FC2ブログ

少年幹部への仕置きは全世界へと中継される

2015.10.24.Sat.21:00
幾つものヒーロー組織が乱立し、それぞれに悪と戦っている世界。多くのヒーロー組織は正義を持って悪と戦い、市民からの尊敬を得ている。だが、一部のヒーロー組織は悪の組織の構成員よりも下衆な者達が集まり、正義を名乗って非道な行為を行っていた。
自分の組織の建物に悪の幹部である少年を連行し、少年幹部が身に着けていた衣類を全て剥き、一糸まとわぬ裸体にさせた身体に無慈悲な仕掛けを施している者達のように。

「うー! む、う! うぐぅぅ!」

穴の空いた赤いギャグボールを通して少年幹部は唸り、自分の周りで作業をするヒーロー達に許しを求める。しかし、ヒーロー達は怯えの混じった少年幹部の唸りに耳を貸そうともせず、少年の裸体に取り付けた拘束具の状態を確かめていた。
背中側に回させた少年の手首を一枚の板で拘束する枷の鍵をしっかりと確認し、足首を拘束する一枚板の枷の鍵を確認したヒーロー達は、少年の幼い男根を睾丸からくびり出す赤縄を天井から吊るしてあるフックに緩み無く結んだ。この赤縄により、少年は枷で自由を奪われた手足を使って腰を高く持ち上げる体勢を強要されている。
少しでも腰を下ろせば睾丸に結わえられた赤縄がぎりぎりと絞まり、男根に痛みが走る。脱力すらも出来ない状況に追いやられた少年は、悪の幹部として威厳を放っていた時からは比べ物にならない程の弱々しい表情を見せて恐怖している。
普通の者ならばその表情を見て、わずかでも慈悲の心を抱くだろう。しかし、ヒーロー達は慈悲など抱かない。正義の者に許される権力を履き違えた非道な者達はわずかばかりの慈悲すらも胸に抱かず、恐怖する少年幹部の様子を見ながら嬉々として宣言した。

「それじゃあ、これより悪の幹部へのお仕置きを始めまーす」
「クソ生意気なこの少年幹部が惨めに感じまくる様子を、最後まで愉しんでいってね」

宣言の後、部屋に設置されていたモニターに電源が入る。そこには、怯える少年の裸体と、裸体に伸びるヒーロー達の手が映し出されていた。
『悪の少年幹部へのお仕置き! 生中継!』という、右下のテロップと共に。

「んむぅぅぅぅっ!? ん、もっ! むぉぉぉぉーっ!」

少年幹部はなりふり構わず顔を左右に振り乱し、イヤイヤをする。それは、この羞恥の仕打ちをやめて欲しいという嘘偽りの無い哀願。けれど、ヒーロー達は手をとめない。むしろ少年幹部が嫌がる様を心から愉しみ、無情な罵倒を口にしながら少年の裸体に触れた。

「嫌がっても無駄だぜ? どんなに嫌がっても、お前の身体をたっぷりと刺激して、反省させてやるからな?」
「ちっせえ乳首も、縄に絞り出されてる毛無しチンコも、恥ずかしいケツマンコも、たっぷり嬲って喘がせてやるぜ…覚悟しろよ?」
「む、ぐ…! ふむぅぅぅぅぅ…っ!!」

抵抗も、腰を下ろす事も叶わないまま裸体を手で刺激され、無様にイかされる少年幹部の痴態をは、ヒーロー組織を管理する上位組織が撮影現場に踏み込むまで、全世界へとリアルタイムで中継されていた。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示