FC2ブログ

男は苦痛でスパイを従わせる

2019.01.31.Thu.21:00
壁から生えた極太のアナルバイブが、男の尻穴を容赦無く掻き回して意に染まぬ快楽を休み無く味わわせる。壁から伸びたコードの先にある男根の根元と亀頭の下に巻き付けられたベルト型のローターと、左右の乳首を強く挟み込んでいるクリップ型のローターが、振動を繰り返して男の淫らな弱点に甘い悦びを流し込み続けている。
それらの機械から逃れたくても、男は逃れられない。衣服を剥ぎ取られた裸体に施された縄によって肩幅に開いた足を壁の金具へと繋がれ、上半身を縛る縄を壁の高い位置にあるフックへと結合されてしまった男は壁から突き出たバイブを尻穴の奥深くにくわえ込まされた状態から離れられず、男根と乳首を苛むローター達を毟り取ることも出来ない。
男に出来ることは、機械が生み出す快楽に為す術無く辱められることだけ。尻穴と乳首と男根を無感情な機械達の責めで休み無く嬲られながら、鼻と口に与えられた拘束のせいで閉じられなくされた口から苦悶の唸りと唾液を零すことだけだ。

「あ、あぉ……は、ほ、ぉ……っ!」

鼻の穴に装着された鼻フックを頭頂部を経由する形で黒い首輪の後部へと革ベルトで繋がれ、下の歯に引っかけられた金属製の器具を首輪の前部へと革ベルトで繋がれ、無様極まりない状態で固定された顔面を小刻みに震わせながら男が弱々しい呻きに合わせて裸体を必死にもがかせる。
もちろん、厳重に施された縄拘束は力を込めたくらいではビクともしない。背中で重ねられた手首を縛り、二の腕を胴体に括る縄を解こうと上体を動かしても、それは縄と顔面の拘束が食い込む痛みを生むのみ。壁に繋がれた足を自由にしようと試みても、それは尻穴のバイブが腸壁を抉る刺激と、男根と乳首の機械のコードを揺らす動きを生むのみ。
いつまで経っても、男は拘束から逃れられない。どんなに頑張ってみても、男は絶頂を幾度となく強いられる甘い苦しみから脱出出来ない。
無駄に足掻きながら、惨めに射精へと追い立てられながらいたぶられ続けた哀れな男。そんな男の元に、一人の男が訪れた。それは救いを与える者ではない。男を捕らえ、壁に繋ぎ、快楽責めと顔面の拘束を与えて放置した者だ。

「おはよう、スパイさん。今日も、たっぷり躾してやるよ」

醜悪な笑みを浮かべながら、男は抵抗の叶わないスパイの眼前でズボンから自身の男根を取り出し、器具を使って開かせたままにさせているスパイの口に取り出した男根を押し込んだ。
その行動は、男根を舐めて奉仕しろという男の意思表示だ。だが、スパイはそれに従わない。舌に触れる男根の感触に嫌悪感を抱きながら、この男根に噛み付けない事実に対する悔しさを募らせながら、スパイは視線を上に向けて憎い男を鋭く睨み付けた。

「うーっ……ふぅ、おぅ……ぐぅ……!」

快楽に乱れた熱い吐息を口内の男根に浴びせかけながら、怒りを乗せた睨み付けを行うスパイ。命令に逆らい、愚かな反抗の態度を見せるスパイに、男は笑みの残忍さを濃くしながら罰を加えた。スパイに男根への奉仕を行わざるを得なくさせる、痛みと屈辱の罰だ。

「情けない豚鼻晒して逆らってんじゃねーよ。まだ、自分の立場が分かってないみたいだなぁ?」
「あごっ!? お、もぉっ……!!」

命令に従わないスパイを言葉で咎めながら、男は鼻フックと首輪を結ぶベルトを右の親指と人差し指で引っ張り、スパイの鼻に負荷をじわじわと掛けていく。
身動きを封じられたスパイは男の指の動きをとめられず、鼻を襲う痛みに目を見開くことしか出来ない。

「ほら、さっさとしゃぶんねーとずっとこのまま、千切れるまで力を入れ続けんぞ? 二度とこれを使って豚鼻にさせられたくないってんなら、それも悪くないだろうけどな」
「うむぅぅ!? もっ、もほぉっ!」

完全に自分を支配する立場の男から、自分に危害を加えることに対して躊躇いも遠慮も無い存在から冷たく言い放たれたスパイにもはや逃げ場は無く、観念したスパイは口内に含まされた男根に舌を這わせ、淫らな奉仕を行い始めた。

「そうそう、最初っからそうしてれば良かったんだよ。馬鹿な反抗しなきゃ、こんな苦しい思いもしなかったんだ。そうだろ?」
「あむ、もぉっ、ぶっ、んぶぅんっ!」

舌を動かして男根を刺激しながら、男が気に入る肯定の唸りを一生懸命に放つスパイ。そんなスパイの様子に口角を吊り上げる男は、スパイの舌の動きが鈍る度に鼻フックを引っ張って咎め、スパイが機械の責めに耐えきれず勝手に絶頂を迎える度に仕置きと称して機械の駆動を更に強め、捕らえたスパイを欲望の赴くまま好き勝手に弄び、抗えぬスパイを一方的な辱めで淫らに屈服させ崩壊させる愉しみを心から味わっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


大乱交全寮制男子校! sex学園に転校したら…。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

刑事は正座の体勢で屈服へと追い詰められる

2019.01.30.Wed.21:00
折り畳んだ状態から離れられないよう、足に黒のガムテープを巻き付けられ。自由を奪われた足に乗せられた手を、同じ黒のテープで足へと厳重に縛り付けられた男は、正座の格好から抜け出せないよう拘束されてしまっている。
逃げ出すことはおろか、立ち上がることも出来ない。口に貼り付けられたテープを剥がす以前に、衣服を取り上げられた裸体を覆い隠すことすら叶わない。行動を制限され、身動きを封じられた無様な男。そんな男に、拘束を施した男は無慈悲な辱めを加えた。
それは、淫らな玩具を用いた甘い快楽の辱め。抗えない男の男根と左右の乳首にテープで貼り付けた薄桃色のローターを容赦無く駆動させ、床に固定した極太の張型を尻穴に飲み込ませて腸内を張型で休み無くほじくり回す悦楽の責めだ。
すぐ近くに見えているのに、手が使えれば簡単に毟り取れるのに、手の動きを封じられた男はローターから逃れられず、男は激しい振動を繰り返す乳首と男根のローターを絶望のまなざしで見つめ続けるしか無い。腸壁をぐりぐりと抉り倒す張型を尻穴から抜きたいのに、足を伸ばせなくされた男は下から尻穴を貫いている張型をどうやっても引き抜けず、男は体内を蹂躙する張型の刺激に追い詰められて絶頂を迎え、情けなく精液を迸らせるしか無い。
達しても達しても終わらない、機械による絶頂地獄。口を塞がれているせいで息を整えることすらままならない状態で強いられる断続的な射精の苦悶に心と身体を嬲られ続けた男はもはやプライドを守る余裕など欠片も無い。
甘く残酷な仕打ちに疲弊し、憔悴しきった男は、堪えきれずにとうとう自分を捕らえた男に向かってくぐもった声で悲痛な哀願を放った。それが自身の刑事としての誇りを地に堕とし、憎むべき悪への敗北を意味すると理解した上でだ。

「んぅぅぅぅーっ!! むっ、ぐふぅぅ!! んーっ! んぐぅぅぅぅーっ!!」

なりふり構わずに許しを請う惨めな刑事の叫び。テープに塞がれた声でも分かる嘘偽りの無い懇願の念が込められた唸りを向けられた男は、ニヤニヤと笑いながら椅子から立ち上がると、正座の姿で絶頂を迎え続けている刑事の前へと移動し右手を動かした。
慈悲を与えるためじゃない。崩壊寸前の刑事にとどめを刺し、完璧な屈服を迎えさせるためだ。
ゆっくりと動いた男の右手が、刑事の顔に近付く。口のテープを剥がして貰えるのだろうかと快楽に霞んだ頭で考えていた刑事は、右手が取った動きに苦悶を一気に引き上げられた。男の右手はテープを剥がしなどせず、顔面を強引に後ろへと反らさせながら親指と人差し指で鼻を強く摘まんできたのだ。
顔を後ろに押されたら手足をテープで繋がれた裸体も後ろに傾いてしまう。すると、尻穴で暴れる張型が抉る位置も変わり、刑事は自然と過敏な弱点である前立腺を重点的にいたぶられる状況に陥ってしまう。それに加えて鼻まで摘ままれ、呼吸を禁じられた刑事は強まった快楽と息苦しさに苛まれてしまう。二重三重に重ねられた非道な責め苦に刑事は一瞬で思考をすり潰され、ただただ悲鳴を上げながらよがり狂うだけの存在に変えられてしまった。
もう、哀願さえ放てない。刑事は救いを望むことさえも認められぬまま射精を何度も何度も迎え、男の予定通りに屈服させられるしか無い。

「うっ、ぐむ……んぅ、んぶぅぅ! ごっ、む……!」

涙に潤んだ目を見開き、甘い悦びと死の恐怖に歪んだ呻きを力無く漏らす刑事。そんな刑事の裸体の痙攣を目で愉しみ、空気を求めて震える口と鼻の動きを右手で堪能しながら男は刑事の呼吸を気まぐれに塞き止め、刑事の堕ちる速度を加速させていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


あの日、ぼくは親友とセックスした
関連記事

捜査員は毛布の下で淫獄によがり狂う

2019.01.29.Tue.21:00
「はぁ……は、くぅっ……あぁ、んあぁ……イ、イぐっ……!!」

裸体を厳重に縛り上げる縄をぎちぎちと鳴らし、自分の体格に合わせて用意された黒い箱の底で自由を奪われた仰向けの裸体をビクビクと悶えさせながら、男が自身の弱点を甘く嬲る機械達の刺激に屈して絶頂を迎え、男根から精液を迸らせた。
ほとんど白の混じっていない薄い精液がとろりと溢れ、男の腹部を淫らに濡らす。そんな不完全な絶頂の最中にも、無感情な機械達はとまること無く駆動し続け、男に次の絶頂を無慈悲に要求してくる。
左右の乳首にあてがわれた楕円形の機械は、尖りきってじんじんと疼いている乳首を更に震わせて快楽を男に味わわせる。男根の裏筋に貼り付けられた乳首の物と同じ二つの機械は、達しすぎて吐き出す精液を失いつつある男根を絶え間無く振動させて残酷に精液の放出を促してくる。表面に醜悪なイボを数え切れないくらいに生やした男根を模した機械は尻穴を奥深くまでみちみちに埋め尽くした上で乱暴な首振りを繰り返して腸壁を容赦無く掻き毟り、男に体内をほじくり回される雌の快楽を叩き込んでいる。
テープと縄を使って固定されたそれらの機械達は、男が必死になって裸体をもがかせても外れない。背中で重ねさせられた手首を縛られ、二の腕を胴体に遊び無く結わえられ、左右の足首と太ももを短く括られた上で膝に施した縄と上半身の縄を短く結合されてしまった裸体をどんなに動かしても男は機械をとめられず、箱の中から脱出することも出来ない。
男は箱の中から天井を見上げながら、終わりの見えない快楽に絶頂を迎えさせられることしか出来ないのだ。

「あ、あぁぁっ! はー、はぁっ……ん、く、ふぁ、あくぅっ……!」

唇を引き結んで喘ぎを抑えることももはや叶わない。湧き上がる射精欲を制することも不可能で、男は機械で嬲られるがままに射精へと追い立てられてしまう。
縄で拘束され、箱に入れられ、満足に身悶えることも禁じられた無様な格好で絶頂を強いられ続けた哀れな男。そんな男を取り巻く状況に、変化が訪れた。男に縄と淫らな機械を与えて置き去りにした男達が男の元へと帰ってきたのだ。

「ただいま、捜査員さん。随分とイきまくったみたいだね」
「箱の中、捜査員さんの汗と精液ですごい匂いになってるよ?」
「俺達にとっ捕まった上に箱をこんないやらしい匂いで満たしちゃって……恥ずかしいったらないね、捜査員さん」

箱の中を覗き込みながら男達は体液でどろどろに汚れた捜査員の姿を笑い、箱に充満した淫臭を意地悪く指摘してくる。その侮蔑と嘲笑の言葉に、捜査員は何かを言い返す気力も無い。ただただ胸にぶつけようの無い怒りと屈辱の感情を募らせるばかりだ。
自分達の言葉に無言で返す疲弊しきった捜査員の様子に男達は顔を見合わせ、捜査員が限界を迎えている事実を視線で共有し合うと、捜査員に問いかけた。それはこの快楽責めの目的である、自白を促す問いかけだ。

「捜査員さん、これ以上恥ずかしい格好にされたくないよね? もう、玩具にイかされたくないよね?」
「捜査員さんのことや、お仲間さんのことを教えてくれたら、玩具をとめて休ませてあげるよ?」
「もし教えてくれないなら、玩具はとめてあげない。それどころか、今よりももっと苦しくしちゃうよ? どうする?」
「はぁ、あぁ、んあぁ……っ」

このまま機械達に責められ続けたら、今よりも苦しい状態にされたら、自分は快楽に破壊されてしまうだろう。
捜査員どころか、日常生活に戻ることすらままならなくなるかも知れない。そんな恐怖が捜査員の心に芽生えるが、捜査員はその恐怖を振り払うように男達を睨み付けながら拒絶を口にした。

「だ、れが……話す、ものか……っ! ん、あぁっ……仲間を、売りなどしない。悪に、屈しなど、んっ、あぁ! くぁぁぁぁーっ!!」

絶頂に至りながらでも伝わる強い意思を示し、捜査員は荒い呼吸交じりに自白を拒んだ。
すると、男達は笑みの冷酷さを強め、それはそれで面白いと言わんばかりに行動を開始した。

「んじゃ、もっと苦しくしちゃおうね」
「でもその前に、汗が冷えたら風邪を引いちゃうからね。まずは暖かくしてあげるよ」

そう言って、男達は捜査員を入れた箱に折り畳んだ毛布を詰め始めた。一枚や二枚では無く、箱の縁に至るまで何枚も詰めていく。

「ふ、むぁぁっ!? や、め……あく、うぁぁっ!!」

視界が闇に覆われ焦りの声を発する捜査員に構わず、男達は機械のコードに気を付けながら次々に毛布を入れていく。そして、それ以上毛布が入らない位置まで、箱が満たされるまで毛布を詰め込むと、男達は箱の上部に格子状になっている蓋を取り付け、男が力を込めたくらいでは外れないよう留め具を幾つも施してしまった。

「これ、どけろぉっ……んぁ、はっ、はぁ、くふぅっ……」

毛布と蓋に押さえ付けられ、息苦しさと逃げ場を失った熱及び淫臭に苛まれ始めた捜査員が放つ毛布ごしの弱々しい叫びを聞きながら、男達はまた黒い笑みを浮かべて床に置かれた一つの機械に集まる。それは、捜査員の乳首と、男根と、尻穴を嬲る機械と連動している機械。コードを通して箱の中の機械に命令を与え、責めの強さを好きなように変えられる機械だ。

「それじゃあ捜査員さん、玩具を今から強くしてあげるね」
「さっさと白状しなかった捜査員さんが悪いんだから、イきまくりながらしっかり反省するんだよ?」
「ひっ……!? や、やめろ! やめてくれぇぇぇっ!!」

反抗を忘れ、哀願の絶叫を口にしても無意味で。男の一人はその絶叫に興奮を抱きながら箱のレバーを操作してしまった。
細いコードを通って、指示が箱の中の機械達に届く。直後、機械達は各々の駆動をそれまでとは比べ物にならない程苛烈な物へと引き上げ、縄と毛布に裸体の動きを制限された捜査員を絶頂地獄へと叩き堕とした。

「あぁぁぁーっ!? が、ひぃぃっ!! りゃめ、らめぇぇっ!! こん、にゃの……ひぬ! ひんじゃうぅぅぅっ!!」

毛布に吸い込まれていても響く、悲痛極まりない捜査員の甘い鳴き声。その鳴き声を耳で堪能しつつ、男達は毛布が詰められた箱の底でよがり狂う捜査員に言った。

「うんうん、良い苦しみっぷりだね。その調子でたくさんイくんだよ?」
「捜査員さん、お休み。また明日ね」
「明日の朝には捜査員さんがちゃんと反省して、俺達の質問に答えられるようになってるのを期待してるよ-」
「い……いやぁぁ!? だじゅげで! 置いてかないでぇぇっ!! ゆ、ゆりゅひ、あひひぃっ! イぐぅぅ! イぎゅぅぅぅぅっ!!」

呼びとめの言葉を完全に無視され、残忍なまでの淫らな苦悶の中で放置された捜査員は毛布に染み込んだ自身の体液の重みと匂いにまで追い詰められながら、逃れられない快楽と熱に閉じ込められた裸体を惨めによじらせ陥落していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


Ni:Communication-AFTER
関連記事

男は刑事を自分好みに絶頂させる

2019.01.28.Mon.21:00
山の中に建てられた屋敷へと連れ攫われ、そこの地下室で飼い慣らされ始めてからどれだけの日数が経過しただろう。
刑事の男は当然幾度と無く脱出を試みたもののその全てが失敗に終わり、苛烈な快楽を用いた仕置きによって恐怖を刻み込まれた刑事はもう、逃げ出す意思だけでなく自分を飼育する男に抗う気力も失ってしまっている。
下手な行動を取れば、余計に甘く苦しめられる。それを身体に教え込まされた刑事は今日も、男が与えた命令に大人しく従っていた。
地下室の床に置かれた金属製の重しから垂直に伸びた棒の先に固定されている薄紫色のオナホールに自身の男根を出し入れする命令を一切逆らわずに受け入れ、刑事は真紅のソファーに腰掛けた男の前で無様に腰を振り自らの動きで男根に快楽を与えていた。

「んっ、んふっ、むっ、んむぅっ」

口に噛まされた赤いギャグボールの穴から唾液と喘ぎを絶えず零し、首輪の後部と左右の手枷を短く繋ぐ鎖を鳴らしながら刑事は無心で腰を前後に動かす。
自分を辱める男が淫らな姿を観察しても苛立ちを抱かず、情けなく腰を振っている事実に対する屈辱も覚えず、ただただ腰を振って快楽を味わう刑事。その姿はある者にとっては刑事の心と身体を支配している実感を味わわせ、これ以上無い充足に浸らせるだろう。だが、男はそうじゃない。淡々と命令に従い腰を振る姿では満足など出来ない。刑事を捕らえた男が見たいのは、甘い快楽に苦しみながら惨めに鳴き叫ぶ刑事の痴態なのだ。
故に、男は立ち上がり刑事に近付くと、用意しておいたボトルの液体を何の躊躇いも無く注ぎ口をオナホールの縁に引っかける形で刑事の男根にかけ始めた。

「んむぅっ!? も、ぐふっ……!」

そのボトルを何度も見ている刑事は粘ついた液体の正体がすぐに媚薬であると気付き、恐怖に表情を歪ませる。だが、恐怖しても刑事は腰を振り続けるしか無い。腰を振る度に感度を高められながら、オナホール内に溜まった媚薬を泡立てながら、到底無心になどなれない絶頂地獄に堕とされるしか無い。

「んぐ、むぐっ、んも、もほっ!」

男根の表面から吸収された媚薬の成分によって快楽を強められ、見開いた目に涙を浮かべながら腰を振る刑事の姿に微笑んだ男は、男根にかけていた媚薬を自身の指先に付け、それまで放置していた刑事の乳首をぬらつく指で弄り出した。
男根を自ら責める腰振りに加えて乳首までもを嬲られ始めた刑事はあっという間に理性を突き崩され、ついさっきまでの淡々とした姿が嘘のような淫ら極まりない絶叫を放ち出す。男が望んでいた、悶絶してイき狂う刑事の出来上がりだ。

「んまっ、んもぉぉぉんっ!! ふっ、ふびゅぅっ! うーっ、うぶぅぅぅんっ!!」

従順に腰を前後させながら哀願色の鳴き声を上げ、汗と体液を撒き散らしながら裸体を小刻みに跳ねさせる哀れな淫らな刑事を今よりも哀れで淫らにさせるため、男は媚薬の効果で硬く尖りきった乳首を指先で好き勝手に弄び、腰振りが緩くなる度に刑事の尻を叩いて速い腰振りを要求し、捕らえた刑事を自分好みに休み無く絶頂させるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


超オスママ フルカラー版
関連記事

箱詰めの犬達は発情へと追い立てられる

2019.01.27.Sun.21:00
「おら! さっさとこっちに来い!」
「暴れたって無駄なんだから、余計な手間かけさせんじゃねーよ!」
「んむぅっ! うーっ! んぐぅぅ!!」

首輪に掛けられた指の力に身体を為す術無く引っ張られながら、足を踏ん張って連行を拒もうとする動きを手加減の無い尻叩きによって妨害されながら、犬の着ぐるみを身に着けさせられた男達が透明な箱の中へと押し込まれていく。
当然男達は自分の身体を良いように扱う男達に抗おうとするが、背中に回した手首と足首に着ぐるみの上から黒革の枷を巻き付けられていては逃げられなどしない。手足の拘束だけでも絶望的なのに、頭部を覆う犬の被り物によって視界を閉ざされ、被り物の内側に突き出た太い棒によって口を塞がれているせいで、男達は周囲の様子を伺うことはおろか、同じ姿で行動を制限された仲間達と意思の疎通を行うことも許されない。
手足の自由、視界と言葉の自由。ありとあらゆる選択肢を着ぐるみと枷に取り上げられた男達は、抵抗虚しく次々と箱の中へと入れられていく。逃れようと暴れてもそれは男達の手を煩わせる程度の効果しか生まず、とうとう着ぐるみの男達は一人残らず箱に詰め込まれ、扉に鍵を掛けられてしまった。座ることも叶わない、ぎゅうぎゅう詰めの犬達の完成だ。

「んぅぅぅーっ!! むっ、ぐむぅぅっ!!」
「ふぅ、むぐ! んもぉぉっ!!」

じっとしていても仲間の身体を着ぐるみごしに圧迫してしまう苦しい状況に追いやられた男達は、くぐもった唸りを発しながら脱出を求めて身をもがかせる。もちろん、そんなことをしても扉の鍵は外せず、手足の枷も振り払えない。必死のもがきは裸体の疲弊と更なる圧迫を生むだけだ。
仲良く箱に閉じ込められ、情けない鳴き声を上げながら無駄な足掻きを繰り返す無様な犬達。そんな犬達を作り出した男達は、自分達を捕らえようとしていた特殊部隊とは思えない惨めな姿を晒す男達の様子を箱の外側から眺めつつ、残酷に言った。

「んじゃ、全員箱に入ったことだし、本格的なお仕置きを始めるぞ-」
「俺達を捕まえようなんて考える身の程知らずなワンちゃん達に、しっかり躾をしてあげるからね? 感謝するんだよ、ワンちゃん達」
「んぅっ!? むぐぅぅっ!!」
「むぐぅ-っ! んっ、ぶふぅぅっ!!」

箱の中で壁際に追いやられていた数人の男達が、仲間と自分の唸りに掻き消されずにお仕置きの宣言を耳にしていた男達が、恐怖に満ちた唸りを発する。その悲痛な唸りに優越感を抱き、正義の存在を自分達の手に堕とした実感を湧き上がらせた男達は、駆け巡る黒い欲望のままに床下を経由して箱と繋がっている機械のボタンを操作した。
それは、箱の内部に無慈悲な気体を送り込むボタン。媚薬を混ぜた空気を箱の中に流し、逃げ場の無い犬達を望まぬ発情で悶え苦しませる機構を作動させるボタンだ。

「んむぁぁぁっ!? んー! んぐぅぅっ!!」
「ぶっ、ふぶぅっ! んもっ、もぐっ、んぶぁぁぁーっ!!」

箱の中に鳴り始めたシューッという音に怯え、特殊部隊の犬達は一層激しく無意味にもがく。
そのもがきも、後数分もすれば快楽をねだる淫猥な身のよじりに変わり、救いを望む唸りも快楽を欲しがる鳴き声となる。
それらの変化を箱の外で心待ちにする男達は、発情に狂っていく犬達の痴態に期待を膨らませ、ズボンの下で自らの男根を箱の中に負けないくらい窮屈に張り詰めさせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


三回まわってお手【電子限定かきおろし漫画付】
関連記事

哀れな捕虜達は浴場で好き勝手に扱われる

2019.01.26.Sat.21:00
軍に所属する男達が生活する寮。そこにある大浴場は今日も賑わっている。様々な種類の風呂で疲れを癒やせるだけでなく、上官達の粋な計らいによって用意された最高の娯楽があるからだ。むしろ、それ目的で大浴場を使う者もいる程の娯楽。それは、抵抗出来ないよう、逃れられないように手足を拘束された敵国の男達で。捕虜として捕らわれ、武器だけでなく軍服をも取り上げられた裸体に黒革の手枷を嵌められた男達は今日も敵国の大浴場で性欲の捌け口として好き勝手に扱われ、男根への奉仕を強要されていた。

「あっ、あんっ! も、やらぁぁ……ゆりゅひへ、もう、おひんぽいやぁぁ!」
「騒ぐ暇があったらしゃぶってご奉仕しろよ。ほら!」
「んぐっ! んむっ、んぶぅぅ!」

床のタイルの上に仰向けで転がされた捕虜が子供のように泣きじゃくりながら許しを請うても、男達は慈悲を与えない。すでに精液で汚れきった尻穴を男根で掻き回しながら、救いを望む言葉を放つ口に男根をねじ込んで口内を犯してくる。

「あっ、あふっ……はぁ、んぁっ! あぁ……」
「動きが鈍ってきてんぞ? またケツを叩かれたいのか? ん?」
「ひっ、ごめんなひゃい! ごえんな、しゃいぃっ……!」

壁に手を付かせた捕虜の尻穴に男根を挿入し、その状態で腰を振らせて男根を刺激させている男は、疲れによって腰振りが甘くなってきた男に尻叩きのお仕置きをほのめかして怯えさせ、腰振りを大きくさせる。

「あっ、ひゃぁぁっ!! もっ、ゆるじで、くだっ……ひゃはっ、んぁっ! あはっ、ひゃははははひぃっ!!」

手を拘束された捕虜の裸体を細長いマットの上に仰向けで寝かせた男達は、捕虜が逃れられないよう手足をマットに押し付けた上で無防備な裸体を容赦無いくすぐりと快楽責めで弄び、苦しげな笑い声と精液を捕虜に絞り出させている。

そんな無慈悲な凌辱の風景があちこちで繰り広げられる異常な大浴場。無抵抗の裸体を責める男達の声と、淫らに責められて甘く悶え狂わされる捕虜の悲鳴が響き渡る空間に、救いは訪れない。
捕虜達は大浴場が開放される時間が終わる深夜まで数え切れない程の男達に辱められ、情けない喘ぎと精液を放ちながら人間としての尊厳と誇りを叩きのめされるしか無いのだ。

「あぁ、いやぁ……んぐっ、んむっ、むぶぅっ!」
「はぁ、はぁ……あぁ、んぁっ! あはぁぁ……」
「おがじく、なりゅ……うひっ、ひひゃぁぁっ! だじゅげで、もうやぁ! ひははっ、やらぁぁぁっ!!」

一方的な責めに翻弄されよがり鳴かされる哀れな捕虜達は今日も敵国の性処理道具としてこき使われ、男根への屈服と服従を教え込まされるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ケダモノは人間ミルクがお好き【R18】
関連記事

悲鳴は暗闇の中で虚しく響く

2019.01.25.Fri.22:00
「んっ、んぅっ! んぐ、むぅぅ!」

塞がれた口で必死に助けを求めながら、男が裸体をもがかせて拘束からの脱出を試みる。縄が肌に食い込む痛みに顔をしかめ、拘束の範囲でようやく持ち上げた足を床に叩き付けて出来る限り大きな音を立てながら、どうにかしてこの危機から脱しようと試行錯誤を繰り返している。
しかし、状況は一切変わらない。裸体を縛る縄は解けず、頭部全体を絞め付ける黒い革ベルトと赤いギャグボールが一つになっている拘束具も外れず、車のトランクに身動きを封じられた状態で閉じ込められた刑事の男を救い出してくれる者も現れない。
刑事は男根の裏筋にテープで固定されたローターに翻弄されながら、自分を拉致した犯罪者達が運転する車に為す術無く運ばれることしか出来はしないのだ。

「んふっ、むぅ、むぐぅぅ……んんっ!」

手首と二の腕を括る縄を施され、更に手首と肘の間の部分と腹部を短く結合する縄を与えられた刑事の腕は背中で伸ばしたまま曲げることすら許されない。膝と足首を縄で縛られ、足首の縄と頭部の拘束具の金具を縄で繋がれた刑事は緩い海老反りの体勢を強要され、裸体をのたうち回らせることすら不可能にされてしまっている。
閉じられたトランクの蓋に体当たりする動きも叶わず、決して絶頂には至れない強さで男根を振動させ続けているローターを男根を床に擦り付けることで外そうとする惨めな行動も取れない。
緩む気配すら見せない拘束と、休み無く震え続けてもどかしい刺激で自分を苦しめるローターと無意味な足掻きで戦い続ける哀れな刑事。そんな刑事を運ぶ車に、変化が訪れた。走り続けていた車が停車したのだ。

「ふぅ、んむ、むぅぅっ!!」

トランクの中では、外の様子は何も見えない。犯罪者達が目的地にたどり着いてしまったのか、検問か何かが犯罪者達の車を停めさせたのか、全く分からない。故に、刑事はギャグボールを噛み締めながら喚いた。どちらであっても救いに繋がるよう、無我夢中で騒いだ。
そうして声を上げ続けて数分後、刑事が閉じ込められているトランクが開けられた。開けたのは、犯罪者の男達。無様な刑事の声を聞いて興奮とに征服感に満ちた醜悪な笑みを浮かべている男達だ。
数時間ぶりに感じた光の眩しさに目を細めながら、刑事は自分を見る男達が誰かを確認して表情を絶望に歪ませる。その絶望色の顔を見て笑みの醜悪さを強めた男達は、刑事の自由を奪う縄が緩まっていないかを丹念に確認し、ついでとばかりに一つの縄をきつく締め直した。それは、刑事の足首と頭部の拘束具を繋ぐ縄。無慈悲な男達はその部分の縄を何の躊躇いも無く短く結び直し、刑事の裸体により苦しい海老反りの体勢を要求したのだ。

「んーっ! むっ、ぶあぁ!」

足首と、後ろに反らした顔を身じろぎの度に引っ張り合いながら、刑事は苦悶の悲鳴を上げる。もはや刑事は、自分を辱める男達を睨み付けることすら思い通りには行えない。顔の動きまでもを制限された刑事は、一人の男の右手が男根を責めるローターのリモコンへと伸びている事実にも気付けず、ダイヤルを右に回すことで引き上げられたローターの振動に身構えることも出来ないまま、強まった快楽に甘い絶叫を上げさせられてしまった。

「んむぁぁぁぁーっ!? あぶっ! むぶぁぁぁ!! うーぅっ、むふぅぅ!!」

絶頂寸前で焦らされていた刑事の男根は、激しくなったローターの責めにあっさりと屈して射精へと上り詰めていく。
この状態で放置すれば、身をよじって快楽を散らしたくても散らせない刑事は溜まりゆく一方の甘い悦びでイき続けることになるだろう。それを把握した上で、残酷な男達は車のトランクを閉じていく。汗と精液で汚れきった裸体を痙攣させながら哀願を行う刑事の姿に期待しながら、刑事を再びトランクに閉じ込めていく。

「むぐぅぅっ!? んまぁっ! うー! ふっ、ぐふぅぅぅっ!!」

仰け反らされた裸体を悶えさせながら、望まぬ絶頂に濡れた鳴き声を発しながら、刑事はトランクを閉じる男達に向かって制止の叫びを放つ。
もちろん、男達はその叫びを聞き入れなどしない。悲痛な刑事の叫びは無視され、トランク内はまた闇に閉ざされ、車は無情にも走り出してしまった。拘束された裸体をビクつかせてイき狂う哀れな刑事を犯罪者達の本拠地へと運ぶためにだ。

「むぎゅぅぅっ! うぶ、あぁぁ! もぉっ、ぶ! ふびゅぅぅぅっ!!」

狭い空間に充満していく自身の淫臭に鼻腔を犯されながらローターに幾度となく射精させられる刑事の悲鳴は、トランクの暗闇の中で虚しく響き続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


超オスちち フルカラー版
関連記事

男はリングの上で淫らなヒーローへと堕とされる

2019.01.24.Thu.21:00
友人に裏切られたために背負わされた莫大な借金を返すため、その闇の部分を欠片も見せずにリングの上で戦っていた男。だが、気持ちを幾ら強く持っていても年を重ねたことによる肉体の衰えには勝てず、リングに上がっても敗北を続ける状態となってしまった。
このままでは、借金を返しきれない。現実から目を逸らしたい一心で戦い続けたため、それ以外の金の稼ぎ方も分からない。途方に暮れていた男に救いの手を差し伸べたのは、華やかな表舞台とは大きくかけ離れた裏の舞台だった。
貴方ならこちらでもヒーローになれる。金も返せる。それらの甘い言葉は絶望に打ちひしがれていた男の心を動かすには十分で、男は引退するのならば、金を返せるのならばと毛嫌いしていたはずの裏の舞台へと足を踏み入れてしまった。
そこが、どれほど醜悪な世界かも把握せぬまま男は現実から逃げるように裏の舞台のリングへと立ち、そこで洗礼を加えられていた。表では想像も出来なかった十数人の男による組み伏せと、衣服を剥ぎ取った上で施される手足への拘束という淫らで残酷な洗礼だ。

「っ、やめっ! やめろぉぉっ!!」

男が焦りを感じながら騒いでも、暴れる男を押さえる男達はとまらない。次から次へとリングに乱入し、男に襲いかかった男達は抵抗する男からブーツとパンツを毟り取って全裸にさせると、左右の手首と足首に巻き付けた黒革の枷から伸びた鎖をリングの四隅にあるポールへと南京錠を使って遊び無く結合していく。
暴れることすらも不可能にされる。その事実に危機感を抱いて男は抵抗を強めるが、十倍以上の人数相手では抵抗を強めたところで何の意味も無い。枷の鎖をポールに繋ぐ動きはとめられず、男の裸体はリングの中央に仰向けに寝かされ手足をX字に引き延ばされた姿で身動きを完全に制限されてしまった。

「外せっ! くっ、うぅっ! ぐぅぅっ!!」

男が裸体をよじらせながらもがいても、太く頑丈な鎖はビクともしない。生身では鎖を壊せなどしない。それを理解しつつも、男は男達の前で、観衆の前で裸体を晒している恥辱から逃れようと無我夢中で暴れる。
そんな無意味な努力を繰り返す無様な男に、男達は更なる拘束を与えた。男自身が先程まで履いていたパンツを騒ぐ男の口に丸めてねじ込み、そのパンツを履き出せないようにとタオルを噛ませて栓をし、その上から鼻と口を覆うよう男の顔に白のタオルをきつく巻き付けたのだ。

「んむぅぅっ!? むっ、ぐぅ! んぐぅぅぅっ!!」

容赦無く押し込まれる自身のパンツを吐き出そうとする暇も無くタオルを噛まされ、頭部をリングに押さえ付けられた状態で鼻と口を塞ぐタオルを与えられる哀れな男はあっという間に言葉を取り上げられ、くぐもった唸り声しか出せなくされてしまった。
手足を拘束され、口を塞がれ、裸体を惨めに晒している男。そんな男を作り出した男達は、逃れられない裸体をよじらせる男を残してさっさとリングを下りて行った。観衆の目に、モニター中継を行うためのカメラに、身悶える男の様子がよく見えるようにするためだ。

「んーっ! んっ、んっんぅ!! ふーっ……うぐぅぅっ!!」

ライトに照らし出された自分の裸体を、何百人もの視線が貫いている。モニターに映し出された無様な自分を、食い入るように見つめている。
裸体を見世物にされる屈辱と恥辱から抜け出したいと心の底から思っても、手足を拘束された男は抜け出せない。救いを求めて唸りを発しても、ここにはその唸りで興奮を強める者しかいない。

「むっ、ぐぅぅ! ふーっ、ふぐ、むぐぅぅ!!」

借金を背負わされたとき以上の絶望と恐怖を味わいながら拘束を鳴らす男は、汗に濡れた裸体をくねらせることで観衆の視線が多く集まっている乳首と男根を無意識に揺らし、観衆達の目を更に悦ばせ淫らな欲望を意図せず刺激してしまう。
淫猥なパフォーマンスを行う裏の舞台に捕らわれた男は、その日から鍛え上げた肉体を観衆の前で淫猥に弄ばれることとなり、借金を全て返し終えても逃げられないよう快楽で作り変えられ、裏の舞台の淫らなヒーローへと自らの意思で堕ちていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


Twilight-REMIX-
関連記事

スパイは休み無い絶頂で心と身体を溶かされる

2019.01.23.Wed.21:00
「ほら、スパイさん。早く玩具をとめないとまた射精しちゃいますよ? 良いんですか? 敵である僕の前で、また射精させられちゃっても良いんですか?」

外に音が漏れ出ないよう作られている部屋の中で、スーツを身にまとった男が足下に穏やかな笑みを向けながら優しい声音で残酷に尋ねている。その問に、スパイと呼ばれた男は怒りを抱く余裕も無い。休み無く動く淫具によって追い詰められたスパイの裸体は自由を奪う縄を耳障りに軋ませながら激しく身悶え、スパイは口を塞ぐ黒のテープごしに甘く無様な悲鳴を発しながら自分を捕らえた男の足下で十数度目の絶頂へと追い立てられてしまった。

「んむぅぅぅーっ!! んっ、んぐっ、むぐぅぅぅっ!!」
「あぁ、また射精しちゃいましたね。もうほとんど白が混じってない精液が零れてますよ。もうそろそろ、射精無しでイき続ける状態になっちゃいそうですねぇ」

目を見開き、裸体を苦しげに痙攣させながら透明に近い体液を放出するスパイを眺めて笑いながら、男は優しい声音のまま先程よりも無慈悲な言葉を放った。精液を吐き出せないようになっても、男根に巻き付けた二本の革ベルトと一体化しているローターを停止させずに絶頂をさせることをほのめかす言葉。それを耳にしたスパイは恐怖に表情を歪め、萎えることも許されない男根を震わせるローターの刺激にくぐもった鳴き声を上げながら、哀願の視線と唸りを男に向けて必死に許しを求めた。

「むっ……ぐぅぅんっ! ふむぅーっ! うっ、んぅっ! んむぉぉっ!」

背中で腕に手首同士と二の腕同士を括る縄を施され、足に太もも同士と足首同士を括る縄を施され、手首と足首の縄を後から足された縄で遊び無く結合された裸体をよじらせながら塞がれた口で快楽からの解放を望むスパイにはもう、反抗心の欠片も無い。怒りと殺意を込めて男を睨み付けていた目は悦楽と屈服の感情で蕩けきっている。今なら、淫具の停止をちらつかせればスパイは何もかもを白状するだろう。だが、男はスパイに情報を吐くことを要求しようとはしない。淫具の停止を交換条件にすることもしない。
何故なら、男の目的はスパイが持っている情報ではなく、スパイを淫らに調教し自分への服従を誓わせることだからだ。

「一生懸命騒いでも駄目ですよ、玩具はとめてあげません。スパイさんにはまだまだたくさんイってもらって、心と身体をグズグズに溶かしてもらいますからね?」
「んみゅぅぅっ!? んも、もぐっ……ううむぁぁぁぁーっ!!」

死刑宣告にも聞こえる男の突き放しの言葉を耳にしたスパイは表情を絶望色に染め、イヤイヤと顔を振りながらとうとう、射精を伴わない絶頂を迎えた。

「あぁ、良い悲鳴ですね。今からその悲鳴をいっぱい聞けるなんて、僕はこれ以上無い幸せ者ですよ」
「んむぅぅ! むぅ、むぁぁ! んーっ、んぐぅぅ!!」

うっとりと呟く男に聞き入れられぬ懇願を向けながら、スパイは為す術無く次から次へと絶頂を強いられ、何も吐き出せない男根の先端を虚しくパクパクと開閉させつつ男の宣言通りに快楽で心と身体を破壊されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


着衣射精のすすめ 先生の課外授業
関連記事

堕ちた犬達は仲間の精液をすする

2019.01.22.Tue.21:00
左右の手足に装着されている犬の足を模した茶色いグローブとブーツは、指を使えなくさせるよう布が厚くなっている上に手首と足首の部分に付いているベルトをきつく絞められているせいで自力では外せない。茶色い犬の耳の飾りと金属のリングを噛ませるタイプの開口具が黒い革ベルトで一体化している拘束具は幾つもの南京錠で頭部へと厳重に固定されており、どんなに顔を振り乱しても南京錠がうるさく鳴るだけで緩みすらしない。尻穴から垂れ下がっている茶色い犬の尻尾は、尻穴に埋まっているアナルプラグが空気によって腸内で拡張されているため、引っ張っても力んでみても抜き取れない。
無様な犬の姿に変えられた二人の捜査員の男は拘束を何一つとして毟り取れぬまま、自分達を拉致した犯罪組織が所有するビルの地下室で大人しく監禁されるしか無い。食事に混ぜられた媚薬によって発情状態へと追いやられた肉体を情けなくよじりながら、首輪と床の金具を繋ぐ鎖が届く距離を四つん這いで歩き回ることしか出来ないのだ。

「あぉっ……ふぅ、うぉ、むあぁ……」
「はっ、はぁ、うぉ、ふぉ……」

開口具で閉じられなくされた口から舌と唾液を垂らし、硬く膨張させられた男根と尻穴から生えている尻尾を揺らしながら捜査員達は拘束された犬の手足で歩き回る。
とめどなく湧き上がる淫欲と戦い、首輪から伸びた鎖をじゃらじゃらと鳴らし、同じ格好に追いやられた仲間と視線を交わすことで理性を保ちながら、捜査員達は発情に耐え続ける。

「ふぅ、うぅ、んぐ、もぅぅ」
「はふっ、はぁ、あぅ、あおぉ」

床に置かれた器に顔を押し付けられ、舌だけで媚薬混じりの餌を摂らされた際に抱いていた怒りはもうどこにも無い。二人の捜査員の思考は完全に、快楽を得ることに埋め尽くされている。
早く気持ち良くなりたい。射精がしたい。荒い息で本物の犬のようにはっはっと音を立てながら、ひたすらに待ち続ける二匹の捜査員。そんな捜査員達がいる部屋に、とうとう待ち侘びていた物が訪れた。それは室内に鳴り響くチャイムの音。朝食から三時間後の十時に設定されている、二匹の捜査員犬に自慰を許可する歪んだ慈悲のチャイムの音だ。
そのチャイムを耳にした途端、捜査員達は苦悶の表情を悦びに変え、ふらふらした足取りで仲間に近寄ると何の躊躇いも無くお互いに快楽を与え出す。二人を捕らえた者達の思惑通りに繰り広げられる、惨めで淫らな犬達のイかせ合いの始まりだ。

「んふっ、んむっ、んもっ、おぉっ!」
「んぐ、ふむぅ! んっ、んっんぅ」

開口具のリングを通して口に含んだ仲間の男根にむしゃぶりつきながら、仲間の尻穴を内側から拡げる尻尾をグローブを嵌めた手で動かして腸内にも快楽を注ぐ二匹の犬は、もう捜査員以前に人間とはとても呼べない。彼らは誰が見ても淫らな獣。監禁調教の日々に屈し、快楽の虜となった雄犬達だ。

「んむっ、むふっ! んむぅぅ、むぐぅんっ!」
「ふーっ、ふぐっ! んもっ、おぅっ、ふむぅぅぅっ……!」

これは、発情で理性を壊されないようにするための仕方ない行動。媚薬を摂取させられたがために行っていること。そう自分に言い聞かせる二匹の捜査員は自分達がすでに元の生活には戻れないほどの淫乱へと堕ちている残酷な事実を知る由も無いまま、仲間の男根から放出された精液を幸せそうにすすり一滴残らず飲み干していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


獣欲ポルノ【R18版】
関連記事

少年は奪われた力で淫らに陥落させられる

2019.01.21.Mon.21:00
太ももの裏側に移動させられた手首と太ももを縄で遊び無く結合され、薄桃色をした長方形の分厚いマットにうつ伏せで寝かされた胴体を縄でマットに括り付けられ、胴体をマットに括る縄と左右の膝を縄で繋がれた少年は丸出しの恥部を隠すことも許されぬまま、一人きりの部屋で切羽詰まった声で喚きながら自由を奪われた裸体をもぞもぞと暴れさせていた。

「ぐ、うぅっ……! くそっ、解け! 解きやがれぇっ!! くそぉぉっ!!」

太ももに繋がれた手に力を込め、マットに括られた上半身を必死に動かし、開かされた足で絨毯が敷かれた床を蹴りながら縄からの脱出を求めて少年はもがく。しかし、頑丈な縄はビクともしない。幾らもがいても縄は全く解けず、少年は身体を絞め付ける縄の痛みを感じながら、悪が生み出した発明によって自身に宿っていたヒーローの力を跡形も無く消滅させられた事実を嫌でも再確認させられるだけだ。

「ちく、しょぉっ……解けろ、解けろよぉ……っ!!」

悔しさと屈辱を募らせながら、少年は無防備にさらけ出された男根と尻穴を揺らして諦め悪くまた暴れ出す。
その時だった。一人きりで置き去りにされていた少年の後ろにある部屋の扉が開き、一人の男が入ってきた。白衣を揺らしながら入ってきたその男は、悪の組織側の科学者で。少年のヒーローの力を消し去った発明を作り上げた張本人だ。

「やぁ、ヒーロー……おっと失礼、元ヒーロー君。情けない元ヒーロー君に相応しい無様な格好でもがき続けた気分はどうかな?」
「だ、まれぇっ!! 今すぐ、力を、返しやがれぇっ!!」

そんなことを口にしても、男が力を返しなどしないことは分かりきっている。それはただ、悪に屈しない意思を示したい一心で発せられた屈辱を掻き消す反抗の叫びだ。
満足に身動きが取れない状態で一生懸命に顔を左後ろに回し、恐怖の滲んだ怒りの視線を背後の男に浴びせながら強がる少年。その少年の様子に男は醜悪な笑みを浮かべると、さらけ出されている少年の尻穴と男根の前にしゃがみ込んで言った。

「ふふっ、元気だねぇ。でも、自分の立場が理解出来ていない悪い子だ。そんな子には、ちゃんと躾をしてあげないとね……」

愉快そうに、それでいて冷酷に呟きながら、男は白衣のポケットから取り出した黒い手袋を。少年から取り上げたヒーローの力を流用して作り上げた機械仕掛けの手袋を左右の手に嵌めていく。
何をされるか分からず、少年は反抗の表情に怯えを無意識に滲ませながら手袋を嵌める男を見つめている。
心地よい少年の恐れに歪んだ顔を堪能しながら、男は左右の手に手袋を嵌め終えた。そして、男は手袋を装着した右手を持ち上げると、口角をこれ以上無く吊り上げつつ持ち上げた右手を少年の右尻へと振り下ろした。
バチン、と肉を打つ乾いた音が響く。それと同時に、少年の口から悲鳴が発せられた。痛みからではなく、快楽から発せられる甘い悲鳴だ。

「ひぁっ!? あぁぁぁぁんっ!!」

尻肉を叩かれた瞬間、全身に悦楽の波が電流のように駆け巡った。叩かれてから数秒経った尻肉には、ひりひりとした痛みの代わりにじくじくと疼くような快楽が残っている。
突然尻を打たれた衝撃と、尻を打たれたことで生まれた甘い悦びに困惑し、裸体をビクビクと震わせながら少年は乱れた呼吸を繰り返す。予想を超える淫らな反応を見せてくれた少年に男は胸に興奮を湧き上がらせ、掠れた声で宣言した。

「さ、もっともっとお尻を叩いてあげるよ。何十回も何百回も叩かれて、触られてもいない性器から精液を垂れ流して、自分がもうヒーローどころか人間以下の存在になったことをしっかり身体で覚えるんだよ。良いね?」
「んひっ、ぎひぃぃっ!? やっ、りゃめ、おひり、叩いちゃ、あぁぁ!! イぐぅぅ! おじりたたがれでイっちゃうぅぅぅっ!!」

早くも絶頂を迎えそうになっている惨めな少年の痴態を目と耳で味わいながら、残酷な男は少年から奪ったヒーローの力を得て完成に至った痛みを快楽に変換する手袋の効果に微笑み、その効果を更に確かめるために完成に一役買った少年の左右の尻を欲望のままに打ちすえ、異常な快楽による絶頂地獄でヒーローであった少年を淫らに壊し陥落させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


えむけん!&えむけん2全国男子××セット
関連記事

保安官の悲鳴は廃鉱山に虚しく反響する

2019.01.20.Sun.21:00
仕掛けられた罠によって生きたまま捕らわれ、罠を仕掛けた悪党達の本拠地である廃鉱山へと連れ攫われた保安官の男は武器と共に衣服を一つ残らず奪われた裸体に拘束を与えられ、逃走と抵抗の術を取り上げられてしまっていた。
頭部に被せられた麻袋によって視界を塞がれ、その麻袋の上から噛まされた白布の猿轡によって口を塞がれた保安官は周囲の様子をうかがえず、意味のある言葉を発することも出来ない。木製の椅子に腰掛けさせられた裸体を椅子へと縛り付ける縄は厳重に施されており、保安官は移動はおろか裸体を椅子から離すことすら叶わない。
必死に顔を振っても、それは猿轡が食い込む痛みと麻袋が外れない事実に対する落胆を生むだけ。背もたれの後ろに回された状態で手首同士と二の腕同士を縛られ背もたれを挟み込む形で上半身と結合された腕を暴れさせても、椅子の前側の脚に括り付けられた左右の足に力を込めても、それは縄がぎしぎしと軋む音を立てるだけ。保安官はどうやっても、自由を取り戻せない。
見ることとしゃべることを禁じられ、裸体を椅子に繋がれてあらゆる行動を制限された無様な保安官。そんな保安官に、悪党達は残酷な責めを加えていた。その責めは、快楽を用いた責め。保安官としての正義の思いだけでなく、人間としての尊厳と男としての誇りを痛め付ける無慈悲で甘い苦悶。悪党達は、抗えない保安官の丸出しの男根を容赦無く扱き、惨めな射精へと幾度となく追い立てることで保安官の心と身体を苛み、これ以上無い屈辱と恥辱を味わわせていた。

「んむぅぅぅぅぅっ! むっ、ぐむぅぅ! ふーっ! うふぐぅぅっ!!」

猿轡ごしに悲痛で淫らな絶叫を上げながら、保安官は裸体を椅子と共にガタガタと震わせ、また射精を迎えさせられた。
だが、椅子に繋がれた保安官の右側にしゃがみ込んでいる悪党の右手は男根を扱くのをやめない。残酷な悪党の右手は白色の薄まった精液を力無く零している保安官の男根を巧みに擦り上げ、達している最中の男根に次の絶頂を要求する。
男根を萎えさせることも許されない、終わりなき絶頂地獄。吐き出す精液が底を尽きかけてもお構いなしに流し込まれる甘い快楽に悶え鳴かされる保安官はもはや、虚勢の反抗を見せることも出来ない。屈辱と恥辱に塗れながらも保安官はこの淫らな苦しみから逃れることを優先し、憎いはずの悪党に向かって哀願の悲鳴を発している。

「むぐぅぅぅんっ!! んむっ、んもっ、むぐぅぅ! ふぐぅぅぅっ!!」

もう、射精したくない。気持ち良くさせられたくない。唾液で湿った猿轡を噛み締めながら麻袋の下で涙を流し、汗と淫らな体液に濡れた裸体をくねらせながら保安官は許しを求めて必死に叫ぶ。
しかし、どんなに必死になっても悪党達は保安官に許しを与えはしない。男根を責める人物を順番で交代しながら、悪党達は無抵抗の保安官を惨めにイき狂わせ続ける。保安官が快楽に壊れ屈服に至るまで、悪党達はこの連続絶頂の苦しみから保安官を解放する気は無いのだ。

「んむっ、むぐふぅぅ! んもぉっ、もぶぅぅ!! ふぐ、むぎゅ、むぐぉぉぉぉっ!!」

時折男根から手が離れる瞬間に安堵を抱き、次の悪党の手が男根を扱き始めた際に更なる絶望に打ちひしがれながら望まぬ絶頂を繰り返す保安官の悲鳴は男根が精液を放出出来ない状態となっても途切れず、徐々に崩壊の色を濃くしながら助けの来ない廃鉱山に虚しく反響していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


エリート痴と反抗できない期少年
関連記事

獣人達は不器用に愛を育む

2019.01.19.Sat.21:00
辺境の町から少し離れた場所に存在する農園。白銀の体毛を持つ狼獣人のオーナーとその狼獣人の下で働いている虎獣人の男が二人で経営しているその農園は帝都から距離のある場所でも新鮮な作物を食べられるようになったと町の人々から感謝の念を向けられており、また二人の人柄もあって町の子供達が学校の体験学習で農園を訪れることを喜び、それ以外でも自ら足を運ぶ場所となっている。
大人も子供も関係なく、町の人間は二人の獣人に感謝と尊敬を抱いている。一切の警戒も疑念も無い。町の人々が寝静まった真夜中に、農園を訪れる人が誰一人としていない時間に、二人が表では見せない秘密の関係を愉しんでいることなど、誰も想像していない。
農園の横にある家の中で、二人は作物が実った木々達が夜風に揺られる音を聞きながら、淫らな行為に耽っていた。

「もっと足を開いて。そう、尻尾も持ち上げて。私の目に、君の可愛いところがよく見えるようにね」

昼間に子供達に見せていた物と同じ笑みを浮かべながら、木製の椅子に腰掛けた狼獣人が命令を下す。すると、その命令を受けた虎獣人は石の床の上で四つん這いの体勢を取っていた裸体を指示に従って動かし、先程よりも大きく開いた足の間から狼を逆さに見つめながら蕩けた声で問いかけた。

「ご主人、さまっ。どうですか……っ? 俺のいやらしいケツマ○コと、おチ○ポ、よく見えてますか……?」

椅子に腰掛けた狼に恥部を至近距離で観察されている。その事実に興奮を募らせた虎は、言葉を甘く掠れさせ、口を開く度に甘く濡れた荒い息を漏らしている。
すっかり発情しきっている淫らな虎。恥ずかしいところを見られながら更に発情し、男根の硬度を高めながら尻穴をヒクヒクと収縮させる淫乱な虎。そんな虎を眺めて愛しげな笑みを濃くしながら、狼は虎の問いに答えた。

「うん、よく見えているよ。私に苛められるのが大好きな君のはしたないところがよく見えている。さすが……元肉奴隷ってくらいにエッチに昂ぶっているね」
「あふ、はぁぁ……っ!」

農園での作業の際に掻いた汗で蒸れていた尻穴の匂いを嗅がれながら狼の口から零れた吐息で男根を撫でられた虎は、四つん這いの裸体を堪らなさそうにくねらせながら、縞柄の尻尾を揺らめかせた。
かつての自分の立場を愛しい狼に口に出された虎は、もう自分を抑えられない。強まる一方の全身の疼きに身を震わせ、尻穴をパクパクと開閉させた虎は、無意識に恥部を狼の顔に突き出しながらおねだりを口にした。

「お願いしますぅ、ご主人様っ。ご主人様のおチ○ポ、俺のケツマ○コにくださいぃっ。ご主人様のおチ○ポで、ケツマ○コずぼずぼして、肉奴隷の俺を情けなくイきまくらせてくださいぃっ……!」

逞しく鍛えられた裸体をよじらせ、肉厚な尻を左右に振り乱しながら行われる一生懸命なおねだりに狼は思わず今すぐに襲いかかりたい衝動に駆られるが、理性でその欲望を押しとどめて虎に優しく言う。

「駄目だよ、まだ入れてあげない。ここのところ忙しくて、するのは数日ぶりだからね。まずは、しっかり解してあげるよ……」
「ふぁっ!? あぅ、あひ、ひゃぁぁ……」

驚きと快楽が混じった声を上げて身悶える虎に構わず狼は虎の尻穴に舌を這わせ、窄まった穴を男根をすんなり受け入れられるよう解していく。左右の手で尻肉を掴んで開かせ、奥まった場所でヒクつく虎の尻穴を丹念に舐めしゃぶる狼。そんな狼に、虎はうろたえた声で制止を放つ。

「あぁ、駄目、らめれす……ご主人さまぁ、そこ、汚い……ご主人様の舌が、汚れちゃい、まひゅ……っ!」

足の間から夢中で自分の尻穴を舐める狼を見つめながら、虎は主を汚したくない一心でやめて欲しいと伝えた。だが、狼はやめない。汚いだなんて欠片も思っていない上に、愛しい虎が恥ずかしがりながらも気持ち良さそうに喘ぐ様子が見られるこの尻穴責めをやめようと思えないからだ。
この尻穴を執拗に舐め回す責めを施している時だけは、その責めにひどく弱い虎は肉便器として扱われていた過去を忘れて心の底から甘く鳴いている。無意識の淫猥な演技も挟まれない虎の反応を見られるのが幸せで、狼は虎を可愛がる際にほぼ必ず、何かしらの理由を付けて虎の尻穴を舐めていた。

「んぁ、はぁ、あんっ、んあぁ! ふぁ、くぅ、んはぁぁ……っ!」

駄目を口にすることもしなくなり、ただただ嬉しそうに鳴く虎の声を聞きながら狼は目を細め、尖らせた舌でヒクつく尻穴をこじ開けて腸内までもを舐め回し始める。
いつか、虎が淫欲の捌け口として奴隷市場で売られていた過去を忘れ。奴隷市場が摘発された後に行き場の無くなった自分を従業員として雇った狼に、泣きながら淫らに扱って欲しいと望んだ過去を忘れ。虎の心と身体に染みついた肉奴隷として弄ばれる悦びが消え去って普通の恋人同士のように愛し合える日々を思い描きながら、狼はこれ以上無い恋情を寄せている虎に奴隷商人達の手で注がれた非道な悪意を舐め溶かすか如く舌を動かす。
不器用に愛情を交わす二人の獣人達に育てられている作物達は、まだ本当の意味での愛を育て切れていない二人の秘め事を隠すかのように、ざわざわと音を立てて恋人達の声を掻き消していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オスガキ銭湯-Bad Boy Bathhouse-
関連記事

男達はわんわんと鳴きながら仲良く絶頂を繰り返す

2019.01.18.Fri.21:00
「わんっ、わんっ、わんっ、わぉんっ!」
「わん、わぅんっ! きゃぅん、あぉんっ!」

嬉しそうな犬の鳴き声を上げながら、二人の男が裸体で腰を振っている。
笑った顔を浮かべつつ、笑みとは真逆の屈辱に満ちた涙を零しながら、捜査員である男達が無様な鳴き声を発しながら腰を休み無く振らされている。
こんな惨めな腰振りの動きなど、したくない。手と足に嵌められている犬の足を模した茶色と白のグローブとブーツを今すぐ脱ぎ捨て、頭部に装着されたイヌミミ付きのカチューシャと尻穴に押し込まれた犬の尻尾が付いたアナルパールを外して、仲間と共に地下室から逃げ出したい。捜査員達はそんな願望を心に思い浮かべるが、それを叶える術は無い。二人を捕らえた者達の手で首に巻き付けられた首輪が、二人から行動の自由を奪ってしまっているからだ。
二人はもう、指一本すら自分の意思では動かせない。犬グローブを嵌められた手を頭の後ろで組み、恥部を見せ付けるようにがに股で立たされた状態で犬の鳴き真似をしながら腰を前後に振らされても、捜査員達は嫌な顔を浮かべることさえ出来ない。
二人に出来るのは、ただただ辱められることだけ。向かい合わせに立たされた仲間の腰振りを目を逸らすことも許されずに眺めながら腰を振って鳴き、捜査員としてだけでなく男として人間としての誇りと尊厳を容赦無く痛め付けられることだけだ。

「わぉぉんっ! わんわんっ、わぅんっ! わぉーんっ!」
「きゃぅんっ! ひゃぅんっ! わんっ、わぅぅんっ!!」

二人きりで置き去りにされた地下室に情けない鳴き声を響かせながら。腰を振る度に前立腺を抉る尻尾と繋がったアナルパールの刺激が生む快楽によって勃起してしまっている男根を上下左右に振り乱しながら、捜査員達は腰を動かし続ける。
誰か、助けてくれ。羞恥と疲弊で心と身体を追い詰められた捜査員達は、この辱めからの解放を必死に望んだ。もう、自分達をこの状況で放置していった者達への怒りと反抗心も思い出せない。二人の思考にあるのは、救いを欲することのみ。しかし、どんなに救いを欲しても、必死に助けを望んでもそれらは二人の元へは訪れない。それどころか、二人の心がすり減り屈服の体勢になったことを感知した首輪は、残酷な男達が設定した新たな行動を二人に取らせ始めた。

「わぉっ、きゃぉぉんっ! あぅんっ、あぉんっ」
「わんっ! わぉぉっ! あおぉぉぉんっ!」

それまでと同じように腰を振らされながら、それまでとは違う動きを、お互いに前進して裸体の距離を縮める動きを取らされた捜査員達は、犬の鳴き声に困惑と恐怖を滲ませながらがに股で一歩また一歩と移動していく。
二人の裸体の距離が少しずつ少しずつ狭まっていき、とうとう二人の裸体は密着した。すると、首輪は二人の裸体を操作し、腰振りとは別の動きを強要し始めた。それは、熱烈なディープキスを行いながらの、お互いの男根に自身の男根を擦り付ける自慰。二人に淫らなとどめを刺す、より屈辱的で快楽に満ちた行動だ。

「んむっ、んぷっ……わぉんっ、あむ、んむぅぅ」
「わんっ、はぷっ、んふ、きゃぅぅ……わん、あぅ、ふむぅっ」

舌を絡ませ合う口付けの心地良さと、勃起させられたままだった男根同士を擦り付け合う快楽に喘ぎを漏らしながら、犬の鳴き声を発する捜査員達はその甘い悦びに流されまいとして自身に理性を保つよう呼びかけている。
だが、そんなことをしても意味は無い。身体が言うことを聞かない以上、二人がわんわんと鳴きながら唇を重ね男根を刺激し合っている地下室に助けが来ない以上、二人は理性が蕩け落ちるまで仲良く絶頂を繰り返すしかない。

「んっ、んむっ! わんっ! はむ、あぉ、んむぅぅぅんっ!」
「きゃぅぅ! んっ、あふぅっ! わぅんっ! わぉ、ふむぅぅぅっ!!」

舌で舌を撫でるのに合わせて発せられる唾液の水音をちゅぱちゅぱと立て、我慢すらもさせてもらえない男根から放出された精液でお互いの男根と腹部を濡らしながら、捜査員達は淫猥に歪んだ悲鳴を犬の鳴き声と共に地下室に反響させつつ、首輪の指示に従って達したばかりの男根を擦り付け合いながらまた深い口付けを交わすのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


曖昧な輪郭
関連記事

ステージ上で少年は誘惑のダンスを踊る

2019.01.17.Thu.21:00
公には存在していないことになっている、一部の者しか入ることを許されない隠された店。その店のステージの上で、数人の少年達が店の中を満たす大音量の音楽に合わせて踊っていた。普通の衣装では無く、恥部を全く隠していない淫猥な衣装をまとい、ステージを見上げる男達に向かって自身の勃起した男根や普通の少年とは比べ物にならないくらいに肥大した乳首や、男根の味の虜となった尻穴の収縮を見せ付けながら誘惑のダンスを踊っていた。
そのダンスを見ながら、ある男は酒と食事を愉しみ、ある男は今夜可愛がる少年を誰にするかを品定めし、またある男は自分のペットとして少年を買い上げるかどうかを悩んでいる。そんな普通とはかけ離れた淫蕩な空間の中で、二人の男が周りの邪魔にならない音量で会話を始めた。

「なぁ……あの白猫の子、前来たときもその前来たときもステージで踊ってたよな? あんな可愛い子なのに、買い手が全然付かないって不思議だよな」

片方の男が、白い猫耳とふわふわなグローブとブーツを身に着け、尻穴から生えた尻尾と硬く膨らんだ幼い男根を振り乱しながら熱烈なダンスを踊る少年を目で追いながら隣の男に話しかけた。すると、話しかけられた男は少し驚きながら返事をする。

「何だ、お前知らなかったのか? あの子は商品じゃないぞ?」
「え、そうなのか? じゃあ何であそこで踊ってるんだ?」

男の欲望を受け止める淫らな少年達という商品が踊るステージで、そうではない少年が踊っている。その理由を尋ねられた男は店内を少し見回し、一人の男を見つけるとその方向を視線で示しながら説明を始めた。

「あの子は、あの人……この店のオーナーのペットなんだよ。自分のペットが可愛く踊るところを見たいから、オーナーが踊らせてるんだ。あの子のエロい踊り目当てで来るお前みたいな客もいるから、オーナーにとっちゃ一石二鳥なんだよ」
「あー、そうなのか。金貯めたらあの子を一番長いコースで指名しようと思ってたんだけどなぁ」

心を惹かれていた少年は買いたくても買えないと知って落胆する男と、本当に目当てで来ていたのかと苦笑する男。彼らも含めて、真実は誰も知らない。店で働く従業員ですらも、知らない。
実際の店のオーナーは男ではなく、少年の方であること。男は少年の飼い主ではあるものの、表向きには少年より立場が下の執事であることは、誰も知らない。
知っているのは、自身の立場を隠して淫乱な白猫の姿で踊り狂う少年と、その少年を食い入るように眺める執事の男だけ。堅い執事の男を愉しげに踊りつつも一生懸命に誘惑する少年主と、口ではステージに立つのをやめるように言いつつも愛しい少年主が恥部を晒して踊る様子に抑えきれぬ興奮を募らせてしまっている執事の男だけだ。
愛しい男に、もっともっと激しく抱いて欲しい。淫らな自分に執事として、恋人として、飼い主として、甘い躾をたっぷりと施して欲しい。湧き上がる欲望のままにブリッジに近い体勢をステージ上で取った少年は、いつも男がいる方に向かって突き出した股間をくねくねとよじらせ、よりはしたなく執事の欲情を煽った。少年の下品すぎる腰振りダンスに、店の客全員の視線が集中する。すると、その視線に嫉妬した別の少年達が踊りを更に淫らな物にし、ステージと店内に漂う欲望の空気は一気に濃さを増した。
けれど、少年主と執事の男は店内の空気が一変した事実など意にも介さずに、自分の思い人にだけ意識を集中している。たくさんの客の視線が突き刺さっても、少年主は男を興奮させることしか考えられない。たくさんの少年が淫欲を刺激するダンスを踊っても、執事の男は少年の痴態に釘付けだ。
正体を隠して行われる二人の淫らな戯れは店の営業が終わる明け方まで続けられ、執事の男は少年主の目論見通りと知っていながらも屋敷にある少年の自室へと着くやいなや刺激された欲情のままに愛しい少年の肉体へと襲いかかり、淫らに踊り続けたことで疲弊と発情を高めた裸体を甘い絶頂へと導いて少年の心と身体を幸せに悦ばせるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


UNUSUAL
関連記事

青年は大好きな玩具でイき狂わされる

2019.01.16.Wed.21:00
膝を抱えさせられた状態で手首に嵌められた黒革の枷と黒い首輪の前部を短い鎖で繋がれ抵抗を大きく封じられた裸体をベッドの上でガクガクと痙攣させながら、青年が足首をベッドに押さえ付けている男に向かって哀願を繰り返している。

「んぁっ、あぁぁんっ!! ご主人、ひゃまぁ……も、ゆりゅひへ、くらひゃいぃ……おもひゃ、やら、もう、やらぁぁっ!!」

潤んだ目から大粒の涙を零し、ろれつの回らなくなった口から唾液の泡を溢れさせながら、青年は主の男に淫具に対する拒絶を示す。青年の乳首を乳輪ごと吸い上げた上で内部の回転ブラシによる絶え間無い擦り上げの刺激を与えている透明なお椀型の器具に責められ、男根の亀頭下から睾丸までを包み込んで小刻みに振動を行っている青年の男根に合わせて作られた黒いラバー製の器具に責められ、腸内を醜悪なイボを数え切れない程に生やした極太のアナルバイブに責められ、途切れも容赦も無い快楽に嬲られ続けた青年は断続的な絶頂を迎えさせられている状況だ。
もう、何十回イかされたか分からない。イってる最中にまたイかされる、呼吸を整えることも許されない絶頂地獄。そんな地獄に追いやられた青年は、汗と体液に塗れた裸体を生き物とは思えないくらいに震わせながら主の男に向かって許しを請う。自分が犯してしまった過ちを口にしながら、拷問のような快楽の終わりを必死に望む。

「おにぇがい、しまずぅぅ! も、ゆりゅひへ、くらしゃいぃぃっ!! もう、かっへにおにゃにーしまひぇんがらぁぁっ!! もぉ、ゆりゅじでぐだひゃいぃぃっ!! だじゅげで、たひゅげでぇぇぇーっ!!」

主の命令を破って自慰に耽った事実への懺悔を発しながら、青年が悲痛な声で主に救いを求める。
それは、駆け引きなど欠片も存在しない心の底からの懇願で。それを見た主は青年の右足首を押さえ付けていた右手を離し、代わりに右膝で足首を押さえると、青年の尻穴をぐちゅぐちゅと掻き回しているアナルバイブへと右手を伸ばした。
思わず安堵の表情を浮かべた青年に慈悲を与えるためではなく、更なる絶頂地獄を与えるためだ。

「あひぃぃぃっ!? んぉっ、おっおほぉぉ!! やぁぁぁぁっ! やべで、ぐだじゃいぃぃっ!! もう、イがぜないれぇぇぇーっ!!」

尻穴をほじくり回していたバイブを主の右手で無慈悲に動かされ、今まで以上の快楽に嬲られ始めた青年は悲痛に鳴き叫びながら再び切羽詰まった哀願を行う。
だが、主の男は青年が自慰を行った事実を優しい口調で遠回しに咎めながら、その哀願を一蹴した。

「どうしてやめる必要があるんだい? 私の言いつけを破ってまで自慰に使ってた玩具達に苛められてるのに、何が不満なんだい? ほら、君が私よりも大好きな玩具をもっともっと味わわせてあげるよ。大好きな玩具で、まだまだたくさんイき狂わせてあげるよ、嬉しいでしょう?」
「いやぁぁぁっ!! ごべんなじゃいぃぃっ!! もぉ、いいつけをやぶっひゃりじませんがらぁぁっ! 玩具、ゆるひで! ゆりゅじでぇぇぇーっ!!」

半狂乱で鳴き喚く青年の哀願が主に受け入れられることはなく、青年は主の気が済むまで失神すらも叶わない淫具を用いた快楽責めにイき狂わされ続け、その心と身体に主への服従と屈服を改めて、深く深く刻み込まれるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装して出歩いたら人生が狂ったお話
関連記事

刑事達は縄で惨めに結合させられる

2019.01.15.Tue.21:00
「んぐ……むぅ、むぐふぅっ……うぅ、うむぅぅぅ……!」

口内に詰め込まれた白布を吐き出せないように栓をしている黒いガムテープの下からくぐもった呻き声を漏らしつつ、刑事の男が自分を捕らえた悪人達の手で与えられた縄拘束からの脱出を求めて裸体を必死にもがかせている。
背中で肘から先を重ねさせられた腕を縛り、二の腕を胸部に括る上半身の縄に力を込め。左右の足首と太ももを括っている下半身の縄に力を込め。上半身と部屋の天井に打ち付けられたフックを遊び無く繋いでいる縄をギシギシと鳴らしながら刑事は自由を求めて暴れ続ける。
だが、どんなに暴れても刑事が望む変化は訪れない。縄は肌に食い込むばかりで全く緩まず、刑事の裸体はつま先立ちの状態からどうやっても抜け出せない。悪人達に部屋から連れ出された後輩を助けに生きたいという思いを込めて身悶えても、刑事は部屋どころか縄からも脱出出来ない。焦る心とは裏腹に刑事は何一つとして思い通りの行動を取れず、悪人達によって投与された媚薬の効果で無理矢理に発情させられた裸体をただただ無様にくねらせることしか出来ないのだ。

「んーっ! んむ、むぅ、むぐふぅぅ……!」

悪人達が後輩を連れて部屋を出て行ってから、何時間が過ぎたのだろう。とめどなく湧き上がる淫らな欲望に苦しめられながら縄と格闘し、勃起させられた男根を情けなく振り乱す状況がどれだけ続いたのだろう。
これ以上無い屈辱と恥辱、そして甘い苦悶に苛まれながらも、刑事は諦めること無く疲弊した裸体をよじらせていた。
そんな刑事の耳に、扉が開く音が聞こえた。音に気付いて部屋の入り口の方に顔を向ける刑事の目に映ったのは、醜悪な笑みを浮かべた悪人達と、一目で苛烈な凌辱を受けたと分かる格好をした哀れな後輩の姿だった。

「むぶぅぅっ! うむぐぅぅぅ!!」

刑事が絶望に表情を歪めながら、後輩に非道な仕打ちを施した悪人の男達に対する怒りと後輩を案ずる思いを込めた唸りを強く放つ。だが、悪人達も後輩も刑事の唸りへの反応を見せない。悪人達は刑事の唸りを無視しながら後輩の自由を奪う縄を引き、後輩は全身を汚す悪人達の精液をぽたぽたと垂らしながら縄を引く力の抗うことすらせずうつろな表情でよろよろと歩くだけだ。
淫猥な汚れを床に作りながら力無く移動させられる後輩と、その後輩を刑事の元へと連れて行く悪人達。その様子を為す術無く見つめていた刑事の顔を観察して笑みの醜悪さを更に濃くした悪人達は、無抵抗の後輩の尻を刑事の方に向けさせると、そのまま何の躊躇いも無く後輩の裸体を刑事の方へと動かし、自分達の男根でたっぷりと解してやった後輩の尻穴に媚薬で硬く勃起させられていた刑事の男根をくわえ込ませた。

「むぐぅぅーっ!? んもっ、んもぉぉ!!」
「うふっ……むぅぅ……」

後輩の尻穴に自身の男根を挿入させられた刑事は、淫欲を募らせていた男根を責める柔らかな腸壁の刺激に甘い悦びを覚えつつ後輩を犯している事実に拒絶を示して塞がれた口から悲鳴を放つ。長時間の容赦無い責めで放心しきった後輩は、自分の尻穴に先輩である刑事の男根が入っている事実も理解出来ず、尻穴に訪れた刺激に対して刑事と同じようにテープと布で塞がれた口から弱々しい呻きを漏らす。
そんな二人の反応を横目で観察しながら、悪人達は二人の裸体を新たに結わえた縄を使って手早く繋いでいく。後輩の上半身を縛る縄の背中側と、刑事の上半身を縛る縄の胸側を繋ぎ。左右を括られた刑事の足を挟み込む位置に移動させた後輩の足を刑事の足にきつく縛り付けていく悪人達の作業が終わったとき、刑事と後輩は裸体を密着よりも深い状態で繋げられた格好から離れられなくされてしまった。後輩の尻穴を男根で埋め尽くす男と、先輩の男根で尻穴を埋め尽くされる男、惨め極まりない二人の刑事の完成だ。

「んっ、んむぅ、むぐっ、むぐぅぅ」
「ふーっ……ふむぅぅ……」

身じろぎすらも思うように出来なくされた刑事が、怒りの感情を完全に忘れた哀願の唸りを悪人達に向ける。身じろぎする思考も体力も失った後輩は、尻穴で脈打つ先輩の男根を腸壁で感じながら、悪人達の精液で淫らに彩られた裸体をビクつかせている。
その情けない刑事達の姿は残酷な悪人達にとっては最高の娯楽で、悪人達は救いを望む刑事と救いを望むことも忘れた後輩を取り囲み笑顔で観察しながら、興奮と征服感を胸で際限なく膨らませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


子ねこのろんろん
関連記事

刑事達は苦しい体勢で痒みに悶え鳴かされる

2019.01.14.Mon.21:00
床に敷かれた薄桃色のマットの上にうつ伏せで寝かされ、そのマットの上に床と平行になるよう設置されていた黒い棒に裸体を拘束されてしまった二人の刑事は逃走と抵抗を封じられ、口に黒い棒状の枷を装着されたもう一人の顔を至近距離で眺め続ける状態から抜け出せないように自由を奪われてしまっている。
裸体の上を通る棒に無理矢理に乗せられ、肘の部分を棒にきつく縛り付けられた刑事達の腕は思い通りに動かせず、腕を拘束する縄に触れることすら出来ない。肩幅まで開いたまま閉じられないよう、限界まで持ち上げたまま下ろしたくても下ろせないよう膝に結わえられた縄と足首に結わえられた縄を棒に結合されてしまった刑事達の足は丸出しの恥部を隠すことも、足を暴れさせてささやかな足掻きを試みることも出来ない。加えて、言葉を奪う口枷に繋がれた縄を棒に短く結び付けられてしまった刑事達は、顔を反らしたまま下ろすことさえ許されない。
裸体に剥かれた身体を縄で厳重に棒へと繋がれ、苦しい海老反りの体勢を強いられた哀れな刑事達。だが、刑事達の手足を縄で縛り、言葉を封じ、じっとしていても身体が軋む苦悶の状態で拘束した男達は、捕らえた刑事達に更なる苦悶を与えた。
それは、無防備な刑事達の尻穴に透明なチューブを繋ぎ、チューブの先に装着されたパック内の薬品を二人の体内へと大量に流し込む責め苦。強烈な痒みを生み出す液体で腸内を満たし、刑事達を気が狂う程の痒みで悶絶させる拷問以外の何物でもない地獄だ。

「んむぁぁぁ……! むっ、がぁ! おむっ、もぼぉぉ……」
「ふっ、ふぅっ! むぁっ、あむぐぅぅっ!!」

薬品が容赦無く生み出した痒みに腸壁を嬲られ続けた刑事達は、自分達を捕らえた男達に対して怒りの視線を向けていた数十分前の面影など欠片も無いくらいに悶え狂い、怒りをぶつけていた相手であるはずの男達に対して無様に哀願の唸りを発している。
刑事達は手が自由だったら、指を尻穴に押し込み痒みを解消するためにめちゃくちゃにほじくり回していただろう。足が自由だったら痒みを紛らわすために男根をマットに擦り付け、男達に見られていることも目の前に仲間がいることも忘れて痒みに苦しみながらの自慰で絶頂を繰り返していただろう。しかし、今の刑事達にはそのどちらも出来ない。故に、二人は必死に裸体をくねらせて痒みを散らしながら、自分達を取り囲む男達に痒みを鎮めることを求めて唸りで許しを請うていた。
刑事としての誇りを無くし、人間としての尊厳をかなぐり捨てて憎いはずの男達に救いを欲する惨めな刑事達。そんな二人を囲んで見下ろす男達は、刑事達の情けない痴態に自身の男根をズボンの中で膨らませ、胸にこれ以上無い興奮と欲情を募らせながらも、誰一人として二人に手を出しはしない。男達は自分を焦らしながら刑事達が熟する瞬間を、理性が壊れ、正気が砕け、尻穴を掻き回されたいという欲求で思考が支配される瞬間を待ち侘びている。
その瞬間に叩き込んだ尻穴への快楽を使って刑事達の心と身体を屈服させ、二人を刑事から快楽無しでは生きられない淫乱奴隷へと陥落させるためだ。

「んー! んむっ、むぐぁぁ! あぶっ、ふぶあぁ」
「んまっ、んむぁぁ……うぅ、むぐふぅぅぅ!」

自分達が男達の計画に従って崩壊させられている事実など知る由も無いまま刑事達は強まる一方の尻穴の痒みに悶え鳴き、涙と汗と唾液でだらしなく汚れたお互いの顔を見つめ合いながら、頭の中に痒いと助けての文字を絶えず浮かび上がらせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


誰かの人形
関連記事

捜査員達は狭い檻の中で快楽に苦しみ悶える

2019.01.12.Sat.21:00
「あぉっ……はっ、ほ、おぉぉっ!」
「うあぁ、あぉ、はぁ、はぁっ……うむぁぁぁ……!」

顔の下半分を覆う黒革に取り付けられているリング状の金属を噛まされた口から唾液と唸り声を漏らして、二人の男が暴れている。自分達を小さな金属の檻に押し込もうとしている男達の腕から逃れようと、必死になって抵抗している。
だが、二人が幾ら抵抗してもそれは男達を手間取らせる程度の効果しか持たない。黒と赤のラバースーツによって首から下をぴっちりと包み込まれ、手足を気を付けの姿勢で固められた裸体を動かしても危機を抜け出すほどの抵抗には到底ならず、二人はとうとうラバーに包まれた肉体を檻へと放り込まれ、閉ざされた上部の蓋の四隅に四本の鎖と四つの南京錠で厳重に鍵を施され、更にラバースーツの色に合わせた首輪の後部から伸びた鎖を蓋の格子へと南京錠で遊び無く結合されてしまった。

「あぉ、おぉ……ふぅ、うむぁぁ……」
「はっ、はぁ、うぁ……むぁぁ……」

狭い檻の中に折り重なる形でラバーに包まれた裸体を放り込まれた男達はもはや、満足に暴れることも出来ない。単純に暴れられるだけの空間が無いことに加え、下手に暴れたら首輪と蓋を繋ぐ鎖がビンと張って首を強く圧迫してしまうからだ。
ありとあらゆる自由を取り上げられ、檻の中に閉じ込められ、なりふり構わずに身悶えることも出来なくされた男達は胸に屈辱と怒りの炎を燃やし、それを視線に乗せて檻の外から自分達をニヤニヤ笑いながら観察している男達にささやかな反抗としてぶつけた。
しかし、二人のその視線は逆効果でしか無かった。無様な姿の男達が強気な視線を向けてきてもそれは滑稽極まりなく、その滑稽な様子は男達の征服感を余計に煽ってしまった。男達は湧き上がる征服感で笑みを醜悪な物へと変化させ、愉快その物といった口調で檻の中の二人に残酷な言葉を浴びせる。

「拘束されて、檻に入れられたってのに随分と反抗的な目だねぇ。捜査員さん」
「ホントホント、捕まえようとしてた俺達に逆に捕まえられて、こんな情けない格好にさせられてるってのにどんな神経してたらそんな目が出来るんだろうね」
「あぉぉっ! うぉぉ!」
「ふーっ! うぉ、むあぁ!」

潜入捜査の最中に正体を暴かれて捕らえられた失態を再確認させてくる男達の言葉を掻き消すように、湧き上がる屈辱を男達への怒りで塗り潰すように、捜査員達は閉じられない口で鋭く吠えた。

「目だけじゃなく、口までこの状況で反抗的とはね」
「ここまで反抗的な態度を保てるなんて、正直思ってなかったよ。でも、もうすぐそんな態度なんて取っていられなくなる」

そう言って、一人の男が自身のズボンの右ポケットに手を突っ込み、入れてあったリモコンを親指で弄くった。
すると、そのリモコンと連動している機械が、捜査員達の裸体を包むラバースーツ内に仕込まれたパッドが小刻みな振動を始め、二人の右乳首をぶるぶると細かく震わせ出した。

「うぉっ? あぉ、もぉっ」
「んぅっ? むぅ、あふぅぅ」

突然に訪れた右乳首への刺激に困惑し、反抗の意思を示すことを忘れて捜査員達は呻き声を発する。その声を聞いて目を細めた男達は、残り全員がほぼ同時にポケット内のリモコンに手を伸ばし、思い思いのタイミングで自身が担当するパッドを駆動させ始めた。

「ほらほら、どうしたんだい? さっきみたいに俺達を睨みながら喚いてみなよ?」
「捜査員さんが気持ち良いくらいで駄目になっちゃう訳ないよね? さ、元気に反抗してごらん?」
「うぁ、おぉんっ! ほぉ、おふぅ……」
「むぁ、もっ……ふぅ、ふむぁ! むぁぁ……!!」

乳首を、男根を、尻の谷間を、脇の下や内股、足の裏といった刺激に弱い場所を次々に震わされる捜査員達は全身を襲うくすぐったいような快楽に喘ぎながら身体を檻の中で力無くくねらせ、ラバーを耳障りに鳴らす。
無慈悲な男達はそのラバーの音と捜査員達の甘い声が織りなす淫らな音楽を耳で愉しみ、嘲笑のこもった言葉に反抗を見せようとするも快楽に屈して表情と声を蕩けさせてしまっている捜査員達の姿を目で味わいながらリモコンを気まぐれに操作し、予測の付かない強弱を加えた快楽で哀れな捜査員達を好き勝手に翻弄し、苦しみ悶える様を堪能していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


男魔導師が触手でめちゃくちゃにされる本
関連記事

絶望も出来ぬまま男は容赦無くイきまくらされる

2019.01.11.Fri.21:00
革で作られた黒い首輪を巻き付けられ、首輪の後部の金具と手首を縄で遊び無く結合されてしまった男は手の自由を取り上げられてしまっている。足首と太ももを縄で短く繋がれ、左右の膝に結わえられた縄をテーブルの下に通す形で繋がれた男の足は暴れさせたくても暴れさせられず、閉じることすら叶わないまま恥部を丸出しにした状態を強要されてしまっている。
厳重に拘束された男の裸体は、テーブルの上に仰向けで寝かされた姿から離れられない。言葉を封じる為にと装着された黒のギャグボールを毟り取ることも出来ない。乳首と男根にテープで貼り付けられた楕円形をした薄桃色のローターを剥がすことも出来ない。抵抗を禁じられた男は無防備にさらけ出された尻穴を媚薬をたっぷりまぶした極太のアナルバイブで掻き回されてもその刺激から逃れることは出来ず、男は乳首と男根と尻穴を襲う甘い快楽の波に一方的に翻弄されながら為す術無く絶頂へと追い立てられるしか無い。

「んーっ! むぐ、むぐふぅぅぅっ!! んもっ、もぼぉぉぉっ!!」
「おーおー、また気持ち良さそうに射精しちゃって。とても○○の幹部様とは思えない無様なイきっぷりだねぇ、ん?」
「ぼっ、んみゅぅぅぅぅっ!!」

敵対する組織の男に惨めな絶頂姿を嘲笑われながら、尻穴のバイブを右手でぐりぐりと時計回りに動かされた男は、屈辱の感情を抱く余裕すらも失ったまままた絶頂を迎えさせられた。
もう、何時間イかされ続けたのか分からない。身動きを封じられた裸体は男自身が分泌した汗と体液に塗れ、生き物とは思えないくらいに痙攣し、テーブルと共にガタガタと震えている。身体が熱く火照って苦しい。高鳴った状態から抜け出せなくなっている心臓が苦しい。休み無い射精を強いられた男根がじくじくと疼いて苦しい。様々な苦悶に苛まれ、心と身体を疲弊させられた男にもはやプライドを守る思考など残ってはおらず、男はなりふり構わずに情けない唸り声を発して、自分を捕らえて嬲る敵の男に救いを求めた。

「むぐぅぅっ!! んもぉぉ! あぉぉぉぉっ!!」

ギャグボールの穴から飲み込めない唾液と悲痛極まりない声を噴き出させ、涙に濡れた目で縋る視線を向けながら男は許しを請う。そんな必死な男の様子に男は口角を残忍に吊り上げると、左ポケットに入れていたリモコンのダイヤルを操作した。それは男の乳首と男根を嬲るローターの振動を最大限に引き上げる操作だ。

「みゅぐぅぅっ!? もっ、ぼもぉぉぉ!!」

欲していた物と真逆の展開に目を剥き、強まった快楽に裸体の痙攣を激しくしながら悶え狂う男に、無慈悲な男は追い打ちを仕掛けた。右手でバイブを先程よりも力を込めて動かし、過敏な弱点である前立腺を容赦無くゴリゴリと抉り、今までの絶頂地獄がマシだと思えるくらいに苛烈な快楽責めを加え始めたのだ。

「ほーら、お望み通り更に気持ち良くしてあげたよ。さっき、もっと無様にイきまくらせてくださいって唸り声でおねだりしてたもんねぇ」
「もぎゅぅぅぅっ!! もっ、ぼあぁ! あぶっ、あぶむぅぅっ!!」

哀願の唸りを都合良く解釈して責めを強くする理由にした男に対する怒りを湧き上がらせる余裕も、まだまだ甘い苦しみが終わらない事実に絶望する思考能力も失った哀れな男は、敵の男の前で裸体を淫猥に踊らせながら、襲い来る絶頂に合わせて萎えることも許されない男根を振り乱していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


さんびきのこぶた
関連記事

変えられた青年達は必死な自慰に耽る

2019.01.10.Thu.21:00
獣人化薬の効果を調べるための実験に協力するだけで大金が手に入る。そんなバイトの情報をポストに入れられていたチラシで知った青年は、迷うこと無くそれに応募した。単純に高給に釣られたというのもあるが、一般庶民には手の届かない値段である獣人化薬を体験出来る貴重な機会だと考えたからだ。
面接を通過した後に体調にも問題の無いことを確認され、第一希望である虎獣人への変化薬の実験体になれることとなった青年は、大金への期待よりも虎獣人への変化に対する期待を胸に抱きながら、用意された部屋の中で変化に伴う身体の膨張に備えて衣服を脱ぎ、薬を飲んだ。
すると、青年の肉体は徐々に徐々に逞しい肉体と縞柄の体毛を持つ虎獣人へと変化していき、青年はやがて元の姿を完全に無くした虎の姿となった。事前に一切聞かされていなかった、気が狂う程の発情の波が訪れると同時に、だ。

「あぁっ、んぁ、はぁ、はひっ……だひへ、くだひゃい……ひんこ、おかじぐなるうぅ……」

いつの間にか外側から鍵を掛けられていた部屋の扉にすがりつき、ドアノブをガチャガチャと回しながら、青年であった虎獣人は激しすぎる発情からの解放を望んで無我夢中で救いを求める。
張り詰めた男根は絶えずうずうずと疼き、先端から透明な蜜をとろとろと垂れ流している。触りたい、今すぐ欲望のままに擦り上げたい。そんな衝動に駆られるが、青年に男根を扱くことは出来ない。羞恥が邪魔しているのでは無く、変化した手の爪の鋭さが邪魔しているのだ。
この手で男根を扱いたら、間違いなく男根が傷つき血が流れる結果となるだろう。故に、青年は手で男根を慰められない。
どうすれば男根を責め立てるこの疼きを鎮められるのだろう。どうすればこの湧き上がり続ける発情を誤魔化せるのだろう。到底男根を擦り付けられはしないざらついたタイルの床の上でのたうち回り、全身から噴き出した汗と飲み込めない唾液、そして男根から零れる蜜で縞柄の体毛を濡らしていた青年は、長い苦悶の末にようやく男根を慰める方法にたどり着いた。部屋に用意されていた一人掛けソファーをひっくり返し、その上にまたがって背もたれの裏側に男根を擦り付ける無様な格好での自慰だ。

「あんっ、あぁっ、あぁっ……チ○ポ、きもひいい……イく、イぐぅぅんっ……!」

だらしなく開いた口から舌と唾液を垂らし、情けなく腰をへこへこと振ってソファーの背もたれに勃起した男根を擦り付ける青年は、太くしなやかな尻尾を嬉しそうに揺らめかせながら自慰に耽っている。射精を迎えてもその動きはとまらず、欲望に支配された虎青年は男根を休み無く刺激して自分を断続的な絶頂へと追い立てていく。

「もっと、しゃせー……もっひょぉ……きもちい、虎チ○ポ、きもひいい……んぁっ、あんっ! イくぅぅんっ! まら、イぐぅぅっ……!」

もう、青年に人間としての理性は無い。青年は発情によって思考を淫欲に染め上げられた獣。薬を飲ませた者達の思い通りに堕ちた淫らな獣なのだ。

「あんっ、んあぁ……オナニー……ひゅきぃ、はつじょぉおにゃにぃ……きもちぃ、きもひぃ……!」

嬉しそうに表情を蕩つかせながらソファーを使った自慰に耽る虎青年を映し出すモニターを、別のモニターに映し出されている様々な姿に変えられた青年達の必死な自慰と共に堪能する男達は全員が残酷な笑みを浮かべながら、人間には二度と戻れない事実を知る由も無いまま快楽に溺れる惨めな獣達の痴態を、彼らを商品として売り飛ばす前に目と耳で存分に味わい愉しんでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


M奴隷のお兄ちゃんを僕専用にしちゃいました。
関連記事

男は生徒を無言で引き寄せる

2019.01.09.Wed.21:00
「な、なぁ……やっぱり、その……無かったことにしないか? お互い、あの掲示板で会ったことは忘れて……」

困惑の表情を浮かべながら、男は一回り以上年下の少年に提案した。だが、少年は男の思惑通りに引き下がることはせず、複雑な顔をする男との距離を詰めて提案を却下した。

「僕の家に上がっといて、今更何を言ってるんですか、先生。忘れることなんて出来ないし、無かったことにも出来ませんよ。それに……」
「あぅっ」
「ほら、先生のここ、しっかり硬くなってますよ。何だかんだ言っても、先生の身体はエッチに期待してるじゃないですか」

生徒である少年の左手で膨らんでいた男根をズボンの上から優しく撫で上げられた教師の男は、思わず甘い声を上げて身を跳ねさせてしまった。その自分の反応に対する羞恥で赤面している教師は、図星を突いた生徒の言葉に何も言えなくなってしまう。
建前の言い逃れすら発せなくなった可愛い教師の男。そんな男に生徒の少年は嬉しそうに微笑むと、教師の左耳に唇を寄せて興奮に掠れた声で囁いた。

「ね、先生、素直になりましょう。いっぱい苛めて欲しいんですよね? 若いチ○コで、ケツマ○コをズボズボ掻き回して欲しいんですよね? 彼氏と別れて欲求不満な身体を、めちゃくちゃに弄んで欲しいんですよね?」
「っ、あぁ……っ!」

ネット上で相手が生徒だと知らぬまま吐き出した淫猥な欲望に満ちた言葉を耳に流し込まれながら股間に置かれた左手で男根をズボンごしに撫で回された教師は、濡れた悲鳴を漏らしつつ無意識に腰をくねらせ、男根を更に硬くさせた。
もうすぐ、教師としての立場は崩れ落ちるだろう。それを確信した生徒は、とどめの言葉を教師の左耳に注いだ。嘘偽りの無い、愛の告白の言葉だ。

「僕は、先生としたいですよ。大好きな先生を気持ち良く苛めて、大好きな先生のお尻を可愛がって、大好きな先生の身体をエッチに弄びたいです。先生に似た人を探すために使ってたあの掲示板で、先生に会えるなんて思ってなかったから。もう二度と先生とエッチ出来る機会なんて無いかも知れないから、今日、先生を一生分愛させて欲しいです」
「んっ、むぅ……っ!?」

後半に行くにつれて余裕を失っていく告白の言葉をぶつけられ、呆けている所に噛みつくような激しいキスをされた教師の男は、思考を混乱させながらも生徒から与えられる巧みなキスの快楽に心と身体を溶かされ、次第に脱力していく。

「んふ、むっ……あふ、はぁ……」

壁際に追い詰められた身体は、生徒の舌が口内をじっとりとなぞる度に骨抜きにされてずるずると落ちていき、やがて教師は床に尻餅を付いた状態で、切羽詰まった生徒の瞳に射貫かれていた。

「お願いします。僕に、先生を抱かせてください。今日一日だけで良いですから……僕を先生の恋人にしてください……っ!」

先程まで熱烈なキスを仕掛けていた人物とはとても思えないような泣きそうな顔で自分を欲しがる生徒の様子に、教師の男は胸に愛しさを募らせた。
そんな一生懸命な顔をされたら、駄目だなんて言えない。ここまで本気で求められたら建前で誤魔化そうなんて思えない。
けれど、教師としての立場を捨て切れていない男は良いとはっきり口にすることは出来なくて、言えない代わりに教師の男は床にくったりと転がっていた手に力を込めて持ち上げ、自分にまっすぐな愛情を向ける愛しい生徒の背中に腕を回して無言で引き寄せていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ダークエルフギャル男と夏海3p脱童貞
関連記事

秘密の部屋は甘い絶叫で満たされる

2019.01.08.Tue.21:00
社長としてのの多忙な一日を終え、自身の邸宅に帰ってきた男は使用人達に食事を外で済ませたことと入浴を大浴場ではなく自室の物で済ませることを伝えると、早々に自室に戻り壁と一体化しているクローゼットの扉を開いた。
着ていた衣服をしまい、クローゼット内の隠し扉の先にある秘密の空間へと足を運ぶためだ。
その空間は、使用人達も知らない男の憩いの場所。誰にも邪魔されず、好きなだけ自分の欲望のままに振る舞える部屋。隠し扉から続く長い階段を下り、突き当たりにある扉を見た瞬間男は思わず頬を緩ませた。もうすぐ、思う存分愉しめる。あの至福の時間を味わえる。心を弾ませながら男はドアノブを握り、これ以上無い悦びが待ち受ける空間への扉を押し開いた。
その空間内で悶え苦しみながら男を待ち侘びていた青年達に、笑顔で帰りの挨拶を行いながらだ。

「スパイ君達、ただいま。今日も良い子にしてくれてたかな?」
「んぅぅっ!? んーっ! んぅーっ……!」
「もっ、おもぉっ……ふぅ、んふぅぅ……!!」

男の声を聞き、姿を確認した青年スパイ達は、全員が男に対して哀願の視線と唸りを発しながら拘束を施された肉体をくねらせた。
足に履かされたブーツと床の金具を鎖と南京錠で厳重に結合され、背中に回した腕に二の腕までをすっぽりと覆って絞め付ける黒いアームバインダーを装着され、口に取り付けられた開口具のゴム栓に繋げられている透明なゴムチューブを通して少しずつ流し込まれる媚薬と栄養剤を混ぜた液体を一日中摂取させられた青年スパイ達は、像のように立ったまま床に固定された裸体を一日中発情させられ続けていた。
もはや青年スパイ達は、男の邸宅に潜り込んだ理由である任務どころか、自分達を監禁して淫らに辱めている男への怒りや反抗心も思い出せない。思考にあるのは、快楽を求めることだけ。媚薬によって気が狂いそうなくらいに高められた快楽への渇望を鎮めて貰うことだけだ。

「んむーっ! んっ、んぶぅ! むぶぅぅぅ!!」
「もふっ、もごぉぉ! うぶっ、ぶふぅぅ!!」

快楽をねだる視線を向け、切羽詰まった哀願の唸りを発する青年スパイ達の間を縫うように歩き回りながら、男は硬く張り詰めた青年の男根が跳ね回る様子と焦れた青年達がなりふり構わずに裸体をよじらせて快楽を欲しがる光景をしばらく堪能し、やがて一人の青年スパイの前で立ち止まった。

「よし、一番上手におねだりが出来てたから、今日は君を一番最初にイかせまくってあげる」

笑顔で宣言し、男は右手を持ち上げて青年の男根を握り込むと、射精欲に震えている男根を巧みに擦り上げて絶頂を促し始めた。

「あぶぅぅんっ! あひはほう、ごはっ、ひまっ、ぶぅぅ! んまっ、んむぁぁぁ!!」
「うんうん、ご主人様にお礼も言えて、本当に良い子だね。もしかしたら、今日は君を可愛がるだけで満足できるかも知れないなぁ」

快楽を求め続けていた男根を刺激される悦びに目を剥きながらも、塞がれた口で感謝の言葉をしっかりと放った青年スパイに微笑みながら、男は少し声を張ってわざとらしく言った。
そのわざとらしさを感じる余裕も無い青年スパイ達が、射精させてもらえない可能性に怯えながらおねだりの悲鳴をあげることを見越した上でだ。

「んみゅぅぅぅーっ!? んもっ、もごぉぉ!! ふぐぅっ! むーっ!!」
「うふっ、ふぐぅぅんっ!! むー! むぁぁぁーっ!!」

精液を吐き出したくて堪らない青年スパイ達は男の目論見通りに恐怖を抱き、先程よりも強く射精を欲する唸りを上げ始める。
もはや、狭い室内は淫猥な絶叫以外何も聞こえない。男は正面にいる男根を責められている青年スパイの甘い鳴き声すらもほとんど聞こえない。

「ふふっ……スパイ君達、良い鳴き声だよ。もっともっと、聞かせておくれ。私を、もっともっと愉しませておくれ……」

恍惚とした表情で放たれる男の異常な呟きは部屋を満たす甘い苦悶の鳴き声にすぐさま掻き消され、自分の声が青年スパイ達の淫らな声で掻き消された事実は男を更なる興奮へと導き、男の狂気の笑みをより濃くさせていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


メスパパ 息子の親友のメスイキ彼女にさせられた父の俺
関連記事

磔の刑事達は発情地獄に鳴き叫ぶ

2019.01.07.Mon.21:00
地下に作られた部屋の中央付近の床に、十字架の形をした分厚い金属の板が一つ設置されている。それは、捕らえた人間を拘束するための物で。その板に裸体を背にした状態で押し付けられ、両手両足を縄で緩み無く縛り付けられてしまった二人の男は、地下空間から抜け出すことはおろか、繋がれた板から離れることすらも出来なくされてしまった。
どんなに裸体に力を込めても、その足掻きは縄が肌に食い込む痛みを生み出すだけ。縄の痛みを堪えながら裸体を暴れさせても、それは二人を磔にしている板を揺らすことすらも出来ず、ただただ無様に丸出しの男根の揺れを生み出すだけ。
恥を捨て、苦痛に耐えて縄拘束からの脱出を試みても、二人は裸体の自由を取り戻せない。それでも決して諦めずに、二人は疲弊した裸体に力を込め、頭部に被せられたガスマスクのような器具の中に言葉を封じられた口から放つ唸り声を響かせながら縄から抜け出そうと試行錯誤を繰り返し続けた。
だが、二人の望む結果はいつまで経っても訪れなくて。二人の男は今日も、地獄の時間を迎えてしまった。
頭部に取り付けられたマスクの内部に、ガスが流し込まれる時間。刑事としての誇りと男としての尊厳を完膚無きまでに叩きのめす、強力な媚薬ガスを混ぜた期待を為す術無く吸入させられる発情地獄の時間だ。

「うむぅぅぅぅっ!? もっ、もあぁ! んむぁぁぁ!!」
「うぅぅぅーっ!! ふっ、ふぐぅぅ! ぶむぁぁぁ!!」

幾度となく嗅がされた甘ったるい絶望の香りに気付き、二人の刑事はくぐもった絶叫を上げながら今まで以上に裸体を暴れさせる。
もちろん、それまでビクともしなかった縄が少し激しく暴れたくらいで解ける筈は無い。半狂乱になって身悶えても刑事達は休み無く流し込まれる残酷な気体からは逃れられず、徐々に、しかし確実に、肉体を淫猥に発情させられていく。

「んーっ! んっんぅ! むぐぅぅぅーっ!!」
「もぉ、おもぉぉ! ふぅ、ふぐぅぅ! むぎゅぅぅぅっ!!」

意に反して硬く張り詰めていく男根をぶるぶると振り乱し、ガスマスク内部に突き出た言葉と舌噛みを封じる為にと喉までくわえさせられた棒に歯を立てて鳴き叫び、背後から聞こえる仲間の悲痛な絶叫を聞きながら裸体を淫らに高められていく哀れな刑事達。
そんな刑事達を作り、残酷に放置している男達は二人の心と身体が淫欲に支配されきった頃を狙って地下室へと足を運び、マスクを外されるやいなや解放された口で一生懸命に快楽をねだる惨めな刑事達を自らの男根で可愛がり、二人に屈服と服従を無慈悲に教え込むのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


執事の本分
関連記事

刑事達の痴態は全世界から観察される

2019.01.06.Sun.21:00
「うぐぅぅぅーっ!! うっ、んむぅぅっ! ふーっ! ふぐぅぅぅーっ!!」
「んまっ、んむぁぁぁ!! うぐぅぅ! むぎゅぅぅぅーっ!!」

視界を塞ぐ黒革の目隠しの下で涙に潤んだ目を見開き、言葉を封じる黒のギャグボールの穴から唾液と甘い絶叫を零しながら、二人の刑事が裸体をよじらせて悶え苦しんでいる。しかし、幾ら刑事達が悶え苦しみ、裸体をもがかせても状況は変わらない。二人の自由を奪う拘束は外れず、容赦の無い責め苦を叩き込んでいる残酷な機械達の駆動もとまらない。
刑事達が必死になって裸体を暴れさせても、それは腕に背中で伸ばした状態を強要している黒のアームバインダーと檻の天井を繋ぐ鎖と足を大きく開かせたまま閉じられなくさせている棒の両端に革の枷が付いた器具の金具を冷たく鳴らす効果しか持たず、拘束は欠片も解ける気配を見せない。手の動きと足の動きを大きく制限され、思い通りの行動を取り上げられてしまった刑事達にはどうやっても自分の恥部を嬲っている淫らな責め具には触れられず、刑事達は為す術無く男根に巻き付けられた二本のベルトに付いている楕円形のローターと、アームバインダーと革ベルトで繋ぐことによって抜け落ちないよう尻穴に固定された釣り針に似た形状のアナルバイブに望まぬ快楽を注がれ、休み無い絶頂へと追いやられるしか無い。
捕らわれ、拘束され、淫具を装着された刑事達の裸体は、背中で腕を高く持ち上げさせられた苦しい体勢のまま無様に絶頂を繰り返すことしか出来ないのだ。

「うーっ! うぐぅぅ! むぅ、むぶぅぅぅ!!」
「んもっ、んもぉぉ! うーっ! むぐふぅぅぅ!!」

断続的に訪れる絶頂に檻の中で裸体を痙攣させながら、すぐ隣で同じ凌辱を加えられている仲間の悲鳴を聞き、仲間の裸体から飛び散った汗と体液を肌で感じながら、刑事達は塞がれた口でなりふり構わずに快楽地獄からの解放を求める意思を込めた悲痛な絶叫を発する。
もう、刑事としての誇りも、人間としての尊厳も守ってはいられない。理性が壊れると恐怖する程の快楽で嬲られ無慈悲にイき狂わされた刑事達は心の底から許しを請い、喘ぎ鳴く自分達を観察すると宣言していた男達に向かって責めの終わりを望んだ。
けれど、そのプライドを捨てた哀願に対する反応は何一つとしてない。当然だろう、刑事達を捕らえ、拘束と快楽責めを施して檻に閉じ込めた男達はもう、刑事達と同じ部屋にはいないのだから。
刑事達が快楽に翻弄されている間に十数台のカメラを檻の周りに設置し、二人に悟られないようこっそりと部屋を後にした男達は、それぞれの部屋にある端末を使って二人の様子を宣言通り観察していた。
ネット中継されている刑事達の痴態を視聴している、全世界の人間と共にだ。

「うふぅーっ! んっ、んっんぅ! んぎゅぅぅぅっ!!」
「んもっ、もぉぉっ! ふーっ! もぼぉぉぉっ!!」

自分達が絶頂を迎え続ける様子が全世界の人間に見られているという非情な事実など想像もせずに甘い苦しみによがり鳴く刑事達の姿を、痴態を生中継されている二人の男が捕らわれの身に堕とされた刑事達であると知る由も無いまま淫猥さに対する賞賛と侮蔑を投げる視聴者の発言と合わせて堪能しながら、男達は刑事が快楽に崩壊するまでの一部始終を自身の部屋で、思い思いの状態でくつろぎながら愉しんでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装してモテないオッサンを騙そうとしたのにいつの間にかハマってた俺。
関連記事

淫らなお仕置きのために少年は魔力を男根に注ぐ

2019.01.05.Sat.21:00
最年少でありながらも大人顔負けの活躍を見せ、悪の手から街を守っていた少年ヒーローがいた。少年であるが故に警戒心が薄く、危機に対する想像力が足りないという弱点を突かれ、卑劣な罠によって悪の組織に生け捕りにされてしまった少年ヒーローがいた。
変身に必要な合言葉を放つ前に口を塞がれ、抵抗する肉体を組み伏せられながら薬品によって意識を奪われた少年は、深い眠りに就いている間にヒーローとしての力を得る為の道具を衣服と共に没収され、一糸まとわぬ姿にされた裸体に抵抗と逃走を封じ無様な格好から抜け出せなくさせる拘束を与えられてしまった。
身体の真横に伸ばされた手足と首、そして腹部を壁に縫い付ける十数本の黒革ベルトはヒーローの力を失った少年がどんなに力を込めてもビクともせず、少年は壁に貼り付けにされた状態から、恥部を丸出しにした情けない状態からどうやっても離れられない。
手も足も出せなくされてしまった少年ヒーローは丸出しの恥部を覆い隠すことすら許されず、言葉と舌噛みの選択肢を取り上げるための金属のリングを噛まされた口から飲み込めない唾液と唸り声をだらしなく垂らしながら、恥辱と屈辱に苛まれつつ一人きりの部屋で放置された裸体を惨めにもがかせることしか出来ないのだ。

「あ、おぉっ……うぅ、うぁぁ……」

裸体を壁に繋ぐベルトが肌に食い込む痛みに顔をしかめながら、開かされた足の間で無防備にさらけ出された男根をぶるぶると揺らめかせながら、少年ヒーローは意味の無い唸りを零しつつ、生身では到底拘束を振り切れないと頭で把握しながらも今すぐこの辱めから脱出したい一心で裸体をじたばたと暴れさせる。
少年ヒーローがそんな無駄な足掻きを繰り返し続けてから、何時間が経過した頃だろうか。不意に、少年が拘束されている部屋の扉が開いた。その開いた扉から入ってきたのは、少年ヒーローと同じ年頃の、悪の組織で幹部の立場に収まっている少年で。敵である悪の幹部の少年は、にっこりと微笑みながら捕らわれた少年ヒーローが固定された壁へと近付いて吐息が少年ヒーローの男根をくすぐる位置で立ち止まると、嘲笑の視線から守ることさえ叶わない裸体を見上げながら愉快そうに言った。

「ヒーロー君、良い格好だね。僕達に逆らう愚か者に相応しい格好だよ」
「っ! あぉぉっ! うぅ、おぉっ!!」

侮辱の意思がたっぷりと込められた言葉に少年ヒーローは怒りの感情を湧き上がらせ、それを唸りに乗せて幹部の少年にぶつけた。
もちろん、怒りをぶつけたところで幹部の少年は痛くも痒くも無い。少年ヒーローが反抗する気力を失っていない事実を把握した幹部の少年は、加虐心を募らせて目を細めるだけだ。

「ふふっ、元気だねぇ。それでこそ、ヒーロー君を苛める愉しみが増えるって物だよ」

そう言いながら、幹部の少年は視線を上から正面に下ろし、眼前にある少年ヒーローの男根への距離を詰めると……何の躊躇いも無く萎えている男根を口で根元までくわえ込んだ。

「んむぉっ!? おぅっ、おがぁっ!」

突然に排泄のための器官を口に含まれた状況に対する驚愕と、男根を舐めしゃぶられる未知の刺激に対する衝撃に、性知識の無い少年ヒーローは困惑と怯えの悲鳴を上げる。その耳に心地良い悲鳴を堪能しながら幹部の少年はヒーローの男根を丹念に舌で可愛がり続け、男根を限界まで張り詰めさせた。

「はい、ヒーロー君のおチ○チンの勃起完了。これから、本格的なお仕置きの開始だよ-」
「んっ、うぁぁぁっ!? あぉっ、おぉっ!」

硬く膨らんだ男根を口から離した幹部の少年がお仕置きを宣言し、少年を始めとしたヒーロー達との戦闘の際に使用していた薄緑色の魔力を手に集中させて少年の男根をその魔力で包み込んだ。
その魔力が破壊行為に使われる光景しか見たことの無い少年ヒーローは、男根を魔力で破壊されると思い込み、切羽詰まった哀願の唸りを上げた。

「そんなに怖がらなくても大丈夫だよ。ちょっと感度を……最初は十倍くらいに引き上げた後にまた僕の口でおチ○チンを苛めて、泣いて謝っても許さずにイかせまくらせるだけ。痛いことなんてしないから、安心しなよ」
「うぁぁっ! あぉ、おぅぅぅっ!!」

告げられた内容の意味が性知識の無さ故に理解できず、更に恐怖を抱く少年ヒーローの絶叫に興奮しながら、残酷な幹部の少年はこれから自分の口で嬲り倒す少年ヒーローの男根に魔力を注入し、容赦無く射精へと追い立てる絶頂地獄という名の甘いお仕置きへの準備を進めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


羞恥の手引き
関連記事

親子は淫らな復讐で弄ばれる

2019.01.04.Fri.21:00
「んむぅぅぅっ!! うーぅっ! ふぅ、むぐぅぅぅっ!!」

俺を騙し、家族も仕事も奪った男が裸体を無様に悶えさせながら情けなく絶頂を繰り返している。
手首と足首を枷と鎖を使って天井と床の金具に繋がれ、口に噛まされた黒のギャグボールのせいで言葉すら発せないまま淫猥な玩具で容赦無く射精へと追い立てられるのは、さぞ苦しいことだろう。
抜け落ちないようテープで固定したバイブに掻き回されている尻穴は、腸液をびちゃびちゃと垂れ流している。根元と亀頭の裏側にテープで貼り付けたローターにいたぶられている性器は、萎える余裕も無いまま何度も何度も精液を噴き出させている。

「んむぉぉぉっ! うふっ、むぐふぅぅぅ!!」

限界を超えた絶頂に悶絶し、涙を流しながら男はこっちに顔を向けて悲痛な絶叫を上げた。それは、許しを請う表情と悲鳴だ。
だが、俺は慈悲なんて与える気にはならない。そんな表情と悲鳴で許せるほど、俺の心は広くない。
男から受けた非道な仕打ちを思い出し、怒りを再燃させた俺はその怒りのままに右手のリモコンを操作し、男を更なる快楽の地獄に堕とそうとした。
その時だった。男に屈辱を味わわせるために捕らえ、隣に男と同じ姿で拘束しておいた息子が、裸体をじたばたともがかせながら声を張り上げたのだ。

「もぉ、やめてくださいぃっ!! パパが、死んじゃう! 許して、許してくださいぃっ!!」

断続的にイき狂う父を心配して、哀願を叫んだ少年。まともな人間であれば、ここでわずかばかりの慈悲を抱くのかも知れない。
けれど、俺はもうまともな人間なんかじゃない。自分の幸せを壊した男が悶え苦しむなら何処まででも残酷になれる。
俺は叫び声を上げた男の息子を眺めながら鏡無しでも自覚できるくらいに醜悪な笑みを浮かべると、座っていた椅子から立ち上がって息子の方に歩み寄った。

「どうしても許して欲しいなら、君に俺の相手をして貰おうか。俺が君の相手をしている間はパパを苛める手も少し弱まるからねぇ……どうする?」
「んぅぅっ!? んもっ、もぼぉっ!」
「黙ってろ! 俺は息子君と話してんだよ」
「もぼっ、ほぎゅぅぅぅっ!!」

息子に手を出されると気付いた男が隣にいる俺と息子を見ながら喚き始めたが、リモコンのダイヤルを最強の位置まで回したら男は強まった快楽に翻弄され、すぐに意識をこちらに向けることは叶わなくなった。
邪魔を排除しつつ、まだまだ男を無慈悲に嬲ることが出来る事実を示した俺は息子の方に向き直し、再度問いかけた。

「さぁ、どうする? もちろん、嫌だってんなら何もしないよ。その時は俺は君の声を無視して、君のパパがおかしくなるまで苛めて苛めて苛め抜くだけだ。好きな方を選んで良いよ、息子君」
「あ、あぅ……」

顎を緩く掴む俺の右手の感触に顔を恐怖で歪めながら、自分の方を見ることすらも叶わぬまま機械で絶頂を迎えさせられ続ける父の甘い絶叫を聞きながら、男の息子はしばし考えてから、言った。

「ぼ、僕を、苛めてください……パパを、これ以上……苛めないで……っ!」

か細い声で伝えられる、父への責めを緩める代わりに自分を責めて欲しいという願望。自分にどんな刺激が降りかかるのかも理解できぬまま発せられた願望を聞いた俺は背筋をゾクゾクと震わせながら先程よりも醜く笑い、怯える少年にわざとらしいくらいに優しく言った。

「よーし、約束だ。君が俺の相手をしてる間は、パパをこれ以上苛めないでおいてあげるよ。だから……簡単に気を失ったりしないよう、頑張って耐えるんだよ? 良いね?」
「あっ、んむっ……ふうぅ……!」
「んむぐぅぅぅぅーっ!! ふっ、ふっふぅっ! もぼぉぉぉぉーっ!!」

唇に押し付けられた俺の唇に嫌悪を抱きつつも、反抗を一切見せずに口内に潜り込む舌を大人しく受け入れる息子君が呻き声を上げる横で、男は俺が自分の息子に責めを加え始めていることにも気付かぬまま惨めにイきまくり、痙攣した裸体から飛び散った汗と体液で周囲の床と、隣にいる息子の裸体と、息子の乳首に移動していく俺の手を淫らに汚し、俺の心を昂ぶらせている復讐の悦びを加速させていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


兄に勝てないっ!
関連記事

少年怪盗は絶頂に次ぐ絶頂を迎えさせられる

2019.01.03.Thu.21:00
自分の足首を掴んだ状態から抜け出せないようにと厳重に施された黒色のテープは、少年の肘から先と膝から先を肌の色が見えなくなる程に包み込み、手足の自由を完全に奪ってしまっている。
歩いて移動することはもちろん無防備にさらけ出された股間を隠すことも叶わず、指を動かすことすら出来なくさせる拘束。そんな拘束を与えられ、抵抗の術を取り上げられた少年はもはや、自分を捕らえた男が加えてくる無慈悲な責めで好き勝手に弄ばれながらテープで塞がれた口ごしに苦悶の唸りを上げるしか無い。
テープに縛られた手足の上に腰掛けた男の右手が動かす男根を模した張型で尻穴をめちゃくちゃに掻き回されても、抗えない少年は腸壁を削る残酷な淫具の刺激に屈して絶頂へと休み無く追い立てられるしか無いのだ。

「んーっ! んんっ、むぅぅ! んみゅぅぅぅぅーっ!!」

涙で潤んだ目を見開き、言葉を封じられた口から意味を持たない悲痛な喘ぎを発しながら、少年が十数度目の絶頂に達した。
右半身を下にしてベッドの上に転がされた裸体が幼い男根からわずかに白の混じった透明な液体を零しつつビクビクと身悶え、男の尻に下敷きにされた少年の手足がテープを鳴らしながら苦しげに震える。
そんな手足の震えを尻で感じ、無様な絶頂の様子を目と耳で味わって残忍に微笑んだ男は、絶頂の余韻で裸体を痙攣させている少年に無慈悲な言葉を優しい声音で浴びせた。

「怪盗君、またイっちゃったの? 我慢しなきゃ駄目じゃない。一時間イかずに耐えられたら解放してあげるって言ったの、忘れちゃったのかな?」
「んむぅぅっ! ふぅ、ふぐぅぅ!!」

忘れてなど、いない。忘れてなどいないが、絶頂を一時間も堪えることなんて出来ない。
容赦無く叩き込まれた尻穴への快楽責めで、少年怪盗の肉体は異様に感度が高まってしまっている。責められ始めた直後は潤滑剤の力を借りても痛みの方が勝っていた尻穴も、今では侵入を拒むように窄まっていた面影も無いくらいに解れきり、気を抜いたら張型が一往復するだけで小さな絶頂を迎えてしまう程に淫らな状態だ。
嬲られ続けた尻穴だけじゃなく、尖ったまま元に戻れない乳首も、触られてもいないのに体液を放出している勃起させられたままの男根も、淫らにじくじくと疼いて苦しい。その淫猥な熱は、少年怪盗の心を屈服させるには十分すぎる苦しみで。少年怪盗は誇りも尊厳も捨てて哀願の意思を込めた唸りを上げ、自分を追い詰めた張本人である男に対して快楽の終わりを求めた。

「むぐぅぅぅーっ!! うっ、うぅぅぅ! んぶぅぅっ!!」

惨めで、情けなくて、切羽詰まった心の底からの哀願。その哀願を目にした男は愉快そうに目を細めると、先程発した物よりも優しい声音でより無慈悲な言葉を少年怪盗にぶつけた。

「それだけ元気なら、まだまだ頑張れそうだね。それじゃ、壊される前に僕から逃げられるよう、一生懸命イくのを我慢しようね-」
「んぐぅぅぅっ!? んまっ、んもぉぉぉ!!」

男の口から出てきた言葉に表情を恐怖に歪ませ、少年怪盗は再度哀願の唸りを放とうとした。
だが、男はそれすらも許さず、少年怪盗が唸るよりも早く右手を今まで以上に乱暴に動かし、尻穴を激しくほじくり回して少年を甘い地獄へと叩き落とした。
それまでの責めだけでも断続的な絶頂に追いやられていた少年怪盗が、強まった責めに耐えられるはずも無くて、少年は許しを求める思考を挟むことも出来ぬまま男の思い通りにイき狂うだけの存在に堕とされてしまった。

「んーっ! うむっ、ふぅぅっ! もっ、もぉっ! おむぅぅぅ!!」
「ほらほら、イっちゃ駄目だって。そんなにイきまくってたらいつまで経っても僕から逃げられないよ? このままじゃ、僕にエッチなことだけを考える淫乱ペットに作り変えられちゃうよ? それでも良いの?」
「んむぁぁぁっ! むー! ぐっ、むぎゅぅぅぅぅっ!!」

愉しげな声で淫らな破滅の未来を聞かされても、悶え狂う少年怪盗はその内容に拒絶を抱くことすら出来ないまま、絶頂に次ぐ絶頂を迎えさせられるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ド淫乱褐色雄っ子inハッテン場~上から下から吸いつくします!~
関連記事

愉しいお散歩は窮屈な格好で行わされる

2019.01.02.Wed.21:00
薄暗い部屋に放置されている一人きりの青年。監視する者は近くにはいない。拘束を解こうとして暴れても、それを咎める者はいない。だが、青年は裸体に与えられた拘束を解こうとは一切せず、部屋の中央に敷かれた薄桃色のマットの上で大人しく寝転がっていた。拘束を解こうともがく度に生まれる恥部への痛みに屈し、心を折られてしまった青年は拘束から抜け出すことを完全に諦めてしまっているからだ。
下手に足を動かせば、足枷と短い鎖で繋がっている睾丸をくびり出す黒く細い革ベルトが引っ張られ、睾丸に激痛を与えてしまう。下手に顔を動かせば、首輪の前部と鎖で繋げられている亀頭のすぐ下に巻き付けられたベルトが引っ張られ、自らの男根を痛め付けてしまう。背中で鍵付きの手袋と手枷を使って拘束された手を下手に動かせば、手枷の鎖に南京錠で結合された鎖の先にあるアナルフックも連動して動き、柔らかな腸壁が容赦無くゴリゴリと抉られてしまう。
そんな状況に追いやられた青年は最初は諦め悪く拘束と格闘していたが、一向に緩む気配の無い拘束とまるで暴れた罰を加えるように恥部を襲う痛みに疲弊させられるにつれ足掻きは段々と弱い物になっていき、青年は今では完全に無抵抗の状態となってしまった。
もはや、青年は言葉を封じる棒状の口枷から救いを求める唸りを上げることもしない。恥部を責める痛みにただただ怯え、左側を下にした裸体をマットの上で寝転がらせるだけだ。

「ふー……うーっ……」

塞がれた口から荒い呼吸と唾液を零し、身じろぎすらも極力抑え、一人きりの部屋でじっとし続けている青年。そんな時間がどれだけ過ぎた頃だろう。不意に青年がいる部屋の扉がギィと音を立てて開いた。
それは救いではなく、絶望の合図。青年を捕らえて拘束し、恥辱の姿で置き去りにした男が部屋に戻ってきたことを知らせる音だ。

「っ、ぐぅんっ……! んぅ、むぅぅんっ……!」

男の姿を視界で確認した青年は、表情を恐怖で歪ませる。恐怖で歪ませながらも、青年は淡い希望を抱いて男に哀願の唸りを向けた。
けれど、その哀願は無慈悲な男には届かなかった。悲痛な哀願は無視され、男は無駄な唸りを上げる青年に残忍な笑みを浮かべながら持ってきた器具の金具を青年の首輪に繋ぎ、その器具を引いて青年の裸体を無理矢理に移動させようとする。

「さ、愉しい愉しいお散歩の時間だよ。今日も、失神するまでたっぷり遊ぼうね」

まるで犬に散歩をさせるように首輪に繋いだ赤いリードを引かれた青年の裸体はバランスを保てず、体勢を崩してしまう。すると、男根のベルトと尻穴のアナルフックに繋がっている手足が不自然に動き、男根と尻穴に苛烈な痛みと屈辱の快楽が生まれ、青年は塞がれた口から痛々しい絶叫を部屋に響かせた。

「んぐぅぅぅーっ!! もっ、ぶぅぅ! ぐぶぁぁぁっ!!」

見開いた目を涙で潤ませながら発せられる青年の苦悶の鳴き声は、当然男の耳にも聞こえている。淫猥で、無様で、美しい鳴き声。それに興奮と欲望を刺激された男は背筋をゾクゾクと震わせながら右手のリードを更に強く引き、青年の裸体を容赦無く動かしつつ青年をより追い詰めるための言葉を嬉々として浴びせかける。

「ほら、さっさと立って歩きなさい。あんまり聞き分けが悪いと、ひどいお仕置きをしちゃうよ? 良いのかい?」
「うぅぅっ!? んま、むぐぁぁぁ!!」

お仕置きと言われ、心と身体に刻み込まれた甘い地獄の苦しみを思い出した青年は、イヤイヤと顔を横に振りながら慌てて裸体に力を込め、足の裏が床に着いた散歩の体勢を取ろうとする。

「さ、頑張れ頑張れ。愉しいお散歩が待ってるよ」
「うぅ、うぐぅぅ、むぐふぅぅぅっ!」

窮屈な格好を強いられた裸体をどうにかして移動が可能な体勢にしようと悪戦苦闘する青年に微笑みながら、鬼畜な男は意地悪にリードを引いて青年の体勢を崩させ、男根と尻穴に走る刺激に悲鳴を上げる青年を散歩を行える体力が残るよう気を付けながら飽きるまで存分に堪能していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


男の娘Cafe&Bar.Roche
関連記事

淫らな少年達には姫初めのご褒美を

2019.01.01.Tue.21:00
「あ……んぁっ! ひ、はぁ……あぅ、あぁぁんっ!」
「ごひゅ、じん、ひゃまぁ……また、イっちゃうぅ……玩具で、気持ち良くなって、イっちゃいますぅぅぅっ!!」

薔薇があしらわれた絨毯の上で淫らに喘ぎ鳴き、背中側で手枷を嵌められた手と足枷を嵌められた足でブリッジのような体勢を取った裸体をくねくねと悶えさせながら、二人の少年が愛しい主の男の前で絶頂を迎えた。
幼くて可愛らしい男根から精液が溢れるのに合わせて裸体がガクガクと痙攣し、汗と体液が周囲に撒き散らされる。そんな絶頂の最中にも、少年達を責め立てる淫具は容赦無く動き続け、二人に更なる絶頂を要求する。

「あ、ひあぁっ! イってりゅ、のに……イっちゃう、きもちよしゅぎへ、またイっちゃうぅぅ」
「全部、きもひいいれひゅぅぅ! 乳首も、おチ○ポも、おひりも、全部しゅきぃぃ! じぇんぶれ、イぐぅぅぅぅんっ!!」

硬く尖った乳首を挟み込むクリップに吊るされたローターに甘い快楽を注がれ、男根の根元と亀頭のすぐ下に巻き付けられたベルト型のローターに甘い快楽を注がれ、尻穴を奥までみちみちに埋め尽くした上で腸壁を休み無く抉り続けているアナルバイブに快楽を注がれ数え切れない程に絶頂させられた少年達の肉体の感度は限界を超えて高まり、断続的に絶頂に達するイきっぱなしの状態となってしまっている。
終わりも、途切れも無い絶頂。そんな絶頂に悶え苦しみながらも、少年達は確かに幸福の感情を抱いていた。
愛しい主に与えられる快楽は嬉しさに満ちた悦び以外の何物でもなく、何よりこの快楽の先にはこれ以上無いご褒美が待っていると知っているからだ。

「あんっ、あぁぁんっ!! イく、イくぅぅ! ごしゅじんさまぁ、イきますぅぅぅっ!!」
「僕も、イぐぅぅ……見てください。エッチな僕達が玩具ではしたなくイくところ、みてくらしゃいぃぃっ!」

ベッドにいる主に二人の少年がバイブに掻き回されている尻穴とベルト型ローターに震わされている男根を突き出す。すると、主はにっこりと微笑みながら身体を前に乗り出し、二人が淫具で絶頂する様を望む通りにしっかりと凝視した。
恥部に突き刺さる主の視線に興奮と羞恥と充足感を募らせながら、二人はまた絶頂した。それは二人同時に迎える、吐き出す精液も尽きた絶頂だ。

「おひっ!? んぎ、ひぅぅ!? しぇーえき、れないにょに、イっでる! イっでりゅぅぅっ!!」
「何こえぇっ!? 精液、出てないのにぃ……ぎもぢいいぃっ! イぐの、とまらにゃいぃぃぃっ!!」

ブリッジの体勢を取っていた裸体を折れてしまいそうなくらいに仰け反らせ、何も吐き出せずに先端を虚しく開閉させている幼い男根をぶるぶると振り乱しながら初めて味わう射精無しの絶頂に少年達は甘い絶叫を放ち、裸体を先程よりも激しく痙攣させる。
淫猥極まりない絶叫と痙攣。それらが収まり、少年達が快楽に悶えながらもわずかに理性を取り戻した頃、主と二人だけの部屋に別の存在の声が響いた。
その声は、主がセットしていたアラームに従って流れ出した目覚まし時計からの声。午前零時の到来を、新年が訪れたことを伝える声だ。

『午前零時です。午前零時です。午前れい』

主の右手が自分の右横においていた時計のボタンを操作し、同じ内容を繰り返していた声を停止させる。そして主は少年達に顔を向け直すと、優しい声音で言った。

「あけましておめでとう。二人とも、ご褒美の時間だよ」

その言葉を聞いて二人は目を輝かせ、今まで落ちないようにしっかりとくわえ込んでいた尻穴のバイブを二人仲良く力んでひり出し、ぽっかりと口を開いた淫らな穴を主によく見えるよう枷で繋がれた足を大きく開きながらおねだりをした。

「あけましておめでとうございましゅ、ごしゅじん、ひゃま。去年は淫乱な僕達をたくひゃん苛めて下さり、ありがとうごじゃいまひた」
「どうか今年も、僕達をたくさんいじめへ、かわいがっへくらひゃい。ごしゅじんひゃまのたくまひいおチ○ポ様で、僕達の淫乱けひゅマ○コをしゅきなだけじゅぼじゅぼしてくだしゃいぃぃっ」

舌足らずながらも、言い付けておいた言葉を忘れることなくちゃんと口に出来た少年達に主は満足そうな表情を浮かべてベッドから立ち上がり、二人の淫らな姿で硬く勃起していた男根をファスナーを下ろして取り出しながら二人に近付いていく。

「はい、良く出来ました。それじゃあ、エッチなおねだりを上手に言えた良い子達に姫初めのご褒美だよ。君達の大好きなおチ○ポで、玩具にイきまくらされた身体をもっともっとイきまくらせてあげるからね」
「あ、あぁぁんっ……うれひい、嬉しいですぅっ」
「ご主人様、しゅきぃ……らいしゅき、でひゅぅっ」

快楽と嬉しさによる涙を目から零しながら、手足を拘束された裸体を無意識によじらせている淫らな少年達から向けられる愛情に頬を緩ませながら、無防備に口を開いた二人の尻穴にいきり立った男根をねじ込んで甘いご褒美を与えるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


燃えないゴミの再利用法。~女性の敵は女装奴隷にしてしまいましょう~
関連記事
 | HOME |