FC2ブログ

虎はケースの中で全身を責め立てられる

2015.07.20.Mon.21:00
「ふうぅぅーっ! む、ぐうぅぅ!」

口に金属で出来た棒状の枷を噛まされた虎獣人の男の声が、モニターや計器が幾つも並んだ研究室に鳴る。それと同時に、虎が自分を嘲りの視線で見つめている狼獣人達を睨み付けながら手で強化ガラスを叩く音が鳴っている。
研究室の中央にある台の上に置かれている透明な強化ガラスで造られたケースに入れられた虎は、自分を閉じ込めた狼達に怒りの感情を向けながら脱出を求めて力任せに強化ガラスを叩き割ろうとする。が、どんなに叩いても虎を入れた強化ガラスのケースはひび一つすら入らず、無駄な足掻きを行う虎を見て、狼達は愉しそうに笑った。

「幾ら頑張ったって無駄だぜ? ヒーロースーツが無けりゃアンタはただの虎なんだから、ケースを壊せる訳が無いだろ?」
「うぐぅぅ…っ!」

ガラスを通して狼の一人が虎の眼前に顔を寄せ、意地の悪い表情を浮かべる。いつもならその表情を一発殴り飛ばして無理矢理にでも黙らせるのに、今はそれが出来ない。狼の言葉通り、虎は身に着けていたヒーロースーツを捕らわれた時に剥ぎ取られて無力化され、その上スーツを剥がれた裸体に拘束と称して、手足の自由を奪う黒色の全身スーツを着せられてしまっているからだ。
首から下を隙間無く覆うその黒いスーツは、虎の肘から先を一括りにし、指を使えないよう握り込ませた状態を強制している。これでは左右の足首を短く繋いでいるスーツから伸びた鎖も外せず、言葉を封じている口枷も外せない。
超人的な力を取り上げられ、無力となった身体を肌にきつく吸い付く黒いスーツで拘束され、見世物のように透明な強化ガラスのケースへと閉じ込められた虎は、もはや敵の狼達の発言に言い返せもせず、視線から逃れる事も叶わない。
それは屈辱的で、ヒーローとしてのプライドが傷付けられる仕打ちで、虎はどうしようも無い悔しさを味わっていた。
しかし、虎獣人のヒーローは著しく誇りが失われる状況にありながら、まだ意志の強さを保っている。その証拠に、虎は絶え間無く募る怒りと悔しさを瞳の鋭さに変換して、狼達を射抜く眼光を激しくし続けていた。

「くくっ…良い目だな」

棒の口枷に牙を立て、圧倒的に不利な立場に追いやられながらも目の強さを失うどころか強くしていく虎ヒーローに、狼は喉奥で笑い声を上げる。

「その良い目がいつまで守っていられるか…今から愉しみで仕方ねーな」

狼のその言葉に合わせ、部下達が一斉にスイッチを入れる。カチリ、カチリと音を立てて凹むスイッチの音が研究室に立ち、その直後、研究室は虎の声で満たされた。

「んぶぶっ!? お、むふっ、あぶぉぉっ!」

苦痛に歪んだ悲鳴ではなく、笑声。首から下を包むスーツに全身をくすぐられ出した事で発せられた、虎の笑声で、だ。

「どうだよ、虎のヒーローさん? 脇の下も、足の裏も、乳首も、チンコも、尻尾も…どこもかしこもくすぐられてる気分は?」
「んむぅぅぅーっ! おもっ、ふっ、むぎゅぅぅぅっ!」

まともな返事はすでに不可能になっている虎は、くぐもった笑い声を上げてケースの中でのた打ち回っている。
刺激に弱い場所をスーツの機構でくすぐられ、快楽に弱い場所をも同じ機構でくすぐられている虎はまだ無情な責めが始まってから一分も経っていないというのに息苦しさに悶え、ついさっきまで守っていた強い視線をあっさりと失くしていた。
だが、狼は口枷ごしに絶叫を上げて悶え狂う虎に満足げな顔を見せると、無慈悲な内容を冷酷な口調で言い放った。

「ほらほら、睨んでごらんよ? この状態で俺達を睨み付けてこそ、正義のヒーローってモンじゃないの?」
「お! むっ! あぉぉぉぉぉぉぉっ…!」

狼の無慈悲な言葉に抱いた虎ヒーローの怒りは全身を襲うくすぐりの責めで一瞬にして霧散し、そのまま捕らわれの身となった虎ヒーローは反抗的な意思はおろか正気や理性すらも跡形も無く削り落とされるまで、スーツが与える刺激によって笑い悶えさせられるのだった。



↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント
とらーーーーーーっ!!
虎のヒーロー・・いいですね。
いつも以上に興奮いたしました。ああ、狼たちに混ざりたい☆
いたぶられる虎ヒーロー、おううううう、エロいっ、エロすぎます!
・・出来れば続編書いてください(^^♪

管理者のみに表示