FC2ブログ

男は少年達の匂いで屈服へと追い詰められる

2020.06.28.Sun.21:00
山奥の施設を貸し切って行われる合宿初日の夜。全員で風呂を楽しみ、汗を流し終えた少年達は汗をたっぷりと吸った自身のユニフォームを手にして一つの部屋へと足を運んでいく。
そこは、少年達を引率し指導する立場である顧問の男の部屋だ。
濡れて重みを増したユニフォームを揺らしながら、少年達が挨拶も行わずに顧問の部屋へと足を踏み入れていく。その無礼さを咎めたくても、顧問の男は咎められない。何も言えずにただただ恐怖に身を強ばらせている哀れな男を取り囲んだ少年達は、情けなく床に転がっている姿を眺めて微笑みながら、捕らえた顧問に残酷な言葉を口々に浴びせた。

「先生、お待たせ。こんなに汗かいて……どうにかして逃げようと一人で頑張ってたみたいだね」
「残念だったね、先生。逃げられてたら……僕達に今から苦しめられることも無かったのにね」
「んぅ……む、ぐむっ……!」

大の男である顧問の不意を突いて十数人がかりで襲い、抗おうとする動きを数の暴力で押さえ込みながら用意しておいた黒色のガムテープで厳重に身動きを封じた少年達が向けてくる愉快色の言葉と表情に改めて怯えを募らせた男は、テープに閉ざされた口で唸りながら逃げなければという思いを込めて一層激しく身悶え、自由を取り戻そうと足掻く。
しかし、一層激しく身悶えたところでそれまでビクともしなかった拘束がいきなり解ける道理は無い。幾ら力を入れても背中で重ねさせられた肘から先を縛られ、正座の状態から離れられないよう折り畳まされた左右の足にテープを執拗に巻かれ、伸ばせなくされた足と上半身をきつく括る形で身に着けていた衣服が見えなくなる程にガムテープの黒で覆われた顧問の身体は、逃げる以前に左側を下にして布団に転がされた状況から抜け出せない。
抗議の言葉すら発せず、寝返りすら打てない惨めな男。年上の威厳も顧問としての立場も忘れ、心の底から恐れを抱いている滑稽で可愛い顧問の男。そんな男を作り出した少年達は救いを望む視線と唸りを堪能して興奮と劣情を加速させながら、逆らえぬ顧問に与える苦悶の準備を進めていく。
一人の少年が自身のバッグに折り畳んで忍ばせていた巨大なボストンバッグを広げた少年達は、文字通り手も足も出せない顧問を布団から協力して持ち上げると、ガムテープに全身を締め付けられた顧問の肉体をボストンバッグへと押し込んだ。もちろん、やめてくれの意思を乗せた顧問のくぐもった叫びを無視しながらだ。

「んーっ! むっ、ぐぅ! んぐぅぅぅっ!!」

この状態でバッグのチャックを動かされたら、自分は暗闇に閉じ込められてしまう。その事実のみを把握し、顧問は少年達に慈悲を欲して悲痛に叫ぶ。だが、残忍な少年達は顧問の想像の上を行く非道な責めを顧問に加え始めた。少年達は自身の汗を吸ったユニフォームを顧問を入れたボストンバッグへと放り込み、鼻呼吸しか行えない顧問の鼻腔を汗臭さで犯しつつ、汗で濡れた布による目隠しを施したのだ。

「むぅぅーっ!? んぐ! ふー! ぶむぅぅぅぅっ!!」

呼吸の度に襲い来る十数人分の汗の臭気が、苦しい。視界を遮られたために少年達の次の行動が何一つとして分からず、怖い。
半狂乱で鳴き喚きながらめちゃくちゃに身をよじってバッグとユニフォームをもぞもぞと変形させる顧問の悶絶を目と耳で味わい、悪魔のような醜悪な笑顔を浮かべた少年達は、お互いに視線を交わし小さくうなずき合うと履いていた下着を脱ぎ、幼さを有しつつも雄の欲望に滾った男根を取り出してそれぞれの利き手に握り、無駄なもがきを繰り返しているバッグ内の顧問に狙いを定めてそれを向けた。

「さ、先生。最後の仕上げをしてあげるよ」
「一晩中たっぷり苦しめるよう、俺達がいない間に先生の心と身体をエッチに屈服させられるよう、全員でいっぱい掛けてあげるからね」
「む……? っ、ふぅぅっ!? んむ! んぐぅぅぅーっ!!」

少年達のしようとしていることを理解出来てしまった顧問は絶望に染まった絶叫を放ちながら男根を扱く少年達に囲まれた状態でじたばたと暴れ、息を乱して余計に汗の匂いを吸入して自らを追い詰めつつ、自慰の材料をこれでもかと提供して少年達の射精欲を刺激し、自分を嬲る精液の放出を意に反してこれ以上無く促してしまっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















スポンサーサイト
[PR]

不良達は捕らえた教師を雌に堕とす

2020.06.11.Thu.21:00
目の前で三人の不良生徒が未成年でありながら煙草を吹かし、あろうことか缶入りのビールまであおっている。
しかし、今の男にそれを咎めることは出来ない。教師としての説教を喰らわせ、学生に相応しくない品々を没収することも叶わない。
待ち伏せをしていた不良達に襲われ、使われていない廃ビルの一室へと連れ込まれ衣服を取り上げられた裸体に厳重な拘束を施された教師の男は、不良達の手で淫らな弱点へと固定された無慈悲な機械の責めによがり狂わされることしか出来ない状態へと追いやられてしまっているからだ。

「んぅぅーっ! んぐっ、ふぅぅ! むーっ! んむぅぅぅーっ!!」

口内に押し込まれた布に歯を立て、栓をするように口へと貼り付けられた黒のガムテープごしにくぐもった悲鳴を上げながら、男は拘束を解こうと、自分を苦しめている淫らな機械達を振り払おうと裸体を必死によじらせる。
だが、その必死さも虚しく男を取り巻く状況は何一つとして変わらない。手首と二の腕を短く繋ぎ、足首と太ももを遊び無く括る手足の縄と背の低い古びたテーブルの脚をきつく結合している縄を解こうと暴れても、頑丈な縄は軋む音を立てるばかりで緩みすらせず、男の裸体はテーブルの上に仰向けで転がされた格好からどうやっても抜け出せない。不良生徒達の前で恥を捨てて腰をくねらせ情けなく身悶えながら責め具達から逃れようと試みても、左右の乳首を強く挟み込んで震えているクリップ型のローターと男根の根元と亀頭のすぐ下にテープで貼り付けられた楕円形のローターと尻穴から抜け落ちないよう縄でしっかりと固定された極太のアナルバイブは外れる気配すら見せず、無意味な足掻きを嘲笑うかのように無機質な駆動を繰り返して男の弱点をいたぶり、もう何十回目かも分からない望まぬ絶頂へと男を容赦無く押し上げていく。

「んむぅぅぅんっ! ふー! ふぐっ、ぶむぅぅぅんっ!!」

吐き出す精液すらも枯れ果てた限界を超えた絶頂に汗と淫液塗れの裸体を痛々しく痙攣させる教師。そんな教師の男の無様極まりない姿を肴にしながら、三人の不良生徒は愉快一色の笑みを浮かべている。
この三人は、悶え苦しむ自分を娯楽としか見ていない。教師や生徒といった立場以前に、人間を弄ぶことを何の疑いも無く愉しんでいる。

「うぐぅぅぅんっ! んー! むぶぅぅぅぅぅーっ!!」

校内で非行を注意していたときには全く気付かなかった不良達の残忍さを認識し、心の底から恐怖と絶望を募らせた男は表情を凍り付かせ、助けを求めて一際強く唸りを上げた。
すると、教師が上げた唸りの直後に、さび付いた扉の開く音が聞こえた。淡い希望を抱き、男は開いた扉の方を見る。
けれど、男の目に見えたのは絶望を更に加速させる光景だった。後からやって来た三人の不良は、教師を襲って拉致し縄拘束と淫具の恥辱を加えた不良達とよく行動を共にしている不良達は、自分達に口うるさく小言を発していた教師の惨めな痴態を指差しながら、笑いを乗せた言葉と共に歩み寄る。

「おー、マジで○○じゃん。随分とみっともねー格好になっちまってんなオイ」
「んで、マジで俺達も混ざって良いわけ? お前らに順番回んの遅くなるけど良いの?」

後から来た不良達の問いを聞いた三人は、怯え切った教師の表情と快楽に痙攣している逃れられない裸体を眺めながら、残酷に言った。

「もちろん、俺達全員でコイツをマワして、二度と俺達に逆らえないよう調教してやろうぜ」
「順番なんて気にする必要ねーよ。どうせ全員満足するまで、何時間でも犯しまくってやるんだからな」
「んー!? んむぅぅ! ふぐぅぅぅっ!!」

嫌だ、嫌だ。あらゆるプライドをかなぐり捨て許しを欲して言葉にならない声で悲痛に唸る男を目と耳で味わいながら不良達は目上である教師を屈服させる悦びに興奮を募らせ自身の男根を滾らせつつバイブを固定していた縄を緩め、捕らえた教師を雌に堕とし服従へと導く準備を進めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















少年達は教師を捕らえ淫乱に調教する

2020.04.07.Tue.21:00
「んーんっ! んぐ、むぐぅぅぅっ!」

固く丸めたタオルを詰め込まれ、それを吐き出せないよう別のタオルを噛まされた口からくぐもった唸りを上げて、男がじたばたと身をもがかせている。丸出しの男根を無様に揺らしながら、男は自由を取り戻そうと必死になって暴れている。
けれど、男の努力は実る気配を見せない。背中で重ねさせられた肘から先を括る縄と二の腕を胸部へと結び付ける縄は幾ら力を込めても緩まず、足首と太ももを繋ぐ縄も解けず、上半身に巻き付けられた布団を固定する縄と足の拘束を結合する縄も足掻きに合わせてぎしぎしと軋むのみで全くビクともしない。
布団によって視界を遮られ、タオルの猿轡で言葉を奪われ、縄の拘束によって身動きを完全に制限されている。そんな哀れな男は力を込めたくらいで縄が外れるわけは無いと頭で理解しつつも、屈辱と危機から逃れたい一心で無駄な足掻きを繰り返す。
そんな無意味な試みをどれくらい続けた頃だろう。男の耳に、自らが立てる身悶え以外の音が不意に聞こえた。
それは、扉が開く音。数人が部屋へと入ってくる足音。そして、少年達が発する愉しげな色を有した声音だ。

「意外と起きるの早かったね。先生の夕食に混ぜた薬、ちょっと量が足りなかったのかな?」
「でも、その可愛い格好にしてあげるときに困らないくらいにはよく眠ってましたね、先生」

自分の周囲で聞こえ始めた音に怯えていた男は、聞き覚えのある声を耳にして怯えを恐怖へと変換させた。
一切の抵抗を行えないこの惨めな状態に追いやった生徒達は、一回り以上年下の少年達は、露出させた恥部をよじらせている自分を見て嬉しそうに言葉を弾ませている。
どう考えても普通では無い異常な事態に身を強ばらせ、男は教師としての立場を忘れて布団と縄に縛られた肉体を小刻みに震わせる。その反応を目にした少年達は口角を更に吊り上げ、残忍に細めた目で抗えない教師の姿を存分に味わうと、無防備な身体にゆっくりと手を伸ばしながら掠れた声で言った。

「ふふっ、そんなに怖がらなくても大丈夫ですよ。俺達は、先生を可愛がりたいだけですから」
「痛いことは何にもしません。先生はただ、おかしくなるくらいに気持ち良くなるだけで良いですからね……」
「んぅぅっ……! む、ぐぶぅぅっ……!!」

嫌がる呻きを放ち、再び拘束との不毛な格闘を始めた教師を堪能しながら、少年達は思い思いの場所に向かって指を這わせていった。




手も足も出せない。見ることもしゃべることも許されない。その上、教師は少年二人の体重を乗せた手で布団の上から上半身を押さえ付けられ、満足に肉体を跳ねさせることも出来なくされてしまった。
そんな状態で、教師は守る物の無い恥部を好き勝手に、容赦無くいたぶられている。
左右の尻肉をくすぐるように撫で回され、男根の幹を手で丹念に擦られ睾丸を優しく揉み込まれ、尻穴をじっくりと解されながら緩んだ穴の浅い部分に位置する粘膜を指先でくにくにとほじくられる。それら全ての刺激を絶え間無く注ぎ込まれているのだから堪らない。肉体の逃げ場も快楽の逃げ場も取り上げられた男は、断続的に訪れる快楽に為す術無く鳴き叫び、教師として年上の男としてのプライドを守る余裕も忘れて生徒である少年達の前で射精に次ぐ射精へと追い立てられるしか無いのだ。

「ふぅぅぅっ! んっ、ぐひゅぅぅぅっ!」
「先生、またイきましたね。さっきからずっとイきっぱなしですね、そんなに気持ち良いですか?」
「さっきより、声が甘くなってますよ。幸せそうに鳴いてる先生、可愛いです。もっともっと苛めたくなります」
「むぎゅぅぅっ! んー! むふぅぅぅぅーっ!!」

助けてを込めて呻いても、許してを乗せて鳴き喚いても、少年達は責めの手を緩めるどころか逆に強め教師の痴態をより淫らな物に変えようとしてくる。

「ほら、先生。我慢なんてしないでください。イきたいなら好きなだけイって、気が済むまで射精してください」
「今日はまだチ○チンでしかイけないでしょうけど、この合宿が終わるまでにはお尻でイけるように、僕達のチ○コでたくさん射精出来るように調教してあげますからね、先生」
「ふぅ、むっ、ぐふっ、あぶぅぅぅぅぅーっ!!」

一方的に聞かされる淫猥な計画に拒絶の絶叫を上げても選択権の無い教師は叩き込まれる甘い悦びに悶絶することしか出来ず、愛しい教師を眠らせて拘束した少年達は救いの来ない貸し切りの合宿施設に響き渡る教師の甘い悲鳴と悶絶の様子を味わいながら興奮と欲情を加速させ、自らの男根を痛むくらいに膨張させながら愛しい教師を淫乱に変えるための快楽を痙攣する裸体に加えていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















迂闊は青年と少年を甘い関係へと押し上げる

2020.03.14.Sat.21:00
自身が担当しているクラスの生徒である少年が、同じマンションに住んでいる。その事実と共に少年の両親が仕事の関係で離れて暮らしていることを知った青年は都合の合う日に二人分の食事を作り、少年を招いて夕食を摂るようになった。
二人分を作る手間は、一人分とさほど変わらない。カップラーメンを大量に買い込んだ袋を持っている少年の姿に胸のつかえを感じている以上、行動しないのは自分の納得がいかない。そんな理由で、青年は週に二、三回少年を自宅に迎え入れていた。
栄養のバランスが整った食事を、一人の生徒と一緒に食べる。時折食事の後に勉強を見たり、流行りのゲームに興じたりする。そんな日々が当たり前となり、学校から離れた場所では教師と生徒ではなく年の離れた兄弟のような間柄で接するようになった頃、少年はいつものように青年の部屋を訪れた。

「お邪魔しまーす。頼まれてた物テーブルに置いとくね、先生」
「うん、ありがとう。もうすぐ出来るからお皿出しといて」
「ごめん、先お手洗い行ってくる」

何の変哲も無い会話。普段と変わりない穏やかな日常。だが、少年が手洗いから戻ってこない。待つのをやめ、青年が自分で皿を出し料理を盛り付け終わっても、少年は食卓に現れない。
小首をかしげながらエプロンを外し、様子を伺いに手洗いまで足を運んだ青年は、呼びかける言葉を放とうとして凍り付いた。手洗いへ続く扉を通り過ぎた場所に、脱衣所を越えた先にある開けっぱなしだった浴室の中に、意地悪く笑う少年の姿を見付けたからだ。

「先生、これ、なーんだ?」

声音から、もうすでに用途を分かっているのだろう。浴室内にしゃがみ込んだ少年は壁に吸盤で固定されている薄緑色の玩具を、眼前にある男根を模した極太の玩具を指先でつつきながら自分を見ている教師に問いかけた。

「っ!」

焦り、慌て、教師の青年は浴室へと小走りで駆け付ける。しかし、言葉は何も出せない。青年は下手な言い訳を頭に浮かべてはそれを却下し、昨夜使ったときにしまい忘れていた事実に思い至りながら何も言えずにいる。
驚愕の表情を浮かべ、固まっている青年ににっこりと微笑んだ少年は、問いに対する答えはおろか会話としてちぐはぐな肯定も否定も紡げないでいる教師の青年の前で立ち上がると、自分の口で分かりきっていた正解を発し始めた。

「先生、こんなのをお風呂の壁に付けて、エッチな遊びを愉しんでたんだね。これで自分のお尻をぐちゅぐちゅ掻き回して、いやらしく腰を振りながら気持ち良くなってたんでしょ」

見られた。知られた。青年の中に絶望が広がっていく。もう二度と、少年は家に来てくれないだろう。良好な関係も、終わってしまうのだろう。教師としての破滅の可能性より少年との縁が切れることに打ちひしがれ、青年は哀しげに顔を歪ませる。
その歪んだ顔と潤んだ目を眺めながら、笑っていた少年は青年に予想外の要求を行った。

「先生、これ使ってるところを見せてよ。一生懸命に腰を振って、気持ち良くなってるところを見せてくれなかったら……今日の夕食は食べないし、これからも食べてあげないからね」

痴態を晒さなければ、二度と夕食を共にしない。年下の少年に、一人の生徒に自らが快楽を貪る姿を見せる。それは普通に考えれば食事を提供することとは釣り合わない交換条件だ。けれど、青年は迷わずに返答した。少年無しの日々など、もう想像すら出来ないくらいだからだ。

「わ、かった……せめて、ご飯にラップを掛けさせて」
「じゃあ、俺が掛けてくるよ。その間に……先生はお尻にこれを入れられるよう準備しておいてね」

横を通り、食卓へと向かう少年の足音を聞きながら、青年は身に着けていた衣服を一枚残らず脱ぎ、右手の指を尻穴に動かして窄まった穴を解し始めた。



度重なる一人遊びで緩んでいた穴で壁に固定された偽物の男根を飲み込んだ青年は、浴槽の縁に腰掛けている少年の前で裸体をよじらせ、尻穴のみでの自慰に耽っている。
浴室用の椅子に手を付き、床で足を踏ん張らせて腰をめちゃくちゃに振り乱す淫猥な行動を少年の前で取っている状況に、青年の中でこれ以上無い羞恥心が沸き起こる。けれどそれ以上に青年は堪らない興奮と快楽を募らせ、普段よりも激しい腰振りを無意識に行いながら、少年の前で触られてもいない男根を何度も何度も絶頂させてしまう。

「あんっ、んぁぁっ! はっ、んはっ、ひぁぁぁんっ!!」
「またイっちゃったね、先生。俺に見られながら射精するの、気持ち良い?」
「ひもっ、ちひぃっ! きもひぃ、良いっ!」

甘い悦びで蕩けた脳味噌は、最低限の尊厳を守ることすらも忘れて正直な答えを返した。年上として、教師としての立場を悦楽に飲み込まれ、欲望のままに腰を振りたくる淫乱青年。その青年の姿に目を細め、息を乱した少年は自らも欲望に正直となって立ち上がり、青年の眼前に自らの男根を取り出した。

「正直に答えたご褒美だよ、先生。その可愛い口で、好きなだけしゃぶって良いからね」

少年の言葉を頭で理解するよりも先に、青年は目の前に現れた男根に舌を伸ばし愛しげに舐めしゃぶり出した。
一心不乱に男根へと舌を這わせ、熱烈な吸い上げをくわえながら夢中で腰を振る青年に少年は表情を恍惚に染め、幸福感に押し上げられるがままに口を動かし押し込めていた感情を吐き出した。

「あぁ、最高だよ、先生。先生が、俺のをくわえながらお尻で気持ち良くなってるところ、可愛い。もっともっと見せて、大好きな先生の可愛いところ、いっぱい見せてっ」
「んっ、んむっ、ふむっ、んもぁぁっ!」

教師に対して抱いていた愛情を解放し、教師の口に刺激されている男根をビクビクと脈打たせながら絶頂に向かう少年。教師だから、ずっと年上だから、何より男同士だからと何重にも蓋をして閉じ込めていた少年への恋心を決壊させ、全身を発情させながら淫欲に溺れる青年。
少年を欲して自慰を繰り返していた青年の迂闊によって破裂した思いを暴走させ獣となった二人は、お互いの気持ちをしっかりと言葉にして伝え合っていないことも忘れて肉欲を貪り合い、疲弊しきって同じベッドで眠りに就いた翌日、すっかり冷め切った夕食を温め直し朝食として口にしながら改めて思いを伝え合い、教師と生徒から秘密の恋人同士に関係を変化させるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















少年達は男を淫らに堕とすべく結託する

2020.01.10.Fri.21:00
今頃男は、明日から本格的に開始する合宿に向けての準備を行っているはずだった。可愛い教え子達の為に用意したメニューを再確認し、スケジュールに不備が無いかを確かめているはずだった。
しかし今、男は全く違う状況へと追いやられている。教え子達の手で食事にこっそりと混ぜられた薬品によって肉体の自由を効かなくされた男は、抵抗すらままならぬ状態で衣服を奪われ、代わりに黒のガムテープを用いた拘束と、望まぬ快楽を与えられていた。

「ほら、先生。我慢せずにイってください。もう俺達の前で何十回もイかされてるんですから、今更恥ずかしいことなんて無いんですし」
「あんまり聞き分けが悪いと、玩具を強くしちゃいますよ? まぁ、聞き分けが良くても可愛くイきまくる先生が見たいから強くしちゃうんですけどね」
「んーっ! むぶぅぅぅぅぅぅーっ!!」

左右の乳首に押し付けられた楕円形のピンクローターの振動が引き上げられ、尖りきった男の乳首に更なる快楽を注ぐ。無防備にさらけ出された男根にあてがわれた電マがそれぞれ違うタイミングで違う強さに変化され、男根に予測不能な苛烈な悦楽を叩き込む。隠したくても隠せないよう丸出しにされ、教え子達の指で丹念に奥深くまでを解された尻穴に押し込まれた極太のアナルバイブが首振りの勢いを激しくしながら教え子の手で荒々しく抜き差しされ、雌の悦びを覚えさせられてしまった腸内を容赦無く掻き毟って堪らない快感を味わわせてくる。
拷問のような甘い責めに嬲られる男は、耐えることすら許されずに絶頂へと押し上げられている。一回り以上年下の教え子達に弄ばれ、イってもイっても休憩すら無くまたイかされる絶頂地獄に苦しめられる哀れな男は、テープで塞がれた口から哀願色の悲鳴を発しながら、この苦悶からの脱出を求めてもがいている。
だが、男はどうやっても逃れられない。薬品によって痺れさせられている間に服を剥ぎ取られ、両手両足に折り畳んだ状態を強制する形でガムテープを幾重にも巻き付けられた男は飲まされた薬品の効果が抜けても手足を思い通りに動かせず、その思い通りにならない手足を教え子達の手で食堂の床に敷かれた毛布へと押し付けられている男は逃げる以前に仰向けの体勢からも離れられない。あらゆる方向から抵抗を封じられ、選択肢を潰された男は疲れを知らぬ玩具に嬲られている淫らな弱点を守ることも叶わない。男は年下の教え子達が注いでくる快楽に翻弄され、教師として以前に雄としての誇りを辱められながら、自分を縛りいたぶる少年達が見たがっている絶頂姿を晒すしか無いのだ。

「んーんっ! ぶぅぅ! ふー! ふぎゅぅぅぅっ!!」
「そうそう、その調子でもっといっぱいイってください。精液出せなくなったチ○コビクビク震わせて、情けない悲鳴上げながら……可愛くイき狂ってください」
「どこもかしこも気持ち良いですね、先生。頭がおかしくなるくらい気持ち良いですね、先生。そのまま、おかしくなってください。先生がおかしくなるまで、俺達だけの可愛い先生になるまで、今日から毎日たっぷり気持ち良くして、淫乱に躾けてあげますからね?」
「ふぶぅぅぅっ! んむっ……むぎゅっ、ふぅぅぅぅぅっ!!」

淫らな責めで心と身体を壊し屈服させるという教え子の宣言を聞き、その宣言に対して嬉しそうな笑みを浮かべながら頷く他の教え子達の様子を目にした男は恐怖に顔を歪ませ助けての意思を込めた唸りを放ったがその唸りを聞く者は男を手籠めにしようと結託した少年達しかおらず、救いを望む悲痛な叫びは助けの来ない合宿施設に虚しく響いて男の絶望をより濃くし、少年達の興奮と責めをより激しくより慈悲の無い物へと高めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓





















 | HOME | Next »