FC2ブログ

淫らに堕ちた男は射精を心からねだる

2017.08.31.Thu.21:00
「ん…んぅ……! ふっ…んぐっ、むふうぅぅっ…!!」

口内に押し込められた布と、それを吐き出せないようにと噛まされた布。そして、鼻と口を覆う形で施された白布による三重の猿轡の下からくぐもった悲鳴を上げながら、男は涙で潤んだ瞳を周りの男達に向けて許しを求めた。
しかし、男がどんなに許しを求めても男達はそれに反応を示さない。裸体に剥いた男を跳び箱に似た形状をした黒色の台に仰向けで寝かせ、台の側面に付いている枷と短い鎖で手首と足首を拘束した男達は媚薬をたっぷりと染み込ませた猿轡ごしに哀願を繰り返す男の声を完全に無視し、媚薬によって淫らに火照った男の裸体を無慈悲に責め立てるだけだ。

「んー…! むぐっ、ふぅ、うふぅぅっ…!」

男の左右の乳首はそれぞれ別の男の指で硬く尖らされ、淫らな赤に染まった乳首は指がピンと弾く度に堪らない快楽を覚えながらプルンと揺れ動き、指がぎゅうと摘まむ度に鋭い痛みと共に鋭過ぎる快楽を感じて男の裸体をビクビクと跳ねさせている。そうしてビクビクと跳ねる裸体は、媚薬の効果でこれ以上無く高められており、その高まった裸体を全身まんべんなく撫で回されている男は常に甘い悦びと息苦しさを覚える状況へと追いやられていた。
乳首が、気持ち良い。脇の下が気持ち良い。脇腹が、内股が、足の裏が、気持ち良い。あらゆる箇所が、気持ち良い。気持ち良いが故に、男は気が狂いそうな程の苦悶を感じていた。あらゆる箇所を悦楽に満たされているのに、男根だけは一切弄ってもらえず、射精を迎えたくても一向に迎えられない生殺しの苦悶を感じていた。

「んふっ、ふぅ! うぐぅ…ぶぐぅぅぅっ…!」

拘束された裸体をもがかせ、一生懸命に腰を突き出し、透明な先走りをとろとろととめど無く垂れ流している張り詰めた男根を振り乱しながら、男は射精をねだる。
だが、やはり男をもどかしくいたぶる男達はそのおねだりに反応しない。男の心に絶望が改めて染み渡る。そんな男の耳に、思わぬ場所から声が届いた。それは、少し離れた位置からこの無慈悲な快楽責めの様子を観察していた男の口からだ。

「いやらしく腰を揺らしちゃって…そんなにイきたいのかい? 捜査員さん」
「んー! むぐぅーっ!!」

ニヤニヤと意地の悪い笑みを浮かべながら近付いてきた男の顔を見ても、悪の罠に嵌まって無様に捕らわれた事実を再確認させるかの如く捜査員という立場を口にされても、限界を超えて追い詰められた捜査員の男は怒りの感情を抱けず、捜査員は心の底から射精を求めておねだりの唸りを上げ、なりふり構わず腰を揺らして男根を主張した。

「そんなにイきたいのか。じゃあ、弄ってあげるよ。ついでにお尻の方もほじってあげようね」
「うぅ! んも、おほっ、ほぉぉぉっ!!」

触って欲しい、気持ち良くして欲しいと喚き散らしていた捜査員の男根が、男の左手で緩く擦り上げられ始める。捕らわれの身に堕ちてから毎日開発され拡張を施された尻穴が、一息に最奥まで侵入してきた男の右の人差し指と中指でぐちゅぐちゅと掻き回され始める。

「ふふっ…すぐイっちゃいそうだねぇ。捜査員さんのチンコとお尻、どっちもぴくぴく震えているよ?」
「むぐぅぅんっ! んっ、んっんぅ!!」

男の言葉を聞いて、その通りだと首を縦に振る捜査員は。もうすぐ訪れる絶頂に期待して甘く鳴いている捜査員は、男が『イかせてあげる』と明言していない事実に全く気付かず。今から数秒後に絶頂寸前で快楽を没収され、自分が淫ら極まりない悲痛な絶叫を部屋中に響かせる未来を知る由も無かった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


BAD COMMUNICATION
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

男は陥落の鳴き声を聞きながら朝食を愉しむ

2017.08.29.Tue.21:00
山奥に建てられた屋敷から少し離れた場所にある川の側に、一軒の小屋がある。それは、古びた水車小屋。かつて粉挽きの為に使われていたその水車小屋は、今は屋敷の主である男の持ち物となり、粉挽きとは全く違う目的で水車の機構を利用されていた。
男に小屋を売った元の持ち主が欠片も想像していなかった、非道な目的で、だ。

外から見ても分からない改造を施された内部は、元の持ち主が見たら驚くであろう程に様変わりしている。そして、現在どのように使われているかを見たら、元の持ち主は戦慄を抱くだろう。当然だ。
何故なら、男は。悪事を主導して手に入れた金で山の土地と、山奥の屋敷と、水車小屋を持った男は自分を嗅ぎ回っていた捜査員の男を捕らえて拘束し、身動きと抵抗を完全に奪った上で水車の機構を利用した仕掛けを使って捜査員に淫らかつ残酷な責め苦を与えているのだから。

「ふぐっ…! んー! んふっ、ふぅ…むうぅぅ」

口内を埋め尽くす布とそれを吐き出せないようにと噛まされた布に加え、鼻と口を覆う白布を施された捜査員は三重の猿轡の下で表情を苦しげに歪めながら唸り声を上げつつ衣服を剥ぎ取られた裸体に巻き付けられた麻縄の拘束を解こうと身をよじっている。けれど、麻縄は緩みもしない。
捜査員の二の腕を胸部に括り付け、左右の手首を背中できつく縛り上げている縄は捜査員が全力を込めてもビクともせず。身体の前で交差させられた足首を縛っている縄も、ぎちぎちと軋むだけで解ける気配は全く見せない。手足の自由を奪われた捜査員の仰向けの裸体を柔らかな薄桃色のクッションを上に置いた台に固定している、上半身の縄に後から結ばれた縄も同様だ。
文字通り手も足も出せず、救いの言葉を発する事も出来ない。寝かされた台の上から転がり落ちる事も叶わず、意味の無い唸りを喉が破れる程に発しても、その声は捜査員を捕らえた男が所有する山の中に虚しく溶けていくだけ。
あらゆる選択肢を没収され、救いを望む事も出来ない状況に追いやられた哀れな捜査員。そんな捜査員の無防備な尻穴を、水車を利用した機構は残酷にいたぶっている。

水車の動きに連動している木の先に取り付けられた極太の張型は逃げる事も隠す事も出来ない捜査員の尻穴を奥深くまで貫いたままゆっくりと回転し、表面に数え切れないくらいに付いた醜悪なイボで柔らかな腸壁を緩慢に掻き毟っている。
連日の調教で淫らに育てられてしまった尻穴がもどかしさを覚え、絶頂をしたいという欲求だけが際限無く高められていく刺激。その刺激を何時間も注がれた捜査員は、もはや自分を甘い苦悶の中に置き去りにした悪人の男に怒りを抱く余裕も無い。
ヒクヒクと収縮を繰り返す尻穴が叫ぶもっと激しく掻き回されたいという声と、縛られた足と腹部の間で張り詰めた男根が叫ぶ射精を迎えたいという声で内側から追い詰められた捜査員は、もう捜査員としての誇りを忘れている。捜査員の誇りの代わりに叩き込まれた肉奴隷の思考が、頭の中を埋め尽くしている。
その肉奴隷の思考に従って、捜査員は憎かったはずの男におねだりの唸りを上げる。気持ち良くしてくださいという思いを込めて、淫らにいたぶってくださいという願いを込めて、捜査員は一人きりの水車小屋の中で甘くくぐもった唸りを上げる。

「んぅぅぅんっ! ふっ、ふぶっ…うー! むぐぅぅぅぅぅんっ……!!」

窓から見える水車小屋からかすかに聞こえてくる陥落の鳴き声を聞きながら悪人の男は小さく微笑み、その鳴き声と川のせせらぎが奏でる音楽に耳を傾けつつ、遅めの朝食をゆったりと愉しんでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



人には言えない
関連記事

男は重みと振動に苦悶の悲鳴を上げる

2017.08.27.Sun.22:00
「んむぅぅっ…! ふ、ぐぅっ! あぉっ、おぉ…ほぉぉぉっ!」

薄暗い部屋の中に、くぐもった鳴き声が聞こえる。その声の主は、一人の男。裸体に剥かれた身体を椅子に縄で拘束され、目隠しと耳栓と穴の開いた赤色のギャグボールを施された状態で露出させられた尻穴を無感情な淫具に容赦無く掻き回されている男だ。
脚の部分を床に金具でしっかりと固定された木製の椅子に無理矢理裸体を乗せられた男の手首と足首は背もたれの部分に縄で緩み無く括り付けられており、下ろしたくても下ろせないよう動きを制限されてしまっている。これでは、視界を塞ぐ黒革の目隠しを毟り取る事は出来ない。聴覚を大きく奪う柔らかいゴム製の耳栓を抜き取る事も出来ず、言葉を封じるギャグボールを毟り取る事も出来ず、丸出しの恥部を覆い隠す事も出来ない。
男に出来る事は、ただ一つ。尻穴に挿入された極太のアナルバイブが抜け落ちないよう、必死になって絞め付ける事だけだ。

「うー! んぐっ、うぅぅぅ! ふー、ふぅーっ!!」

ギャグボールに強く噛み付き、唾液と喘ぎ声をとめど無く溢れさせながら、男は尻穴を嬲るバイブを一生懸命にくわえ込み続ける。
だが、その力はもう限界だ。休み無く掻き回され、望まぬ快楽で絶頂を何度も強要された尻穴は弛緩し、上手く力が込められなくなってきているからだ。
自身の腹の上に出来た白い体液の水溜まりを揺らしながら、椅子に括り付けられた汗と淫液塗れの裸体をガクガクと痙攣させながら、男は目隠しの下で目を見開いてバイブを離すまいとする。しかし、その努力も虚しくバイブはまたずるりと抜け、その勢いのまま一気に抜け落ち、男の睾丸を絞り出す紐と結合されたバイブは床の少し上で伸びきった紐によって停止し、男の睾丸に強い衝撃を与えると同時に、重みと振動の責め苦を睾丸に叩き込み始めた。

「あがぉぉぉぉっ!! ほごっ、ふ、ごぉぉぉっ!!」

それなりの重さを持ったバイブに睾丸を引っ張られる痛みに絶叫し、睾丸にかかる重みと振動に苦悶の悲鳴を上げ始める哀れな男は、なりふり構わず哀願の意思を込めた声を発し、すぐ近くで自分の痴態を観察しているはずの男に無様である事を承知で救いを求めた。
けれど、救いを求められた側の男はそれに応えない。優雅にソファーに腰掛け、耳栓をされた男に聞こえない小声で愉しげに呟きながら、自分が立ち去ってしまったのではという恐怖を募らせながら哀願を繰り返す男の様子を笑って眺めるだけだ。

「良い声と身悶えだねぇ、スパイさん。後でバイブはちゃんと入れ直してあげるから、もう少しだけその声と身悶えを愉しませてくれ」
「むぐぅぅぅーっ!! あ、おぉ…ほぉ、おぐぅぅぅぅーっ!!」

捕らえられてしまったスパイの男は、自身の腸液でてらてらと光るバイブが生む睾丸への責めに悶え苦しむ様を、鬼畜な男が満足するまで男の目に晒し続けていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



H事業部特別研修篇 前編
関連記事

哀れな男は屈服の方向へと追い詰められる

2017.08.25.Fri.21:00
男は、自分一人しかいない部屋の中で必死になってもがいていた。頭部に被せられた黒い布で作られた全頭マスクの下で眉根を寄せながら硬く丸めた布を詰め込まれた口で唸り声を上げつつ、男は床に置かれた薄桃色のマットの上で拘束のみを着せられたうつ伏せの裸体をもがかせていた。

「うぅーっ…! ふぅっ…んぐっ、むぅ、んむぅぅぅっ……!」

自身の唾液で濡れそぼった口内の布を強く噛み締め、露わになっている肌に汗の粒を伝わせながら、男は拘束から抜け出そうと試行錯誤を繰り返し続ける。だが、その試行錯誤の成果は全く見えない。
幾ら顔をマットに擦り付けても頭部をすっぽりと包み込むマスクは脱げず、男は視界を取り戻す事はもちろん、言葉を封じている布を吐き出す事も出来ない。左右の手足に一生懸命に力を込めても、後ろに回した手で足首を掴んだ状態を強制している幾重にも巻き付けられた黒色のガムテープは剥がせず、男は立ち上がる事はおろか足を伸ばす事も、指一本を伸ばす事も出来ない。
視界を塞がれ、言葉を奪われ。両手両足の自由も取り上げられた無抵抗の状況。そんな状況に裸体を追いやられた無様な男は、自分に拘束を与えた者が残した苦悶にただただ苛まれるしか無い。

自分を淫らなペットとして買い取った富豪の男が巻き付けた赤い首輪の重みを感じる度に自分の今の立場を再認識しながら、男は躾と称して尻穴にたっぷりと注ぎ込まれた淫薬が生み出す気が狂いそうな程の疼きに追い詰められるしか無いのだ。

「んっ、んふっ、うぅぅぅっ!」

疼きに疼いている尻穴を何とかして慰められないか。そう考えて男は裸体をじたばたともがかせ、くねらせ、うつ伏せになったり仰向けになったりして尻穴に刺激を加えようと試みた。その試みがどうやっても上手くいかない事を悟ると、男は大きな声で唸ったり、うつ伏せの体勢でマットに男根を擦り付けたりして尻穴の疼きを誤魔化そうとした。
もちろん、それらの行動には何の意味も無い。そんな事をしても尻穴の疼きは無くならず、和らぎもしない。
苦しみを減らす為に男が取った行動は全て、男を疲弊させるだけの結果となり。疲弊した男は強くなる一方の尻穴の疼きに精神と肉体を苛まれながら、自分を買った富豪の思惑通り、屈服の方向へと追い詰められていく。

「んー! むぅ…んむ、むぅ、むぶぅぅ…っ」

荒い呼吸を行いながら、疲れ切っている汗に濡れた裸体をぴくぴくと震わせながら、男は憎かったはずの富豪に対して哀願の感情を抱き。尻穴への刺激をおねだりしたい一心で、富豪が早く部屋に戻る事を求めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



H事業部特別研修篇 前編
関連記事

捕らわれた者は甘く容赦無くいたぶられる

2017.08.24.Thu.21:00
豪邸の地下に作られた空間に、一人の男と数人の少年がいる。どんなに騒いでも声が外に漏れないように設計された地下に、男と少年達がいる。その状況だけでも異質だというのに、男と少年達は全員が衣服を一枚も身に着けていない、生まれたままの姿を晒していた。
明らかに、その地下室は正常な状態ではない。それもそのはずだろう。何故なら、その地下室は捕らえた者を閉じ込めて弄ぶ為だけに用意された空間だからだ。

逃げ出したくても逃げ出せないようつま先立ちのまま座る事も移動も出来ないよう、天井から鎖で吊るされた黒革の枷を両手首に、床の金具に鎖で繋がれた枷を足首に嵌められている捕らわれた者は、その身に無慈悲で淫らな苦悶を絶え間無く注ぎ込まれ、黒のギャグボールを噛まされた口から泡立った唾液と共にくぐもった喘ぎ声を発していた。

「うぅぅぅぅーっ!! んぐっ、ふっ、ぎゅ、ふぶぅぅぅ!!」
「刑事さん、またイっちゃったねー」
「捕まえようとしてた盗賊団に逆に捕まって、何度も何度も射精させられて…恥ーずかしー」
「でも、これじゃ全然足りないよね? もっともっと情けなく射精させられたいよね? 恥ずかしくして欲しいよね?」
「むぐぉぉぉぉぉーっ!!」

少年盗賊団の罠にまんまと嵌まり、豪邸の地下室へと運ばれてしまった刑事の男は、手足と口の拘束によって抵抗はおろか哀願も禁じられた状況で望まぬ快楽を与えられながら、もう何時間も絶頂を強いられ続けていた。
一回り以上年下の少年達の手に無防備な裸体を容赦無く撫で回され、硬く尖ってしまった左右の乳首を指先で転がしたり摘まんだりして弄られ、丹念に解されて異物の侵入を拒めなくされた尻穴を指で好き勝手にぐちゅぐちゅと掻き回され、何度射精を迎えても萎える事さえ許されない男根をしつこく手で擦られ、数え切れない程の回数の絶頂へと追い立てられた哀れな刑事の男は、もはや心も身体も疲弊し切っている。
休み無く長時間淫らな刺激を加えられた刑事の裸体は常にガクガクと小刻みに震え、見開かれた目からは大粒の涙がぽろぽろと零れていて、男が刑事としての誇りや年上としての威厳を保つ余裕を失う程の快楽を感じて苦悶している事実を少年達に伝えている。
だが、その事実を把握しても少年達は手をとめない。残酷な少年盗賊団は自分達のモノにした刑事の男に手を伸ばして無防備な裸体を更なる快楽で追い詰め、狂ったようによがり鳴いて身悶える刑事の痴態を目と耳で愉しみながら、無慈悲な笑みをにっこりと浮かべて刑事を辱める言葉を放つだけだ。

「刑事さん、イっちゃいなよ。もう何十回もイってるんだから、今更我慢する意味無いでしょ?」
「ほらほら、僕の手の中でチンコがビクビクしてるよ? 刑事さんのチンコが、少年盗賊の手でイきたいって言ってるよ?」
「さ、お尻と乳首もいっぱい苛めてあげるから、情けなくイきなよ。刑事さん」
「あーっ! が、あぁ…んぅ! ふー! ふぐぅぅぅぅぅーっ……!!」

息子程年の離れた少年達に甘くいたぶられ、無様な絶頂を迎える刑事の裸体が苦しげに仰け反る様子を眺めつつ地下室に反響する歪んだ悲鳴を聞く少年達は満足そうな表情を浮かべながら、自身の幼い男根の先端から透明な蜜を滴らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



男の娘スプレイヤー総集編
関連記事

男達は無慈悲な快楽地獄に放り込まれる

2017.08.21.Mon.21:00
「あぁぁっ…ひっ、は、あぁ…あぁぁぁっ……!」
「あぅっ、んぁ…あぁ! あぅぅぅっ……!!」

衣服を一つ残らず剥ぎ取られ、裸体にされた二人の男が甘く乱れた悲鳴を発しながら拘束を解こうともがいている。
汗に塗れた裸体を震わせながら手足に力を込め、黒布の目隠しの下で眉根を寄せつつ男達はあれこれと試行錯誤を繰り返す。だが、手足に与えられた拘束はビクともしない。下に伸ばされた腕の肘と手首の部分を台に縫い付け、開脚したまま頭側に大きく持ち上げさせられた足の膝と足首を台に縫い付けているアーチ状の拘束具はどんなに力を込めても外れず、二人の男は情けない体勢を強制された裸体を仲良く並んで拘束されたまま乗せられた台の上から下りる事も許されず、尻穴と男根に施された甘く無慈悲な責め苦から逃げ出す事も叶わない。
禍々しい機械から伸びている尻穴を狙い撃ちにする男根を模した張型に腸内を容赦無くほじくり回され雌の快楽を絶えず注がれても、逃げる事を禁じられた二人の男は与えられる雌の快楽にただただ喘ぎ鳴き、根元をベルトで戒められて射精を出来なくされた男根を哀しくビクビクと脈打たせるしか無いのだ。

「ひ、あぁぁ! まら、イぐ! イくイぎゅイぐぅぅぅぅ!!」
「あひ、は、あ! もぉ、いやらぁっ……しゃせー、させて、くれぇっ……! ゆりゅひで、ゆりゅじでぇぇぇ!!」

すでに濡れている目隠しの布を更に涙で濡らしながら、男達はなりふり構わずに哀願の絶叫を上げつつまた射精を伴わない絶頂を迎えた。
先端から虚しく透明な蜜を零している男根はパンパンにふくれ上がってじくじくと疼き、男達に精液を放出したいと訴えかけている。しかし、男達はその訴えに応えたくても応えられない。射精を禁じている根元のベルトを毟り取りたくても拘束された手では毟り取れず、男達は尻穴を嬲る張型が生み出す快楽に肉体を追い詰められ、不完全な絶頂を何度も何度も迎えさせられるしか無い。

「あー! も、いやらぁぁぁ!! イぎだくない、イぎたくなひぃぃぃ!!」
「しゃせー…しゃせー…精液、だしたひぃっ! ださしぇへ、下さいぃっ! しゃせー、しゃせいぃぃぃ!!」

子供のように泣きじゃくりながら、甘い苦悶の終わりを求める無様な男達。そんな男達を作り出した者達は、別室のモニターで二人の痴態を観察してにやにやと笑い、嘲りを含んだ言葉で会話を交わす。

「まだ一時間しか経ってないってのに、二人共随分と壊れてきてるな」
「だな。絶対に許さないとか言って俺達を睨んでたとは思えないぜ」
「この調子で追い詰め続けたら、二人共あっという間に堕ちちまいそうだな。自分達が刑事だって事を忘れた、淫乱な肉便器に」
「今日中には堕ちちまうんじゃねーの?」

刑事達の屈服と崩壊を話題にして笑い合う残酷な悪人達。そんな悪人達に拉致され、もどかしさだけが募る快楽地獄に放り込まれた哀れな刑事達は、悪人達が談笑する間にもまた射精無しの絶頂へと追い立てられる。

「も、ぉ! たじゅげで! 誰か、たしゅけへぇぇ!!」
「あぅ、あぁ! イぐ、イっぢゃ、あ! あぁ! んはぁぁぁぁーっ!!」

数十度目の絶頂を迎え、何も吐き出せない男根を虚しく跳ねさせる刑事達を眺めながら、悪人達は冷酷な笑みを一層濃くし、自らの男根をズボンの下で膨張させていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



男の娘スプレイヤー総集編
関連記事

悪人は刑事を快楽で狂わせる

2017.08.17.Thu.21:00
「んぎゅぅぅぅーっ!! おぶっ、ご、ぼほぉっ! うー! んぐぅぅぅぅぅーっ!!」

くぐもった絶叫を上げながら、男がまた絶頂へと追いやられた。床の金具から伸びた短い鎖の先にある革の枷を嵌められた手足が絶頂に合わせてガクガクと震え、腰に巻かれたベルトを真上に吊り上げられた裸体が痙攣しながら更に仰け反る。
ブリッジの体勢で裸体を拘束された男が悲鳴を上げ、苦しげに身悶えている姿は悲痛以外の何物でもない。だが、裸体の男を拘束し、性の弱点に淫具を取り付けた無慈悲な男は自由を奪われた男がどんなに悲鳴を上げて痛々しく悶えても許しを与えない。それどころか、尊大な態度で絶頂した事を咎めながら無抵抗の男の口に含ませた自身の男根で口内の肉を好き勝手に抉り、達したばかりの男に息苦しさを容赦無く味わわせる。

「おいおい、またイったな。俺のをイかせたら玩具をとめてやるって言ってるのに自分ばっかりイきまくって、情けねぇ刑事さんだなぁ、ん?」
「おごっ、ほぶっ、ふぐっ、ぐぶぅっ!」

絶頂した直後の口内を蹂躙された刑事は息を整える事すら上手く出来ず、口からは唾液と男根から染み出した先走りが泡立った液体と共に言葉にならない哀願の唸りが溢れ出す。
男根の先端と根元に巻き付けられたベルトに付いているローターで絶え間無く過敏な男根を振動させられながら、無防備な尻穴を開かされた足の間に置かれた台の上に固定されている機械から伸びた張型でめちゃくちゃに掘削される凌辱に苛まれた刑事の肉体はもはや、無意味な足掻きすらも行えない程に脱力し切っている。吐き出す精液を失ってもお構いなしに絶頂を強要され、弛緩剤をたっぷりと注入され無理矢理に解された尻穴を醜悪なイボが数え切れないくらいに生えた張型でほじくり回され雌の悦びを叩き込まれ、体力と反抗心を削り落とされた哀れな刑事。そんな刑事に、舌を動かす力など残っている訳は無い。口内の男根を絶頂に導いたら絶頂地獄から解放するという餌を鼻先にぶら下げられても、刑事はそれに食らい付けない。

その刑事の疲弊具合は、男も理解している。理解した上で、冷酷な男は自分の男根を刑事の口に収めたまま抜こうとしない。
無様な刑事が情けなく絶頂を繰り返し、自分を捕らえた憎い悪人の男根をくわえさせられた口で喘ぎ鳴く様子を愉しむ為だ。

「ほらほら、これじゃあ何時まで経っても終わんねーぜ? 応援してやっからもっと頑張れよ」
「おごぉっ!? ほっ、ぶっ、ぶぅ、むごぉぉぉぉーっ!!」

応援、と口にした悪人の指に尖り切ってしまっていた左右の乳首を強く摘ままれ。そのまま乳首をくりくりと捏ねられながら口内の男根を前後に動かされた刑事は目を見開いて叫び、力無く顔をイヤイヤと左右に振る。
もちろん、顔を振っても悪人は慈悲なんて見せない。萎えられない男根を嬲り続ける淫具をとめる事も、緩み切った尻穴から腸液を掻き出している張型をとめる事も、乳首を挟む指を離す事も、口内の男根を抜く事もしない。ただただ冷たく笑って、惨めな刑事の様子を心の底から愉しむだけだ。

「ほーら、頑張れって。このままじゃ、刑事さんの頭がおかしくなっちまうぜ? イきまくっておかしくなるなんて、まっぴらごめんだろ?」
「っ…ふぅ! ぐふぉぉぉ……っ!」

ぎりぎりと痛みを感じる程に乳首を捻られて顔を苦悶に歪めながら刑事はようやく目の前の悪人が自分を快楽で狂わせようとしていると悟り、胸の内に恐怖をふくらませて誰にも届かない助けてを必死に、哀しく、叫んでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



正義の魔法少年は性奴隷に変身しました。
関連記事

男達はラバースーツの中で絶頂を繰り返して壊れる

2017.08.14.Mon.21:00
「あっ…あ、おぉぉっ!!」
「ほっ、おぉっ! あー! あぁーっ!!」

意味を持たない甘く歪んだ絶叫を発しながら、男達はまた絶頂へと追いやられた。何度も何度も絶頂を強要された男根の先端から、ほとんど白の混じっていない体液が弱々しく零れ落ち、肉体は痛々しいくらいに痙攣する。
だが、そんな苦悶に満ちた絶頂を迎えても男達は休む事すら許されない。二人の男の裸体の頭から足先までを包み込んで拘束する黒のラバースーツ内に仕掛けられた淫具達はとまる事を知らずに動き続けて快楽を注ぎ、二人を厳重に拘束し絶頂地獄を与えた男達は断続的にイきまくらされて悶え苦しむ二人の様子を何も言わずにじっと眺めるだけで淫具をとめる事はおろか拘束を解く事もしない。

無慈悲な悪人の男達がする事は、自分を嗅ぎ回っていた捜査員達が全ての抵抗を封じられた無様極まりない姿でイき狂う様を目と耳で愉しむ事だけだ。

「あっ…が、はがぁっ! おっ…ほぉ、ほぉぉっ!」
「うふ、はぉ…あー…! うあぁぁぁ…!!」

捜査員達は、悪人達が惨めな自分達を眺めて愉しんでいる事を把握している。けれど、もはや二人は惨めな姿を晒すまいという意思を保つ事さえ出来ない状態だ。
口に噛まされたリング状の金属の部分以外を全てぴっちりとしたラバースーツに覆われ、その上から十数本のベルトを巻き付けられて気を付けの姿勢で固定された上に、更なるベルトで仰向けにされたラバースーツ入りの無抵抗の肉体をベッドに並んで縫い付けられただけでも十分過ぎる程に屈辱的で苦しいのに、それに加えて乳首と男根と尻の谷間を容赦無く振動させて快楽を叩き込む淫具を使って絶頂を強いられ続けたのだから当然だろう。そんな甘い地獄の中で、理性を保つ事で精一杯にならざるを得ない拷問の中で、誇りを守る余裕など保っていられる訳が無い。
スーツ内に溜まる一方の熱に追い詰められ、理性をじわじわと蝕む終わり無い快楽責めに追い詰められ、ただただ濡れた悲鳴を上げて満足に身悶える事も許されない肉体をビクビクと跳ねさせる捜査員の男達。そんな男達は、誰が見ても明らかに限界を超えている。今はまだ理性が残っているが、このまま責められ続けたら二人の理性が跡形も無く蕩け堕ちる事は明白だ。
しかし、捜査員の崩壊の可能性をしっかりと理解していても、悪人達は慈悲を与えない。捕らえた捜査員達を壊す事に躊躇いの無い冷酷な悪人達は、目障りだった捜査員達が情けなくイきまくりながら壊れていく過程を心の底から愉しむだけだ。

「あっ、あっあぁ! おぉ、ほごっ、おぅぅぅぅ!!」
「あーぁっ! あぁ! はっ、はっ…はぁぁぁぁっ…!!」

ラバースーツ内で涙を流しながら甘い地獄の終わりを待ち望む哀れな捜査員達は、自分達が正気を保った状態でラバースーツを脱げる事は無いのだという絶望の事実を知る由も無いまま、残酷な悪人達の前で絶頂を繰り返して壊れていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



捕囚の王子
関連記事

哀れな青年は苦悶の様子を鬼畜な男に観察される

2017.08.07.Mon.21:00
「んっ…んうぅぅ! うーぅっ! ぐ…ふぐぅぅぅぅーっ!!」

視界を覆う黒い革製の目隠しの下で眉根を寄せ、口に噛まされた黒のギャグボールの穴から濡れた悲鳴と唾液を零しながら、青年はもう何十度目かも分からない絶頂へと追い立てられた。台の上に乗せられた青年の裸体が、重ねた手首を頭上で拘束する枷の鎖と足を大きく開いて上半身側に持ち上げた状態を強制している膝と足首に巻かれた枷の鎖を甲高く鳴らして生き物とは思えないくらいに激しく痙攣する。だが、それだけ激しく痙攣しても青年に恥辱の体勢を強いている拘束はビクともせず、視界と言葉を塞ぐ拘束も外れない。青年の裸体に望まぬ快楽を絶えず流し込み、終わりの見えない絶頂地獄を味わわせている無慈悲な淫具達も、性の弱点に固定されたまま位置を変えない。

「う…ぐふぅっ! んも、おぅっ! ふーっ! ふむぅぅぅーっ!!」

自由を奪われた裸体をどんなによじらせても左右の乳首に取り付けられた吸盤型の淫具は振り落とせず、吸盤は硬く尖り切り赤く染まった状態から元に戻れない青年の乳首と乳輪を小刻みに振動させ更なる快楽を与えてくる。男根と睾丸を包み込む形で装着された黒の淫具は包み込んだ箇所全てをまんべんなく刺激し、吐き出す精液の尽きた男根に射精を伴わない絶頂を休み無く促してくる。そして、青年を乗せた台に固定された箱型の機械から伸びている男根を模した極太の張型は無防備な尻穴を容赦無く掘削し、柔らかな腸内の肉をめちゃくちゃに掻き回して雌の悦びを無理矢理に叩き込んでいる。
絶頂しては、絶頂し。絶頂しながら次の絶頂へと抗えずに押し上げられる、快楽による拷問。そんな拷問に苦しみ、目隠しの下から涙を流して喘ぎ鳴いている哀れな青年を作り出し、何も言わずにじっと眺めていた男は手元の時計を見て小さく微笑み、わざとらしい優しげな声で話しかけながら青年の口を塞いでいたギャグボールをあごの下へとずらした。

「はい、二時間お疲れ様。それでどうだい? スパイである君がどこから雇われたのかを話してくれる気になったかな?」
「えほっ…げほっ…はなひゃ、ないぃっ! 情報は、もらひゃないっれ…最初、にぃぃっ!!」

限界以上に絶頂をさせられ苦しみ抜いたというのに。今も小さな絶頂を迎えているというのに。青年スパイは屈服の意思を見せず、舌足らずな口調で情報は口にしないと告げた。

「そうか…じゃあ、もう二時間だね」
「なっ…! あっ、むぐぅぅっ!?」

青年スパイの返答を聞いて、男は何の躊躇いも無く追加の快楽拷問を加える事を決め、青年の口を先程とは違う方法で塞いだ。
口内に硬く丸めた布を押し込み、その上口に強力なテープを貼り付け、言葉と同時に口呼吸を封じる方法で塞いだのだ。

「んーっ!? むっ、ぐむぅぅぅ!!」
「ふふっ…さっきより苦しいねぇ。そんな息が上手く出来なくなった状況で、君を苛めてる玩具をもっと強くしたらどうなるかな?」

青年がスパイの誇りを捨てて哀願の唸りを上げる余裕も、恐怖を心に染み渡らせる余裕も、無かった。
残酷な男は言葉を終わらせると同時に淫具達の駆動を一気に引き上げ、青年を今まで以上の絶頂地獄に突き落としたのだ。

乳首と、男根の淫具が震えを細かくする。尻穴をほじくる張型がより早く動き、腸壁を勢いよく掻き毟る。
強まった快楽でいたぶられる青年スパイは裸体の痙攣をとめたくてもとめられず、断続的に襲い来る絶頂を堪える事も不可能になり、プスプスという鼻呼吸の音と情けない悲鳴を発しながら失神も射精も出来ずにイき続けるだけの状態に追いやられてしまった。

「むーぅっ! うぎゅ、ふぎゅぅぅぅ!! もごっ、おごぉぉっ! むごぉぉぉぉーっ!!」
「気持ち良いねぇ、スパイ君。二時間後に情報を吐ける理性が残ってるか心配なくらいに気持ち良いねぇ…」
「うぅっ…むぶぅぅぅぅぅーっ……!!」

強気な態度を完全に失い、許しを請う唸りを上げてイきまくる惨めな青年スパイを作り出した鬼畜な男はじょじょに崩壊へと向かっていく青年の様子を微笑んで見つめ、気まぐれに鼻を摘まんで呼吸を封じながら、青年スパイが身も心も陥落するまでの経過を青年の理性が完全に崩壊する直前までじっくりと観察して愉しんでいた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



捕囚の王子
関連記事

縄は嬲られる保安官の肉体をきつく縛める

2017.08.04.Fri.21:00
背中に回させられた手首を縄で縛って捻り上げられ、二の腕を胸部に括り付ける縄に短く結合された男は上半身の自由を完全に奪われてしまっている。身体の前であぐらに近い状態になるよう重ねた足首を縄で緩み無く縛られ、その足首の縄に結んだ別の縄で作った輪を首へとかけられた男は足を思い通りに動かせなくされ、裸体を窮屈に折り畳んだ苦しい体勢を強要されている。
裸体で身動きを封じられた屈辱と、恥部を覆い隠せなくされた恥辱が男を責め立てる。だがそれ以上に、縄の食い込みが生む痛みと、不自然な格好をさせられた裸体が軋む事による痛みが、男を容赦無く苦しめている。
もちろん、男は体の痛みを訴え、なりふり構わずに縄を解いてくれと懇願を行った。しかし、縄を与えた者達は懇願を全く聞き入れない。
悪党達は捕らえた保安官が無我夢中で許しを請う様を鼻で笑いながら許しの言葉を放つ口を代わる代わるに自らの男根で犯し、ボロボロのベッドの上に座らせた保安官の無抵抗な裸体を手や指で無慈悲に追い詰め、涙を流して苦悶する惨めな保安官の痴態を愉しむだけだ。

「んっ、んんっ、んぶっ、うぐぅぅ!」
「おーい、保安官さん。舌の動きがおろそかになってんぜ?」
「天下の保安官さんともあろう人がそんな事じゃ駄目だろ? 俺が、気合を入れてやるよ!」

裸体の痛みと、長時間快楽でいたぶられた事による疲労で意識が朦朧とし、舌奉仕が弱まっていた保安官をたしなめる悪党達は保安官の頭を掴んで喉まで男根を突き入れ、乳首を押し潰さんばかりの勢いで強く摘まんだ。

「むぎゅぅぅぅぅぅーっ!?」
「おぉ、喉がきゅーって絞まってんぜ? そんなに精液を飲ませて欲しいのか?」
「保安官さんのチンポも手の中でビクビク震えてんぜ? 精液を飲みながら、出したいんじゃねーの?」
「なるほど、それはあるかもな。何せ俺達にめちゃくちゃにされてイきまくってる淫乱保安官さんだからな」
「んぼっ、おぐっ、ふぅ、ふぎゅぅぅ!!」

否定の唸りを放つ事さえ、喉の肉を悪党の男根にほじくられて封じられ。えづきと息苦しさに襲われながら乳首と男根を悪党の手で弄られて、保安官は数十度目の望まぬ絶頂へと追い立てられていく。
助けを呼ぶ事は、出来ない。凌辱への抵抗も、叶わない。痛みと注がれる快楽を紛らわす事も、不可能。
八方塞がりの絶望と、正気が削り落とされるほどの苦悶と悦楽にいたぶられる保安官は虚ろな目から涙を零して縛り上げられた裸体を震わせ、食道に直接精液を流し込まれながら、吐き出す体液を失った自らの男根の先端を哀しくパクパクと開閉させ、口内への蹂躙と射精を伴わない絶頂を同時に味わされた。

「く、うぅ…たっぷり出たぜ……。一滴も零さずに飲めよ?」
「ん、ぐっ。むぅ、んっ、んくぅっ……」

誇りも、男としての尊厳も考えられず、保安官はまだイき続けている自身の男根を跳ねさせながら今よりもひどい責め苦を受けたくない一心で悪党の指示に従い、逆流してきた精液を舌で捕まえて飲み込む。
けれど、大量に流し込まれた精液を残さず飲み干し、男根の掃除を舌で行うという行為まで行ったというのに、保安官は許しを与えられない。
悪党の男根が引き抜かれたばかりだというのに、またすぐに別の悪党の男根が保安官の口へと近付き、今よりも無慈悲な苦悶を叩き込もうとしてくる。

「ひっ…! 嫌、だ…! もぉ…やめへ、ぇ……!」
「んー? やめる訳無いだろ」
「まだまだ、ここからが本番だよ。保安官さん」
「んむ…ふぐぅぅぅ……!!」

終わりの見えない口内凌辱。とまる気配の無い性の弱点を責める手の動き。口を塞がれる苦しさ。縄が生む痛み。
それらに追い詰められ、心と身体を壊されていく哀れな保安官の悲鳴は冷酷な悪党達の耳を悦ばせ、更なる責め苦の原動力となっていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



復讐するは我にあり 夜を犯す銀色の憎悪 1
関連記事

全身に淫具を取り付けられ探偵はよがり狂わされる

2017.08.02.Wed.21:00
昼食を済ませた男が部屋に戻ってくると、そこには数時間前と全く変わらない光景があった。
声が外に漏れないように設計された部屋には、数時間前に失神した時と同じ体勢で拘束されたまま眠っている裸体の探偵の男がおり、探偵を失神に追いやった淫らな責め具達も数時間前と同じく探偵の裸体にしっかりと固定されている。
赤い色をした一人掛けソファーに乗せられ、背もたれを上から挟むような形で頭の後ろに回された手首に嵌められた枷を鎖で緩み無く床の金具に繋がれた探偵はそのまま左右の太ももに巻き付けられた黒のベルトを背もたれを経由して鎖で繋がれ、口に言葉を奪う黒のギャグボールを噛まされてしまった。
裸体に剥かれ、手足と言葉の自由を奪われたばかりか恥部を丸出しにするよう足を大きく開いたまま閉じられないようにされた探偵は、すでに強い屈辱と惨めさを心の底から感じていた。だが、鬼畜な男は捕らえた探偵の心を辱めるだけでは当然満足せず、部下に指示を出して無慈悲な責め具を探偵の裸体に何個も何十個も固定させた。

左右の乳首を緩く吸い出した上で小刻みに振動させる吸盤型の器具、男根の幹の部分をすっぽりと包み込み全体をまんべんなく震わせる黒色の器具、左右の睾丸を絞り出して包み込み振動を加える袋状の器具、探偵の尻穴の奥深くまでを貫いて埋め尽くし電気刺激を注いで快楽を無理矢理に味わわせる男根を模した器具。それらの性の弱点にあてがわれた器具だけでも、探偵は拷問と言って良い程の甘い苦悶を受ける。それに加えて、探偵の裸体には白く薄いパッドが強力なテープであらゆる箇所に貼り付けられており、性の弱点を嬲る責め苦と同時にそのパッド達が生む電気刺激を叩き込まれた探偵は塞がれた口から甘く歪んだ悲鳴を上げ、身動きを封じられた裸体を情けなく痙攣させられながら数え切れないくらいに絶頂を強要され、数十回目の射精を伴わない絶頂を迎えると共に堪え切れず意識を手放した。
連続で長時間絶頂をさせられた疲労で、探偵は深く深く眠っている。ギャグボールの穴から垂れ落ちた唾液が腹部にたらたらと垂れ落ちても、冷酷な男が再び快楽地獄を与える為に戻ってきても全く気付かない程に、深い眠りへと落ちている。

「探偵さん、ただいま。今すぐに、目を覚ましてあげるからね」

にこにこと微笑んで言いながら男は探偵の前に置いた黒のソファーに数時間前と同じように腰かけ、ソファーに転がしていたリモコンを手に取るとそのまま何の躊躇いも無く探偵の裸体の責め具を駆動させた。探偵が気を失う前よりも強い動きで快楽を生むように設定した上で、だ。
乳首と、男根と、睾丸と、尻穴に取り付けられた器具が暴れ出す。脇腹に、二の腕に、内股に、足の裏にまで貼り付けられた白のパッドが刺激を生み始める。それは、探偵を眠りから引きずり出すには十分過ぎる刺激だった。

「んむぅぅぅぅーっ!? ぐふっ、ふっ、もごぉぉぉ!!」
「おはよう、探偵さん。よく眠れたかい?」
「あぉ、おぉ! ほごっ、ぐむぅぅぅ!!」

見開いた目に飛び込んできた男の笑い顔に気付き、探偵は状況を思い出すと同時に懇願の意思を込めた唸りを発した。
けれど、男はその唸りを自分に都合良く受け取り、残酷に言い放った。

「え? もっと強くして欲しいの? そっかそっか」
「ふぎゅぅぅぅっ!? んー! んもぉぉぉぉぉぉーっ!!」

男の手でリモコンが操作され、更に強められた快楽に探偵は喉が破れそうな程に絶叫しながら裸体を生き物とは思えないくらいにガクガクと痙攣させる。

「ふふっ…悦んでもらえて何よりだよ。私は今日はもう予定は無いから、探偵さんをたっぷり苛めてあげられるよ。気絶してもちゃんと起こしてあげるから、安心してよがり狂ってね?」
「ふっ、ぐぅ! むごっ、おぉ! あぉぉぉぉぉぉーっ!!」

恐怖と甘い悦びが混ざった痛々しい悲鳴を上げて射精無しの絶頂を迎える探偵の裸体の身悶えを、無慈悲な男は口元を緩めて眺め、心に満足の感情を湧き上がらせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



セカンド
関連記事

助けの来ない状況で少年は壊れるまで嬲られる

2017.08.01.Tue.21:00
遊びに出掛けた休日の夕方、人知れずヒーローとして悪と戦い街を守っている少年は家へと続く道の途中で数人の男達に襲われ、抵抗も虚しく変身する余裕も与えられずに連れ去らわれ、衣服と所持品を全て取り上げられた裸体に拘束を施されてしまった。

「ん…んぅ! ふぅ、ぐっ…うぐうぅ……!」

口に噛まされた赤いギャグボールの穴から飲み込めない唾液と唸り声を零しながら、少年ヒーローは与えられた拘束を解こうとして暴れる。しかし、ヒーローとしての力を一切持っていない状態である少年がどんなに頑張っても、拘束は解けない。頭上高く持ち上げさせた手首に嵌められた黒革の枷とその枷を天井から吊るす鎖はビクともせず、少年ヒーローはつま先立ちを強いられた裸体を情けなくくねらせつつ意味の無い唸りを上げる事しか出来ない。
敵対している悪の組織の者達が自分の周りの床に箱型の機械を幾つも設置し、正面にビデオカメラを設置してきても、少年ヒーローはその様子をどうする事も出来ずに見つめながら、屈辱と怒りの感情を胸でふくらませるしか無い。

今まで何度も返り討ちにしてきた幹部の男に笑いながら右手であごを掴まれ、意地悪く話しかけられても、少年ヒーローに行える反抗は幹部を鋭く睨み付ける程度だ。

「そんなに睨み付けないでくれよ。なかなかに似合ってるんだしよ」
「うぅ! んぐうぅ!」

裸体に剥かれて恥部を露出させられ、手を拘束された上に言葉の自由を封じられている状況を似合っていると言われても、嬉しさなど欠片も感じない。
明らかな嘲りを向けられた少年ヒーローは強く唸り、怒りを示した。

「随分と元気だねぇ。こんだけ元気なら、あの小憎たらしいヒーロー君もすぐに誘い出せそうだな」
「…うぅ…っ?」

誘い、出す? ヒーローの自分を目の前にして何を言っているのか分からず、少年は思考に疑問符を浮かばせる。
そんな疑問符を浮かばせている少年に幹部の男は笑みを黒くし、少年ヒーローの疑問符の意味を間違えて理解したまま愉しげな説明を始めた。
捕らわれた少年の心に決定的な絶望を与える、無慈悲な作戦の説明を。

「あぁ…言い忘れていたね。君にはこれから、僕達と敵対しているヒーロー君をおびき出す為の囮になってもらうよ。周りに置いた機械で君をいたぶって、悶え苦しむ様子をあのカメラで撮影して街中のモニターやテレビで流すんだ。ヒーロー君を呼び出す文章と一緒にね」
「っ…!?」

少年は、ようやく気付いた。目の前の幹部やその手下達は、自分が少年ヒーローだという事実を把握した上で攫ったのではないと気付いた。そして、少年ヒーローの顔は恐怖に歪んでいく。その恐怖の本当の理由に全く気付いていない幹部達の前で歪んでいく。

「自分と全く関係の無い君が泣きながら苦しんでいるんだから、正義の味方であるヒーロー君が助けに来ない訳無いよね? 仮に来なかったとしても、ヒーロー君の評判は地に落ちる。罠だらけのこの建物でヒーロー君を倒すにしても、君を見捨てた屑としてヒーロー君が嫌われ者になっても、僕達にとってはどっちもヒーロー君に大きなダメージを与える事が出来るんだ」

そこまで言って、幹部の男は部下達に目で合図を送る。すると、合図を受けた部下達は一斉に箱型の機械を起動させて手の形をしたアーム達を箱から少年の裸体に伸ばし、アームが動き出したのをカメラの近くで確認した部下は、少年が悶え苦しむ様をあらゆる場所に中継する準備を始めた。

「んー! んうぅぅぅーっ!!」
「そんなに怖がらなくても大丈夫だよ。ヒーロー君が助けに来てくれるさ。ま、もし来なくって君が壊れちゃっても、僕達の組織で性処理係として使ってあげるから安心して良いよ」
「むがぁぁぁーっ!! あぉ、あおぉぉ!」

ヒーローは、絶対に助けに来ない。つまり、少年は来ないヒーローをおびき出す為の囮として壊れるまで嬲られ、性処理係の立場に堕とされるしか無い。
少年は半狂乱で唸り、手首の痛みも気にせずにもがいたが状況は変えられず、敵達が操るアーム達は必死になって逃げようとする少年の裸体の様々な箇所に触れ、容赦の無いくすぐり責めを加えて少年の口から意に反した笑い声を無理矢理に引きずり出した。

「あ、かほぉっ!? ふぶっ、ぶぅっ! は、ひゃ、ほごぉぉぉ!!」
「んー、良い悲鳴だ。その調子で悲鳴を上げて、ヒーロー君を呼ぶんだよ? このまま、おかしくなるまでくすぐられたくなかったらね」
「うー! ふっ、ぐふっ、ぐほっ! あふぶぅぅぅ!!」

ヒーロー以外の誰かに心の中で助けを求める少年の悲痛な笑い声と、手の形をした機械に全身をくすぐられて痙攣を繰り返す拘束を施された裸体の様子は、少年の理性が崩壊を迎えるその時まで、ヒーローを失った街で中継されるのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



セカンド
関連記事
 | HOME |