FC2ブログ

改造された男達は檻の中で人知れず獣に堕ちる

2020.06.23.Tue.21:00
犯罪組織が作り出した非道な装置の光線を不意打ちで浴びせられた俺の身体は、今日も手の平サイズに縮小させられたまま元に戻れずにいる。小型化された肉体から衣服を剥がれ机に置かれた小さな檻へと閉じ込められた俺の裸体は、同じ檻に閉じ込められた者達と同じく脱出の糸口すら掴めぬまま、特殊な檻が生み出す電波によって望まぬ発情と全身の疼きを引き起こされ淫らに火照らされている。
そして、縮められた裸体に残酷な改造を施された俺は今日も、堪えきれずに淫行に耽った結果放出された自分や他の者の精液を悦んで啜らされている。心で駄目だと思っても、作り変えられた俺達の身体は精液を摂取するのをやめられない。精液を分解し生きるために必要な栄養素を作り出す機構を体内に用意され、精液の香りと味を美味だと感じるよう変化させられた俺達は、死を拒むという意味でも元々無かったはずの歪んだ本能を抑えきれないという意味でも、快楽の追求と精液の摂取をやめられない異常な身体へと仕立て上げられてしまっているのだ。

「きもひぃ、気持ちいぃんっ! おひんぽひゅきぃ、せーえきおいひぃ……もっろ、もっろじゅぼじゅぼぉ」
「おひり、しゅごいぃ……まらイっひゃう……でぅぅっ! せーえきでりゅぅぅっ!」

俺より先に捕らわれ、この残酷な檻へと放り込まれていた者達は思考を完全に淫欲に支配され、男同士でまぐわいながら檻の床やお互いの裸体に零れた精液を舌ですくい取る行為を躊躇いなく取ってしまっている。
それを見ながら、俺は改めて自分は助けが来るまで耐え抜いてみせると決意する。床に腰掛け檻の格子に上半身を寄りかからせた体勢で我慢しきれずに右手で男根を扱き、溢れ出た精液を口に運んで至福を得ている状況では説得力が無いと理解しながらも、俺は今手に入れている悦びに溺れはしないと胸に誓う。
だが、すでに魂まで淫らに陥落させられた者達はそんな崩れかけの誓いを保つことすら許してくれない。貪欲に肉の快楽を求める獣となった者達は、一人で自慰を繰り返している俺に蕩けた表情を浮かべながら四つん這いで迫り、堕ちまいと抗っている俺の裸体を刺激しながら誘惑を口にしてくる。

「ね、一緒にしよぉ。一緒に、気持ち良くなろぉ?」
「一人でしてたらもったいないよ? 皆でして、いっぱいいっぱい精液出そっ?」
「あぁ、らめぇ……舐めちゃらめ、気持ち良く、なっひゃ……」

過敏になっている肌を指先でくすぐられ、右手と太ももと男根自身を汚している精液を嬉しそうに舌で舐め取られる心地良さに震えながら、俺は聞き入れられない制止を発しつつ早くも絶対に屈しないという誓いを砕かれていく。それでも、俺はどうにか理性を取り戻そうと快楽を堪えようとした。けれど、そんな試みは一瞬で無に帰され、俺の心は淫欲への渇望で満たされてしまった。
一人の男が俺の前で立ち上がり、逞しく勃起した男根を鼻先に突き付けてきたからだ。

「ほら、ぺろぺろして。精液、飲みたいでしょ?」

雄の強い香りが鼻腔を甘美に犯す。眼前で脈打つ男根を濡らす精液の震えが、淫猥な改造を施された俺の本能を掻き立てる。もう、耐えられない。もう、逆らえない。俺は欲望に飲み込まれ、左右の頬を緩く叩いていた男根に夢中でしゃぶりつき、精液の放出を促すための愛撫を熱烈に加え始めた。
堕ちないという思いを置き去りにして、俺は今日も同じ檻に入れられた者達と共に悦楽を貪り合う淫蕩で幸福な時間を選んでしまったのだ。

「んむっ、むっ、ふぶっ、あむぅっ」
「ふぁっ、あっあぁ! すごい、上手、きもひぃぃっ!」
「そうそう、我慢は毒だよ。そうやって、お互いに仲良く、気持ち良くなろうねぇ」
「我慢して狂うより、気持ち良くなって狂う方が幸せでしょ。だから、ね……逃げられない同士、幸せに狂おうねぇ……」
「んむっ、ふぐ、あむぅぅっ!」

男根を口に含んだ状態で頷きながら、俺は一層激しく男根を舌で刺激しつつ自分の裸体に訪れる甘い悦びによがり鳴く。
もうすぐ、射精がくる。口に入っている男根の射精を味わいながら、自分の射精の悦びを愉しめる。その淫らな幸せに全身をゾクゾクと痺れさせながら、俺は他の男達と同じように捜査員としての正義と誇りを忘れて精液を吐き出し精液を飲み干していた。




餌をやらずとも自動で生き続ける機構を与えられ、小さな肉体でどんなに声を張り上げても外部には一切漏れない地下空間で檻に監禁された哀れな捜査員達は、自分達を拉致しここに置き去りにした犯罪組織の者達が戻ってくることはおろか、仲間が助けにやってくることも永遠に無いという絶望の事実を知る由も無いまま、誰も来ない地下室で仲良く肉欲に浸り、人間を失った淫獣達へと自ら望んで堕ちていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















スポンサーサイト
[PR]

男達は仲良く平等に裸体を使われる

2020.06.07.Sun.21:00
三人の男に、上下関係は無い。男達はそれまでの経歴も立場も全く絡まない、平等な立場で扱われている。
調査の最中に不意を突かれ昏倒させられた探偵も、潜入捜査を行っている事実を暴かれ組み伏せられた捜査員も、良心の呵責に耐えきれず自身が所属する組織の悪事を告発しようとしていた裏切り者も、全員仲良く裸体に拘束を与えられ犯罪組織の本拠地の地下空間という助けを望めず味方も存在しない場所で、自由に使える肉便器として飼育されている。
ただ淫らに嬲られるためだけに生かされる地獄の日々から逃れたくても、毎日手を変え品を変え様々な形で厳重に自由を奪われている三人は逃げる以前に這っての移動すらも行えない。人権を無視され穴を好き勝手にいたぶられる恥辱の日々に死の方がマシだと思うほどの苦しみを味わわされても、ほぼ常に開口具を装着されている三人は自らの舌を噛み切っての自害さえ許されず、どうやっても一方的な凌辱によがり狂わされる肉便器の立場から抜け出せない。
昨夜に与えられた縄の拘束を鳴らし、諦め悪く逃走を求めての足掻きを行っていた三人は今日も、地下空間で自分達を飼い殺す非情な男達が注ぐ悦楽に翻弄されるしか無い。開口具によって閉じることを禁じられた口で哀願の唸りをなりふり構わず放ち、心の底から恐怖の反応を見せて許しを請うても、三人は自分達を都合の良い性欲の捌け口としか認識していない男達にどうすることも出来ずに犯し抜かれ、男として、人間としての尊厳を砕かれながら望まぬ絶頂へと押し上げられるしか無いのだ。

「おはよう、今日もたっぷりケツマンほじくり回してやるよ」
「はい、じたばたしてないで犯しやすい格好になろうねー」
「あぉっ、は、おぉぉっ!」
「か、は……は、ごぅぅっ……!」

背中で重ねさせられた肘から先を縛り二の腕同士を結合する上半身の縄を軋ませながらのたうち、足首同士と太もも同士を繋いで左右を一つにまとめる縄を与えられた足をめちゃくちゃに振って拒絶を示す三人のささやかな抵抗を軽々と制した男達は、思い通りに動けない三人の髪を掴んで無理矢理に立たせると、足を限界まで伸ばし上半身を床と平行になる高さまでお辞儀させた体勢を取らせた。
それは、尻穴を無防備にさらけ出させて男根の挿入を容易にさせつつ、口への男根の挿入もしやすくする体勢。三人にとっては上下の穴を容赦無く凌辱される残酷な体勢で、三人を監禁して淫猥に飼っている組織の男達にとっては連日の調教ですっかり解れた尻穴と罰を受けたくない一心で一生懸命に舌での奉仕を行うことを刻み込まれた閉じられない口を思う存分いたぶれる愉快極まりない体勢だ。

「はい、挿入。皆仲良く大好きな串刺しプレイだぜー」
「おぐっ、ぼ、もぉぉっ!」
「うんうん、嬉しいね。気持ち良いね。三人共持ち主の俺達にたくさん苛めてもらえて幸せだね」
「おぅ、あぼぉぉ……!」
「んっ、ご、ほぉ、むぶぅぅっ!」

自分達の口と尻穴で男根を暴れさせながら、苦悶の様子を勝手に嬉しがっていると解釈する男達の残忍さに改めて打ちひしがれる三人は感じたくないのに感じさせられてしまう雌の快楽に甘くくぐもった悲鳴を上げつつ、これ以上苦しさが増えないよう舌を男根に這わせ腸壁で男根を絞め付け、憎いはずの男達の機嫌を損ねないよう男根に刺激を注ぎ、支配者である男達を悦ばせていた。




口内に精液を何度も何度も吐き出され、男達は三つの胃袋を淫らに満たされた。腸内の奥深くで十数人分の精液を繰り返し放出され、男達の尻穴は閉じきることも叶わずに精液を零すはしたない状態へと追いやられた。
欲望のままに三人を犯し抜き勝手に満足した無慈悲な男達は、汗と淫液で汚れきった裸体を小刻みに痙攣させている哀れな男達を適当に床へと再び転がすと、衣服を整え直して地下空間を去った。
感謝の言葉も労いの言葉も無く、男達は幼子が遊具を散らかすかのように三人を放置していったのだ。

「あ、はぁ、おぅぅ……」
「あぅ、あおぉ」
「はぁ、は、うぅぅ……っ!」

また自分達だけとなった空間で、探偵と捜査員と裏切り者は度重なる絶頂と辱めに憔悴させられた体液塗れの裸体をすり寄せ合いながら涙を流し、死さえも認められない淫獄の苦しみと哀しみを虚しく和らげ合っていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















傲慢な男は人ならざる親子を淫らに飼育する

2020.06.06.Sat.21:00
平素は人間とよく似た容姿を有している、人外の存在である親子。父である男と息子である青年でお互いを支え合いながら、波風を立てることもなく慎ましく暮らしていた人ならざる二人。そんな無害な親子の平穏を、男は理不尽に壊した。人外の者達を飼い慣らして服従させ、自分に隷属させたい。あまりにも身勝手な欲望のために正体を暴かれた親子は男が差し向けた部下達によって連れ攫われ、男が所持している屋敷へと運ばれたのだ。
当然、親子は危機からの脱出を求めてあらゆる手を尽くした。けれど、創作物にあるような特殊な能力など持ち合わせてはおらず、筋力も人間とほぼ変わらない二人が試行錯誤を繰り返しても、傲慢な男が用意した専用の監禁部屋からはどうやっても逃れられない。頑丈な金属製の壁や外側から鍵を掛けられた扉を幾ら調べても、鑑賞のためにあてがわれた強化ガラス製の壁を必死で叩いても、哀れな親子は脱出の糸口すら掴めず衣服を取り上げられた裸体を汗で濡らすだけに終わってしまった。
ただ静かに過ごしていただけなのに、どうしてこんな仕打ちを受けなければならないのか。人間ではないと言うだけで、何故ここまで尊厳を踏みにじられなければならないのか。怒りと哀しみを抱き、親子は自分達を攫い裸体で閉じ込めた男を強化ガラス越しに鋭く睨み付けた。しかし、異常な男は親子の反抗の視線を浴びても全く動じない。正常な人間から見たら狂った思考と嗜好を持つ男は二人の抗いの意思表示を受けて元気が良いと悦びながら、監禁部屋に仕込んだ残酷な機構を作動させた。それは、親子の人外を無理矢理に露出させ、滑稽な人外の苦悶を最大限に堪能するための非道極まりない機構。特別に調合させた薬品を混ぜた気体を逃げ場の無い監禁部屋に少量ずつ流し込み、人間には存在しない強烈な発情を引き起こさせる仕掛けだ。
吸っている空気に混ぜ込まれた異常を香りと肉体の火照りで把握した親子は、恐怖に表情を歪ませながら男が観察している前で半狂乱になって足掻き部屋から逃げ出そうと試みた。もちろん、恐怖に突き動かされようが少年に掻き立てられながら試行錯誤を繰り返そうが、状況は変わらない。火照りが高まり上手く動かせなくなった裸体を酷使して壁を調べ続けても、手に走る痛みを耐えながら強化ガラスの壁を叩いても、二人は狂った男の目と耳を愉しませることしか出来ない。
それでも諦めることなく親子は足掻き、発情の熱が高まっていく肉体と暴走する人外の本能を律しながら逃げるための動きを行っていた。だが、じょじょに濃くなっていく淫薬混じりの空気は際限なく親子を狂わせ、心と身体を追い詰めていき、二人はとうとう仲良く理性を崩され、抑え込んでいた白色の耳と尻尾を生やしながら男が望む発情姿を晒すだけの淫乱雄猫へと堕とされてしまった。

「ん、にゃぁっ……はむ、ん、にゃっ、は、にゃあぁっ」
「あ、にゃあぁ! はぁ、は……んむ、はふ……にゃ、にゃぅぅんっ」

人間の言葉を捨て、種の本能に従って甘い声で鳴きながら、二人は見られていることはおろか自分達が親子であることも忘れて淫らに高まった裸体をすり寄せ合い愛しげに舌と尻尾を絡め合い、勃起した男根を刺激している。
その人ならざる親子の淫猥な絡みを存分に鑑賞し、醜悪な笑みを浮かべている男は自分の所有物となった親子が快楽を追い求める光景を眺めながら、特別なペット達を手に入れた事実に対する悦びを歪んだ心に抱かせ充足を募らせていた。
どんなに親子が痴態を晒そうと、親子のたがを外して欲望を剥き出しにした性行為に耽ろうと、何の疑いもなく二人を下に見ている男は珍しい動物の交尾程度にしか認識しない。そんな男に捕らわれた親子は打ちひしがれる心すらも失った状態で男の思い通りに狂わされていき、常に発情している情けない雄猫達と称して男と同じ考えを持つ客人達への見世物として扱われる日々を、当然の物として受け入れさせられていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















捜査員は檻の中で跡形も無く蕩け落ちる

2020.03.23.Mon.21:00
「っ、うぅ……」

後頭部に走る鈍い痛みに顔をしかめながら、男が目を覚ました。
意識を取り戻した男は自分が背後から不意打ちを食らったことを思い出すと慌てて身体を起こし、眠っている間に入れられていた強化ガラス製の檻の壁に手を付いた。

「くそっ……!」

頑丈な強化ガラスは、生身でどうこう出来る代物では無い。焦りに任せて叩いても、それは手を傷めるだけだ。せめて捜査員としての道具が残っていれば何とか脱出に繋げられたが、男を捕らえた者達は抜かりなく道具を衣服と共に全て奪い、捜査員を一糸まとわぬ裸体にしてしまっていた。
檻から抜け出す術は無い。それどころか、身を隠す手段も無い屈辱的な状態に追いやられた捜査員。だが、男は決して気落ちせず、檻の中をくまなく探索して脱出への足がかりを見つけ出そうと動き始めた。
檻の天井を調べ、床のつなぎ目を調べ、角に弱い部分が無いかと狭い檻の中で探し回る。丸出しの男根を揺らしながら恥じらいを一切見せずに逃れるための行動を取る気丈な捜査員。しかし、その足掻きを予測していた男達は、捜査員を閉じ込めた檻に残酷な仕掛けを施していた。
捜査員を捕らえた男達は強化ガラスの檻の下に振動を感知するセンサーを用意し、捜査員が意識を取り戻して脱出を試みると同時に非道な責め苦が始まるよう仕組んでいたのだ。
もちろん、捜査員はそんなことなど知る由も無い。故に、捜査員はそれが地獄の引き金になると想像もせずに檻の中を調べ回って振動を生み出し、とうとうセンサーを起動させてしまった。

「っ!? 何だ?」

真下から聞こえる電子音と、機械の駆動音。それに身構え、警戒を強める捜査員に責め苦が加えられ出す。
それは、呼吸用にと用意されていた床の小さな穴達から流し込まれる強力な媚薬混じりの空気だ。

「何も……起こらない……?」

困惑の呟きを漏らしながらも警戒を続けている捜査員は、吸うだけで強烈な発情に見舞われ肉体と思考を淫乱へと作り変える無慈悲な淫薬混じりの空気が逃げ場の無い檻の中に侵入していることに全く気付かぬまま、脱出を求めての行動を再開していた。



数時間後、強化ガラスに閉じ込められた状況から抜け出そうとしていた捜査員は、跡形も無く蕩け落ちていた。
逃げ出そうという考えはどこにも無い。襲い来る発情を堪えていた事実は欠片も見えない。檻の中を淫薬に支配され、嫌でも呼吸をする度に心と肉体を高められていく状態へと追いやられた哀れな捜査員は自分を拉致した男達が戻ってきたことさえ理解出来ぬまま、檻を囲んで観察している男達の前ではしたない痴態を心地良さそうに晒していた。

「きもっ、ちぃぃ……ちんこ、しこしこぉ……乳首、くにくに……りょうほぉ、きもひぃ……またイくぅ、しぇーえき、でりゅぅぅっ……!」

自らの左手で硬く尖った乳首を捏ね回し、右手で限界まで勃起した男根を夢中で擦り上げる捜査員は快楽を心から嬉しがりながら休み無く性の弱点を責め立て、絶頂に次ぐ絶頂を自分自身の意思で追い求めている。

「あんっ、あはぁぁ……出たぁ、せーえきっ……んっ、おいひい、もっと出すぅ、せーえき、いっぱいぃ……」

喉の渇きを潤すために自らの淫液や汗を啜る。それがどれだけ惨めなのかすらも分からなくなった捜査員を無言で笑い飛ばしながら、残酷な男達は愉快そうに細めた目で壊れた捜査員が自慰に耽る様子を堪能し、心に広がる優越感と征服感に背筋をゾクゾクと震わせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















青年は自分と共に男の鑑賞物にされる

2020.03.08.Sun.21:00
天才的な科学者である男がまた、世の中を変える技術の進歩を成し遂げた。その情報はまたたく間に科学者の頭脳を独占しようと目論む世界中の組織へと知れ渡り、スパイである青年は自身が所属する組織への多大な利益を生み出すために、科学者が研究目的で所有している孤島へと足を踏み入れた。
その孤島へと辿り着くまでに、競合相手と海上で幾つもの死闘を繰り返した。孤島に上陸してからも、青年は先にやって来ていた者達との格闘を繰り広げ、研究者が自ら用意した警備ロボット達をかわし続けた。
そして青年はとうとう、孤島に立てられた建物の最下層に位置する空間へと辿り着いた。そこに至るまでに科学者の男は見つからなかったため、間違いなくそこに科学者がいるであろうという認識と共に、青年スパイは扉を施錠する電子ロックのハッキングに勤しむ。
手元の端末に映し出される数字の羅列を読み解きながら、青年は改めて頭の中に自身の任務を思い浮かべる。第一目標は、科学者が達成した技術の進歩についての詳細を掴むこと。第二目標は、大金を積まれても他人のためには研究を行わない偏屈な科学者の弱みを握り、あわよくば自らの組織へと招くこと。最優先事項と、失敗前提の目標を青年が再確認し終える頃、端末に『SUCCESS』の文字が表示され、扉を閉ざすロックが解除された。
二枚の扉が、左右の壁の中に収納され室内への通路が確保される。その開ききった扉の向こうに敵がいないことを確認すると、青年は最大限の警戒を抱きながら室内へと踏み込み、驚愕した。
そこには、あまりにも予想とかけ離れた異常すぎる光景が広がっていたからだ。

「何だ……これ……っ!?」

警戒しているはずの青年は、自分の目に映る室内の様子に思わず声を漏らし、呆然とした表情でゆっくりと驚愕の理由に近寄っていく。
すると、近寄られた側はくぐもった唸りを放ちながら、青年スパイに救いを求めた。それは、手足の存在しない肉体を吊るす鎖を甲高く鳴らし、淫らな玩具を固定された恥部を揺らしながら行われる透明なカプセル越しの哀願だ。

「うぶっ、むぐぅぅっ! うぁっ、あぉぉぉっ!」
「ふーっ、むぶっ、あぶぐぅぅぅ!」

本来腕と足が生えている場所に金属で作られた蓋を取り付けられ、その蓋に繋がれた鎖を強化ガラスで作られたカプセルの床と天井に結合された裸体を宙でめちゃくちゃにもがかせ、細いチューブが繋がっている黒のギャグボールを強く噛み締めながら、非道な拘束を施された男達は自分を外から眺めている青年に助けてくれと必死に叫ぶ。
だが、青年は彼らを助けない。想像など欠片もしていなかった物体に圧倒され思考能力を奪われた青年は自由と言葉を奪われた彼らが身悶える度に揺れる男根に巻き付けられたローター付きのベルトと尻穴を下から串刺しにして荒い掘削を繰り返している極太の張型による快楽責めを無言で観察しながら、いたぶられている者達で作られた通路を惰性で進んでいく。
任務を完全に忘れ、甘い悲鳴を聞きながら放心状態で歩く青年。そんな青年の目が、突如として見開かれる。目を見開いた青年は一つのカプセルに手を付き、中にいる者を見つめながら呟いた。

「これ……俺……!?」
「ふぅっ!? んま、むぉぉっ……!?」

自分と全く同じ顔。仲間達にすら教えていない下腹部のほくろ。紛れもない自分自身の変わり果てた姿をカプセル内に見付けた青年は表情を恐怖色に染めた。見付けられた側の青年も、手足を取り上げられていない自分をカプセルの外に確認し、喘ぎ混じりの困惑の声を発した。
時がとまったかのような感覚を味わいながら、二人はしばし視線を交わし合う。そうする内に、カプセルの外にいる青年はあることに思い至り戦慄を深めた。
そういえば、少し前に別のカプセル内に見た男は自分と対立している組織の構成員にそっくりじゃないか。入り口近くにいた青年は、直接会ったことは無いが自身の組織と友好関係にある組織の者じゃないか。あの男は、あの青年も。異様さに掻き消されていた情報が次から次へと押し寄せ、青年は背筋と心を凍り付かせる。もはや青年は、気付いてしまった事実に思考を支配されている。閉じ込められた自分が放つ唸りが、哀願から危険を知らせる物に変わっても青年はそれを把握出来ない。
完全に隙を晒し、動きのとまった青年の背後に無音で忍び寄ったアームは無防備な青年の背中を狙い、先端に取り付けた短い針を素早く突き刺し、強力な睡眠薬を流し込んで青年の意識を奪い取った。



青年が孤島から帰らなくなって、数週間。組織は任務失敗と判断し青年を見捨てて次の手を講じていた。
故に、青年に救助は訪れない。科学者によって望んでもいないのに生み出され実験材料兼淫らな鑑賞物として飼い殺しにされている哀れなクローン達を助け出す者はおろか、自身のクローンと並べて拘束され、科学者の寝室という最悪の特等席に飾られた青年を地獄から解放してくれる者もいない。

「さぁ、二人共。今日もたっぷり良い声で苦しんでおくれ。私の研究意欲を刺激する、極上の悶絶姿を晒して、愉しませておくれ」
「むっ、ぎゅぶぅぅっ! あぶっ、ぼむぅぅっ!」
「んーぅっ! はぶっ、ば、はみゅぅぅぅっ!」

手足を奪われ、二つのカプセルの中で吊るされた哀れな青年達は狂気に歪んだ笑みを浮かべながら恥部に与えられた責め具とギャグボールに繋がっているチューブを通して無理矢理に淫薬を摂取させる機構を起動させるボタンへと手を伸ばす科学者に向かって同じ顔を悲痛にしかめ、同じ声で聞き入れられない心からの懇願を発して、科学者にこれ以上無い幸福を味わわせるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















 | HOME | Next »