FC2ブログ

少年囚人はにゃあにゃあと鳴き喚く

2016.05.14.Sat.23:00
プライドが高く、看守の命令を全くと言って良い程に聞かない。他の囚人と絶えず諍いを起こし、喧嘩による怪我の危険性が高い。そして、自身が罪を犯したという意識がまるで無く、今の状態で釈放されたとしてもまた同じ罪やそれ以上の取り返しの付かない罪を犯す可能性が誰の目から見ても明らかなくらいに高い。
そんな問題を抱えた少年の受刑者が集められる刑務所が、人里離れた山奥にある。民家は見える範囲にはあらず、一番近い街でさえ少なくとも歩いて三時間はかかる、隠すようにして作られた刑務所。
その刑務所では、一か所に集めた問題児の少年囚人をとある特殊な方法で従順にさせ、彼らが問題を一切起こさない状態を作り出している。
一人でも厄介な少年達を全て大人しくさせている特殊な方法。それは、一般の者には知らされておらず、また一般の者が知ったとしたら大きな非難が生まれるであろう方法だ。
何故なら、その方法とは囚人である少年一人一人に言葉の自由を奪い取る猫の耳と、身体の自由を奪う猫の尻尾が生えたアナルビーズを装着させ、裸体に剥かれた肉体を覆い隠す事さえ許さずに一日中自らの動きで快楽を味わわせるという甘くて無慈悲な物だからだ。

「ん、にゃっ。にゃぁ! にゃ、にゃぁぁぁ…んっ!」
「っ、は…にゃ、にゃぁぁ…んにゃ、んにゃぁんっ!」

床に柔らかな桃色のマットが敷かれた独房の中で、少年達は自らの手で性の弱点を弄りたくないのに弄らされ、喘ぎを全て猫の鳴き声へと変換されている。
毎日毎日少年が自分の指で責め立てた乳首は、この刑務所に連れて来られた日とは比べ物にならない程淫らに肥大してしまっている。達しても達しても休憩を与えられずに擦らされている男根は、もはや射精無しの絶頂を完全に覚えており、少年囚人達は吐き出す精液が尽きても自身の手で透明な先走りのみを苦しげに先端から滴らせる連続絶頂を迎えさせられている。

休み無く快楽を味わされ、悪態を吐く事も叶わないまま猫の声で甘く鳴かされ、意思に反して乳首と男根を自らの手で刺激させられる屈辱と疲労で、少年囚人達は一人残らず限界だ。
だが、どんなに少年達が限界を迎えても看守達は慈悲を欠片も見せない。言葉が発せないなりに少年達が独房の鉄格子ごしに視線で懇願を訴えても取り合わず、少年が生き物とは思えないくらいにがくがくと震えながら絶頂を迎えても看守は濡れた悲鳴を上げながらマットの上で痙攣する少年囚人の前を一瞥しただけで素通りし、弛緩した尻穴から行動の自由を奪う効果を持った尻尾付きのアナルビーズが抜け落ちて安堵し眠りに落ちようとしている少年囚人に気付いた際にはすぐさま数人がその少年囚人の独房に入り、容赦の無い恥辱の罰を加えてくるのだ。

「にゃ、ぁんっ…にゃぁ、にゃあぁぁ!」

看守達に腕と足を掴まれた少年は、表情を恐怖で強張らせつつ顔をイヤイヤと左右に振り、どうにかして逃れようと必死でもがく。しかし、今日だけで何十回も絶頂をさせられた肉体に満足な抵抗を行う力など残っているはずも無く、少年囚人は足掻きも虚しく独房に敷かれたマットの上で後ろにでんぐり返しをする途中のような体勢を強いられ、先程抜け落ちた尻尾付きアナルビーズを天井に向けて晒された尻穴に押し当てられてしまった。

「んにゃぁぁ!! にゃ…んにゃぁーっ!」

この体勢と状況から始まる責めを、少年囚人は心と身体でよく知っている。だから、少年は涙と唾液で汚れた顔を看守達に向けて許しを請い、自らの淫液に塗れた男根から顔に淫液が垂れ落ちるのも構わずに暴れた。
その結果は、無意味だった。最初から許しを与える気が微塵も無い看守達に幾ら助けを求めたって、数人がかりで惨めな体勢のまま固定された裸体を暴れさせたって、意味は何一つとして無く。抜け落ちたアナルビーズは嫌がる少年囚人の尻穴に再びずぷずぷと挿入され、少年の肉体は猫の尻尾が付いたアナルビーズが持つ身体を淫らに操る効果に抗えず、情けない姿のまま自ら身体を動かして尻穴での快楽を覚えさせられてしまう。

「にゃうぅぅぅっ! にゃ、あぁぁ! にゃ、にゃ! んにゃぁぁぁぁーっ…!!」

股間を天井の方向に高く持ち上げさせられ、両手両足を床のマットに緩み無く押し付けられたまま腰を前後左右に揺するよう肉体を操作され、勃起した男根を看守達の眼前で跳ね回らせながら尻穴をアナルビーズで掻き回させられる少年囚人が放つ淫猥な猫の悲鳴は刑務所内に痛々しく響き渡り、周囲の独房で自らを慰めさせられている他の少年囚人の心に恐怖を覚えさせる。
罪を犯し、その上で反省もせずに反抗的な態度を取り続けた少年囚人達は人里離れた淫靡な刑務所の中で今日も本人の意思とは関係無しに絶頂を強要され、理性と、反抗心と、人間の言葉をじょじょに忘れ去っていきながらにゃあにゃあと甘く鳴き喚くのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示