FC2ブログ

四肢拘束で少年は搾取される

2013.09.21.Sat.21:00
「あぁ…あぁーっ!」
「んひっ、くふぅ!」

壁一面を機械に囲まれた部屋で、何人もの少年が快感に悶えていた。その少年達の身体には服は無く、代わりに過剰な拘束が着せられていた。
少年達は手足を身体の横に伸ばした状態で左右の金属の板に空いた穴に通されていて、その苦しい体勢のまま腕も足も抜けないよう板を溶接されてしまった。

「あふっ…ひゃあぁ!」

工具を使わなければ手足は自由にならない。たとえ少年達が頭を振り乱し手足をばたつかせても虚しくなるだけだった。
しかしそれでも、少年達は暴れずにはいられない。自由を奪い取られた身体には、残酷な責めが与えられているからだ。

乳首には、チューブの付いた短いビニール管。その中には四方向から乳首を挟み込み、先端のブラシで丹念に腫れ上がった少年の乳首を責め立てる器具が付いていた。

「あぁ、ふあぁっ!」

何百本もの毛で絶え間無く磨かれた乳首は真っ赤に染まっていやらしく尖っている。更に、淫らな変化が起こっていた。

「ふぁ、出る。おっぱい、びゅるびゅる…」

刺激され続けた乳頭はまるで女のように母乳を分泌して、その分泌された乳はチューブによって吸い上げられ少年達の出したミルクはタンクに集められていた。

そして、少年達を辱める器具は乳首だけでなく、アナルにもペニスにもある。

拘束された少年の身体を下から支える台。一見すれば慈悲にも見えるが、その台には極太のバイブが天を向いて突き出されており、台に体重をかけさせられた少年のアナルにはバイブがずっぷりと嵌まり込み、容赦無くピストンを繰り返し敏感な肉壁を嬲り倒していた。
そうして中を抉られて感じ入ると、生理現象として射精を迎える。その吐き出された精液を、乳首と同じチューブが吸い上げ、こちらはタンクではなく少年達の頭上に集められている。

動けない少年達の頭から何人分もの雄の匂いが混ざり合った精液を少しずつかけ、発情を途切れさせない為に。

「あぷっ、んぷぁっ!」

時折どろりとした体液が鼻や口を覆い、少年達は息苦しさとすえた性臭に苦しめられる。
苦しむ間にも無感情な責め具達は駆動を続けて、何とか意識を紛らわそうと少年達は板で拘束された手をもがかせ、どちらからともなく隣り合った少年と手を握り合った。

「んぅぅ、イぐぅ! 気持ち良ぐておかひくなりゅぅぅぅっ!!」
「僕もイぐっ! しぇーえきの匂いで頭くらくらしへぇっ! せーえきれちゃふぅぅっ!!」

お互いに手を強く握りながらまた絶頂を極め。精液と母乳をチューブへと送る。

激しい凌辱に肉体も精神も壊されていく少年達は抵抗も出来ず。
ただ、その淫らな体液を搾取され続けるしか、なかった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























関連記事
スポンサーサイト
[PR]

コメント

管理者のみに表示