FC2ブログ

裸体を固められ少年は穴を玩具にされる

2015.08.07.Fri.21:00
この作品はシンクさんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!


「あぁぁぁーっ…! っも、ゆりゅじ、でぇぇ! おひりの、あにゃ…かきまわっ、ひあぁぁぁーっ!!」」

石で造られた広い部屋に、甘い鳴き声が大きく反響している。その声の主は一人の少年。迷宮の最深部にある宝を求めてこの部屋に来た冒険者で、今は自分を倒した宝の持ち主である青年魔族の手で良いように嬲られる玩具へと落とされていた。
戦いで消耗し切った少年冒険者にはもう、魔法を唱える魔力も無い。そして、武器を振るいたくても振るえない。武器を衣服と一緒に取り上げられたからであり、衣服を脱がされた裸体を魔族の術によって床を造る石の中に埋め込まれてしまったからだ。
術によって状態を変えられ、泥水のように少年の裸体を飲み込んだ後再び硬くなった石。その石は少年の裸体を恥辱を煽る姿勢で固定しつつ移動の自由と抵抗を封じている。

自分の尻穴が魔族の右手の人差し指と中指で掻き回される光景など、男根が尻穴の刺激で萎える事も許されないまま絶えず絶頂させられている様子など見たくは無い。けれど、後ろにでんぐり返しをする途中のような姿勢のまま石で固定され、丸出しの股間を眼前に配置された状態では少年は魔族の指で尻穴が嬲られる様を嫌でも見るしか無い。

「あぁぁ! あ! うあぁぁ!!」

手と足を石に固められて悶えさせられない分、少年は床から生えた顔と股間を激しく痙攣させながらもう何度目か分からない絶頂を迎え、魔族の指をきつく絞め付けつつ男根の先端から透明な蜜を垂らす。
もはや精液は少年自身の顔や床の上に吐き出されていて放出する事は出来ない。それ程までに絶頂を強要された少年はこの部屋に辿り着き魔族に戦いを挑んだ時の勇敢さや凛々しさや誇りを跡形も無く失っている。

「もぉ、もぉやらぁぁ! やめひぇ! ゆるじて、ゆりゅひでぇぇっ!!」

何もかもを尻穴の快楽で叩きのめされ苦しめられた少年冒険者は、狂ったように鳴き叫んで床から生えた顔を振り乱し、必死に許しを請う。
それを見た魔族の青年は前立腺を押していた指の力を緩め、ゆっくりと引き抜き始めた。

「あぁ…は、あぁ」

指が引き抜かれる感触に快楽を覚えながら、少年は安堵の息を漏らす。
まだ石に埋め込まれた状態で逃げられないとしても、思考がとめど無く白く染め上げられてしまう快楽責めから解放された事実は、少年に一時の安息を与えるに十分な事実だった。
だが、無慈悲な青年魔族はその一時の安息すら許さない。
いや…むしろわざと一時の安息を与え、油断した少年の尻穴を再び指で責めて絶望と強い快楽を注いできた。

「あおぉぉっ!?」

抜けかけた指が再度奥まで挿入される衝撃に少年は目を剥き、舌を突き出して小刻みに震える。そんな少年の震える頭部を魔族は左手でそっと撫で、右手の指の腹でまるで引き寄せるように前立腺を押した。

「んひぁぁぁぁぁぁぁーっ…!?」

自分を返り討ちにした魔族に敗れ、石に術で埋め込まれ、性の玩具にされる少年冒険者の濡れた悲鳴は助けの望めない迷宮の最深部に長く、哀しく響き続けていた。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
リクエスト聞いていただきありがとうございます!
指で嬲られるシチュエーションは堪らないですね、最後のフェイントも凄くツボです

管理者のみに表示