FC2ブログ

全身に淫具を取り付けられ探偵はよがり狂わされる

2017.08.02.Wed.21:00
昼食を済ませた男が部屋に戻ってくると、そこには数時間前と全く変わらない光景があった。
声が外に漏れないように設計された部屋には、数時間前に失神した時と同じ体勢で拘束されたまま眠っている裸体の探偵の男がおり、探偵を失神に追いやった淫らな責め具達も数時間前と同じく探偵の裸体にしっかりと固定されている。
赤い色をした一人掛けソファーに乗せられ、背もたれを上から挟むような形で頭の後ろに回された手首に嵌められた枷を鎖で緩み無く床の金具に繋がれた探偵はそのまま左右の太ももに巻き付けられた黒のベルトを背もたれを経由して鎖で繋がれ、口に言葉を奪う黒のギャグボールを噛まされてしまった。
裸体に剥かれ、手足と言葉の自由を奪われたばかりか恥部を丸出しにするよう足を大きく開いたまま閉じられないようにされた探偵は、すでに強い屈辱と惨めさを心の底から感じていた。だが、鬼畜な男は捕らえた探偵の心を辱めるだけでは当然満足せず、部下に指示を出して無慈悲な責め具を探偵の裸体に何個も何十個も固定させた。

左右の乳首を緩く吸い出した上で小刻みに振動させる吸盤型の器具、男根の幹の部分をすっぽりと包み込み全体をまんべんなく震わせる黒色の器具、左右の睾丸を絞り出して包み込み振動を加える袋状の器具、探偵の尻穴の奥深くまでを貫いて埋め尽くし電気刺激を注いで快楽を無理矢理に味わわせる男根を模した器具。それらの性の弱点にあてがわれた器具だけでも、探偵は拷問と言って良い程の甘い苦悶を受ける。それに加えて、探偵の裸体には白く薄いパッドが強力なテープであらゆる箇所に貼り付けられており、性の弱点を嬲る責め苦と同時にそのパッド達が生む電気刺激を叩き込まれた探偵は塞がれた口から甘く歪んだ悲鳴を上げ、身動きを封じられた裸体を情けなく痙攣させられながら数え切れないくらいに絶頂を強要され、数十回目の射精を伴わない絶頂を迎えると共に堪え切れず意識を手放した。
連続で長時間絶頂をさせられた疲労で、探偵は深く深く眠っている。ギャグボールの穴から垂れ落ちた唾液が腹部にたらたらと垂れ落ちても、冷酷な男が再び快楽地獄を与える為に戻ってきても全く気付かない程に、深い眠りへと落ちている。

「探偵さん、ただいま。今すぐに、目を覚ましてあげるからね」

にこにこと微笑んで言いながら男は探偵の前に置いた黒のソファーに数時間前と同じように腰かけ、ソファーに転がしていたリモコンを手に取るとそのまま何の躊躇いも無く探偵の裸体の責め具を駆動させた。探偵が気を失う前よりも強い動きで快楽を生むように設定した上で、だ。
乳首と、男根と、睾丸と、尻穴に取り付けられた器具が暴れ出す。脇腹に、二の腕に、内股に、足の裏にまで貼り付けられた白のパッドが刺激を生み始める。それは、探偵を眠りから引きずり出すには十分過ぎる刺激だった。

「んむぅぅぅぅーっ!? ぐふっ、ふっ、もごぉぉぉ!!」
「おはよう、探偵さん。よく眠れたかい?」
「あぉ、おぉ! ほごっ、ぐむぅぅぅ!!」

見開いた目に飛び込んできた男の笑い顔に気付き、探偵は状況を思い出すと同時に懇願の意思を込めた唸りを発した。
けれど、男はその唸りを自分に都合良く受け取り、残酷に言い放った。

「え? もっと強くして欲しいの? そっかそっか」
「ふぎゅぅぅぅっ!? んー! んもぉぉぉぉぉぉーっ!!」

男の手でリモコンが操作され、更に強められた快楽に探偵は喉が破れそうな程に絶叫しながら裸体を生き物とは思えないくらいにガクガクと痙攣させる。

「ふふっ…悦んでもらえて何よりだよ。私は今日はもう予定は無いから、探偵さんをたっぷり苛めてあげられるよ。気絶してもちゃんと起こしてあげるから、安心してよがり狂ってね?」
「ふっ、ぐぅ! むごっ、おぉ! あぉぉぉぉぉぉーっ!!」

恐怖と甘い悦びが混ざった痛々しい悲鳴を上げて射精無しの絶頂を迎える探偵の裸体の身悶えを、無慈悲な男は口元を緩めて眺め、心に満足の感情を湧き上がらせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G



セカンド
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

部屋は少年を弄ぶ為だけに用意される

2017.07.20.Thu.21:30
「ん…んー……む、うぅぅっ…」

窓が無く、扉は一つしか無い部屋。防音性の高い素材で作られた壁や天井に囲まれており、中でどんなに騒いでも外に音が漏れないよう設計された部屋の床に敷かれた柔らかな薄桃色のマットの上で、少年が弱々しい唸り声を上げている。
握り拳の状態を強制させ指を使えなくさせる黒色の手袋を嵌められた上で手枷と短い鎖を使って背中で拘束された手をじたばたともがかせながら黒革の目隠しの下で眉根を寄せ、壁の金具と赤い首輪の金具を繋ぐ長い鎖を冷たく鳴らしながら、衣服を一切まとっていない裸体の少年は口に噛まされた黒い棒状の枷の隙間から飲み込めない唾液と意味を持たない唸りを零している。

視界と言葉を封じられ、手を使う事も許されない姿で動物のように首輪で繋がれた裸体の少年が、騒いでも助けの来ない部屋に閉じ込められている。
周囲の状況を見て確認する事も出来ず、舌を噛んで自ら命を絶つ事も出来ない惨めな少年は、もはや自分をその状況に追いやった存在の思い通りになるしか無い。
部屋の扉が突然開き、靴音が近付いてくる音に気付いても、少年は床に転がされた裸体を硬く強張らせ、これから始まる辱めにただただ恐怖するしか無いのだ。

「んっ…うぅ、ふぐぅっ…!」

近付いてきた何者かが、左右の手で荒々しく少年の左右の足首を掴み、何の躊躇いも無く大きく開脚させる。拘束された腕を背中の下敷きにした上で仰向けに寝かされ、恥部を無理矢理に露出させられた少年は羞恥と屈辱で呻き声を上げたが、足を開かせた者はそんな呻きなどお構い無しに動き、少年がどうやっても足を閉じられないよう細い太ももを自らの膝でマットに押さえ付けると自由になった左手で少年の幼い男根を、右手で自分よりも先に少年を弄んだ者達が残した白の体液が少し溢れ出ている尻穴を弄り回し、望まぬ快楽を注ぎ込んで抗えない少年を一方的によがり鳴かせ始めた。

「んー!? むっ、ぐっ、ふぐぅぅぅ!!」

男根を緩く握られて上下に扱かれ、尻穴をいきなり三本の指でぐちゅぐちゅと掻き回される刺激に、少年はイヤイヤと顔を左右に振りながらやめてくれの意思を伝える。
しかし、やめてくれの意思を伝える少年の心とは裏腹に、この部屋に監禁されてからずっと淫らな調教を加えられてきた肉体は、甘い刺激に対して悦びの反応を返してしまっていた。
幼い男根を扱かれれば素直に硬くそそり立ち、三本の指で腸内を満たされても、やすやすと受け入れただけでなく中をほじくる指をまるで歓迎するかのようにきゅうきゅうと熱烈に絞め付け、たっぷりと解された直後に指を勢い良く引き抜かれてぽっかりと淫猥に開いた尻穴に男根を突き入れられても、少年の肉体は幸福感と共に堪らない快楽を覚えてしまう。

「んっ、んふっ! ふぅ、ふぐ、うぅ、うぶぅぅ!」

男根と尻穴を弄っていた手が再び少年の足を持ち、後ろにでんぐり返しをする途中に近い体勢を強いる。その体勢のまま真上から淫らに育てられた尻穴を奥深くまで容赦無く男根で掘削される少年は、嫌悪感とは全く違う蕩けた悲鳴を上げながらビクビクと裸体を震わせ、幼い男根から白の体液を腹部に放出しつつ何度も何度も絶頂を迎えさせられた。
その絶頂に合わせて激しくうねる腸内の動きに、長くは耐えられなかったのだろう。少年を凌辱する者は男根を襲う尻穴の揉み込みに野太い声を漏らし、腸内の深い位置に男根を潜り込ませた状態で濃い精液を大量に流し込んだ。

「んむ、ふぅ、ふぐ…うぅんっ!」

腸内に液体が流し込まれる充足感が消え去る頃に男根が引き抜かれ、少年に疲労とまた良い様に弄ばれてしまった事実に対する悔しさが訪れる。
汗と淫液で汚れた裸体を脱力させ、恥部を隠す事もせずにぐったりと横たわっている少年を作り出した者は、その淫らな様子ににっこりと微笑み、汗ばんだ髪を優しく撫でながら残酷に言った。

「じゃ、またね。今度は時間作って、たっぷり玩具を使ってイき狂わせてあげるよ。愉しみにしててね、少年探偵さん?」
「うー…うぐぅーっ……!!」

少年探偵は、哀願の感情を込めて制止の唸りを上げる。だが、無慈悲な男の足音は段々と小さくなっていき、少年探偵を性処理道具として弄ぶ為だけに用意された監禁部屋の扉は無情にも閉じられ、外から鍵をかけられてしまった。

「ふぅ…うふぅっ…!」

再び一人きりとなった監禁部屋には、尻穴からぬくもりを持った精液を溢れさせる少年探偵がすすり泣く声が、哀しく響いていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カテキョ中、生意気なショタをお仕置きした結果エロ可愛い件ww

黒に覆われた刑事達は甘く無慈悲に追い詰められる

2017.07.13.Thu.21:00
「あ…おぉっ。ほ、おぉ、おぅぅぅ…っ!」
「ふぅーっ…うぅ、ふっ、あうぅっ…」

苦悶に歪んだ呻き声が、誰かを閉じ込める為だけに作られた地下牢の中から弱々しく響く。その呻き声の主は、二人の男。悪人達の罠に掛けられて抵抗虚しく捕らえられて地下牢へと運ばれ、身に着けていた衣服の代わりに金属のリングを噛ませる開口具の部分以外の全身を隙間無くぴっちりと覆う黒のラバースーツを着せられ、その着せられたラバースーツの上から地下牢の壁に短い鎖で繋がれた黒革の枷をあらゆる箇所に取り付けられ立ったまま抵抗と逃走を完全に封じられてしまった無様な刑事の男達だ。
頭上に持ち上げさせられた手首と肘を壁に繋ぎ、首と胸部と腰を縫い付け、肩幅に開かされた足の足首と膝と太ももを固定する厳重な枷に行動の自由を取り上げられた刑事達は、もちろん奪われた自由を取り戻そうと考え、開かされたまま閉じられなくされた口から飲み込めない唾液を垂れ流しつつじたばたと身をもがかせた。
しかし、もがいたくらいで簡単に解ける拘束をわざわざ時間をかけて施す訳は無い。もがいてももがいても並んで壁に繋がれた刑事達は無理矢理に着せられたラバースーツが立てる甲高い音を鳴らす事しか出来ず、挙句の果てに二人はラバーの内側に溜まる熱によってあっという間に消耗し、嘲笑う悪人達の前で荒い息を吐きながらぐったりと脱力するという情けない姿を晒してしまった。

自力での脱出は不可能に近い事を嫌でも思い知り、何もかもを憎い悪人達に握られた事実に屈辱と恐怖を抱く哀れな刑事達。そんな刑事達に悪人達は無慈悲な責めを追加し、ほったらかしでも刑事達が悶え苦しむ状況を作ってから地下室を去ってしまった。
二人の刑事に噛ませた開口具に透明な太いチューブを取り付け、そのチューブの先を箱型の機械へと繋ぎ、淫らな欲望を強く掻き立てる催淫ガスが含まれた空気を吸わなければ呼吸が行えない状況を用意してから、二人の刑事を地下牢に置き去りにしてしまった。
その結果、二人の刑事は意に反して湧き上がる淫欲に抗い切れずに肉体をいやらしく変化させてラバースーツの股間部分と左右の胸元を内側から押し上げ、壁に繋がれた状態で無意識に腰を前後に揺らめかせつつ、必死になって呼吸とラバースーツ内に蓄積する熱を我慢し続けるという地獄を味わされ、憎んでいた悪人達の帰還を心の底から待ち侘びる精神状態へと追い詰められていた。

「はっ…はっ、は、おぉ…!」
「ふーっ…! ふっ、ぐふっ…」

硬く張り詰めさせられた男根が、じくじくとした疼きと共に刺激が欲しいと喚く。男根程強烈ではないものの、全身が疼きに苛まれ、刑事達に気が狂わんばかりのもどかしさを抱かせる。
そのもどかしさに加えて、刑事達はラバー内の熱と、催淫ガスを拒むが故の酸欠に苦しめられている。もはや、プライドや自尊心を守る余裕などあるはずが無い。
憔悴し切った二人の元に戻って来た悪人達の問いに対して、意地を張った反応を見せる気力も、当然残されてはいなかった。

「刑事さん達、ただいま。たっぷりガスを吸ったから、気持ち良くなりたくて頭がおかしくなりそうだろ?」
「うっ、うふぅぅ!」
「これ以上ガスを吸ったら本当に気が狂っちまうかもなぁ。さすがに、もう吸いたくは無いだろ?」
「うー! ふうぅぅ!!」

無我夢中で肯定の唸りを発しながら、刑事達はラバーに包まれた顔を縦に振る。その様子を見て、悪人達は箱側に繋がれていたチューブを取り外した。

「は、おぉぉっ…」
「ふぅ、ふぅぅっ」

ようやく吸えた、甘ったるい味の混ざっていない空気に、刑事達は安堵する。が、その安堵は一瞬で終わった。悪人達が取り外したばかりのチューブ同士を繋いでしまったからだ。

「こっ、ふっ!? ほっ、こぉっ!」
「はぉ!? あ、おぉっ、はっ、はぁっ…!!」

もう一人が吐き出した空気しか吸えない循環呼吸。それを強いられた刑事達は視覚を奪われている為に状況が分からず困惑し、先程までとは別の意味で苦しくなった呼吸に慌てて対応しようとする。
けれど、冷酷な悪人達は呼吸を落ち着かせる隙すら許さない。悪人達は刑事達が困惑している間に二人を繋いだ壁に近付き、無言でマッサージ器に似た淫具を構えて刑事達の性の弱点に狙いを付け、何の躊躇も無く淫具のスイッチを入れると淫薬で発情し切った刑事達の肉体をラバースーツの上から容赦無く淫具でいたぶり、二人を次から次へと絶頂が訪れる甘い快楽地獄に叩き込んだのだ。

「あうぉぉぉぉぉーっ!? こっ、ほっ、おほぉぉ!!」
「うぎゅぅぅぅっ!! ふっ、ぎゅ! あがぁぁぁ!!」
「おいおい、悦び過ぎだぜ。そんなに感じまくってたら、逆にイき過ぎで頭がおかしくなっちまうぜ?」
「ま、壊して欲しいってんなら、俺達は大喜びで刑事さん達を壊してやるけどな」
「あぅっ、ふ…ふ! ぐふぅぅ!」
「んぉっ…ほっ、ひっ…!」

チューブ同士を繋がれた循環呼吸を強いられながら酸欠による失神寸前まで絶頂させられ、失神を避ける為にとチューブ同士の連結を解いた状態で失神しても許されずに絶頂させられる刑事達の絶叫は助けの望めない地下牢中に反響し、黒いラバーに包まれて痙攣する肉体の様子と共に、悪人達の残忍な心をこれ以上無く愉しませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ヒーロー、悪にはいぼく

刑事達はケースの中でしゃぶり合う

2017.07.07.Fri.21:00
殺風景な部屋の中央に置かれた、大きなアタッシェケース。床から動かないよう、蓋が勝手に開かないよう床に打ち付けられた金具と鎖を使って厳重に固定されたアタッシェケース。その中に、二人の刑事の男が入れられていた。
道具と共に衣服を一つ残らず奪われた裸体に麻縄を施された刑事達は、ケース内に閉じ込められていなかったとしても逃げ出す事は不可能だ。何故なら、二人の刑事はもう一人に裸体を密着させたまま離れられないように縄で縛り上げられ、腕は相手の腰を引き寄せた状態で、足は相手の胸部を引き寄せた状態で、顔は相手の股間に深く埋め口で男根を喉奥までくわえた状態で拘束されてしまっているからだ。
文字通り手も足も出せず、口は言葉を発せないだけでなく仲間の男根を含み続ける事を強いられているという屈辱。その状況に追いやられた刑事達は自分達を罠に掛けて捕らえた悪人達への怒りを燃やし、ケース内の暗闇の中で唸りを上げながらお互いを励まし合っていた。
…呼吸の為にとケースに繋がれた太いチューブに、強力な媚薬ガスを混ぜた空気のタンクを繋げられるまでは、だ。

縄で縛られたままケースに閉じ込められ、そのまま数時間保ち続けてきた怒りと誇りは、刑事達を放置した部屋に戻って来た悪人達が残酷なタンクをチューブに繋げると二十分も経たない内に跡形も無く蕩け落ち、気が狂いそうな程の発情を促された二人の刑事はもう一人を励ましていた口で一心不乱に仲間の男根をしゃぶり合い、発情を解消し合いながら無様に射精し合う惨め極まりない状態へと陥ってしまった。ケースの外側に、悪人達がいる事も忘れて、だ。

「んっ、んっんぅ! んふっ、ふっ、むふぅっ!」
「んぐっ、んぐぅんっ! んっ、むぅ、むぐぅぅんっ!!」

縄で大きく動かす事を禁じられた頭部を一生懸命に前後させて窄めた唇で男根を扱き。舌を夢中で動かして亀頭やカリ首を舐め回し、仲間の男根のビクつきを無意識に愉しみながら時折放出される精液を飲み干す。刑事達は命令された訳でもないのにそれらの舌奉仕を仲間に対して行い、汗と淫液の匂いが充満した狭いケースの中で縛られた裸体を痙攣させている。

「気持ち良いかい? 刑事さん達」
「さすがの刑事さん達も、媚薬には勝てないみたいだねぇ。誇り高い正義の味方がチンコしゃぶり大好きな淫乱に早変わりだ」
「んむっ、ふぅ、ふぐぅっ」
「んもっ、むぅ、ぐっ」

悪人達の嘲りの言葉で、刑事達の心に悔しさがわずかに浮かぶ。しかし、その悔しさはすぐに掻き消された。甘い快楽と、悪人が発した媚薬の単語によってだ。
気持ち良くなっても、仕方がない。淫らな欲望を刺激される薬を逃げ場の無い場所でたっぷりと嗅がされ、仲間と男根を舐め合わなければ発狂するしか無い状況に追いやられたのだから、気持ち良くなる事は悪い事じゃない。
そう考えて自分を正当化し、悪人達の思い通りに淫欲に溺れる道を選ぶ二人の刑事。そんな二人が身悶える度にガタガタと音を立てるケースを見つめながら悪人達は満足そうに黒く笑い、刑事達をより早く落とす為にタンクのバルブを調節し、ケース内に流れ込む媚薬ガスの濃度を少しずつ少しずつ高めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


扉と仮面

檻に入れられ捜査員は発情を強いられる

2017.07.04.Tue.21:00
コンクリートの壁に覆われた殺風景な部屋の中に、頑丈な金属で作られた檻が置かれている。電話ボックスに近い形状をした縦に長いその檻は、猛獣を入れておく物とは明らかに違う。事実、檻の中には猛獣ではない存在が閉じ込められている。犯罪組織を調査している最中に不意を突かれて拉致され、衣服と共にあらゆる道具を奪われた裸体に拘束と無慈悲な苦悶を与えられた捜査員の男が、狭い檻の中に閉じ込められている。
口に言葉を封じる黒のギャグボールを噛まされた捜査員の男は、必死の抵抗をしたものの数で大きく勝る犯罪組織の男達には勝てず、両手と両足に拘束具を施されてしまった。手足に施されたその拘束は、黒革の枷と太く頑丈な鎖は、捜査員が鍛え上げられた筋肉質な裸体をどんなにもがかせても外れる気配を見せず、捜査員の手は頭上高く持ち上げたまま下ろせないよう檻と天井に短く繋がれ、檻の床に着いている足は肩幅に開き恥部をさらけ出したまま閉じられないよう檻の格子へと繋がれてしまった。

手も、足も、言葉の自由さえも奪われ、檻に閉じ込められた捜査員の男は激しい屈辱を感じている。加えて、憎い犯罪組織に捕らわれ無様な状態に追いやられてしまった自分への不甲斐無さも抱いている。その上、苦しい体勢を長時間強いられている裸体は強張ってミシミシと軋み、金属の床に触れ続けている足は冷えと痺れで痛みを感じている。
様々な苦痛に襲われている捜査員。だが、それらの苦痛はどれも捜査員を一番苦しめている物ではない。
捜査員を一番苦しめているのは、捜査員の精神と肉体を同時に追い詰めている責め。犯罪組織の男達の手で全身にくまなくたっぷりと塗り込まれた強烈な媚薬が生み出す発情だ。

「うーぅっ! うふっ…ふぅ、むふうぅぅ……!」

捜査員の裸体は、どこもかしこも疼きに疼いている。真っ赤に充血して硬く尖った乳首も、パンパンにふくれ上がった男根と睾丸も、尻の谷間の奥で息づく尻穴も、それらの分かりやすい性の弱点以外の場所も、媚薬を塗り込まれなかった顔の周辺を除く全てが無理矢理に発情させられ、むず痒さにも似た疼きを覚えている。
捜査員はそんな状況で長い時間放置され、一人きりで発情させられ続けた。どうにかまだ理性と正気は保っているが、反抗的な態度はもはや取れない。捜査員はようやく檻の前に犯罪組織の男達が戻ってきても怒りの唸りは発せず、意地悪な口調で向けられる悪人の問いにも、なりふり構わず肯定を示す。

「捜査員さん、苦しいよねぇ? 今すぐ、身体中に塗った媚薬を洗い流して欲しいよねぇ?」
「うっ、うぐぅぅぅ!!」

発情地獄の終わりを感じ取れる問いに、捜査員は痛々しい唸りを上げながらガクガクと首を縦に振る。すると、悪人達はニヤリと黒く微笑んで部屋に設置しておいたホースを手に取り、思い思いの方向からホースの先に取り付けたノズルを檻の中にいる捜査員に向ける。

「それじゃ、ご要望通り洗い流してあげるよ」
「ふぅ、むふぅぅ…」

安堵の吐息を漏らす捜査員は、全く気付かない。悪人達の行動は慈悲とは真逆に位置する残酷な物だと気付かない。
発情させられ、感度の高まった裸体を水で叩かれたらどうなるかも。すでに肌から吸収された媚薬を今更洗い流しても、薬効が切れる時がわずかに早まるだけだという事も。全く、気付かない。

「んも、お、ほぉっ…」

水を用いた冷酷なとどめがこれから始まるなど欠片も想像せずに早く洗い流してくれと視線で伝える哀れな捜査員に悪人の男達はこれ以上無い支配感を抱きながら、ノズルに付いたダイヤルを水が捜査員に向かって溢れ出るよう操作した。
直後、捜査員を入れた檻が置かれた部屋には十数個のノズルから溢れ出る水が立てる音と、媚薬に淫らに熟れた裸体を水に叩かれて狂ったように喘ぎ鳴く捜査員の悲鳴が反響し、淫猥かつ冷酷なハーモニーを奏でていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


男子マネージャーですが男子部員の性処理することになりました。
 | HOME | Next »