FC2ブログ

虎海賊は袋詰めの狼達で逸物を扱く

2015.07.30.Thu.22:00
月明かりが降り注ぐ海のど真ん中を、一隻の船が悠々と進んでいる。潮風を受けて海を行くその船の帆は、形良くふくらんで夜の暗さの中でも柄が綺麗に見えている。それは髑髏の下に二本の骨を重ねた、海賊のシンボルであるジョリー・ロジャーの柄だ。
一目で海賊だと分かる帆を掲げ、航海をする船。その船は今、特に目的地がある訳でも、次の標的の場所を目指して進んでいる訳でもない。今夜この船が海に出た理由はただ一つ、捕らえた者達を海上へ連れ去り、逃げ場はもちろん邪魔も無い状況で思う存分弄ぶ為だ。
そんな身勝手な理由で自分達を嗅ぎ回っていた政府の者達を海へとさらった虎獣人の海賊達は、麻袋の中で身悶える狼獣人の男達を口元に黒い笑みを浮かべて見つめている。甲板に置いた大きな麻袋の中に三人まとめて入れられた狼獣人達は開く事が出来ないようにと布を巻き付けて閉じられた口からくぐもった唸りを上げ、自分達を笑って見つめている虎の海賊達を麻袋の中から睨み付けながら脱出を求めて折り重なった裸体をもがかせていた。だが、どんなに裸体をもがかせても脱出の糸口は見えない。それどころか、内部が見えやすくなるように袋の口を広げている虎の手に近付く事すら出来ない。背中に回したまま指と爪を使えないようにする白布の拘束を幾重にも巻き付けられた手では身体を起こしたくても起こせず、手と同じように白布を硬く巻かれた足では立ち上がりたくても立ち上がれないからだ。

ギブスをしているような見た目になる程手足に布を厳重に施された狼獣人達は、二人の仲間が同じ袋の中で立てる唸りを聞きながら、無駄だというのに裸体を擦り付け合いながらじたばたと暴れ続けている。
そんな狼獣人達を虎の海賊達は何も言わず眺め、にやにやと微笑んでいる。罵倒も吐かず、無抵抗の身体を蹴るなどの暴力も一切奮わず、じっと観察を行う虎の海賊達。何もされないからこそ無抵抗の状態に追いやられている屈辱的な立場を強く意識させられる狼達は悔しさをひしひしと感じながらも屈しまいとして心を保ち、絶えず怒りの混じった唸りを発しながら虎海賊達を鋭く睨んでいた。
無言の虎達と、袋の中で唸る三人の狼。その状況は長く続き、そして不意に終わりを迎えた。虎海賊達をまとめ上げる船長の男が発した言葉と同時に。

「わりーな、お前ら。ちっと遅くなっちまったよ」
「待ちくたびれたぜ、船長」

今までどんなに唸りと睨みを向けても口を開かなかった虎海賊達が、いっせいにしゃべり出す。麻袋の中にいる狼達には船長の姿は見えていないが、聞こえる言葉からこれから何かが始められる事は推察出来た。
その何かが何だろうと構わない。何をされようとも、自分達は屈しない。そんな思いを込めて瞳の鋭さを増し、狼達は虎の船長がいつ袋を覗いてきても睨みを返せるよう構えていた。が、実際に虎の船長が袋を覗いた瞬間、狼達の瞳は困惑と驚愕に染まっていた。それもそうだろう。何せ袋を覗いた船長は、顔と一緒に右手に握ったたくましい逸物を狼達の視界に映るように見せ付けていたのだから。

「さぁ…始めようぜ。お前ら」

掠れた声で船長が言う。すると、それを合図にして虎の海賊達は全員が船長と同じく自らの逸物を袋の中にいる狼達に向け、そのまま何の躊躇いも無く、身悶える狼の裸体を糧として自慰を行い始めた。

「んぅ!? う、ふぅ…!」
「むー! うむうぅ!?」

周囲から風の音に紛れてにちゃにちゃという粘ついた水音が鳴り、透明な先走りが麻袋の中へと、逃げられない狼達の裸体へと滴り落ちる。何人もの虎海賊が自分達を見ながら男根を手で扱いている異常な状態に狼達は慌て、狼ゆえの優れた嗅覚で過敏に感じてしまう先走りのすえた香りに苦悶し、先程よりも切羽詰った声色で唸りながら折り重なった裸体を暴れさせる。
しかし、唸ったところで海上にぽつんと漂う海賊船の上では助けなど無く、暴れたところで手足の自由を奪われ麻袋に詰め込まれた状況では自分達に向けられる何本もの男根から無様に転がって逃げる事も叶わない。

「へへっ…良い反応だな。政府の狼さんよ。そんだけエロく悶えてくれたら、こっちも捗って助かるぜ」
「これからたっぷり俺達の精液を全身にぶっかけて、袋を閉めて…狼さん達を精液漬けにしてやるから愉しみにしておけよ?」
「んんーっ、んぐうぅ!」
「ふぐぅぅ…む、おふうぅぅっ……!」

敵である虎の海賊達に連れさらわれた三人の狼の甘い地獄の夜は、ようやく入り口を迎えたばかりだ。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
最高のシチュエーション!
袋詰めにされた狼たちが虎たちの汁で臭い攻め、精液漬けにされる!興奮しました。是非、続編が読みたいです!無理やり鼻先でしごかれて臭いをかがされながら射精され、精液濡れになるなんかいいですね。お暇な時、お願いします。期待しています。
こういうのもいいっ!!
虎が攻めなのがすてき💛です。
このまま狼たちを淫乱なメスに落としてください。こういう虎獣人も、好きです☆

管理者のみに表示