FC2ブログ

悲鳴は駆動音と共に響き渡る

2018.04.28.Sat.21:00
二の腕を胸部に緩み無く括り付ける縄と、背中で重ねさせられた手首をきつく縛り上げる縄を短い縄で結合する上半身に施された縄拘束は男の手の自由を完全に封じている。
視界を塞ぐ白布と言葉を取り上げる穴の空いた赤色のギャグボールを毟り取りたくても、毟り取れない。左右の足を窮屈に折り畳ませている足首と太ももを括る縄と、足を閉じる事を禁じる為に与えられた左右の膝とベッドの上下の柵を遊び無く繋ぐ縄を解きたくても、男の手は足の縄に触れる事すら叶わない。開脚状態を縄に強要され、情けなく丸出しにさせられている恥部を責め立てる淫らな玩具達から逃れたいと思っても、手足を厳重に拘束された男ではどうやっても玩具から逃げられない。
無防備にさらけ出された尻穴を奥深くまで貫き、そのまま抜け落ちないよう縄でしっかりと固定された極太のアナルバイブと男根の亀頭近くにテープで貼り付けられた二個のローター。目と口を塞がれ、手足の動きを制限され、ベッドの上で無様に足を大きく開かされた男は、休み無く駆動して男根と尻穴を甘い快楽で嬲るローターとアナルバイブの責めによがり狂わされる苦悶から抜け出したくても抜け出せず、もう何時間も終わりはおろか途切れさえ無い絶頂地獄へと追いやられていた。

「んー…! も、ほおぉぉ……!! お、うぶっ…ふぅ、ふぐぅぅ……!!」

自分を縄で拘束し、淫らな地獄の中に置き去りにした男に対する怒りは、疲弊しきった声で喘ぎ鳴いている男の中には欠片も残ってはいない。汗と体液に塗れた男の裸体は絶えずガクガクと痙攣を繰り返しており、その痙攣の度にバイブで掻き回されている尻穴からは泡だった腸液が零れ、放出する精液を失った男根はローターのコードを振り回しながら透明な先走りを撒き散らして男の裸体を更に汚し、ベッドのシーツに淫猥な染みを作っていく。

「むぅぅぅぅっ!! んも、ぐふぅぅっ! ふっ、ふぅ! むぐぅぅぅぅぅっ!!」

射精を伴わない何十度目の絶頂へと達しながら、男は甘い苦しみの終わりを望んでなりふり構わずに哀願の絶叫を発した。
だが、男一人しかいない部屋で救いを求めても、当然それに応えてくれる者はいない。喉が破れんばかりに叫んでも、防音が施された地下室内に反響するだけで叫びは外部に一切漏れず、縄拘束と淫具責めを残して去って行った上の階にいるはずの男にすら哀願は届かない。
男に出来る事は、鬼畜な男が地下室に戻ってくる時まで淫具の責めに翻弄され、断続的に訪れる絶頂に悶え狂う事だけ。思考が絶頂に合わせて白く塗り潰される感覚に恐怖を抱きながらも、その恐怖を味わわせている張本人である憎いはずの男が地下室に戻ってくるのを切望する事だけだ。

「んー! んもっ、んもぉぉ!! うぐぅぅ! ふぶぐぅぅぅっ!!」

拷問のような苛烈な快楽に弄ばれ、失神すら許されずにイき続ける哀れな男の悲鳴は、助けの来ない地下室に淫具の駆動音と共に響き渡り、絶望のハーモニーを奏でていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


いつでも俺はオトコノコエルフとエッチがしたいんだ!!!
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

終わり無い絶頂地獄は醜悪な台の上で加えられる

2018.04.23.Mon.21:00
背中で肘から先を重ねた状態から抜け出せないよう、黒の粘着テープを重ねた部分を括るように幾重にも巻き付けられ。窮屈に折り畳んだまま伸ばしたくても伸ばせないよう、足首と太ももを腕の物と同じテープできつく括られ。視界と言葉を封じる為に、手足と同じテープで目と口を塞がれた青年は、自分を拘束して置き去りにしていった男達が地下室に戻る前になんとかして拘束を振り解こうと考え、テープのみを与えられた裸体を必死になってもがかせ続けた。
だが、厳重な拘束は青年の無駄な足掻きを嘲笑うように軋む音を立てるのみで全く緩まず、青年は何一つとして状況を変える事は出来なかった。
腕の自由も、足の自由も取り戻せず。視界と言葉を取り戻す事も出来ず。青年は、男達が自分を乗せた無慈悲な台の上から降りる事も叶わなかった。
上部が丸く、その丸い部分に男根を模した極太の張型が取り付けられている、淫らな責め苦を目的として作られた醜悪な台。その上に無理矢理裸体を乗せられた青年は、自身の体重で奥深くまで入り込んでくる張型の乱暴な首振りに柔らかな腸壁を掻き毟られる事しか出来ず、一人きりの地下室で無様に尻穴のみでの絶頂を繰り返すだけの状況へと追いやられ逃げ場の無い淫らな苦悶に抵抗を奪われた裸体を容赦無く嬲られ続けていた。

「んっ! んぅぅっ! ふぐっ…むぅ、むぶぅぅぅぅ!!」

目を覆うテープの下で苦しげに眉を寄せ、塞がれた口から甘く歪んだ悲痛な絶叫を発しながら、青年はまた尻穴だけで絶頂を迎えた。
しかし、張型はとまらない。台から送り込まれる電力で動き続ける張型は青年の苦悶などお構いなしに首を振り、絶頂したばかりの青年に次の絶頂を要求してくる。
青年の汗と淫液に塗れた裸体が台の上で生き物とは思えない程に痙攣しても、達しすぎて吐き出す精液を失った男根が壊れた蛇口のように透明な蜜をとめどなく垂れ流す異常な状態に陥っても、無感情な淫具は休み無く青年の尻穴を凌辱し、青年に男根を萎えさせる事さえ許さずに終わり無い絶頂地獄を味わわせる。

「むぐぅぅぅぅっ!! ふぅぅ! ぶ、ぶふっ…んー……! んむぅぅぅ…っ!!」

イってもイっても、まだイかされる甘い拷問。その拷問に長時間心と身体をいたぶられた青年はもはや、自分を淫らな責めの中に放置した男達への反抗心も怒りも湧かず、地下室の扉が開く音を耳にして男達が戻ってきた事に気付くと何の躊躇いも無く、許しを請う悲痛な唸りを上げ始めた。

「んむぅぅぅ! んーんっ! むぐ、ふぶぅぅぅっ!!」

苦しみからの解放を求めて、自分を弄んでいる相手に救いを求める哀れな青年。そんな哀れな青年の情けない哀願と、体液に塗れた裸体の痙攣を愉しみながら、残酷な男達は青年をより淫らに責め立てる為に用意した道具を床に置き、声を一切発さずに最初にどの道具を使うかを視線と手振りで相談していた。

「んー! むぐぅっ! ふぅ、ふぎゅぅぅぅぅっ!!」

今以上の快楽責めを加えられる絶望の展開など知る由も無く、青年は欠片も耳を傾けてもらえないくぐもった声での哀願を虚しく地下室に反響させていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


いつでも俺はオトコノコエルフとエッチがしたいんだ!!!
関連記事

スパイは無様な姿で情報を絞り出される

2018.04.18.Wed.21:00
窓の無い部屋に、冷たい金属の音が響く。そしてその金属音と共に、男達の声が部屋に響いている。
それらは、衣服の代わりに裸体に幾つもの拘束具を着せられた男が必死の抵抗を試みる中で発せられる鎖の音であり、塞がれた口で唸りながら暴れる哀れな男の声と、その哀れな男に数人がかりで更なる拘束を取り付ける男達の声だ。

「むぅぅぅっ! うっ、ぐぅっ! むぅぅぅぅ!!」
「いい加減…大人しくしやがれ!」
「もう逃げられやしねーんだから、諦めた方が賢明だぜ? スパイさんよ」
「んむ…むぐぅぅぅっ!!」

スパイと呼ばれた男は、口に噛まされた赤色のギャグボールの穴から唾液をだらしなく零しながら、数人相手に抗い続けた。
しかし、厳重すぎる拘束を施された肉体でどんなに暴れても、それは危機からの脱出には繋がらず、男達の行動を遅らせる程度の効果しか生めなかった。
左右の足を開いたまま閉じられなくさせる棒状の枷を取り付けられた足でもがいても、スパイは自分を取り囲む男達のすねを蹴りつける事すら出来ない。足の自由を奪う棒枷と首輪を鎖で短く結合された状態で暴れても、スパイは不自然に上体を低くした体勢から抜け出す事すら出来ない。加えて、背中で伸ばした腕の二の腕部分までをすっぽりと包み込んできつく締め上げる黒いラバー製のアームバインダーを装着された腕を無我夢中で振り乱しても男達の手の力には到底叶わず、スパイの男は自身の腕を拘束するアームバインダーに、拘束を為す術無く追加されてしまった。
部屋の天井の滑車から伸びた鎖をアームバインダーの金具に南京錠で遊び無く繋がれ、スパイは腕を背後で限界まで持ち上げた体勢のまま、首輪と足の枷を繋ぐ鎖のせいで裸体を折り曲げる事を強制された体勢のまま、移動はおろか座る事も、丸出しの恥部を覆い隠す事も禁じられてしまったのだ。

「ったく…手こずらせやがってよ」
「俺達に余計な手間を掛けさせた悪いスパイさんにお似合いの格好になったな。ケツマ○コもチ○コも丸見えで、情けないったらありゃしない最高の格好だぜ?」
「むぶぅぅっ! ふーっ! も、ぶぅぅぅ!」

嘲りを込めた笑みを浮かべながら無防備にさらけ出されたスパイの尻穴と男根を観察する男達に向かって、スパイは自らの足の間から鋭い視線をぶつけて見るなと抗議の唸りを上げる。
もちろん、そんな視線をぶつけても、抗議を発しても、意味は無い。むしろ、スパイの男がこれ以上無い羞恥を感じながらその羞恥を振り切るようにして反抗的な態度を見せれば見せる程、男達の征服欲と加虐心は加速していく。

「んー? 何々? 俺の情けないところをもっと良く観察して下さいって?」
「しょうがねぇな、俺達は優しいから、スパイさんのリクエストを叶えてやるよ。俺達全員で、たっぷり観察してやるからな」
「むぐぅぅ!? んー! んむぅぅぅぅぅ!!」

唸りを都合良く、残酷に解釈されたスパイは、尻肉に迫る男の手に気付いても焦りを抱きながら拘束の鎖を鳴らす事しか無く。尻肉を鷲掴みにした手が無理矢理に尻穴を拡げてきても、スパイは無抵抗に尻穴の浅い位置の粘膜を男達の眼前に晒すという恥辱を与えられるしか無かった。

「おー、いやらしい色してんね。確かスパイ君は、この穴で情報を取る事もしてるんだよね」
「拡げられて、観察されるだけじゃ足りないでしょ? 全員が満足するまでこのいやらしいケツマ○コを観察したら、その次はこのケツマ○コとチ○コをじっくりと苛めてあげるよ」
「情報を取る為じゃなくて、情報を絞り出される目的でここを弄ばれるのは初めてでしょ? 貴重な体験をさせて貰えるなんて、スパイさんは幸せ者だねぇ」
「ふっ…んもっ、おぉ……ふぅ! ふぐうぅ…っ!!」

過剰に施された拘束を力無く鳴らし、苦しい体勢に追いやられながらも逃れようとするスパイの男のくねる裸体を、男達はスパイの男根が足の間でぶらぶらと惨めに揺れ動き、手で拡げられたスパイの尻穴が無意識にヒクつく光景と共に、心の底から堪能していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女尻不良少年メス穴更生す!
関連記事

男は捕らえた少年を好き勝手に弄ぶ

2018.04.12.Thu.21:00
「んんーっ! むっ…ぐっ、ふぅぅ! むぐっ、んぶぅぅぅぅっ!!」

視界を塞ぐ黒色のテープの下で眉根を苦しげに寄せ、口を塞ぐテープの下から甘く歪んだ絶叫を発しながら、少年はもう何十度目かも分からない絶頂へと追いやられた。
幼い男根がビクビクと脈打ち、色の薄まった白の体液が少年の腹部とベッドのシーツに溢れ落ちる。しかし、射精を迎えても少年に休憩は与えられない。少年を嬲る無慈悲な男は、少年の羞恥と屈辱を煽る言葉を容赦無く浴びせかけながら達したばかりの幼い男根を右手で擦り上げて淫らに刺激し、萎える事さえ許さずに少年を再びの射精へと責め立てていく。

「またイっちゃったのかい、ヒーロー君? 君は正義の存在なんだから、悪人の私に責められてイきまくってたら駄目だろう? ほら、もっとしっかり我慢して、正義の存在らしく振る舞いなさい」
「むーっ! んむっ、むぅ、んぐぅぅぅぅ!!」

勝手な言葉に対して捕らわれた少年ヒーローの心に反抗の感情が浮かぶが、その感情は絶頂を強いられ過ぎて感度が限界以上に高まった男根をにちゅにちゅと擦られた途端あっさりと砕け散り、無様な哀願の唸りにすり替わってしまう。

「んー! むっ、うぅ! うー! うむぅぅぅ!!」

もうイかせないで。視界と言葉を封じるテープと、手を縛り上げるテープを剥がして。助けて。
ヒーローとしての誇りを自らかなぐり捨てた少年は、ヒーロースーツを剥ぎ取られた裸体をベッドの上で情けなくくねらせながらテープに覆われた顔を憎いはずの悪人の男の方に向けて一生懸命に許しを請う。
だが、男はそれに応えない。男は散々自分達の計画をぶち壊してくれた少年ヒーローが背中に回された手首を縛るテープを軋ませながら不明瞭な言葉で放つ惨めな哀願を目と耳で愉しんで口角を残酷に吊り上げつつ、右手を更に早く動かして男根を今まで以上にいたぶり、少年ヒーローに絶頂地獄を味わわせるだけだ。

「イっちゃ駄目だよ、ヒーロー君。捕まっただけでも無様なんだから、せめてイきっぱなしにされるのだけは我慢しないとね。ヒーローなら、我慢できるでしょう? ほら、我慢我慢」
「んも…おぉぉっ……! ふーっ! んむ、むぐぐぅぅぅっ……!」

適当に口にした根拠の無い理屈を疲弊しきった脳で真に受け、自由を取り上げられた裸体をガクガクと震わせながら必死に射精を堪える少年ヒーローの様子に男は意地悪な笑みを濃くし、捕らえた少年ヒーローを堕としている事実を改めて認識しながら可愛らしく手の中で跳ねている少年の男根を好き勝手に弄んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装奴隷を育成するお宅訪問
関連記事

探偵の恥部は特製の拘束台に繋がれる

2018.04.11.Wed.21:00
「探偵さん、ただいま。探偵さんのおチ○チンに合わせて作った、特製の拘束台は愉しんで貰えたかな?」

一時間ぶりに地下室に戻ってきた男が、意地悪く微笑みながら捕らえた探偵の男に向かって問いを浴びせる。しかし、問われた探偵は男に何も答えない。反抗の意思表示として無言を貫いている訳ではなく、言葉を紡ぐ事すら困難な程に憔悴し、疲弊しきっているからだ。

「あ、はぁ……く、ひぃ、んぅ…んはぁぁっ……」

うつろな目と喘ぎ混じりの吐息を残酷に笑う男に向けながら、探偵は腰を揺らめかせて男根を戒める拘束台を軋ませる事で拘束を解いてくれと、淫らな責めを行っている機械をとめてくれと懇願する。
しかし、男は探偵の懇願に一切応えない。男は探偵に嵌めた黒い首輪の後部から伸びた短い鎖の先にある黒革の手枷を外して探偵の手を自由にしてやる事などしない。地下室の床から天井に向かって生えた短い柱の先に取り付けられた、探偵の男根を睾丸ごと絞り出して緩み無く絞め付けている黒の革ベルトを外して、中腰を強制された苦しい状態から解放してやる事もしない。
探偵の左右の乳首を強く挟み込んで振動しているクリップ型のローターと男根の亀頭の下に巻き付けられたベルトと一体化しているローターをとめる事をしないばかりか、無慈悲な男はポケットに入れていたリモコンを操作してローターの駆動を更に強め、抵抗の術を全て奪われた無様な探偵に今まで以上の快楽責めを何の躊躇いも無く与えた。

「ん、あぁ!? はっ、ひぎぃぃっ! やっ、あぁ! んあぁぁぁぁーっ!!」

地下室に置き去りにされていた一時間に快楽を流し込まれ続け、十数度の絶頂を経て感度が高まっていた乳首と男根をより激しく責め立てられた探偵は、疲れ切った足をガクガクと痙攣させながら汗と淫液に濡れた裸体を仰け反らせ、驚愕の表情を男に向ける。すると、男はしゃがみ込みながら探偵の左側へと移動し、探偵の淫らに歪んだ顔に自身の顔を近付けながら咎める口調で言った。

「これは、質問に答えなかったお仕置きだよ。今度は、ちゃんと答えるんだよ。この特製の拘束台は、愉しんで貰えたかい?」
「っ…!」

愉しんでなど、いる訳が無い。だが、それを口にしたらおそらく無情な男は何かしらの理由を付けて甘い苦悶を付け足してくるだろう。けれど、たとえ愉しんでいると口にしても、男は何かしらの理由を付けて甘い苦悶を付け足してくるだろう。
反抗しても、地獄。屈服しても、地獄。かわせぬ快楽責めに絶望して言葉を失う探偵。そんな探偵の反応を眺めてニヤニヤと黒い笑みを浮かべつつ、男はまた咎める口調で言った。

「また答えなかったね。これは、もっとひどいお仕置きをしてあげないといけないな」
「ひっ…!? や、あぁ! んっ、むっ、んむぅぅっ!!」

もっとひどいお仕置きの言葉を聞いて怯える探偵は、自身の顔に近付く男の左手を見て必死に逃れようと試みたが、男根を床から生えた柱に繋がれた肉体で逃れられるはずも無く、探偵の口は男の左手の人差し指と中指と薬指で塞がれてしまった。だが、ひどいお仕置きは口内の蹂躙だけでは終わらない。男は探偵の拘束された手首の位置まで自身の右手を持ち上げると、愉快そうな声音で探偵に告げる。

「さぁ、本格的なお仕置きの始まりだよ。探偵さんがしっかり反省出来るまで、許してあげないからね?」
「っ!? むぅぅぅぅんっ! うぶっ、ふぐ! もぼっ…んもぉぉっ!!」

始まってしまった本格的なお仕置きに、探偵の口から絶叫が溢れ出す。男根を拘束台に繋がれた事で苦しい体勢を無理矢理に維持させられながら乳首と男根を機械が生み出す途切れの無い快楽に嬲られ、それと同時に口の中を指でめちゃくちゃに掻き回されながら無防備な尻肉を手の平で打ち据えられる拷問と言っても差し支えの無い責め苦に、探偵は半狂乱で喘ぎ、悲鳴を上げる。

「もっともっと苦しんで、情けなく鳴き喚いて、良い子になるんだよ? もう、探偵さんにはそれ以外の選択肢は無いんだからね?」
「むぐっ…もごぉぉっ! ふー! うぶっ、ほもぉっ……! んむぅぅぅぅぅーっ!!」

男の指に歯を立てる力すらも失った口から男の望み通りに情けない悲鳴を上げて望まぬ絶頂を迎える探偵の新たな生活は、男の肉奴隷として忠誠を誓わされ、拒否する事すらも許されずに肉体を弄ばれるだけの存在に作り変えられる隷属の日々は、まだ始まったばかりだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装少年調教屋さん
関連記事

残酷な男は新たな器具をゆっくりと近付ける

2018.04.05.Thu.21:00
「んー! むぐっ…ふぐぅぅ! むぶぅぅぅ!! んぐぅぅぅぅっ!!」

自身が身に着けていたボクサーパンツを詰め込まれ、黒色をした強力な粘着テープで栓をされた口でくぐもった悲鳴を発しながら、男が裸体を必死にもがかせている。
だが、男が幾ら必死になってもがいても、裸体を戒める拘束達はビクともしない。うつ伏せで寝かされた男の胴体を細長いベッドに括り付ける口の物と同じ粘着テープは全く緩まず、後ろに回させた男の左右の手に自らの足首を掴んだ状態を強制させているテープは剥がれる気配すら見せない。
文字通り手も足も出せない状況に追いやられ、ベッドから転げ落ちる事すらも不可能にされた無様な男。そんな男を作り出した男は、何一つ抵抗の出来ない男の恥部がこれ以上無くよく見える位置に立ち、愉しげな笑みを浮かべながら無防備にさらけ出させた男の恥部に残酷な辱めを加えていた。

「お尻の穴、さっきからずーっとヒクヒクしてるねぇ。一体どうしてそんなにヒクヒクしてるんだい?」
「んむっ…!! むうぅぅ! ふぐぅぅぅっ!!」

白々しく尋ねる男の口調に苛立ちを覚えた男は、顔を限界まで後ろに回し、涙で潤んだ目で背後の男を強く睨み付けながら怒りの唸りをぶつけた。
しかし、自由を完全に奪われた男が怒りをぶつけてきてもそれは興奮を加速させる材料にしかならない。無慈悲な男に更なる責めを行わせる理由にしかならない。
睨み付けられた男は、未だに怒りを示せる男の様子を見てにっこりと微笑み、上着の右のポケットから注射器に似た器具を取り出しながら言った。

「あぁ、もっと注いで欲しいのかい? ふふっ……随分と気に入ったみたいだねぇ、この痒み薬」
「っ!? んーんっ! んむぅぅぅぅ!!」

今でさえ、気が狂いそうな痒みに襲われているというのに。ただでさえ、尻穴の無意識のヒクつきが抑えられなくなっているというのに。鬼畜な男は、何の躊躇いも無く痒みに苦しんでいる尻穴に痒み薬をまた注入すると宣言した。その事実に男は恐怖を抱き、先程まで怒りを発していた口で今度はなりふり構わずに哀願の唸りを発した。
けれど、その哀願は男を悦ばせる効果しか持たない。残酷な男は耳に心地良い哀願の唸りを愉しみながら左の親指と人差し指で淫猥に収縮を繰り返している尻穴を容赦無く拡げると右手に持った器具の先端を尻穴につぷりと潜り込ませ、器具の底を右の親指で押して痒み薬を無抵抗な男の腸内に流し込み始めた。

「むぅぅぅーっ!! うぶ、ふぅ、うふぅぅ!」
「ほら、君の大好きな痒み薬だよ。たっぷり注いであげるから、存分に愉しみなさい」
「んも、ふぅ……うふぅぅぅっ……!!」

絶望色に歪んだ唸りを発し、体液で濡れそぼった裸体を情けなくよじらせて更に高まる痒みを散らそうと試みる男の様子を愉しみながら、残酷な男は中身が空になった器具を床に投げ捨てると新たな器具をまた上着の右ポケットから取り出し、ヒクつきが激しくなった尻穴に狙いを定めて器具をゆっくりと近付けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


陥落BL
関連記事
 | HOME |