FC2ブログ

囚人は逃れられない看守を尻穴で絶頂させる

2016.01.26.Tue.21:00
この作品は
監獄島の反乱凌辱
堕ちた看守は奴隷犬として扱われる
看守達は肉便器にされ無慈悲に犯され続ける
看守の恥部は囚人達に弄ばれる
縄音と笑声は中庭に響く
看守達はお互いの肉棒を舐めしゃぶらされる
看守が仕置かれる淫音は刑務所全体に拡散される
の関連作として書きました。ちなみに前の作品を読んでなくても楽しめる内容となっているはずです。



他の囚人への暴力行為を働いた者などに着せられる拘束服は、頑丈な作りをしている。それを着せられた者は自らを抱き締めるように身体に回した腕を幾本もの黒い革ベルトで固定され、握り拳を強制させる衣服内部の構造と合わせて手の自由を完全に奪われてしまう。
手の自由が無ければ、着せられた者が誰かに殴り掛かる事態も起きない。加えて、蹴りと立ち上がる事を封じている拘束、左右の足を揃えたまま開けないよう太ももから足先までをきつく布ごしにベルトで絞め付けている拘束服を自力で外すのも禁じ、激情に任せて舌を噛む事と罵詈雑言を発する事を封じている黒い棒状の口枷を毟り取る事も出来なくしている。
有事の際に用意されていたその拘束達の効果はてき面で、着せられた男は今、何の抵抗も行えない姿にされている。何をされても、男はそれを拒めない。どんなに屈辱を味わう行為であっても、男は一切を拒めずに受け入れるしか無い。
本来この拘束服を着せられるべき立場にある囚人に笑いながら見下ろされ、守りたくても守れない恥ずかしい場所を好き勝手に嬲られても看守の男はただただ悔しさと快楽を覚えながら口枷に噛み付き、逃れられない肉体を牢屋に置かれたベッドの上でくねくねと悶えさせるしか無いのだ。

「看守さんのケツ穴、俺の指で掻き回されて嬉しそうに涙流してんな。ほら、聞こえてんだろ? ケツ穴から上がってるエロい音」
「うぅぅっ! む、ぐ! んむぅぅぅっ…!」

わざわざ囚人の男に言われなくても、粘ついた水音は看守の唸りと一緒に牢屋の中で反響し看守を羞恥に追いやっている。
拘束服を着せられて無抵抗な状態にされ、言葉を出せないよう枷を噛まされたままベッドにうつ伏せで寝かされ、丸出しの尻穴を太い指で掻き回される責めは間違い無く恥辱だ。こんな事をされても不快でしか無い。そう、頭ではしっかり思っている。
だが、看守の肉体は違っていた。囚人の暴動が起こった日を境に管理する立場から飼育される立場へと堕とされ、毎日昼も夜も無く雌の悦びを教え込まれた看守の肉体は快楽を必死で否定する思考を無視して勝手に与えられる快楽を嬉しがり、もっともっととねだるように尻穴に入れられた囚人の右手の指にむしゃぶりついている。

「んー! ん、んっ…むぐぅぅっ…ふー、ふぅぅーっ!!」

嫌がる心とは裏腹に、看守の尻穴は指が動く度にいやらしく痙攣して腸液を漏らし、腹部とベッドの間にある白と透明の体液に塗れた男根はビクビクと跳ねている。そして、看守の赤く火照った顔は甘い快楽の波ですっかり蕩け、拒否の意思を込めた唸りとは真逆に性の悦びに陥落している。
もうすぐ、快楽を否定し切れなくなって看守は心も堕ちる。それを確信した囚人は意地の悪い笑みを浮かべながら体勢を変えて看守の足のふくらはぎの部分に緩く腰掛け、這いずって逃げる事も不可能にした上で言った。

「さて…だいぶ解れたし、ここから本気でイくぜ? 看守さんが泣いて嫌がっても、気絶するまでケツ穴だけでイかせて…ケツ穴を弄られないとイけないような身体にしてやるからな?」
「うぅっ!? ふぅぅ! ぶ、ぐむぅぅぅーっ!!」

まだまだ快楽責めは終わらないと告げられた看守は怯えを抱きながら半狂乱で制止を求めたが囚人の指はとまらず、看守の尻穴は今までの責めが戯れとも思えるような激し過ぎる悦びに襲われ、容赦無く絶頂へと連続で追い詰められる。

「うー! う…うぐぅぅぅっ! あ、おぉ、んもぉぉっ!!」
「そうそう、その調子でイきまくれよ? その調子でイきまくって、早く諦めて…心も身体も快楽に溺れちまいな」

外部の人間に知られないまま内部の力関係が逆転した刑務所内では、今日もそこかしこで看守が囚人が与える快楽に嬲られ、甘く歪んだ悲痛な叫びをうるさいくらいに響かせていた。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者のみに表示