016.08.07.Sun.21:00
生まれ持った容姿を利用して金持ちの男に嘘に塗れた自身の情報を吐きながら近付き、恋仲として取り入った挙句金を奪って去って行く男は、ある日標的に選んだ男に金の使い込みを指摘された。
どうやって誤魔化し、いかにして姿をくらますか。根っからの詐欺師である男は大人しく縄につく選択肢を一切考えずに逃げる事のみを考えていたが、金を使い込まれた男は詐欺師が想像もしていなかった言葉を発した。

お金に困ってるなら言えばいいのに。勝手に使った罰として、今日はちょっと過激に君を気持ち良くするけどいいよね?

詐欺師の男が使い込んだ金額は50万円弱と決して小さくないのに大した事ではないといった態度を見せ、許しとしていつもよりも激しい性行為を要求した男に、詐欺師は内心で驚きながらもすぐさま黒い欲望を胸でふくらませた。
これだけお人よしであれば、黙って使わずに堂々と要求しても大丈夫だろう。これだけお人よしであれば自分が伝えた情報を疑わず、散々搾り取って行方をくらませても自分にはそう簡単にたどり着けないだろう。
反省を欠片も抱かぬ詐欺師の男は優しく微笑む男が促すままに地下室へと移動して衣類を自ら脱ぎ、ちょっと過激にすると称した要素である革の枷を無抵抗で装着され、地下室のベッドの上で両手両足を真横に伸ばしたまま枷の鎖によって曲げられない体勢を、一糸まとわぬ裸体を無防備にさらけ出した姿を羞恥を耐える演技を行いつつ受け入れた。
与えられる刺激全てを拒めなくなった自分に、豹変した金持ちの男がちょっとどころではなく過激な快楽責めを施してくる事など、詐欺師の男は全く考えてはいなかった。

「あぁっ! あーぁっ、んあぁぁ! もぉ、りゃめ! おひりらめ、ゆりゅひへ、おひりれイぎゅのやりゃぁぁぁぁーっ!!」

涙で濡れた目を男に向け、舌足らずな口調で懇願の言葉を発する詐欺師。しかし、金持ちの男は懇願を聞いても責めの手を緩めない。詐欺師の尻穴に挿入した右の人差し指と中指で過敏な弱点である前立腺をしつこく嬲り、休みも途切れも無い尻穴のみでの連続絶頂を強制し続ける。
達し過ぎた肉体は、噴き出る汗と痙攣をとめる事が出来ない。放出する精液が底を尽きた男根は、絶頂の度に透明な蜜を淫猥に噴射させ詐欺師自身の裸体と金持ちの男の腕や顔を濡らしている。

「たじゅ、げでぇぇ! もぉ、イけにゃいぃっ! これ以上、イったりゃ、ひぬ! ひんじゃうっ! もぉゆりゅひへぇぇーっ!!」

演技ではない、本心からの許しを求める言葉。だが、金持ちの男は悲痛極まりない詐欺師の絶叫を耳にしても前立腺を押し上げる指をとめない。笑顔を保ったまま突き放す言葉を発し、指で弱点を容赦無く嬲り続ける。

「まだまだ、許してあげないよ。君が僕から奪った金額と同じ回数…120万回くらい君がイくまで、解放なんてしてあげないよ」
「ひ、あぁぁ!? そんにゃに…そんらに、使ってにゃいぃぃぃーっ!?」

使い込んだ金額は50万弱のはず、それが何故70万円分も上乗せされているのか。悲鳴でその疑問を示した詐欺師に、金持ちの男は笑みを黒く変化させながら答える。

「使ったでしょ? 僕が今の顔に変える前に、君が僕を騙して奪った分も合わせてるんだよ」
「…っ、ひぃぃっ…!?」

聞かされた言葉に、詐欺師は戦慄する。自分を拘束し嬲っている男が過去に自分が標的にして捨てた男だと知った詐欺師は心の底から恐怖し、全身をすくみ上らせる。

「もう逃がさないよ。君を捕まえる為だけに顔と名前を変えたんだ。君を僕だけの物にする為にこの地下室のある家を作ったんだ。たくさんイかせまくって僕無しじゃいられなくしてから一生ここで可愛がってあげる。二度と誰かに悪さをしないように、僕がここで君を飼い慣らして…毎日毎日嫌という程気持ち良くしてあげる」
「いやっ、いやらぁぁぁーっ! ごめんなひゃぃっ、ゆりゅひで、だりぇか……た、じゅげでぇぇぇぇーっ…!」

金持ちの男は愛した男に裏切られたせいで狂気に囚われたのか、それとももともと狂気を孕んでいたのか。
いずれにしてもこれだけははっきりと言える。捕らえられた詐欺師の男は救いの来ない地下室で快楽漬けの日々に繋がれ、狂った男に激しく愛され、身も心も服従する未来しか残されていない。
金よりも何よりも淫欲を満たす事を最優先に考える淫乱なペットに作り変えられる以外の道は、どこを探してもありはしなかった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


プチイラスト集3~オトナの絵本~
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示