FC2ブログ

肉奴隷達の淫らな鳴き声は購買欲を刺激する

2015.08.23.Sun.21:00
好事家が悦ぶ容姿を持っていたから。そんな身勝手極まりない理由で連れ攫われ、地下空間へと運ばれた青年は、今日も裸体に厳重かつ恥辱を味わう拘束を施されていた。
台座の上に乗せられた青年はもちろん裸体をもがかせて抵抗を試みたが、一人対十数人では勝ち目などあるはずも無く、抵抗虚しく青年は一糸まとわぬその身に金属の拘束をしっかりと装着されてしまった。
真横に伸ばした手は、手首や肘といった部分を台の表面に金具で縫い付けられ、曲げる事も出来ない。足は大きく持ち上げさせられた足首を顔の左右で台に固定され、青年は丸出しの恥部を高く掲げた体勢のまま、足を閉じて恥部を隠す事も出来ない。

手と足を金属で拘束され、台の上から降りる事以前に裸体を手で覆い隠す事すらも許されない状態に置かれた青年は、もはや何をされても全て受け入れるしか無い。自分を拘束した者達によって男根に貼り付けられた電極のパッドが電気刺激で男根を責め立ててきても、度重なる陵辱で緩んだ尻穴に押し込まれた極太のバイブが手加減無しに暴れ柔らかな腸壁を掻き毟って快楽を注いできても青年はそれらを拒めず、手足の動きを封じられた裸体を台の上でビクつかせながら絶頂に喘ぎ、自らの胸や顔に白く濁った体液を放出する事しか出来なかった。

「あぁっ、っあ! やら…イぐ、イぐぅぅぅーっ…!」

一際激しく痙攣し、青年は喉を反らして絶頂を迎えた。その絶頂で吐き出された精液は青年の裸体の震えに合わせて男根の先端からあらゆる方向へと飛び散り、すでに透明な先走りと白色の精液でどろどろに汚れている胸元や、涙と涎でぐちょぐちょになっている青年の顔を汚していく。
だが、青年が幾ら淫らに裸体を体液で汚そうが機械はとまらない。男根に貼り付けられたパッドは絶えず緩い電気刺激を送り続けて無理矢理に射精を促し、尻穴に嵌まり込んだバイブは暴力的な首振りを続け表面に付いた数え切れない程のイボ達で過敏になっている青年の腸内を引っ掻き回し、何度も何度も絶頂を要求してくる。

「ん、ぎぃぃっ! も、りゃめ! ゆりゅじで…たじゅげで、くだひゃいぃぃっ!!」

舌足らずな口で言葉を紡ぎ、青年は自分を眺めている男達に連続絶頂からの解放を求めて叫んだ。しかし、男達は決して助けてくれない。それどころか、助ける意思を欠片も持っていない。
無情な男達の頭にあるのは目の前で無様にイきまくる青年を肉奴隷として買うか、それとも同じ空間の離れた場所で別の責めを受けて悶え泣いている男や少年を肉奴隷として買うか。そんな考えだけだ。

「おにぇがっ! たひゅ、たひゅけ……っあぁ! まら、イぐぅぅぅぅぅーっ!!」

黒い組織に捕らわれ、肉奴隷へと作り変える調教を施されて鳴く青年の声は、助けの来ない地下の空間の中で同じ立場に堕とされた者達の声と共に哀しく反響し、訪れた客の男達の歪んだ嗜好と購買欲を強く刺激していた。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント

管理者のみに表示