FC2ブログ

男は甘い苦悶の中で休み無く歩かされる

2016.07.29.Fri.21:00
この作品はグレイさんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!


「うむぅぅっ…ふぅ…ふっ…むぐぅぅぅんっ……!」

口に押し込まれている硬く丸めた布を吐き出せないようにと黒いガムテープで口に栓をされ、更に鼻と口を覆う白布の猿轡をきつく施された男が、荒い吐息交じりに苦しげな唸りを上げている。
呼吸を大きく制限し、言葉を封じている猿轡を今すぐに取り去りたい。男が心からそう思っても、それは出来ない。男の身体は男を夜道で襲って拉致した男達の手によって厳重に拘束されてしまっているからだ。
手が使えれば猿轡を簡単に毟り取れる。だが、男の手は指を使えないよう握り拳の状態を強制させる鍵付きのグローブを嵌められている上に左右の手首に巻き付けられた黒い革の手枷と黒い首輪の後部を短い鎖で結合されていて、男は手で猿轡を外す以前に猿轡に触れる事すら叶わない状況へと追いやられている。当然、そんな状況では左右の足首を鎖で繋いでいる黒革の足枷を外す事も出来ず、首輪の前部から伸びた鎖を解く事も出来ず、男は自分を拉致した男達に拘束を身に着けた裸体をあらゆる角度から観察され、これ以上無い屈辱を味わされながら…男達が与える恥辱で雄としての誇りと刑事としての誇りを傷付けられるしか無い。
乳首を強く挟み込むクリップ型のローターで左右の乳首を激しく振動させられても、男達の手で丹念に解された尻穴を限界まで押し広げている極太のアナルバイブに過敏な腸内をめちゃくちゃに掻き回されても、刑事は望まぬ絶頂を繰り返しながら、苛烈な仕置きを避ける為尻穴のバイブが抜け落ちないように意識しながら乗せられたルームランナーの上を息を切らして歩き、抵抗も休憩も許されないまま歩かされながら白い体液を放出する無様な姿を逆恨みで自分を捕らえた悪人の男達に余すところ無くじっくりと視姦されるしか無いのだ。

「んーんっ…んぐぅぅ! ふぅ、ふぅぅ、んぶぅぅぅんっ…!」

監禁場所として選ばれた地下室中に響く苦悶の悲鳴を発し、刑事は涙で濡れた目を大きく見開き、汗と淫液に濡れた裸体をガクガクと痙攣させつつ乳首と尻穴を嬲る快楽で触られてもいない男根から色の薄まった精液を垂れ流した。
正確な回数さえも分からない何十回目の絶頂に、刑事の男は思わず足を止め意識を手放しかける。が、ルームランナーの手すりに繋がれた首輪の前部の鎖がピンと張る事で刑事を現実に引き戻す。許可無く休んだら、尻穴からバイブを落としてしまったら、失神したら、尻肉へのむち打ちを加えた状態で再び歩かされる恐怖の現実を張った鎖が思い出させ、刑事は疲れ切った肉体を必死に動かしてまた歩き始める。

「うぐぅぅ…むっ、むぅっ…んー、んぐぅぅ…っ!」

泣いても喚いても許されず、休憩や失神をしたらより無慈悲な責め苦を施される捕らわれの刑事はもはや助けを求める事さえも忘れ、自分を支配する男達の機嫌を損ねないよう従順に命令に従い絶頂や喘ぎを堪えないように努め、男達が望む通りの惨めで情けない痴態をさらけ出す事を考え、心と身体を、少しずつ淫らに壊されていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


はらぺこ勇者と魔王と猫
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント

管理者のみに表示