FC2ブログ

哀れな刑事は男根への奉仕を強要される

2017.07.31.Mon.21:00
「あっ…あぁ、あぅ……もう…やめて、くれぇ。ゆるひて、ゆるじ、で…っ!」

陽の光の届かぬ地下空間に、男の弱々しい哀願の声が聞こえる。その声の主は、一人の刑事の男。自分を逆恨みする悪人達の手で拉致され、助けの望めぬ地下空間で衣服を剥ぎ取られた裸体を屈辱的な格好で拘束され、一方的な凌辱を加えられている無様極まりない刑事の男だ。

床に敷かれた薄桃色のマットに乗せられ、そのマットを挟み込むようにして床と平行になるよう設置された二本の棒に手首と足首を縄で縛り付けられた刑事は、頭上に持ち上げさせられた足を下ろしたくても下ろせず、真下に伸ばされた腕は曲げる事すら許されない状態へと追いやられている。
まるで、後ろにでんぐり返しをする途中のような体勢。そんな体勢で拘束された刑事は当然抵抗など出来るはずも無く、無防備にさらけ出された尻穴を指でたっぷりと解され悪人達の男根で代わる代わるに犯されても、刑事はどうする事も出来ずにただただ凌辱されるしか無い。

「もぉ、いやらぁぁぁぁ! ゆしゅじでぇ…イぎだぐない。もっ、イぎだぐないぃぃぃ!」
「そんな事言うなよ、刑事さん。今から中に出してやるから、それでまたイこうぜ?」
「いやだぁぁぁっ!」

誇りを捨て、子供のように泣きじゃくりながら行われた刑事の哀願を鼻で笑い、悪人は腰の動きを速めて刑事の尻穴を一層激しく犯した。
刑事自身が分泌した腸液と悪人達が注いだ精液で濡れた尻穴がかき混ぜられ、ぐちょぐちょと淫猥な水音を立てる。それと同時に刑事の腸内のヒクつきは激しくなっていき、刑事が泣いて拒んでいる絶頂の瞬間も近付いてくる。

「おら! 我慢してんじゃねーよ! ケツ穴ほじられて感じまくってんだから、さっさとイっちまえ!」
「あぅぅっ! あっ! あぁぁぁーっ!!」

尻肉を強く打ち据えられ、刑事は思わず身体を強張らせてしまう。すると、身体が強張った事で尻穴の筋肉も締まり、そんなつもりは欠片も無いのに悪人の男根をきゅうと締め付け、強く尻穴が擦り上げられる状況を生み出してしまう。
限界ギリギリで絶頂を堪えていた肉体が、高まった快楽に耐えられる訳は無い。刑事は、とうとう我慢しきれなくなり、尻肉を悪人の手で打たれながら、尻穴を悪人の男根でずぼずぼと掘削されながら、十数度目の絶頂を迎えてしまった。

「あー! あっあっ、んあぁぁ! イぐ! イぎゅ! イ……っ!」
「おぉ、スゲーな。刑事さんの中精液を搾り取るみたいにうねってんぜ?」

刑事の腸内の淫らな蠢きを指摘しつつ、悪人が精液を放出する。刑事はその放出される精液に身を震わせながら自身も精液を放出し、快楽と屈辱で疲弊した表情を浮かべている顔に白が薄まった精液を滴らせた。

「あ…はぁ、はぁっ……あぅっ!?」

息を整えていた刑事の口から、驚きと甘さが混じった声が漏れた。不意打ちで、腸内の男根が引き抜かれたのだ。
男根を引き抜かれた尻穴は口をぽっかりと開き、腸液と精液で汚れた中を晒しつつ段々と口を閉じていく。だが、刑事の尻穴は閉じきる事は許されず、尻穴にはすぐ、別の悪人の男根があてがわれてしまった。

「ひっ…!? や、いやぁっ! せめて、休ませっ」
「駄目だよ」
「あぅぅぅぅっ!!」

休憩を欲する言葉は遮られ、刑事の尻穴は再び男根をくわえ込まされてしまった。

「肉便器に休みなんてあるわけ無いだろ?」
「余計な事を考える暇があったら、俺達を楽しませる事を考えろよ」
「ほら、ぺらぺらしゃべる余裕があるなら、その口で刑事さんが大好きなチンコをしゃぶらせてやるよ」
「んもっ、おうぅ! むぐうぅぅぅっ!!」

拘束された肉体を好き勝手に使われ、悪人達の男根への奉仕を強要される刑事の淫らな地獄は、まだまだ始まったばかりだ。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


FLOWER
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

教師は逆らえない肉奴隷に堕とされる

2017.07.29.Sat.21:00
どれ程鍛え上げられた肉体を持っていても、飲み物に睡眠薬を混ぜられ深い眠りに落とされては抵抗など出来ない。
衣服を全て剥ぎ取られた裸体にされても、裸体にされた肉体を細長いテーブルに仰向けで寝かされ手首同士と足首同士を短く繋ぐ枷を天板の下で嵌められても、口に自分が履いていたボクサーパンツを詰め込まれ言葉を奪われても、眠らされた男は知らぬ内にあらゆる自由を取り上げられるしか無く、自分に薬を盛り拘束を与えた男子生徒達が無防備な裸体を撫で回して快楽を注いできても、体育教師の男はくぐもった唸り声を発しながらイき狂う事しか出来ない。

自分が顧問を務める部に所属する男子生徒達の思い通りに喘ぎ鳴かされ、拘束された裸体を射精へと追い込まれるしか無いのだ。

「ほら、先生。イってください」
「堪えずにイって、可愛い姿を僕達に見せてくださいよ」
「うーっ! むぅ、ぐふうぅぅっ!!」

唾液まみれのボクサーパンツに歯を立てて絶頂を堪えている教師に気付き、生徒達は手の動きを速め教師に容赦無く絶頂を促す。
強まった快楽責めに目を剥き、教師は天板の下で枷に拘束された手足を暴れさせて迫り来る絶頂から逃れようとするがやはり逃れられず、教師は淫猥に尖ってしまっている左右の乳首をくりくりと捻られ、勃起したまま萎える暇も与えられない精液で濡れた男根を擦られ、脇の下や内股といった過敏な箇所をくすぐられ、尻穴を指でぐちゅぐちゅと掻き回されながら、もう何十度目かも分からない絶頂を迎えてしまった。

「うー…ふぅ、ふぶぅぅっ…!」

男根の先端からほとんど白の混じっていない精液を垂らし、生徒に余すところ無く見られている事も忘れて悩ましげに身をくねらせている教師の様子は淫らで、生徒達の欲望を再びふくらませるには十分すぎる程だった。

「先生、可愛いですよ。僕達に、もっともっと見せてください」
「たくさんイって、たくさん喘いで、気持ち良くなっている先生の姿をもっと見たいです」
「んむぅぅぅ!? ふっ! ふぎゅぅぅぅっ!!」

さっき教師を絶頂に追いやった生徒達の手がまた動き出し、教師をよがり鳴かせる。
何十回も達して高まっている上に達したばかりの肉体は長く持たず、あっという間に絶頂へ近付いてしまう。

「先生、こっちを見てください。先生のエッチなイき顔、しっかりと記録してあげますよ」
「うぅ、ぐぅ、むぅぅぅんっ…!」

絶頂地獄からの解放を求める体育教師は、甘く歪んでいく表情を至近距離からスマートフォンで撮影されながらどうする事も出来ずにただただ絶頂を強いられ、男子生徒達には絶対に逆らえない肉奴隷の立場に堕とされていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G
関連記事

少年は満ち足りた笑みを浮かべる

2017.07.27.Thu.21:00
視界を塞ぐ黒布の目隠しを施され、口に穴の開いたギャグボールを噛まされた青年は見る事を禁じられ、意味のある言葉を発する事も出来ないようにされている。手首と足首に内側にクッションの付いた革の枷を嵌められ、その四つの枷とベッドの脚を鎖で繋がれてしまった青年は裸体をX字に伸ばした仰向けの体勢から離れられず、目隠しとギャグボールを外す事はもちろん、ベッドから下りる事も、性の弱点に固定された淫具達をとめる事も不可能な状態に陥っている。
左右の乳首を挟み込んでいるクリップ型のローターと、男根の根元と亀頭のすぐ下に巻き付けられた細いベルトと一体化しているローター、そして、青年の尻穴に挿入されている小さな球を連結させたような見た目の棒は常に電力を送られて小刻みに震え続け、無抵抗の青年を甘い快楽でいたぶっている。それも、決して絶頂には至れない程に弱い、生殺しの快楽で、だ。

「うー…! ふっ、むぅ、んぐうぅぅ……!」

長時間加えられた快楽によって乳首と男根はパンパンに張り詰めており、尻穴はパクパクと開閉を繰り返して震える棒を絞め付けている。刺激を強くされれば今すぐにでも絶頂出来るのに、淫具達は青年がどんなに強い快楽を欲しがってもそれを与えてはくれず、もどかしい振動で容赦無く淫らな苦悶を与えてくる。
視界を塞がれて情報を遮断されている事もあり、青年の思考はもはや心地良い射精の事しか考えられない。
哀しげに透明な先走りのみを零している男根から、白く濁った雄の汁を噴き出させたい。誇りも忘れ、プライドも捨て、はしたない絶頂を心の底から望む青年。そんな青年は、自分を拘束し、生殺しの責め苦を与えて放置していた存在が部屋に戻って来た瞬間なりふり構わずに唸り声を上げ、気が狂いそうなもどかしさから解放してくれとおねだりした。

「むぐぅぅーっ!! ふっ、ふぐぅぅぅ!!」
「ただいま、先生。僕がいない間、良い子にしてましたか?」

一回り以上年下の少年に、その上家庭教師として勉強を教えていた相手である少年に裸体を拘束され、無感情な機械で淫らに嬲られた青年は、ようやく戻って来た少年が笑顔で放つのんきな言葉に苛立ちを抱く余裕も無い。青年の抱いている感情は、許してと、イきたいのみだ。

「随分と必死ですねぇ、先生。もしかして、射精したくておかしくなっちゃいそうなんですか?」
「んー! んぅぅーっ!!」

その通りだ。の意思を込めて叫び、青年は首をガクガクと縦に振る。
射精欲に支配され、虚勢を張る事も叶わなくなった青年のより愛らしい姿を更に引き出す為に、鬼畜な少年は今よりも苛烈な焦らし責めを加えようかと一瞬考えたが、すぐに思い直した。愛しい青年を壊してしまったら元も子もない事に加えて、これからは思う存分自分に逆らえなくなった青年を苛めて、愛らしい姿を観賞出来ると考えたからだ。

「じゃあ、先生。お望み通り射精させてあげますよ。好きなだけ愉しんでくださいね」

優しい声音で言いながら、少年は青年の弱点を緩く責め立てている淫具達の駆動を一気に最強まで引き上げた。
淫具達の駆動音と青年のくぐもった甘い悲鳴が、比べ物にならない程激しくなる。青年を襲う快楽の波と、汗と淫液に濡れた裸体の動きが、うねりを大きく荒々しく変える。
もう、青年は快楽を追い掛ける事以外何も考えられない。少年の残酷な言葉も、どこか別の世界の事のようにしか聞こえない。

「すごく可愛いですよ、先生。先生がエッチに射精をしまくる様子、しっかり写真と映像に残してあげますからね」
「んむぅぅーっ!! ふっ、ふっふっ…うむぉぉぉぉぉーっ……!!」

拘束された裸体をベッドの上で仰け反らせながら待ち望んだ射精を迎えて悦びの唸りを上げる青年の痴態を少年はカメラごしに眺め、幸せそうな満ち足りた笑みを浮かべていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ベッドの上の男の娘♂ ~おとうとイチャラブせっくすらいふ~
関連記事

男達はステージ上の捜査員を眺める

2017.07.26.Wed.21:00
金で買収された味方に裏切られ、敵の手に堕ちてしまった捜査員の男は、敵の男達によって厳重な縄拘束を施され、跳び箱に似た形状の台の上に取り付けられたバイブを尻穴で飲み込まされ、一晩中尻穴を掻き回される刺激のみで絶頂を強いられ続けた。背中で手首を縄に縛られ二の腕を胸部に括り付けられた上半身を天井の滑車を経由して吊るされ、足を折り畳んだまま伸ばせないよう足首と太ももを縄で括られた上に台の側面にある金具へと緩み無く繋がれた捜査員は抵抗らしい抵抗など何一つ出来ず、口に噛まされた赤いギャグボールの穴から唾液と甘い悲鳴をこぼしながら尻穴を襲う快楽に負けて精液を男根から放出する様子を憎い敵の男達に笑われながら失神するまでイきまくる事しか出来なかった。

敵に捕らわれただけでも屈辱なのに、情けなく絶頂を繰り返す様をじっくりと観察された。捜査員の誇りは痛め付けられ、男としてのプライドはズタズタに傷付けられている。
しかし、捜査員の心はまだ折れていない。屈辱と恥辱にまみれても悪を許さぬ心はまだ強く残っており、捜査員は気を失う前にはなかった黒布の目隠しを施された顔を唸り声を発しながら振り乱し、裸体を縛り上げる縄を解こうとして動きをとめているバイブに尻穴を貫かれたまま台の上で必死にもがき、どうにかして逃れようと試みている。

そんな状況が、どれだけの時間続いた頃だろうか。突然、捜査員の目隠しが毟り取られ、視界が戻った。

「うぐっ!? むふぅっ…!」

いきなり飛び込んできた光に目が眩み、捜査員はぎゅっと目をつぶった。
そして少しずつ少しずつ薄目を開けて目を光に慣らし、捜査員はようやく周囲の様子を確認した。
昨夜自分が嬲られた狭い部屋とは全く違う広い部屋の中央にある丸いステージの上で晒し物にされた自分を、何十人もの男達がニヤニヤと笑って眺めている様子を、知ってしまった。

「うぅっ…!? む、ふぅっ…!」

これだけの人数が集まれば、幾ら気を付けていても足音が立つ。だが、捜査員の耳に足音は聞こえなかった。
つまり、この男達は捜査員が眠っている間からずっと捜査員を眺めており、目を覚ました捜査員がもがくのも何も言わずにただただじっと目で愉しんでいたのだ。
そこに思い至り、捜査員は戦慄した。その状態で満足しているなら、目隠しを毟り取る必要はない。わざわざ目隠しを取ったのは、違う状態を作る為だ。

「良かったね、捜査員さん。今日は昨日とは比べ物にならないくらいたくさんの人に、捜査員さんが可愛く鳴いてイきまくる所を見てもらえるよ」

捜査員の背後から目隠しを外し、台の側面に付いているバイブのスイッチへと指を伸ばしている敵の言うように、多くの人間に観察されている事実を認識させながら、絶頂を強要する為だ。

「今日は失神してもちゃんと起こしてあげるからね。我慢せずにイきまくっても大丈夫だよ」
「うぅーっ! んぐっ、ふ、ぶぅぅーっ!!」

これから、昨日よりも遥かに屈辱的な状況で連続絶頂をさせられる事に対して恐怖し、気を失う事が救いにならないと知って絶望する捜査員を見て、男達は激しい興奮とこれから始まる淫らな凌辱のステージへの期待を掻き立てられていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


生意気娼年オナホ化調教!
関連記事

淫らな粒は次々と押し込まれる

2017.07.24.Mon.21:00
目を覆うようにして幾重にも巻き付けられた黒色の強力なテープは視界を完全に閉ざし、男に周囲の様子を確認する事を禁じている。口内に詰め込まれた布とその布を吐き出せないようにと口に貼り付けられた目の物と同じテープは、男に助けを呼ぶ事はもちろん、左右の手の肘から指先までをぐるぐる巻きに縛り上げているテープを剥がしてくれと懇願する事も許さない。
何も見えず、何も言えず、指一本すら自由に動かせないようにされた。そんな男はもはや、自分をその状態に追いやった男達が与える更なる拘束を拒む事など出来ず、身動き一つ取れない状況で加えられる責め苦から逃れる事も出来ない。
裸体に剥かれた肉体を、コンクリートに打ち付けた十数個の金具と麻縄で尻を高く掲げた体勢のまま厳重に床へと縫い付けられてもただただ満足な抵抗も叶わずに受け入れさせられるしか無く。無様にさらけ出させられた尻穴に刑事としての誇りだけでなく男としての尊厳を叩きのめす淫らな責め苦を加えられても、哀れな刑事の男はどうする事も出来ず、言葉にならない悲鳴を発しながら自分を捕らえた悪人達の思い通りに悶え苦しむしか無い。

必死になって縄で開かされた足を閉じようと頑張っても、その動きは膝をコンクリートの床に擦り付ける痛みを生むだけ。
必死になって尻穴を悪人達から逃がそうと腰をくねらせても、その動きは悪人達の目を悦ばせるだけ。

恥辱から離れようと無我夢中であらゆる策を講じても、それは状況を変えるには至らない。目と口と左右の手の自由を制限するテープはビクともせず、裸体を厳重に床に縫い付ける縄は軋むばかりで全く緩まず、まるで悪人達に捧げるような状態にされた尻穴は、抵抗も虚しく悪人達の指で無理矢理に小さな粒を何個も何十個も押し込まれてしまう。
薬品を固めた、小さな粒を。尻穴を絞め付けて侵入を拒むにはあまりにも小さく、押し込まれてから十数秒が経過すると腸内の水分と熱を受けて溶け始め腸内に発情を促す強烈な媚薬を撒き散らす無慈悲な粒を、刑事は次から次へと無防備な尻穴に押し込まれてしまう。

「んー! うぐぅぅぅーっ!!」

もう何十分、いや何時間、淫薬の粒を押し込まれ続けたのだろう。刑事の尻穴は限界以上に感度が高まって絶えず収縮を繰り返しており、尻穴に留めておけなくなった淫薬が滴った先にある刑事の男根は硬く張り詰め、大量の粒が鋭敏になった腸壁を擦り上げる刺激に耐え切れず触られてもいないのに精液を何度もどぷどぷと垂れ流している。
一切の抵抗を取り上げられ、尻穴を淫らに発情させられただけでなく尻穴の刺激のみで射精を迎えさせられている刑事の心はボロボロに痛め付けられており、肉体はコンクリートの硬さと気が狂いそうな程の発情と望まぬ絶頂を容赦無く強制された疲労で憔悴し切っている。
だが、残酷な悪人達は刑事の憔悴を把握しても恥辱の手を緩めない。むしろ、刑事が憔悴すればする程悪人達は愉しげな笑みを黒く濃くし、指に摘まんだ粒を我先にと刑事の尻穴に詰め込んで更なる憔悴と絶頂を刑事に味わわせようとする。誰一人として、刑事に慈悲を与えようとはしない。休憩すらも認めない。

「うーっ…! ぐふっ、ふっ、むぐぅぅぅぅっ…!!」

塞がれた口から甘くくぐもった絶叫を上げながら汗と淫液に濡れた裸体をよじらせ、鼻から乱れた息をプスプスと漏らしつつ刑事が数十度目の絶頂を迎える。そんな絶頂の最中にも、悪人達はほぼ透明に近い精液を零す男根のビクつきを眺めながら、媚薬を滴らせながらパクパクと淫猥に開閉する尻穴に淫薬の粒を指で詰め込んでいくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カテキョ中、生意気なショタをお仕置きした結果エロ可愛い件ww
関連記事

部屋は少年を弄ぶ為だけに用意される

2017.07.20.Thu.21:30
「ん…んー……む、うぅぅっ…」

窓が無く、扉は一つしか無い部屋。防音性の高い素材で作られた壁や天井に囲まれており、中でどんなに騒いでも外に音が漏れないよう設計された部屋の床に敷かれた柔らかな薄桃色のマットの上で、少年が弱々しい唸り声を上げている。
握り拳の状態を強制させ指を使えなくさせる黒色の手袋を嵌められた上で手枷と短い鎖を使って背中で拘束された手をじたばたともがかせながら黒革の目隠しの下で眉根を寄せ、壁の金具と赤い首輪の金具を繋ぐ長い鎖を冷たく鳴らしながら、衣服を一切まとっていない裸体の少年は口に噛まされた黒い棒状の枷の隙間から飲み込めない唾液と意味を持たない唸りを零している。

視界と言葉を封じられ、手を使う事も許されない姿で動物のように首輪で繋がれた裸体の少年が、騒いでも助けの来ない部屋に閉じ込められている。
周囲の状況を見て確認する事も出来ず、舌を噛んで自ら命を絶つ事も出来ない惨めな少年は、もはや自分をその状況に追いやった存在の思い通りになるしか無い。
部屋の扉が突然開き、靴音が近付いてくる音に気付いても、少年は床に転がされた裸体を硬く強張らせ、これから始まる辱めにただただ恐怖するしか無いのだ。

「んっ…うぅ、ふぐぅっ…!」

近付いてきた何者かが、左右の手で荒々しく少年の左右の足首を掴み、何の躊躇いも無く大きく開脚させる。拘束された腕を背中の下敷きにした上で仰向けに寝かされ、恥部を無理矢理に露出させられた少年は羞恥と屈辱で呻き声を上げたが、足を開かせた者はそんな呻きなどお構い無しに動き、少年がどうやっても足を閉じられないよう細い太ももを自らの膝でマットに押さえ付けると自由になった左手で少年の幼い男根を、右手で自分よりも先に少年を弄んだ者達が残した白の体液が少し溢れ出ている尻穴を弄り回し、望まぬ快楽を注ぎ込んで抗えない少年を一方的によがり鳴かせ始めた。

「んー!? むっ、ぐっ、ふぐぅぅぅ!!」

男根を緩く握られて上下に扱かれ、尻穴をいきなり三本の指でぐちゅぐちゅと掻き回される刺激に、少年はイヤイヤと顔を左右に振りながらやめてくれの意思を伝える。
しかし、やめてくれの意思を伝える少年の心とは裏腹に、この部屋に監禁されてからずっと淫らな調教を加えられてきた肉体は、甘い刺激に対して悦びの反応を返してしまっていた。
幼い男根を扱かれれば素直に硬くそそり立ち、三本の指で腸内を満たされても、やすやすと受け入れただけでなく中をほじくる指をまるで歓迎するかのようにきゅうきゅうと熱烈に絞め付け、たっぷりと解された直後に指を勢い良く引き抜かれてぽっかりと淫猥に開いた尻穴に男根を突き入れられても、少年の肉体は幸福感と共に堪らない快楽を覚えてしまう。

「んっ、んふっ! ふぅ、ふぐ、うぅ、うぶぅぅ!」

男根と尻穴を弄っていた手が再び少年の足を持ち、後ろにでんぐり返しをする途中に近い体勢を強いる。その体勢のまま真上から淫らに育てられた尻穴を奥深くまで容赦無く男根で掘削される少年は、嫌悪感とは全く違う蕩けた悲鳴を上げながらビクビクと裸体を震わせ、幼い男根から白の体液を腹部に放出しつつ何度も何度も絶頂を迎えさせられた。
その絶頂に合わせて激しくうねる腸内の動きに、長くは耐えられなかったのだろう。少年を凌辱する者は男根を襲う尻穴の揉み込みに野太い声を漏らし、腸内の深い位置に男根を潜り込ませた状態で濃い精液を大量に流し込んだ。

「んむ、ふぅ、ふぐ…うぅんっ!」

腸内に液体が流し込まれる充足感が消え去る頃に男根が引き抜かれ、少年に疲労とまた良い様に弄ばれてしまった事実に対する悔しさが訪れる。
汗と淫液で汚れた裸体を脱力させ、恥部を隠す事もせずにぐったりと横たわっている少年を作り出した者は、その淫らな様子ににっこりと微笑み、汗ばんだ髪を優しく撫でながら残酷に言った。

「じゃ、またね。今度は時間作って、たっぷり玩具を使ってイき狂わせてあげるよ。愉しみにしててね、少年探偵さん?」
「うー…うぐぅーっ……!!」

少年探偵は、哀願の感情を込めて制止の唸りを上げる。だが、無慈悲な男の足音は段々と小さくなっていき、少年探偵を性処理道具として弄ぶ為だけに用意された監禁部屋の扉は無情にも閉じられ、外から鍵をかけられてしまった。

「ふぅ…うふぅっ…!」

再び一人きりとなった監禁部屋には、尻穴からぬくもりを持った精液を溢れさせる少年探偵がすすり泣く声が、哀しく響いていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カテキョ中、生意気なショタをお仕置きした結果エロ可愛い件ww
関連記事

二匹の犬は淫らできついお仕置きを施される

2017.07.17.Mon.21:00
「嫌だぁぁぁっ! 許して、くださいぃっ! やめて、やめ、んむぐぅぅぅぅ!!」
「お願いしますぅっ! もう、逃げたり、しませんから! 助けて! うぐぅぅぅぅーっ!!」

両手両足を幾重にも巻かれた布によって折り畳んだまま伸ばせないように拘束され、その上から首から下をすっぽりと包む黒犬と白犬の着ぐるみを着せられた二人の男が、なりふり構わない哀願の言葉を発する。だが、その言葉は無情にも途中で遮られてしまった。白犬と黒犬の顔を模した着ぐるみを頭部にも被せられ、その着ぐるみの内側に付いている太い棒で口内を塞がれてしまったからだ。
手足の自由を奪われ、最後に装着された頭部の着ぐるみに言葉を視界を塞がれた哀れな男達は、もはや何をされても受け入れるしか無い。
着ぐるみの上から赤い首輪を装着され、その首輪に繋げられた二本の鎖をもう一人の首輪と床に打ち付けた金具に南京錠で結合されても二人は着ぐるみの中で鎖が擦れる音を聞くしか無く。着ぐるみの股間部分に空いた穴に手を突っ込まれ男根と睾丸を取り出され露出させられても、二人は着ぐるみの中で羞恥に震えるしか無く。自分達を金で買い性奴隷として飼い慣らしている富豪の男が部下に指示を出しながら意地悪さと愉快さが混じった声で話しかけてきても、二人は着ぐるみの中でただただ恐怖するしか無い。

「さてと…私から逃げ出そうなんて考える悪いワンちゃん達にはきついお仕置きだよ。二度と逃げ出そうなんて考えられないように、気持ち良くなる事だけしか考えられないように、たっぷりと躾け直してあげるからねぇ…」

富豪の男が言葉を放つ間にも、部下の手で仕置きの準備が進められる。男根の根元と亀頭のすぐ下に射精を禁じる為の細く黒い革ベルトが巻き付けられ、着ぐるみの内側に生え尻穴を奥深くまで埋め尽くしている尻尾と一体化したバイブのスイッチに指がかけられる。

「うーぅっ! うぅ! うぎゅぅぅぅっ!!」
「んっ、むぅ、んぐぅぅっ!!」

幾度と無く弄ばれ、尻穴を性器として扱われた男達は視界を閉ざされていてもこれから何が行われるかが分かってしまった。故に、男達は犬の着ぐるみを被せられた頭部を富豪の男の声がする方に向け、無我夢中で許しを請う唸りを上げた。
もちろん、そんな唸りで慈悲を与えるような人物なら、最初から手間のかかる拘束など施さない。富豪の男は自分の性奴隷である男達があどけない表情の犬の顔を向けて意味を持たない声で救いを求める度に興奮と加虐心を募らせ、耐え切れないと言わんばかりに背筋を震わせながらバイブのスイッチに指をかけている部下達に目配せで指示を出し、哀れな黒犬と白犬に残酷な言葉を浴びせた。

「それじゃ、始めるよ。ここはどんなに騒いでも大丈夫な部屋だから、好きなだけ鳴き声を上げていいからね」

富豪の男の言葉が終わると同時に、部下の指がバイブのスイッチをオンにする。途端、二人の尻穴からは激しい駆動音と共に柔らかな腸内の肉を淫猥に掻き回す粘ついた水音が響き、着ぐるみの中の男達は拘束された手足をガクガクと痙攣させながら、塞がれた口で甘い悲鳴を部屋中に響かせた。

「んむぅぅぅぅーっ!! ぐ、ぎゅ! ふむぅぅぅぅ!!」
「あ、がぉっ! おぼっ、ほ! うぅぅぅぅーっ!!」

尻穴を襲う快楽に抗えずに二人の男根が膨張し、膨張してしまった男根に射精封じのベルトが強く食い込む。そのベルトの食い込みで痛みを感じながらも淫らに躾けられた男達の肉体は尻穴を掻き回される悦びを覚え、無意識に着ぐるみに包まれた裸体をくねらせてベルトに絞め付けられている男根とバイブと繋がっている黒と白の尻尾を左右に揺らめかせる。
その様子を、無言で頭を下げて部屋を後にした部下の代わりに二人の背後へと移動してしゃがんだ富豪はじっくりと眺めて笑い、左手で黒犬の左の尻を、右手で白犬の右の尻を掴んで力を込めた。

「ほら、もっと気持ち良くしてあげるよ。こうすると、ワンちゃん達のお尻の穴が更に気持ち良いでしょう?」
「うぅ、うぐ! ふぐぅぅぅ!」
「もっ、ふっ、ぶふぅぅぅっ!!」

富豪の男の手で引き寄せられた二人の尻が着ぐるみごしに触れ合い、そのままぐりぐりと手でこねられる。尻穴をバイブに掻き回されながらその動きを加えられた二人は一層激しいバイブの擦り上げを嫌でも感じ、あっという間に射精を伴わない絶頂へと追いやられてしまった。

「ふふっ…もうイっちゃったね。随分と気に入ったみたいだから、今から、ずっとバイブを動かしながらお尻を苛めてあげるよ。どっちかが勝手に気絶したらもっとひどいお仕置きをするから、気絶しないように気を付けながらイきまくるんだよ?」
「うぅ!? むっ、ふぐぅぅぅ!!」
「おぅぅぅ! ほふっ、お! あおぉぉぉぉ……っ!」

もう一人の尻と擦り合わせるように尻を捏ねられたかと思えば、一人一人順番に左右の尻肉を丹念に揉み込まれ、手が疲れたからと言われて自ら腰を動かして尻肉をぶつけ合う事を命令された男達は、着ぐるみの内部に溜まる汗の臭いと暑さに追い詰められ、息苦しさと否定出来ない快楽に理性を削り落とされながら数え切れない程に射精無しの絶頂を迎え、反抗する意思を失って快楽の事のみを考える淫乱な肉の塊へと、どうする事も出来ずに躾け直されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カテキョ中、生意気なショタをお仕置きした結果エロ可愛い件ww
関連記事

少年魔族は青年勇者に腰掛ける

2017.07.16.Sun.21:00
見た目が幼いと言えども、魔王が信頼する優秀な部下の一人。そう考え、勇者の青年は万全の準備と鍛錬を終えた後に少年魔族の城を訪れ、討伐を試みた。
だが、青年勇者の考えは甘かった。全く油断などしていなかったというのに、見た目で実力を過小評価するなどという愚かな事もしていなかったというのに、青年勇者は返り討ちにされてしまった。それも、接戦の上での敗北ではなく、圧倒的な実力差によって攻撃すらまともに行えぬまま一方的に戦闘不能の状態へと追い込まれてしまったのだ。
逃げる事はおろか、仰向けに倒れた姿から起き上がる事さえ出来ない。当然、青年勇者は自分を倒した少年魔族が魔力でこしらえた黒い槍を持って口元を愉しそうに歪めながら近付いて来ても、ただただ見つめる事しか出来ない。
自分を見下ろす位置にまで来た少年を力無く見上げ、青年勇者は自らの不甲斐無さを強く感じながら槍で貫かれての死を覚悟した。
しかし、青年が覚悟していた感覚はやっては来なかった。代わりに訪れたのは、少年魔族が放った黒色の魔力が装備していた防具や装飾品を消滅させながら裸体を絞め付けて拘束していく感覚と、顔の下半分を覆い口に無理矢理潜り込んできたその魔力が口内で硬くふくらんで言葉と口呼吸を封じる感覚。そして、足をきっちりと揃え両腕を胴体に沿わせたまま黒の魔力によって身動きを取り上げられた裸体に付いていた戦闘の傷が、一気に治っていく感覚。

何故、とどめを刺さないのか。何故、わざわざ拘束をして傷を治すのか。
少年魔族の行動の意味が分からず、青年勇者は声が出せないなりに唸りと視線で問いかけた。
すると、青年勇者の視線に気づいた少年魔族は残酷さとあどけなさが混じった笑みを浮かべ、無邪気な口調で言った。

「勇者さんは、今日から僕の遊び道具だよ。たくさん苦しんで、僕を愉しませてね?」

余計に意味が分からなくなり、青年勇者は先程よりも強く問いかけの唸りを上げようとした。けれど、その唸りを上げるよりも先に少年魔族が動いた。
露出の多い衣服のまま羞恥を欠片も抱かずに薄い黒布で覆っただけの恥部を見せ付けるかの如く青年勇者の顔を跨ぎ、何の躊躇いも無く跨いだ顔に腰を下ろし、尻肉と自身の体重を使って青年勇者の鼻呼吸を遮ってきたのだ。

「っうぅぅっ!? ぐっ、く! むぐぅぅぅっ!?」

魔力で口を塞がれ、少年魔族の肉体で鼻を塞がれた青年は、呼吸を塞がれた苦しさに悲鳴を上げ、肉体をじたばたともがかせる。
もちろん、魔力に拘束された肉体をもがかせたところで逃れられる訳は無い。もがく肉体は惨めにくねり、黒の魔力の下から浮き上がっている乳首と男根が揺れる様子を少年魔族の目に見せて悦ばせるだけだ。

「ふふっ…元気だね、勇者さん。傷もすっかり治ったみたいだし、もっともっと苦しめてあげようね」

そう言って、少年魔族が呪文を呟く。その呪文は青年勇者の裸体をぴっちりと包んで絞め付けている黒の魔力に新たな指示を与え、指示を与えられた魔力はもがいている青年に更なる苦悶を叩き込む。全身をくすぐりながら乳首や男根といった性の弱点に甘い刺激を注ぎ、望まぬ笑いを引き出しつつ快楽でよがり鳴かせる苦悶を叩き込む。
呼吸を奪われた状態で全身をくすぐられ、快楽まで味わされる。それは地獄以外の何物でもない。その地獄に堕とされた青年勇者は少年魔族の尻の下で表情を歪めながら言葉にならない笑い交じりの絶叫を上げ、少年魔族に観察されている事も忘れて黒に包まれた裸体を生き物とは思えないくらいに痙攣させる。

「んんーっ!! うー! うぐっ、ぶっ、うふっ、ごっ、ほぉぉぉ!!」
「可愛いよ、勇者さん。これから毎日毎日たっぷり苛めて躾けて、もっともっと可愛くしてあげるからね」
「んもぉぉぉーっ! こ…ほ、おぉぉ……!!」

息苦しさと快楽で意識が遠のく勇者の姿を笑って眺めている少年魔族は、激しい苦悶と快楽を絶えず与えながら失神する寸前まで呼吸を制限しては短い間だけ呼吸を許すという無慈悲な責めを嬉しそうに勇者に加え、元勇者のペットを好き勝手に可愛がる日々が始まった悦びを、心の底から堪能していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


家族裸部2
関連記事

青年達は長く過激な夏休みを過ごす

2017.07.14.Fri.21:00
蝉の鳴き声がうるさいくらいに聞こえ、それと同時に木々が風に揺すられる涼やかな音も聞こえてくる。そんな山の中にぽつんと建っている古びた民家の畳の上に、二人の青年がいた。
片方は、民家の元の持ち主である足腰の弱った祖母の代わりにと、家の中の掃除や家の周りの管理を自発的に行っている青年。そしてもう一人は、祖母の家の掃除と管理を一人で行っていると知り、手伝いたいと申し出て民家を訪れた青年だ。
長い大学の夏休みに何をするかは本人達の自由であり、彼ら自身はもちろん彼らの家族も納得している上で行っている事である為何の問題も無い。少なくとも、周りから見れば問題は何一つとして無い。
強いて一つ問題を上げるとするならば、青年達の考えが甘かった事だろう。恋人同士として交際をしている二人が、周囲に他の民家が無く邪魔の入らない場所に二人きりとなり、寝食を共にする。それが生み出す状況に、全く気付けなかった事だろう。

愛し合う二人が、声や邪魔を気にせずに愛し合える場所で過ごす。その状態が生み出すのは、甘く淫蕩な日々で。
二人は家の管理で行える事が少なくなり暇が増えていくにつれて愛し合う時間が段々と長くなり、長くなるにつれて行為の過激さと濃密さを増していき、今では何の躊躇いも無く縄の拘束や猿轡を用いた行為を愉しむようになっていた。
この夏休みが訪れるまでは、二人きりで民家に訪れるまでは、口付けすらもたどたどしかったというのに。今では両手首と足首に巻いたタオルの上から作業用にと用意していた白い縄を巻いて柱へと繋がれ仰向けで大の字に寝転がった姿のまま畳の上で身動きを封じられた裸体がくねる様を眺めつつ、口に施したタオルの猿轡ごしに発せられる甘くくぐもった鳴き声を愉しみながら、硬く張り詰めた男根に口付けるようになっていた。

「んぅぅんっ…! ふむっ、むふぅぅんっ……!」
「ふふっ…○○のチンコ、俺の舌が撫でる度にビクビクしてるよ。油断してたら今すぐにでもイっちゃいそうだね」
「むぅ、ぐふぅぅっ…」

抵抗出来ない。逃れられない。何をされても受け入れるしか無い。そんな状況に追いやった恋人の足の間に顔を近付け、イく事を許さないまま延々と舌で男根を舐め回している青年はもはや、躊躇いがちに裸体に触れながら快楽を注いでいた面影など欠片も無い。
どんなにもがいても縄を解けない。猿轡のせいで許してと口にする事も叶わない。イかせて欲しいと思いを込めて唸っても、一向に聞き入れてもらえない。そんな状況に追いやられながらも与えられる快楽に悦びを感じ、意地悪な生殺しや身悶えの度に畳が肌を擦る感覚にすら幸せを抱いている青年はもはや、肌に触れられる事に対して過度に緊張していた過去など欠片も感じさせない。

「んっ、んぅ! ふっ、ふぅ、ふぐぅっ!」
「ん、イきそう? よし、良いよ。可哀想だからイかせてあげる」
「むぅぅんっ! んー! んぅー! っ、ふぎゅぅぅっ!?」
「やっぱり、駄目。イきたくて堪んない○○の顔を、もっともっと見たいからイかせてあげない」
「むふぅぅぅんっ…!」

笑いながら意地悪を行う青年に向かって、縛られた裸体をよじらせながら緩い抗議の唸りを上げる青年。そんな彼らの声は次第に淫猥さを強めていきながら、二人以外誰もいない山の中に今日も溶けていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ノーパンが部員にバレてあれこれするまんが
関連記事

黒に覆われた刑事達は甘く無慈悲に追い詰められる

2017.07.13.Thu.21:00
「あ…おぉっ。ほ、おぉ、おぅぅぅ…っ!」
「ふぅーっ…うぅ、ふっ、あうぅっ…」

苦悶に歪んだ呻き声が、誰かを閉じ込める為だけに作られた地下牢の中から弱々しく響く。その呻き声の主は、二人の男。悪人達の罠に掛けられて抵抗虚しく捕らえられて地下牢へと運ばれ、身に着けていた衣服の代わりに金属のリングを噛ませる開口具の部分以外の全身を隙間無くぴっちりと覆う黒のラバースーツを着せられ、その着せられたラバースーツの上から地下牢の壁に短い鎖で繋がれた黒革の枷をあらゆる箇所に取り付けられ立ったまま抵抗と逃走を完全に封じられてしまった無様な刑事の男達だ。
頭上に持ち上げさせられた手首と肘を壁に繋ぎ、首と胸部と腰を縫い付け、肩幅に開かされた足の足首と膝と太ももを固定する厳重な枷に行動の自由を取り上げられた刑事達は、もちろん奪われた自由を取り戻そうと考え、開かされたまま閉じられなくされた口から飲み込めない唾液を垂れ流しつつじたばたと身をもがかせた。
しかし、もがいたくらいで簡単に解ける拘束をわざわざ時間をかけて施す訳は無い。もがいてももがいても並んで壁に繋がれた刑事達は無理矢理に着せられたラバースーツが立てる甲高い音を鳴らす事しか出来ず、挙句の果てに二人はラバーの内側に溜まる熱によってあっという間に消耗し、嘲笑う悪人達の前で荒い息を吐きながらぐったりと脱力するという情けない姿を晒してしまった。

自力での脱出は不可能に近い事を嫌でも思い知り、何もかもを憎い悪人達に握られた事実に屈辱と恐怖を抱く哀れな刑事達。そんな刑事達に悪人達は無慈悲な責めを追加し、ほったらかしでも刑事達が悶え苦しむ状況を作ってから地下室を去ってしまった。
二人の刑事に噛ませた開口具に透明な太いチューブを取り付け、そのチューブの先を箱型の機械へと繋ぎ、淫らな欲望を強く掻き立てる催淫ガスが含まれた空気を吸わなければ呼吸が行えない状況を用意してから、二人の刑事を地下牢に置き去りにしてしまった。
その結果、二人の刑事は意に反して湧き上がる淫欲に抗い切れずに肉体をいやらしく変化させてラバースーツの股間部分と左右の胸元を内側から押し上げ、壁に繋がれた状態で無意識に腰を前後に揺らめかせつつ、必死になって呼吸とラバースーツ内に蓄積する熱を我慢し続けるという地獄を味わされ、憎んでいた悪人達の帰還を心の底から待ち侘びる精神状態へと追い詰められていた。

「はっ…はっ、は、おぉ…!」
「ふーっ…! ふっ、ぐふっ…」

硬く張り詰めさせられた男根が、じくじくとした疼きと共に刺激が欲しいと喚く。男根程強烈ではないものの、全身が疼きに苛まれ、刑事達に気が狂わんばかりのもどかしさを抱かせる。
そのもどかしさに加えて、刑事達はラバー内の熱と、催淫ガスを拒むが故の酸欠に苦しめられている。もはや、プライドや自尊心を守る余裕などあるはずが無い。
憔悴し切った二人の元に戻って来た悪人達の問いに対して、意地を張った反応を見せる気力も、当然残されてはいなかった。

「刑事さん達、ただいま。たっぷりガスを吸ったから、気持ち良くなりたくて頭がおかしくなりそうだろ?」
「うっ、うふぅぅ!」
「これ以上ガスを吸ったら本当に気が狂っちまうかもなぁ。さすがに、もう吸いたくは無いだろ?」
「うー! ふうぅぅ!!」

無我夢中で肯定の唸りを発しながら、刑事達はラバーに包まれた顔を縦に振る。その様子を見て、悪人達は箱側に繋がれていたチューブを取り外した。

「は、おぉぉっ…」
「ふぅ、ふぅぅっ」

ようやく吸えた、甘ったるい味の混ざっていない空気に、刑事達は安堵する。が、その安堵は一瞬で終わった。悪人達が取り外したばかりのチューブ同士を繋いでしまったからだ。

「こっ、ふっ!? ほっ、こぉっ!」
「はぉ!? あ、おぉっ、はっ、はぁっ…!!」

もう一人が吐き出した空気しか吸えない循環呼吸。それを強いられた刑事達は視覚を奪われている為に状況が分からず困惑し、先程までとは別の意味で苦しくなった呼吸に慌てて対応しようとする。
けれど、冷酷な悪人達は呼吸を落ち着かせる隙すら許さない。悪人達は刑事達が困惑している間に二人を繋いだ壁に近付き、無言でマッサージ器に似た淫具を構えて刑事達の性の弱点に狙いを付け、何の躊躇も無く淫具のスイッチを入れると淫薬で発情し切った刑事達の肉体をラバースーツの上から容赦無く淫具でいたぶり、二人を次から次へと絶頂が訪れる甘い快楽地獄に叩き込んだのだ。

「あうぉぉぉぉぉーっ!? こっ、ほっ、おほぉぉ!!」
「うぎゅぅぅぅっ!! ふっ、ぎゅ! あがぁぁぁ!!」
「おいおい、悦び過ぎだぜ。そんなに感じまくってたら、逆にイき過ぎで頭がおかしくなっちまうぜ?」
「ま、壊して欲しいってんなら、俺達は大喜びで刑事さん達を壊してやるけどな」
「あぅっ、ふ…ふ! ぐふぅぅ!」
「んぉっ…ほっ、ひっ…!」

チューブ同士を繋がれた循環呼吸を強いられながら酸欠による失神寸前まで絶頂させられ、失神を避ける為にとチューブ同士の連結を解いた状態で失神しても許されずに絶頂させられる刑事達の絶叫は助けの望めない地下牢中に反響し、黒いラバーに包まれて痙攣する肉体の様子と共に、悪人達の残忍な心をこれ以上無く愉しませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ヒーロー、悪にはいぼく
関連記事

淫らな仕掛けは青年ヒーローをイき狂わせる

2017.07.11.Tue.21:00
「ん…んぅ……っ」

青年ヒーローが、深い眠りから目を覚ます。そして、視界を塞ぐ黒い目隠しと口を塞ぐ棒状の枷に気付き、左右の乳首と男根に取り付けられ尻穴を奥深くまで貫いている異物に気付き、伸ばした腕の両手首と肘を壁に縫い付け持ち上げさせられた足の足首と膝を腕を縫い付けているのと同じ壁に縫い付けている拘束に気付く。
それらに気付いた瞬間、青年ヒーローは自分の身に起こった事を思い出した。自分の正体を暴いた敵の組織に夜道で襲われ、変身する余裕も与えられぬまま昏倒させられ拉致された事を。衣服と共に変身用の道具を全て奪われた裸体をコの字型の金属に黒いスポンジを巻いた器具で拘束され、足を大きく開いて恥部を丸出しにした惨めな格好のまま敵達が見ている前で淫らな玩具達に望まぬ快楽を流し込まれ、失神するまで絶頂を強要された事を、思い出した。

「ん、ぐぅ…!」

床に背中を預けた状態で手足を壁に固定され、逃れられぬまま左右の乳首と男根を嬲るローターの振動と尻穴を埋め尽くす極太のアナルバイブのピストンに暴力的なまでの快楽を注ぎ込まれ、情けなく喘いで射精を繰り返す様子を敵達に笑いながら観察された屈辱の記憶がよみがえり、青年ヒーローは失神する前は施されていなかった目隠しの下で悔しげに眉根を寄せる。
だが、青年ヒーローはその屈辱と悔しさを力に変え、近くに敵達の気配が無い事を確認した上で手足の拘束を解こうともがき始めた。

「ふぅっ! うーっ! ぐっ、うぐうぅ!!」

腹部に乗っている自分自身が吐き出した精液が零れる感触を感じながら、乳首と男根に取り付けられたローターが揺れる動きに緩い快楽を感じながら、尻穴を満たすバイブの表面に生えた醜悪なイボで腸壁を引っ掻かれる刺激で男根をふくらませながら、青年ヒーローは手足の拘束に力を込める。
目を覚ましたら自分を捕らえた敵がいなかったから、拘束を解こうと暴れている。それは、当然の行動だろう。しかし、無慈悲な敵達はその当然の行動を見越した上で、残酷な仕掛けを施していた。
それは、手足の拘束に一定以上の振動が加わると発動する仕掛け。青年ヒーローの裸体にあてがったままの淫具達に指示と電力を送り、最高の駆動で青年ヒーローに絶頂地獄を味わわせる仕掛けだ。
視界を塞がれた青年ヒーローに、そんな事が分かるはずも無い。淫具達に新たなコードが繋がれており、それが手足を拘束している壁の方に繋がっている事など知る由も無い。

故に、青年ヒーローは残酷な仕掛けに欠片も気付かぬまま必死になって暴れ続け、淫らな自動装置の起動条件を満たしてしまった。
左右の乳首を挟むクリップ型のローターと、男根に巻かれたベルトと一体化しているローターが激しく震え、快楽を生み出す。尻穴を埋め尽くすバイブが床に置かれた箱型の機械の命令を受けて前後に動き出し、青年ヒーローの尻穴を容赦無く掘削して雌の悦びを叩き込み始める。
拘束を解こうとする力は、その甘い刺激によってあっという間に掻き消されてしまった。

「んぅぅぅーっ!? むっ、ぐっ、ふぅ、ふぎゅぅぅぅぅ!!」

突然に動き始めた淫具達の刺激に困惑と驚愕が混じった甘い悲鳴を上げつつも青年ヒーローは暴れ続けるが、その動きは快楽によって引き出される身悶えにしか見えない。
乳首と男根を責め立てられ、尻穴をほじくられてよがっているだけにしか見えない。

「うーぅっ! ふー…ふぅー! んむぅぅぅぅぅぅぅーっ!!」

まだ淫具達が動き出したばかりだというのに射精を迎えてしまった青年ヒーローは、自分のもがきが誤差と呼んでも良いくらいに弱まっている事実を把握する余裕も無いまま快楽責めから逃れたい一心でもがき続け、無意味な試みを一生懸命に行いながら自分の一人の部屋で無感情な淫具達に苛烈な凌辱を加えられ、今度は失神しても休みを与えられずにイき狂わされるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


冒険者にも色々あって~シーフモンク編~
関連記事

裸体は身じろぎも許されずに絶頂を強いられる

2017.07.09.Sun.21:00
口に、言葉を発する事と舌を噛む事を禁じる黒い棒状の枷を噛まされ。左右の手首に嵌められた黒革の枷と黒い首輪の後部を短い鎖で繋がれ。足首と太ももに巻かれた枷同士を手首と同じように短い鎖で繋がれてしまった兵士長の男が、敵国の施設にある地下牢に置かれたベッドの上で無様な裸体を晒している。
敵に捕らわれ捕虜の立場に堕とされただけでも強い屈辱を感じるというのに、兵士長の男はしゃべる事も出来ず、思い通りに手足を使う事も叶わない。完全に、無抵抗の状態へと追いやられた惨めな兵士長の男。そんな男を作り出した敵国の男は、抗えない裸体に更なる拘束を与えた。それは、兵士長の男根を人質のように扱い、足掻きさえも封じる拘束。男根の根元に巻いたベルトと首輪の前部を紐で繋ぎ、男根の中腹とカリ下に巻いたベルトを左右の足の親指に巻いたベルトに紐で繋ぎ、頭を少し持ち上げて足を胴体に限界まで引き寄せた体勢からわずかでも体勢を変えれば男根が激しく絞め上げられるという、残酷な拘束だ。

腹筋に疲労が溜まり、頭部をベッドに下ろして楽になりたいと兵士長が思っても、それをしてしまったら男根の根元が強く絞め上げられてしまう。足も同様で、どんなに疲労が溜まっても足を下ろしたら男根が絞め上げられてしまう為、兵士長は足を必死に引き寄せるしか無い。
ただじっとしているだけでも苦しさが絶えず湧き上がる無慈悲な拘束。だが、兵士長を捕らえて捕虜の立場に堕とした敵国の男はここまでやっても満足せず、抵抗に加えて身じろぎさえままならない姿となった哀れな兵士長に非情な責めを容赦無く注ぎ込み始めた。
どれ程甘い快楽を感じても拘束のせいで身をくねらせる事さえ出来ない兵士長の尻穴を右の指で好き勝手に掻き回しながら亀頭を左の手で休み無く擦り、望まぬ連続絶頂を味わわせながら跳ねそうになる裸体を兵士長自身に抑えさせるという、拷問以外の何物でもない責めを、敵国の男は愉しそうに笑いながら無防備な兵士長の裸体に注ぎ込み始めた。

「ん! んぎぃぃ! ふっ、ふぅ! ふぎゅぅぅぅぅぅ!!」
「あーぁ、またイっちゃったね。薄くなった精液をだらしなく噴き出させて、お尻の穴で私の指を強く絞めて、とても兵士長だった人物とは思えないくらいにいやらしいよ」
「もっ! ぐぉっ! ほぅ、おぶぅぅ!!」

不自然な体勢で支え続けた裸体はどこもかしこも汗で濡れて震え、その限界を超えた身体を絶頂へと何度も何度も追い詰められた兵士長は呼吸すらも上手く行えなくなってしまっている。
けれど、敵国の男はそんな事お構いなしに手を動かしてより淫らで鮮烈な苦悶を兵士長の男に叩き込む。達したばかりの男根の亀頭を、たった今放出された淫液の滑りを借りて素早く左の手の平で擦り、腸液をとめど無く分泌させながら収縮を繰り返している尻穴を右の指でほじくり過敏な前立腺をリズミカルに押し上げて、兵士長を次の絶頂へと無理矢理に導いていく。

「んーっ! んぅーっ!! ふっ、ふぐぅぅぅーっ!!」

目を大きく見開き、口枷に歯を強く立てながら甘い悲鳴を上げ、裸体が仰け反ったり跳ねたりしないよう制御する兵士長の男の哀願の表情を見つめつつ、敵国の男は手の動きを全く緩めずに言った。

「さぁ、もっともっとイこうね。気絶しても、ちゃんと起こしてあげるからさ」
「っう…!!」

気絶が救いにならない事を知って表情を絶望に歪ませる兵士長を眺めて敵国の男はにっこりと笑い、より歪んだ表情を愉しむ為に手を動かして快楽を与え、兵士長に数十度目の絶頂を味わわせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


第二体育準備室
関連記事

刑事達はケースの中でしゃぶり合う

2017.07.07.Fri.21:00
殺風景な部屋の中央に置かれた、大きなアタッシェケース。床から動かないよう、蓋が勝手に開かないよう床に打ち付けられた金具と鎖を使って厳重に固定されたアタッシェケース。その中に、二人の刑事の男が入れられていた。
道具と共に衣服を一つ残らず奪われた裸体に麻縄を施された刑事達は、ケース内に閉じ込められていなかったとしても逃げ出す事は不可能だ。何故なら、二人の刑事はもう一人に裸体を密着させたまま離れられないように縄で縛り上げられ、腕は相手の腰を引き寄せた状態で、足は相手の胸部を引き寄せた状態で、顔は相手の股間に深く埋め口で男根を喉奥までくわえた状態で拘束されてしまっているからだ。
文字通り手も足も出せず、口は言葉を発せないだけでなく仲間の男根を含み続ける事を強いられているという屈辱。その状況に追いやられた刑事達は自分達を罠に掛けて捕らえた悪人達への怒りを燃やし、ケース内の暗闇の中で唸りを上げながらお互いを励まし合っていた。
…呼吸の為にとケースに繋がれた太いチューブに、強力な媚薬ガスを混ぜた空気のタンクを繋げられるまでは、だ。

縄で縛られたままケースに閉じ込められ、そのまま数時間保ち続けてきた怒りと誇りは、刑事達を放置した部屋に戻って来た悪人達が残酷なタンクをチューブに繋げると二十分も経たない内に跡形も無く蕩け落ち、気が狂いそうな程の発情を促された二人の刑事はもう一人を励ましていた口で一心不乱に仲間の男根をしゃぶり合い、発情を解消し合いながら無様に射精し合う惨め極まりない状態へと陥ってしまった。ケースの外側に、悪人達がいる事も忘れて、だ。

「んっ、んっんぅ! んふっ、ふっ、むふぅっ!」
「んぐっ、んぐぅんっ! んっ、むぅ、むぐぅぅんっ!!」

縄で大きく動かす事を禁じられた頭部を一生懸命に前後させて窄めた唇で男根を扱き。舌を夢中で動かして亀頭やカリ首を舐め回し、仲間の男根のビクつきを無意識に愉しみながら時折放出される精液を飲み干す。刑事達は命令された訳でもないのにそれらの舌奉仕を仲間に対して行い、汗と淫液の匂いが充満した狭いケースの中で縛られた裸体を痙攣させている。

「気持ち良いかい? 刑事さん達」
「さすがの刑事さん達も、媚薬には勝てないみたいだねぇ。誇り高い正義の味方がチンコしゃぶり大好きな淫乱に早変わりだ」
「んむっ、ふぅ、ふぐぅっ」
「んもっ、むぅ、ぐっ」

悪人達の嘲りの言葉で、刑事達の心に悔しさがわずかに浮かぶ。しかし、その悔しさはすぐに掻き消された。甘い快楽と、悪人が発した媚薬の単語によってだ。
気持ち良くなっても、仕方がない。淫らな欲望を刺激される薬を逃げ場の無い場所でたっぷりと嗅がされ、仲間と男根を舐め合わなければ発狂するしか無い状況に追いやられたのだから、気持ち良くなる事は悪い事じゃない。
そう考えて自分を正当化し、悪人達の思い通りに淫欲に溺れる道を選ぶ二人の刑事。そんな二人が身悶える度にガタガタと音を立てるケースを見つめながら悪人達は満足そうに黒く笑い、刑事達をより早く落とす為にタンクのバルブを調節し、ケース内に流れ込む媚薬ガスの濃度を少しずつ少しずつ高めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


扉と仮面
関連記事

青年達は支配されて悦びを抱く

2017.07.05.Wed.21:00
山奥に建てられた屋敷の一室で、二人の青年が衣服を剥ぎ取られた裸体に拘束を与えられ、身動きを完全に封じられていた。
天板が長方形になっているテーブルに仰向けで寝かされた青年達の左右の手首は頭上に伸ばしたまま天板に黒いベルトで縛り付けられ、大きく持ち上げさせられた足首も手首とほぼ同じ位置で同じベルトを使って天板にきつく縛り付けられてしまった。手足の自由を取り上げられた青年達は、もはや抵抗なんて出来ない。後ろにでんぐり返しをする途中のような体勢を強いられ丸出しとなった恥部を覆い隠す事はもちろん、膝の辺りに施される更なるベルトを拒む事も出来ず、無防備な尻穴に押し込まれる男根を模した極太のバイブの侵入をかわす事も出来なかった。

「んっ、あぁっ!! あぁ、あっ、ひあぁぁ!!」
「ふぁっ、あぁんっ! あひっ、はっ、ひあぁぁーんっ!」

柔らかな腸壁をバイブの表面に生えた醜悪なイボ達に容赦無く掻き毟られる青年達は、テーブルに固定され大きな身悶えを禁じられた裸体をガクガクと痙攣させ、甘い悲鳴を上げている。
だが、甘い悲鳴を上げながらも、青年達の表情は嬉しそうに蕩けていた。傍から見れば抵抗を奪った上での凌辱にしか見えない状況に置かれていながら、青年達は無感情なバイブによって一方的に快楽を流し込まれる事を悦んでいた。
何故なら、その淫らな責め苦を青年達に与えているのは、青年達が心から愛情を寄せている屋敷の主だからだ。
愛しい主に嬲られているからこそ、青年達は胸元が自身の精液でどろどろに汚れる程絶頂を強制されても幸せを感じている。尻穴のバイブはその気になればすぐにでもひり出せるけれど、愛しい主にもっともっと愛されたいが故に、青年達は尻穴に力を込めてバイブが抜け落ちないよう堪えていた。

「二人共、バイブが抜けてきちゃってるよ? 先に抜けた方は私のおチンチンをおあずけするって言ったのを忘れちゃったのかな?」
「はっ、ひ…わしゅれひぇ、ないれしゅぅっ……!」
「ちゃんと、おぼえへましゅ! ごしゅじんひゃまのおひんぽ! 欲しいれしゅぅっ!!」

快楽に喘ぎ鳴きながらも主の言葉は聞き逃さず、青年達は舌足らずな口調で返事を行う。
すると、その返事を聞いた主は満足そうににっこりと微笑み、優しい声音で言いながら左右の手を動かした。

「ふふっ…ちゃんと覚えていて、良い子達だ。そんな良い子達には、ご褒美をあげようね」

ご褒美と口にしながら、主は硬く張り詰めて精液と先走りで濡れていた青年達の男根を握り、巧みな手付きで握った男根を扱き、快楽を追加した。
尻穴だけでイきまくっている状態で男根を扱かれたらどうなるか。その答えは誰にでも分かるだろう。
青年達は一際激しく裸体を跳ねさせ、淫猥な鳴き声を上げてよがり始めた。

「んひぃぃぃぃーっ!! ごひゅじん、ひゃま! 気持ち、いいれしゅぅぅぅ!!」
「イっひゃう! イっひゃいましゅ! ぎもぢぃ、きもひぃぃぃ!!」
「気持ち良いのは良いけど、お尻も忘れちゃ駄目だよ。先に落とした子は、私のおチンチンをお尻で食べてるもう一人の隣で気絶するまでバイブだけでイきまくらせるからね?」
「やぁっ、やぁぁんっ!」
「んぎっ、ひぃぃんっ!!」

苛烈な快楽に溺れる事も許されず、男根を刺激されながら尻穴に意識を集中する事を強いられながらも青年達は心の底から幸せを感じ、愛しい主に苦悶させられている事実に、支配される悦びを抱いていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


情熱深度
関連記事

檻に入れられ捜査員は発情を強いられる

2017.07.04.Tue.21:00
コンクリートの壁に覆われた殺風景な部屋の中に、頑丈な金属で作られた檻が置かれている。電話ボックスに近い形状をした縦に長いその檻は、猛獣を入れておく物とは明らかに違う。事実、檻の中には猛獣ではない存在が閉じ込められている。犯罪組織を調査している最中に不意を突かれて拉致され、衣服と共にあらゆる道具を奪われた裸体に拘束と無慈悲な苦悶を与えられた捜査員の男が、狭い檻の中に閉じ込められている。
口に言葉を封じる黒のギャグボールを噛まされた捜査員の男は、必死の抵抗をしたものの数で大きく勝る犯罪組織の男達には勝てず、両手と両足に拘束具を施されてしまった。手足に施されたその拘束は、黒革の枷と太く頑丈な鎖は、捜査員が鍛え上げられた筋肉質な裸体をどんなにもがかせても外れる気配を見せず、捜査員の手は頭上高く持ち上げたまま下ろせないよう檻と天井に短く繋がれ、檻の床に着いている足は肩幅に開き恥部をさらけ出したまま閉じられないよう檻の格子へと繋がれてしまった。

手も、足も、言葉の自由さえも奪われ、檻に閉じ込められた捜査員の男は激しい屈辱を感じている。加えて、憎い犯罪組織に捕らわれ無様な状態に追いやられてしまった自分への不甲斐無さも抱いている。その上、苦しい体勢を長時間強いられている裸体は強張ってミシミシと軋み、金属の床に触れ続けている足は冷えと痺れで痛みを感じている。
様々な苦痛に襲われている捜査員。だが、それらの苦痛はどれも捜査員を一番苦しめている物ではない。
捜査員を一番苦しめているのは、捜査員の精神と肉体を同時に追い詰めている責め。犯罪組織の男達の手で全身にくまなくたっぷりと塗り込まれた強烈な媚薬が生み出す発情だ。

「うーぅっ! うふっ…ふぅ、むふうぅぅ……!」

捜査員の裸体は、どこもかしこも疼きに疼いている。真っ赤に充血して硬く尖った乳首も、パンパンにふくれ上がった男根と睾丸も、尻の谷間の奥で息づく尻穴も、それらの分かりやすい性の弱点以外の場所も、媚薬を塗り込まれなかった顔の周辺を除く全てが無理矢理に発情させられ、むず痒さにも似た疼きを覚えている。
捜査員はそんな状況で長い時間放置され、一人きりで発情させられ続けた。どうにかまだ理性と正気は保っているが、反抗的な態度はもはや取れない。捜査員はようやく檻の前に犯罪組織の男達が戻ってきても怒りの唸りは発せず、意地悪な口調で向けられる悪人の問いにも、なりふり構わず肯定を示す。

「捜査員さん、苦しいよねぇ? 今すぐ、身体中に塗った媚薬を洗い流して欲しいよねぇ?」
「うっ、うぐぅぅぅ!!」

発情地獄の終わりを感じ取れる問いに、捜査員は痛々しい唸りを上げながらガクガクと首を縦に振る。すると、悪人達はニヤリと黒く微笑んで部屋に設置しておいたホースを手に取り、思い思いの方向からホースの先に取り付けたノズルを檻の中にいる捜査員に向ける。

「それじゃ、ご要望通り洗い流してあげるよ」
「ふぅ、むふぅぅ…」

安堵の吐息を漏らす捜査員は、全く気付かない。悪人達の行動は慈悲とは真逆に位置する残酷な物だと気付かない。
発情させられ、感度の高まった裸体を水で叩かれたらどうなるかも。すでに肌から吸収された媚薬を今更洗い流しても、薬効が切れる時がわずかに早まるだけだという事も。全く、気付かない。

「んも、お、ほぉっ…」

水を用いた冷酷なとどめがこれから始まるなど欠片も想像せずに早く洗い流してくれと視線で伝える哀れな捜査員に悪人の男達はこれ以上無い支配感を抱きながら、ノズルに付いたダイヤルを水が捜査員に向かって溢れ出るよう操作した。
直後、捜査員を入れた檻が置かれた部屋には十数個のノズルから溢れ出る水が立てる音と、媚薬に淫らに熟れた裸体を水に叩かれて狂ったように喘ぎ鳴く捜査員の悲鳴が反響し、淫猥かつ冷酷なハーモニーを奏でていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


男子マネージャーですが男子部員の性処理することになりました。
関連記事

刑事は捕らわれ淫らな肉の塊に堕とされる

2017.07.03.Mon.21:00
「あ…あぁっ…?」

目を覚ました刑事の男は、すぐさま自分の肉体の異変に気付いた。目を開いても黒に覆われていて何も見えない、口を閉じようとしても丸い金属を噛まされている口は閉じられず言葉を発する事も出来ない。加えて、着ていたはずの衣服は一枚残らず剥ぎ取られており、その上裸体にされた身体は犬が四つん這いをしているような体勢のまま何かによって手足と胴体を固定され、身動きを完全に封じられてしまっていた。

「う、あぉっ!? あー! あがぁぁぁっ!!」

状況を把握した刑事は、焦りを感じながらじたばたと裸体をもがかせる。だが、状況は変わらない。金属と革の枷を組み合わせて作られた拘束具は刑事に四つん這いの体勢から離れる事を禁じ続け、目隠しと開口具が一体となった拘束具は刑事が必死になって顔を振り乱しても全く緩まず、もがく刑事の裸体は拘束からの脱出の糸口さえも掴めぬまま自分を捕らえた悪人の男達の前で情けなく丸出しの男根を揺らめかせる事しか出来ない。

「あー! あっ…がぁ! うぁ、あおぉぉ!!」

無駄だというのに暴れ続け、惨めに裸体をよじらせる刑事。その姿は刑事にうるさく嗅ぎ回られていた悪人達にとって最高の娯楽であり、悪人達は惨めな姿をより惨めにさせる為一人、また一人と無防備な刑事の裸体に近付き、手を伸ばして刑事の弱い場所を好き勝手に刺激し始めた。

「うぅっ!? あぉ、おごぉぉっ!!」

突然肌に触れてきた十数本の手に驚き、刑事は触るなと言えない代わりに強く鋭い威嚇の唸りを上げた。
しかし、一切の抵抗を取り上げられた状態で威嚇の唸りを上げても、それは何の意味も持たない。むしろ、悪人達の興奮を煽る嬉しくない効果を発揮するだけだ。
左右の乳首を指先で転がされ、硬く尖った乳首を強く摘ままれると思わず裸体がビクンと跳ねるような甘い痺れが発生してしまう。脇の下や脇腹、うなじや太ももといった皮膚の薄い箇所を指の腹で撫でられると裸体がゾクゾクと震え、緩い快楽を感じてしまう。丸出しの尻穴を指の腹で擦られながら意に反して硬くふくらんでしまった男根を手で握って扱かれると、抗いようの無い大きな快楽を感じ、無意識に腰を振りながら閉じる事を禁じられた口から甘く濡れた喘ぎを漏らしてしまう。それらの感覚全部を興奮した悪人達に容赦無く注ぎ込まれている刑事は、あっという間に快楽に流され、ただただ悪人達の思い通りに鳴き喘ぐだけの存在へと堕とされてしまう。
甘過ぎる悦びに抗えぬまま何度も絶頂に追いやられ、無様に精液を放出し続ける淫らな肉の塊にされてしまう。

「あー! あっ…あぁぁ!! あぉ、ほっ、ほぉぉっ!!」

まだ責められ始めてから大して時間は経っていないというのに、刑事はもうイきっぱなしの状態に近づいている。悪人達の手の動きの巧みさに加え、刑事が視界と身悶えを封じられている事で快楽を何倍にも増幅されているのが原因だ。

「あごぉぉっ!! おっ、ぐふっ、ふぅ! うがぁぁぁーっ!!」

このまま快楽責めを長時間続けられたら、身体だけでなく心も作り変えられてしまう。それを察知した刑事は先程の威嚇とは全く違う懇願の唸りを上げ、目隠しの向こうにいる自分を甘く嬲る者達にやめてくれの意思を伝えた。
悪人達は、刑事が発する悲痛な懇願の唸りを聞くと、顔を見合わせて残酷に微笑み、騒いでいる刑事の口を蹂躙する為の指をゆっくりと近付かせる。

「あぉ、はぉ、おぅ、おぉぉっ!!」

もうすぐ口内を指で掻き回される事も知らず、眼前に指が近付いている事も気付かぬまま、刑事は男根から透明な蜜と白の体液が混じり合った淫液を垂らしながら、なりふり構わない哀願の唸りで無慈悲な悪人達の耳を愉しませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


僕に亀頭責めしてくれる男の人、募集します。
関連記事

虎は無慈悲な連続絶頂を強いられる

2017.07.02.Sun.21:00
窓と扉と照明以外は、天井も床も壁も全て白い素材に覆われている部屋に、一人の虎獣人の男がいた。
部屋に唯一置かれた家具であるベッドに、裸体を拘束具で厳重に繋がれ。防音がしっかりと施された部屋に一人きりで放置されたまま、無感情な機械達にいたぶられ、雄の誇りを辱められている哀れな虎獣人がいた。

「あー! あがぁぁぁーっ!!」

言葉を奪う為に取り付けられた金属製の棒枷に牙を立てながら、虎は苦悶の悲鳴を上げつつ裸体をじたばたともがかせている。拘束を振り解き、自分を嬲る機械達を身体から振り落としたい一心で、だ。
だが、虎がどんなにもがいても、拘束は解けない。虎の両手首と足首に巻き付けられた黒い革製の枷は、太く頑丈な鎖と南京錠を使って虎の手足をベッドの頭側の柵に短く繋ぎ、虎の縞柄の尾に巻かれた数本の革ベルトに結ばれた鎖はベッドの下で南京錠を使って連結され、虎の太くしなやかな尾はベッドに縫い付けられたまま持ち上げる事はおろか伸ばしたまま曲げる事も禁じられてしまった。
頭よりも高い位置に持ち上げさせられた手首と足首をそこの位置から離れられないよう枷と鎖によって固定され、伸ばした尻尾をベッドに縫い付けられてしまった虎獣人はもはや、思い通りの行動なんて出来ない。大きく暴れる事はもちろん、ベッドから下りる事も叶わず。言葉を封じている棒枷を毟り取る事も出来なければ、休み無く弱点を責め立ててくる無慈悲な機械達を、望まぬ快楽を与えて甘い地獄を叩き込んでくる淫具達をとめる事も出来ない。

左右の乳首を強く挟み込んだまま震えているクリップ型のローターに尖り切って赤く充血している乳首をしつこく責められても、無防備にさらけ出した尻穴に固定されたバイブの乱暴な首振りで過敏な腸内の肉をめちゃくちゃに掻き毟られても、根元を細い革ベルトできつく縛められ射精したくても出来ないようにされた男根を亀頭のすぐ下に巻かれたローター付きのベルトで激しく震わされ射精を伴わない生殺しの絶頂地獄を味わされても、自由を奪われた虎は意味を持たないくぐもった悲鳴を発しながら、汗と淫液で体毛をしっとりと濡らした裸体をビクビクと痙攣させつつよがり狂う事しか出来ないのだ。

「んーぅっ! うぐっ、ふぅ! ふぅ、ふぅ、ふぐぅぅぅ!!」

また、虎が絶頂を迎える。裸体が苦しげに跳ね、虎を繋いだベッドがギシギシと軋み、射精を禁じられた虎の男根が虚しく脈打つ。
何十度目かも分からない射精無しの絶頂を迎え、涙で潤んだ目を強く閉じていた虎は絶頂の余韻が収まると同時に目を開き、霞む視界の先にある人影に気付いた。
それは、人間の男だ。虎を拉致してこの部屋に監禁し、拘束と淫具を与えて置き去りにした男だ。
置き去りにされた直後は殺意のみを抱いていた相手。けれど、今の虎の心には殺意よりも大きな感情が湧いている。終わりの見えない生殺しの快楽地獄から解放して欲しいという、哀願の感情だ。

「んー! んぐぅーっ!! ふぐ、むぐぅぅぅ!!」

言葉を出せない虎は、唸りと視線と裸体の動きで許しを請う。悲痛な唸りと、すがる視線と、射精を禁じられている男根を主張する裸体の動きで、許しを請う。
けれど、残酷かつ身勝手な人間の男は哀願する虎を見て意地悪く笑うと、虎の唸りと視線と動きを自分の都合の良い様に解釈し、更なる快楽責めの理由にしてしまった。

「そうかそうか、もっともっと気持ち良くして欲しいんだな。一生懸命におねだりしながらチンコまで突き出して、肉奴隷としての自覚も出てきたんだな」
「っう!? むーぅっ! ぐふぅぅぅ!!」

違う、やめてくれ。の意思を込めた虎の切羽詰まった唸りは無視され、男はポケットに入れていた淫具のリモコンを取り出すと迷い無く全てのダイヤルを最大の位置まで移動させ、虎を責める淫具の動きを最大まで引き上げた。
最大でなくとも数十秒単位でイき続けていた虎が、そんな刺激に耐えられるはずは無い。虎は引き上げられた淫具の動きに目を剥くと拘束された裸体を仰け反らせ、生き物とは思えない痙攣をしながら文字通りイきっぱなしの状態へと追いやられ、意味すらも無い悲鳴の唸りを上げながら悶え鳴くだけの状況に陥ってしまう。

「んもぉぉっ!! おぶっ、ぼっ、ごふっ! ふぎゅぅぅぅぅぅ!!」
「そうそう、その調子でイきまくれよ? イきまくって、淫乱な雄の虎奴隷になって、高値で売れてくれよ?」
「うーぅっ! うぐっ、ふぶぅぅぅぅ!!」

男の非情な言葉にも、男が立ち去る足音にも反応を返せなくなった虎の男は気絶する事も許されず、理性と正気が快楽に塗り潰される時まで精液を吐き出せないままで連続絶頂を強いられるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


僕に亀頭責めしてくれる男の人、募集します。
関連記事

痒みと痛みで男は堕とされる

2017.07.01.Sat.21:00
背中に回された両手首に巻き付けられた黒革の枷は男の腰に巻かれた黒革のベルトに短い鎖で繋がれており、男は手の自由を奪われてしまっている。左右の膝を括る革のベルトは男の首に巻かれた革の首輪に鎖で繋がれており、男は身体を内側に緩く折り畳んだ状態から抜け出せず、身体を伸ばす事を禁じられてしまっている。
そして、左右の足首をきつく括る革ベルトは男の性器を睾丸ごとくびり出す革ベルトに鎖で繋がれており、男は性器に痛みが走る為足を伸ばす事はおろか、裸体に与えられた拘束達を外そうと考えてもがく事さえも許されない。
膝と肩で裸体を支え、尻穴を高く掲げる惨めな体勢を強いられる。そんな屈辱的な状況に男を追いやった男達は、無抵抗の男を取り囲んで裸体に手を伸ばし、抗えない肉体に容赦の無い責めを加えていた。

見られる事すら恥辱であろう尻の穴を指で大きく広げ、しわの一本一本が良く見えるようになった穴に筆で強力な痒み薬を塗り込む残酷な責めを加え、痒みを感じて激しい収縮を繰り返す男の尻穴を観察していた。

「あーっ! あっ、あぁぁ!! やぁ、も、いやらぁっ!! 痒いぃ! がゆいぃぃぃぃ!!」

尻穴に塗られた痒み薬は男の腸内まで侵食し、柔らかな肉壁に暴力的なまでの痒みを生んでいる。もしも手が自由なら、男は自分が観察されている事も忘れて自身の尻穴に指を挿入し、なりふり構わずに入れた指を動かして痒みに襲われている尻穴を掻き回していただろう。肉体が自由ならば、痒みを紛らわせる為に床を陸に上がった魚のようにのた打ち回らせていただろう。
しかし、今の男にはそのどちらも出来ない。手は背中で腰のベルトに短く繋がれており、尻穴に触れる事も出来ない。肉体は足首と男根を繋がれているせいで大きく動く事も叶わず、下手に身悶えればそれは男根を責める激痛へと変わってしまう。

「たじゅ、げで。も、ゆりゅひて! 痒いの、もぉやらぁ!! だじゅげで、たひゅげでぇぇぇ…っ!!」

ぽろぽろと大粒の涙を零し、汗に濡れた裸体をビクビクと痙攣させながら男は必死に許しを請う。
それは、嘘偽りの無い哀願の感情であり、心の底から苦悶の終わりを欲する言葉だ。
けれど、その言葉は残酷な男達には届かない。男達は、悲痛な哀願を発する男を見ると目を合わせて頷き、男の足を抑えていた男は一層強く足を押さえ、男の尻を左右から掴んでいた二人の男は片方の手で尻を押さえたまま反対の手を、震える尻肉に何の躊躇いも無く何度も何度も振り下ろしてきた。もちろん、尻穴に対する筆の責めを続けたままで、だ。

「ひぃぃぃーっ!? いだっ、いだぁぁ! やめっ、ひっ! いやぁ! 痒い、いだいぃぃっ!!」

痒みと共に、痛みが男を襲う。刺激の量が一気に跳ね上がり、男は思わず裸体を前に逃がそうとする。足首と男根を繋がれている、というのにだ。

「いぎぁぁぁぁーっ!? ぎっ、ひっ、ひぃぃぃっ!!」

過敏な男根に叩き込まれた激痛で、男の口から言葉にならない絶叫が上がる。そうして絶叫が上がる間にも男達は淡々と手を動かし、尻穴に新たな痒み薬を塗り込みながら赤く染まり始めた尻肉をバチンバチンと打ち据える。

「も…やらぁぁぁ!! ゆりゅじで! たひゅげで!! なんれもはなしゅがらぁ!! もぉ…たじゅげでぇぇぇーっ!!」

自ら屈服を選び、喉が裂けんばかりの絶叫と共に情報を白状する意思を伝えた無様な男の姿に男達は黒い笑みを浮かべ、男を追い詰める手の動きを緩めぬまま冷酷に歪んだ口を開き、求める情報を引き出す為の質問を堕ちたスパイの男に向かって浴びせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


GUSHpit エロ擬音~びくびくvはぁはぁv~
関連記事
 | HOME |