FC2ブログ

青年ヒーローは肉体の全てを首輪に支配される

2016.01.11.Mon.21:00
ヒーローである青年は、敵から与えられる苛烈な責めを受けても悲鳴を上げず、ただじっとしている。狭い部屋の中央で両手を頭の後ろで組み、足をがに股に開いて男根を部屋の扉の方向に向かって見せ付け、勃起した男根から垂れ落ちる透明な蜜と全身を濡らす汗と大きく開いたまま閉じられない口から溢れ出る唾液を床にぼたぼたと滴らせながら、彫刻のように微動だにせずはしたない恰好で立ち尽くしている。
手首を拘束する縄や、足首の自由を奪う枷や、言葉を封じる猿轡といった物はヒーローの裸体には何一つ取り付けられてはいない。だが、捕らわれた青年の身体はもはや、指一本すら自らの意志では動かせなくされている。敵の手で青年ヒーローの首に巻き付けられた、赤い首輪のせいだ。

青年が普段身に着けているヒーロースーツと同じ色をした赤い首輪は、捕らわれの立場を常に確認させて屈辱を味わわせる効果だけではなく、装着された人物の肉体を完全に支配し肉体の全てを意のままに操るという恐ろしい機構を備えている。そんな首輪を嵌められた青年ヒーローは声を出す事も出来ず、手で首輪を外そうと試みる事も叶わず、また足の力を抜いて床に座り込む事も許されないまま、首輪によって無理矢理に高められた性の欲求に苦しめられている。
左右の乳首は真っ赤に充血してつんと尖り切り、絶え間無くうずうずと疼いている。むっちりと張った尻の間で収縮する尻穴は腸液を滲ませながら刺激が欲しいと騒ぎ、青年ヒーローに指で尻穴を弄りたいという願望を抱かせている。
そして、重力に逆らってそそり立つ青年の男根は先走りが亀頭や幹を伝う度に射精へと渇望を強め、今すぐに男根を扱いて精液を放出させたいという淫猥な欲望を際限無く青年ヒーローの思考内に湧き上がらせている。

もちろん、青年のそれらの欲求が満たされる事は無い。どんなに求めても身体はそれに応えられず、青年は泣き叫ぶ事も、誇りをかなぐり捨てて部屋の外で見張っているだろう敵におねだりをする事も出来ず、身動き一つ行えない裸体と思考回路を気が狂いそうな程に激しい性の欲求の波で揉みくちゃにされ、容赦無く追い詰められるしか無い。

(あぅぁぁぁっ…! も、ゆるし、て……っ! なんでも、します、から……誰か、誰か…イかせ、てぇぇっ…!! おかしく、なっちゃう…から……助け、て! お、ねがぁぁっ……!!)

心の中で哀願を発し、悲痛な絶頂を上げ続けても哀れな青年ヒーローの心の声は誰にも届かず。敵に捕まり、首輪で裸体を良い様に操作されてしまっている青年ヒーローは自分の中で駆け巡る淫らな思考で緩やかに壊され、快楽を望む以外何も考えられない色狂いへと改造されていくのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示