FC2ブログ

雄犬生活の始まり

2016.02.15.Mon.22:00
規律違反、労働放棄、果てには脱走未遂。様々な問題を起こした囚人の男は、刑務所とは違う施設に連れて来られ、衣服を脱がされた裸体に拘束具を装着されていた。
黒いラバーで出来たニーソックスのような拘束を着せられた足は、ラバーから生えた黒革のベルトによって折り畳んだまま伸ばせないよう、太ももと足首を短く括られてしまっている。その黒いラバーの拘束は囚人の腕にも着せられており、二の腕までを黒いラバーにすっぽりと包み込まれた囚人の腕は足と同じく折り畳んだまま伸ばせないよう、二の腕と手首を黒革のベルトで短く括ってしまっている。
足と腕を窮屈に畳んだ状態で拘束された囚人は、肘と膝で身体を支える四つん這いの体勢を取るしか無い。それは屈辱的な状況のはず、なのだが、囚人は余裕の態度を崩しておらず、太く長い鎖の付いた赤い首輪を巻き付けられても平然と軽口を叩いている。

別に、拘束を解く算段がある訳じゃない。単純に、囚人の男が自分に拘束を与えている男達を舐めてかかっているからだ。

「おーおー、囚人一人に随分と厳重だな。首輪まで嵌めて、俺を犬にでもしようってのかい?」

にやけ面で見上げながら、囚人の男が冗談半分で尋ねる。しかし、返ってきた言葉は囚人が想像もしていなかった物だった。

「その通りだ。お前は今日から、ここで立派な雄犬になる為の調教を受けてもらう」
「…は? 何言っ…ん!? ぐうぅぅ!?」

何言ってるんだ? 囚人の問いかけは途中で棒状の口枷を噛まされ、遮られた。いきなり声を塞がれた事に驚いた囚人は余裕の態度を忘れ、慌てて口枷を振り払おうとするが、手と足の自由を奪われていては満足な抵抗も叶わず、口枷は細いベルトを使って囚人の頭部にしっかりと固定されてしまった。

「う…うぅっ! ぐ、うぅ! んむぅぅぅ!」

囚人の男は口枷に歯を立てているが、枷の隙間から唾液が零れ落ちるばかりで文字通り歯が立たない。ならばと囚人は顔を激しく振り乱して口枷を外そうと試みるが、その動きは頭のてっぺんを這う口枷のベルトから生えた茶色い犬の耳の飾りを揺らすのみで口枷は全く外れない。
予想外の事態に狼狽し、さっきまでの態度が嘘のように焦っている囚人の男の様子を拘束を施した男達は愉しそうに眺め、おもむろに囚人の尻を鷲掴みにして左右に開かせると、取り出した器具を囚人の目にもよく見えるよう尻の上に高く掲げて言った。

「お前に似合いの尻尾を付けてやろう。雄犬の証の尻尾を…尻穴に、な」
「うっ…ふうぅぅ!?」

耳と同じ茶色をした犬の尻尾から小さな薄桃色の球が数珠状に連なった器具を見せられ、それを尻穴に入れると告げられた囚人は当然暴れる。が、手も足も使えない身体で暴れたところで大した意味は無く、男達は暴れる囚人の動きを易々を押さえたまま開かせた尻穴と尻尾からぶら下がった球に潤滑剤のローションをたっぷりとまぶし、ローションでてらてらと光る球を一つ一つ囚人の尻穴に挿入していく。

「ふむぅぅっ…ん、も! ふぅ、うふぅぅんっ…!」

くぷん、くぷんと球が腸内を埋め尽くしていく。それを拒みたくても尻の肉を左右に広げられていては尻穴を絞めて球の侵入を防ぐ事も上手く行えず、何より球を入れる男の指は数回のフェイントを挟み囚人の尻の筋肉が弛緩した瞬間を狙いすまして球を押し込んでくる為、拒む意思がどれだけあっても結局球は挿入されてしまう。
次々と囚人の男の体内に球が消えていき、最後には一つも見えなくなり、囚人の尻穴からふさふさの茶色い犬の尻尾が垂れ下がっている状態となった。その状態を作った男達は、囚人の尻穴にちゃんと球が嵌まり込んでいるかを確認し、囚人の手足に着せた拘束が緩んでいないかを確認すると、首輪から伸びた鎖を一人が掴んで残りは部屋の扉に、入ってきたのとは違う金属製の扉に手をかけた。

「さぁ、行くぞ。お前の雄犬としての生活の始まりだ」

金属が擦れ合う耳障りな音を立て、分厚い扉が開かれる。途端、今まで聞こえていなかった扉の向こうの音が部屋に流れ込み出し、囚人の男の表情は恐怖で強張った。それもそうだろう。何せ聞こえてきた音は、何十人という男の甘い唸りが混ざり合った淫猥な音楽だったのだから。

「今日は、お前にこの施設の中を案内してやるよ」
「快楽によがり狂う先輩雄犬の姿を見て、自分がどれだけ淫乱にされるのか…理解しておきな」
「んー! うぐぅぅー…っ…!」

調子に乗りすぎた囚人の男は必死で手足を踏ん張らせて抗うが、もちろん勝てるはずは無く。囚人は首輪を鎖で引かれ、頭部の犬の耳と尻穴からぶら下がった犬の尻尾を力無く揺らしながら、甘い苦悶に歪んだ悲鳴がうるさいくらいに鳴り響いている空間へと連行されてしまうのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示