FC2ブログ

五人の少年は残酷な水槽の中に吊るされる

2016.07.12.Tue.21:00
「実に美しい光景だ…」

ワインレッドの一人掛けソファーに腰掛けた男が、眼鏡の奥の目を細め、口元を愉しげに緩ませて呟く。部下達を全て下がらせた自室でゆったりとソファーに身体を預け、目に娯楽を与えている男。そんな男の視線の先にあるのは、水族館などで用いられているような壁一面を使った水槽だ。
しかし、その水槽の中身は水族館の物とは大きくかけ離れている。水槽内部を彩る岩や砂利などは一つも無い。それどころか、魚は一匹も泳いでいない。当然、男が眺めている物も魚ではない。
なら、男は水槽内の何を眺めているのか。その答えは、無慈悲で、残酷だ。男が眺めている物は、男が率いる悪の組織に五人揃って捕獲された少年のヒーロー達。力の元であるヒーロースーツを剥ぎ取られた裸体に代わりとばかりに麻縄の拘束を着せられ、顔の下半分に言葉を封じつつ水中での呼吸を可能にする黒いマスクを被せられ、抵抗と反抗の言葉を憎い敵にぶつける事も叶わぬまま自由を奪われた肉体を媚薬がなみなみと注がれた水槽の中で足を下にして宙吊りにされ、為す術無く強制的に発情させられる裸体を五人並んでさらけ出させられている無様で淫らな状態の少年ヒーロー達だ。

全身を這い回る形で施された縄に拘束された少年達は、もはや芋虫のように身をよじらせる事しか出来ない。どんなに力を入れても手首を背中で重ねたまま硬く縛り上げている縄は緩まず、左右の膝や足首だけでなく足の甲同士をも結んでいる縄は少年の足掻きを嘲笑うかの如く細い足に食い込むだけだ。
その上、下手に大きく暴れれば媚薬で高められた肉体が縄で絞め付けられて快楽を感じてしまい、感度を引き上げられた裸体が不規則に媚薬に撫で回され、意に染まぬ絶頂を迎えて白く濁った体液を仲間も一緒にいる媚薬水槽の中に放出してしまう。
せめて息苦しさがあればまだ屈辱と恥辱から目を逸らせるのだが、少年ヒーロー達の顔に取り付けられたマスクは息苦しさを欠片も感じさせず、五人の少年は無理矢理肉体を淫らにされる屈辱と、淫らになった肉体が望まぬ発情に悶える様を敵対している組織の大将である男に余すところ無く観察される恥辱を最大限に味わされてしまう。

残酷な水槽の中に縄に絡め取られた裸体を吊るされた五人の少年は、ヒーローとしての誇りを守る余裕も無い。
少年達は大きく目を剥いて甘く濡れた苦悶の唸り声を発し、めちゃくちゃにのた打ち回って発情を散らす事も出来ない裸体を媚薬の中でビクビクと蠕動させ、仲間の様子を心配する思考を挟む余地も無くなる程の感覚の嵐に頭の中を掻き乱されている。とてもヒーローとは思えない惨めな姿。痛々しいくらいに乱れ狂った哀れな少年達の痴態。だが、無情な男はそこまで少年達を追い詰めておきながら慈悲の心を抱かない。むしろ、少年達が苦しめば苦しむ程男は少年達をより惨めに悶え狂わせたいという欲求をふくらませ、酷薄な笑みを深くしていく。

「簡単には壊してあげたくないなぁ。私達の邪魔をした分、生意気な少年ヒーロー達には長い長い苦しみを与えて、二度と戻れないくらいに決定的な形で淫らに壊して…飼い殺してあげたいなぁ……」

異常な欲望を口から零す男の視線に晒されながら、捕らわれの身となった少年ヒーロー達は淫猥で絶望的な状況から逃れられない裸体を力無くくねらせ、ゆっくりと、しかし確実に、男が求める決定的な崩壊へと堕ちていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


NIESA重姦-少年複数責め-
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者のみに表示