FC2ブログ

捕らえた刑事に羞恥の責め苦

2015.09.29.Tue.21:00
衣類を全て脱がされた裸体をもがかせ、刑事の男は自分の自由を奪っている拘束を解こうと試みる。だが、どんなにもがいても黒のガムテープをぐるぐる巻きにされた腕は両膝を抱えた状態から離れられず、刑事は口に貼り付けられたガムテープを剥がす事はもちろん、自分の裸体に触れる悪人達の手を振り払う事も出来ない。
足首をベッドに押さえ付けられ、腰を持ち上げさせられている刑事は、後ろにでんぐり返しをする途中のような態勢を強制されている。それは、丸出しにされた股間が刑事の眼前にくる体勢で、刑事を捕らえた悪人達は恥ずかしい場所が嫌でもよく見える体勢を刑事にさせた上で淫具を使い、恥ずかしい場所が快楽で嬲られる様子を刑事に見させ続けるという羞恥の責め苦を施していた。

「んんぅっ! ふ、うぅ、うむうぅぅ!」

一際切羽詰まった声音で唸りながら、刑事は身体を大きくビクつかせる。何を言っているのかは全く分からない。だが、悪人達には深く考えずとも分かった。刑事がもうすぐ、十数回目の絶頂を迎えようとしている事が分かった。
だから、悪人達は意地悪く笑い、刑事の絶頂を後押しする為に手を動かした。身をよじって快楽を逃がせないように一層強く身体を手で押さえ付け、刑事の尻穴を埋め尽くして暴れているバイブを時計回りに回して柔らかな腸壁をこれでもかと掻き毟り、左右の尻肉を手の平で打ちすえバイブをより強く絞め付けられるよう手助けした。

「うぅぅぅぅぅーっ!! おっ、むぉぉ! ぶっ、ぶうぅぅぅ!!」

バチン、バチンと乾いた音を立てて尻の肉が打たれる度に痛みと衝撃で筋肉が収縮し、刑事は自分の意思とは関係無く腸内を乱暴に掻き分けるバイブをきゅうきゅうと絞め付けてしまう。そうしてバイブを絞め付けてしまうと、刑事は何度もイかされて過敏になった腸壁をより激しく引っ掻かれる事となり、快楽を否定する思考も間に合わない程の甘い快楽の波を悪人達の思い通りに味わわされてしまう。

「うぶぅぅっ! ふ、うぅぅ! んもぉ、おぶふぅぅーっ…!」

このままじゃ、また尻穴だけで絶頂させられてしまう。そんな危機感を覚え半狂乱でもがく刑事の惨めな姿を眺めた悪人達はニヤニヤと笑い、裸体を押さえる手と、尻を打つ手と、バイブを回す手の力を強め、刑事へ与える苦悶を更に無慈悲な物にしていた。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示