FC2ブログ

弟はエッチな格好で兄を誘惑する

2015.07.13.Mon.21:00
「あ、兄貴。お帰りー」

リビングに入ってきたスーツ姿の兄を見て、弟は笑顔を兄に向けて明るい声で帰りの挨拶をする。一方、兄はというと右手の甲で額の汗を拭った状態のままただいまも言わずに立ち尽くしている。予想など付く訳も無い状況が仕事から帰ってきた自分を待っていたのだから、当然だろう。
しばしの沈黙を置き、額から右手を下ろし、兄は二、三度まばたきをして目に映る光景を確認した後弟に尋ねる。

「…その格好は、何だ?」
「あ、これ? 通販で見てて可愛いって思ったからバイト代で買っちゃった。ねぇ兄貴、俺に似合ってるかな?」

兄の質問に答え、質問し返しながら弟はリビングでポーズを取る。それは足で立つポーズではなく、手と膝で身体を支える四つん這いで、着込んでいる豹柄の全身タイツの腰辺りに生えた尻尾をゆらゆらと左右に振るポーズだ。
縞模様がぴっちりと貼り付いている尻を兄に見せ付け、チャックを開けた背中をちらちらと見え隠れさせている弟は、兄の表情を見ずに言葉を続ける。

「ほらほら、お堅い兄貴もさすがにこれなら興奮するでしょ? いつもと違って、激しいエッチにもつれ込みたくなるでしょ?」

むちむちと張った尻と豹柄をしたふわふわの尻尾をくねらせ、弟は兄を誘惑する。余裕たっぷりの口調で兄をからかいつつ、期待を抑え切れずに豹柄のタイツの下でペニスをふくらませている弟の姿に、兄はカバンを置くと四つん這いになっている弟の元へと近寄り、掠れ声で囁いた。

「あぁ、そうだな。さすがにこんな物を見せられたら…苛めてやらない訳にはいかないな」

やった。堅い兄の誘惑に成功した弟は心の中でそう思う。しかしその直後、弟の身体に訪れた感覚は期待した物よりもはるかに上の快楽だった。

「ひゃ、あぁ!? ちょ、兄貴、強過ぎ…んうぅ!」

兄の左手が背中を巧みに撫で回し、右手が縞柄のタイツの上から勃起したペニスを握り込んで優しく、けれど抗いがたい強い悦楽を注ぎ込む。
こんなに巧みに動く兄の指なんて、知らない。指で背中とペニスを弄られただけで全身が脱力する程の快楽があったなんて、知らなかった。自ら誘ったは良いが、与えられた物は完全に予想を上回っていて、弟はさっきまでの余裕を嘘のように失い、胸部をリビングの床にべたっと押し付けた体勢のまま豹柄の身体をビクつかせ、あっさり絶頂へと追いやられてしまった。

「ふふっ…あんな誘い方をした割には呆気無くイったな。いやらしい弟だ」

ペニスから溢れた体液で濡れた右手を尻の部分のタイツで拭きながら、兄は左手で豹柄のタイツの背中にあるチャックを閉じていく。タイツの手にあたる部分が豹の脚をかたどったもこもこのブーツになっており、自力では指を使ってチャックを下ろせないと見抜いた上でだ。
少しずつ、少しずつチャックが閉じられ、豹柄のタイツを脱ぎたくても脱げない状態にされていく。それに興奮を感じつつ、弟は一抹の不安を込めて兄に聞いた。

「ん、は…あにきぃ…もしかして、怒ってる…?」

普段とは比べ物にならない快楽を兄が与えた理由は、もしかしたら自分が調子に乗り過ぎたからかも知れない。そんな不安を抱え、赤い顔を左後ろに回して聞いてくる弟に兄はにっこりと笑い、弟が望む以上の返事をした。

「怒ってなんかないさ。むしろ、お前の身体を気にかけて手加減する必要も、弟と恋仲になっている事を気に病む必要も無いって分かったんだから、怒る訳が無い」

安堵の感情が弟の胸を満たす。嬉しそうに笑う弟を兄はそっと仰向けにさせ、縞模様の布地を押し上げている左の乳首を指で摘みつつ告げた。

「どうやら今まで不満にさせてたみたいだから、今日はこのエッチな格好のまま……を嫌という程気持ち良くしてやるよ」

下の名前を呼ばれ、弟は背筋をぞくりを震わせ、乳首への刺激でヒクつく腕を兄の首に回した。

「気持ち良く、してぇ…エッチな格好の俺を……に、気持ち良くして欲しい…っ!」

兄は微笑み、自分の名を呼んだ弟の唇にそっと自分の唇を寄せる。
悪戯な誘惑から始まった愛情を確かめ合う甘ったるい時間に幸せを感じ、弟は兄の舌に自身の舌を絡ませて流し込まれる唾液を悦んで飲み込み、エッチな豹の衣装をまとったその身を熱く火照らせていた。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント

管理者のみに表示