FC2ブログ

騎士団長は淫欲で壊され恥辱を悦ぶ

2015.07.02.Thu.21:00
この作品は名無しさんのリクエストを元にして書かせていただきました。リクエスト、ありがとうございました!


国の為に戦い、そして抵抗虚しく敵に捕らわれた虎獣人の騎士団長は、陽の光が一切届かない地下室で裸体を台の上に仰向けで固定され身動きを封じられていた。
黒い革製の頑丈なベルトによって両手首と足首はもちろん、肘や膝、太股に腹部、胸部や首に加え太くしなやかな縞柄の尻尾までをも台に縫い付けられてしまった虎は、仰向けで寝かされた状態のまま起き上がる事はおろか足の間で真っ直ぐに伸ばされた尻尾を曲げる事すら出来ない。
完全に行動を制限された虎は、言葉封じと舌噛み防止を兼ねている金属で作られた棒の枷に歯を立てながら、拘束を施された裸体をもがかせていた。だが、遊び無く虎の全身を押さえ付けている革ベルトは軋むばっかりで全く緩まない。口枷を外そうと思っても、無理矢理に発情させられた肉体を慰めたいと思っても、不可能だ。

「う…うぅ、ぐ…っ!」

目の端から透明な雫を垂らし、口枷の隙間から唾液と熱く濡れた吐息を漏らして虎はどこもかしこも疼きに疼いている裸体を台の上で力無くくねらせ、硬く勃起したまま萎えられない逞しい男根を揺らめかせる。
敵に捕らわれ、台の上に拘束されてから毎日投与されている無慈悲な発情薬は虎の騎士団長に休み無い興奮を強要し、常に性的欲求に駆られる精神状態へと追い込み、虎を捕らえた者達はその上で欠片も快楽を与えない生殺しの責め苦を施していた。

「ん、うっ! うぐぅ…ふ、むうぅぅ!」

身体は際限無く熱く火照り、心は騎士としての誇りを忘れ去るくらいに快楽の事のみを考えている。
この気が狂いそうな熱を解消出来るなら、何だって良い。射精をさせてもらえるならどんな方法だって良い。そこまでの思考に陥る程に追い詰められた虎の騎士団長は、自分を苦しめている元凶である敵国の狼兵士達が地下室に現れても哀願の視線を向ける事しか出来ず、その狼達が残酷な責めを加えてきても、それを心の底から悦んでしまった。

「さぁ、 騎士団長様のチンコの上に跨るんだよ」
「尊敬する騎士団長様のイきたくて堪らないチンコをイかせられるなんて…部下として光栄だなぁ、お前」
「あぁ! 嫌だ、やめて、くれ…っ!」

縄に縛り上げられた部下の虎青年が自分の上に足を開いて跨がせられ、尻穴で自分の男根を飲み込ませられそうになっている。そんな状況が目の前で繰り広げられているというのに、淫欲に壊れた虎の騎士団長は張り詰めた男根の先端に触れる尻穴の感触に堪らない悦楽を感じ、思わず腰と尻尾をよじらせてしまう。

「うぅ! んむうぅぅっ…!」
「ほーら…騎士団長様も腰を振りながら早く入れさせてくれ、って呻いてるぜ?」
「嫌だ、なんて嘘吐いてないで、すっかり雌になったお前のケツマンコで、騎士団長様のチンコを絞り尽くしてやれよ!」
「うぅーっ、ぐ、あ…やめ、や…っ!」

必死に足に力を込めて抗う虎青年と、その虎青年の肩を下に押す狼兵士達の様子を虚ろな目で眺めながら、かつて誇り高い騎士団長であった虎獣人は狼の言葉通り早く早くと呻き声を上げ、自分を屈辱にさらすまいとして踏ん張る虎青年に対して焦れったさを感じていたのだった。




↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント
No title
虎騎士団長エロい……(*´ω`*)
応リクありがとうございます!!!
初めまして
とても続きが気になります!

管理者のみに表示