FC2ブログ

男は過去の自分に甘く壊される

2015.08.28.Fri.21:00
男の両手首と足首は、仰向けに寝かされたピンクのマットの四隅から伸びた手枷で短く繋がれていて思い通りには動かせない。視界は分厚い黒革の目隠しで覆われていて、何も見る事が出来ない。口には穴の空いた赤いギャグボールが噛まされていて、言葉を発する事はもちろん口を閉じる事も、呼吸の度に穴から噴き出し頬へと零れ落ちる唾液をとめる事も出来ない。
そして何より、頭部に布で固定されたヘッドフォンは耳に大音量を絶えず流していて、男は周囲の音を全く聞く事が出来ない。どんなに耳に意識を集中させても、ヘッドフォンをずらせないかと顔を振ってみても、聞こえてくるのはただ一種類の音のみ。
男が激しい快楽で嬲られ、理性を溶かして乱れ狂う様子を録音した淫らな音のみだ。

『あーっ! んあぁぁ!! ひんこと、けひゅまんごっ、きもひぃぃぃっ! あはぁぁっ…まら、イぐっ…おもちゃで、しぇーえぎ……でぅぅぅっ!』

耳に直接流し込まれる過去の男は、淫語を何の躊躇いも無く叫びながら嬉しそうに鳴いている。それは、男にとっては記憶に無い自分で、かつ認めたくない淫猥な自分だ。
しかし、認めたくないと思う程にはしたなく乱れている自らの声を聞かされている男の身体は、明らかな興奮を覚えていた。
ギャグボールで塞がれた口から漏れる呼吸は荒く甘く濡れており、左右の乳首は硬くピンと尖り、男根は灰色のボクサーパンツの中でパンパンに膨れ上がっている。その様は、どう言い訳をしようと性的興奮を覚えていると表現出来る状態だ。
男は心で嫌がりつつも、身体は聞こえてくる自分の声でしっかりと発情し、同じように気持ち良くなりたいと願っている。けれど、その願いを叶える事は出来ない。X字に引き伸ばされたまま枷で拘束された手足では尖り切った乳首を摘んで捻る事も、射精したくてビクついている男根を汗と先走りで濡れそぼったボクサーパンツごと扱く事も、中を擦られる悦びを教え込まれた尻穴に指を突っ込んで前立腺を強く押し上げる事も出来ないからだ。

『もっろ、もっろぉぉっ! きもひよくしてくだひゃいぃぃぃっ! 俺の恥ずかしいところもっとずぽずぽほじっへ、せーえきださせひぇくらひゃいぃぃぃぃーっ!!』
「んっ、んぐぅぅっ! ふっ、もぉぉっ!」

絶頂しながら快楽をねだる自分にうらやましさを覚えながら、男は少しでも快楽を得ようとして腰を大きくくねらせ、マットに繋がれた身体をのたうたせた。
もちろん、そんな刺激では足りるはずも無く、男は絶頂を迎えられないばかりかもどかしさと疲労で自分を追い詰め、認めたくないと思っている淫らな自分へと堕ちる時を早めてしまう。

『あぁんっ、あ…はぁぁっ……きもひい…しあわ、ひぇぇぇっ…!』
「んもぉっ…むふ、ぐむぅっ…!」

甘く壊れた自身の嬌声を耳にしながら甘く壊されていく男のくぐもった声は、マットが軋む音と共に部屋に響き、すぐ近くで観察している男の飼い主である男の表情を黒く微笑ませていた。
視界と聴覚を制限された男は、同じ空間で飼い主が見ている事にも気付かないまま飼い主の計画に沿って、今日もまた淫乱に躾けられていくのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント

管理者のみに表示