FC2ブログ

完璧な執事は淫らな本性を主に独り占めされる

2019.02.06.Wed.21:00
一人で五人分以上の仕事をこなす、美しき容姿を持つ執事の青年。男女問わず屋敷の使用人達から尊敬の念を向けられ、柔和な人柄故に上司として以前に人間としての信頼を寄せられている完璧と言っても過言では無い執事の青年。そんな青年の面影は、どこにも無い。屋敷の主である男の山中の別荘へと赴き、主と二人きりという邪魔の入らない状況を得た青年は、普段の完璧な執事の仮面を脱ぎ捨てて本当の姿を主の前に晒し、淫猥な言葉を自らの意思で発していた。

「私は……大好きなご主人様に拘束されて……見られてるだけで……いやらしく、んぅ……興奮しちゃう淫乱ですっ。どうか、淫乱な私を、ご主人様の手でたくさん苛めて……は、あぁ……はしたなく、イきまくらせて、くださいぃっ……!!」

別荘の天井から鎖で吊るされた黒革の枷を手首に嵌められたつま先立ちの裸体を主に向かってねだるように突き出し、自分を淫らに貶める言葉を吐く度に丸出しの男根の硬度を高めながら、主による快楽責めを本心から求める青年。だが、意地悪な主は青年が欲する甘い悦びを与えようとはしない。主は立ったままどこにも逃げられない青年の無防備な裸体をあらゆる角度から観察しながら、時に淫らに疼いている場所をほんの少しだけ弄って青年の渇きを強めながら、より一生懸命になっていく青年のおねだりの言葉と身悶えを堪能するばかりだ。

「お願い、しますぅ。ご主人様ぁ……もう、意地悪しないでぇっ。俺、おかしくなっちゃうぅ……気持ち良く、して……好きなだけ、エッチにいたぶって、苛めてぇぇ……!」

同じ屋敷で働く者に見せている完璧な執事である自分を失い、主に対する丁寧な言葉遣いもおぼつかなくなり始めた青年に主はにっこりと微笑み、優しい声で問いかけた。

「そんなに苛めて欲しいのかい? そんなに、気持ち良くなりたくて仕方が無いのかい?」
「苛めて、欲しいぃ。ご主人様に、たくさん気持ち良くされたいですぅ。お願い、しますぅ……俺をはしたなく、イかせまくらせてくださいぃっ」

何の躊躇いも無く淫らなおねだりを行う青年。主の前以外では誰にも見せない、淫乱な本性をさらけ出す青年。
そんな青年を観察しながら愛しさと欲情を更に募らせた主は、問いに応えた青年に問いの時と同じ優しい声で告げた。
淫らな欲望がはち切れそうな程に膨らんでいる青年を突き放す、残酷な焦らしの言葉を、だ。

「まだ、駄目だよ。今日はこの格好のまま、ずーっと焦らし続けてあげる。イきたくてもイけない可愛い君をじっくり愉しみながら、どこまでも意地悪して君を苛め抜いてあげるよ」
「いや、やぁぁんっ」
「嫌がっても許してあげない。どんなに嫌がってもエッチにいたぶって、わんわん鳴き喚いちゃうくらいに苦しめてあげるからね」

尖りきった乳首を、硬く勃起した男根を、感度の高められた肌を緩く責め立てて主は青年に絶頂にはたどり着けないもどかしい快楽を加え続けて甘く苦悶させ。青年は主の宣言通りに鳴き喚かされながらも主に独り占めされているという実感を抱き、一方的な焦らし責めによって射精をお預けされる度に胸に幸福を募らせ、表情を蕩けさせていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


オオカミさん気をつけて!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

男は猫少年と甘い生活を行う

2019.02.05.Tue.21:00
何年も金を貯め続け、ペット可のマンションへと引っ越した上で、俺は幼い頃からの夢だった猫少年との生活を始めた。
頭部の黒い耳と、腰から生えたふわふわの黒い尻尾を揺らしながら嬉しそうに甘えてくれる可愛い猫少年との生活はこれ以上無く幸せで。俺は会社から家に帰るのが楽しみで仕方が無くなった。
だが、俺はちゃんと下調べしたつもりで、何にも理解していなかったのだ。猫少年にも本物の猫と同じように発情期が存在することを知らなかった俺は、家に帰りいつも出迎えてくれる少年が玄関に来なかったことを不思議に思いながら少年に与えた部屋を訪れて驚愕した。小さく開いた扉から勢いよく溢れ出す、淫らな雄の香り。遠目でも分かるくらいに淫猥な体液で汚れたベッドのシーツ。そして、その淫液塗れのベッドに仰向けで寝転がり、俺が帰ってきたことにも気付かぬまま自慰に夢中になっている裸体の猫少年。全く予想していなかった淫蕩すぎる光景に俺は扉を小さく開いた状態で固まり、甘い鳴き声を上げながら裸体をよじらせて快楽を求め続ける愛しい猫少年の姿に釘付けになっていた。

「んにゃ、にゃぁん……にゃ、は、みゃぁ、んみゃぁぁ……!」

幼い男根を右手で一生懸命に扱きながら、左手の指で左の乳首をくにくにと弄くり回す猫少年は尻尾をくねらせながら心地よさそうに鳴いている。だが、その声はどこか苦しそうで。俺は猫少年の痴態をじっと観察しながら、猫少年に対する心配を胸に募らせていく。
自慰に耽る猫少年と、自慰を行う猫少年を見つめる俺。そんな時間がしばらく過ぎ、猫少年がまた絶頂に達した。

「は、にゃぁぁっ! ん、にゃ、あぁぁぁーんっ!」

一層早く男根を右手で擦りながら、左乳首を強く摘まんで引っ張りながら、猫少年は裸体を大きく仰け反らせて射精した。
仰け反った際に変化した視界で覗き見している俺の姿を確認して目の色を変え、猫少年は精液を迸らせながら、涙声で謝罪を口にした。

「ごひゅじん、ひゃまぁ……ごめんなしゃい、にゃぁ……身体、あちゅくへ、おチ○チンずっとむじゅむじゅしへ、我慢出来なくて、お部屋いっぱいよごしちゃいましたにゃぁぁ……!」

怒られると思い込み、猫少年は怯えながら俺に謝る。もちろん、俺は怒りなどしない。覗き見をやめ、少年から放たれた淫臭に満ちた室内へと入った俺は、絶頂の余韻と叱られる恐怖で小刻みに震えている猫少年の裸体に近付き、ベッドに腰掛け優しい声であやすように言った。

「謝らなくても大丈夫だよ。苦しい状態になってるのに、気付いてあげられなくてごめんな」

俺がそう言うと、猫少年は安堵の笑みを淫らに蕩けた顔に浮かべ、汗と淫液に濡れた裸体を起こして俺に抱き付いてきた。

「ごしゅじんひゃまぁ……やさしい、しゅきぃ……だいしゅきぃ……」

火照った裸体の熱が、猫少年から俺に伝わる。猫少年の裸体から立ち上る淫らな香りが、俺の鼻により強く入り込んでくる。密着してきた猫少年の可愛らしい男根が俺の腹の右側に触れ、思わず猫少年の背中に回した俺の右手を幸せそうに揺れる猫少年の尻尾がすりすりと撫でてくる。
それらの行動は、優しい声音を作ることで保とうとしていた俺の理性を突き崩すには十分で。俺は次の瞬間、猫少年の身体をゆっくりと押し倒してベッドに寝かせ、再び仰向けとなった猫少年の裸体に覆い被さる体勢を取っていた。

「ふにゃ……? ご主人、さまぁ?」

困惑する猫少年を見ても、ブレーキを破壊された俺の本能はとまらない。俺は湧き上がる愛しさのままに、猫少年のぷるぷるの唇を俺の唇で塞ぎ、噛み付くようなキスを与えていた。

「んっ? んふ、にゃ、ふっ……」

突然に重ねられた唇に猫少年は驚きの声を上げるが、拒みはしない。唇をこじ開けた俺の舌が歯列をじっとりとなぞり自身の舌を絡め取ってきても、俺の口から唾液を流し込まれても、猫少年は一切の抵抗を示さず俺に応えるように自分からも舌を絡め返し、俺の唾液をいじらしく飲み干していく。
好き勝手に猫少年の口内を弄び、唾液を飲ませ続ける長い長い口付けを終わらせた俺は、俺が着ているスーツを掴んで無意識に俺を抱き寄せていた猫少年に掠れた声で尋ねた。

「キス、気持ち良かったかい? もっともっと、気持ち良くなりたいかい? 君の身体が熱くなってるのを……どうにかして欲しいかい?」

初めてであろう発情の熱の解消をちらつかせて、猫少年から拒否の選択肢を削ろうとする自分に嫌悪を抱きながら尋ねた俺に、猫少年は笑いながら応えた。

「きもひ……よかったれひゅぅ……もっともっと、気持ち良くしてくだしゃいにゃ。ご主人しゃまに、もっともっと気持ち良くされたい。熱いのを、無くして欲しいのにゃぁぁ……」

手だけで無く足でも俺にしがみつきながらおねだりを口にする猫少年。そんな猫少年に欲情を膨らませている罪悪感を掻き消すように俺は口付けと執拗な愛撫で猫少年を幸福な快楽へと誘い、猫少年が気を失うまで絶頂を繰り返させて心と身体を俺が注ぐ快楽無しでは生きられなくなるよう甘く躾けていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


童貞巨根のチ〇ポでAV男優がガチアクメ!? ~智樹と歩のイチャラブな日常~

淫らな少年達には姫初めのご褒美を

2019.01.01.Tue.21:00
「あ……んぁっ! ひ、はぁ……あぅ、あぁぁんっ!」
「ごひゅ、じん、ひゃまぁ……また、イっちゃうぅ……玩具で、気持ち良くなって、イっちゃいますぅぅぅっ!!」

薔薇があしらわれた絨毯の上で淫らに喘ぎ鳴き、背中側で手枷を嵌められた手と足枷を嵌められた足でブリッジのような体勢を取った裸体をくねくねと悶えさせながら、二人の少年が愛しい主の男の前で絶頂を迎えた。
幼くて可愛らしい男根から精液が溢れるのに合わせて裸体がガクガクと痙攣し、汗と体液が周囲に撒き散らされる。そんな絶頂の最中にも、少年達を責め立てる淫具は容赦無く動き続け、二人に更なる絶頂を要求する。

「あ、ひあぁっ! イってりゅ、のに……イっちゃう、きもちよしゅぎへ、またイっちゃうぅぅ」
「全部、きもひいいれひゅぅぅ! 乳首も、おチ○ポも、おひりも、全部しゅきぃぃ! じぇんぶれ、イぐぅぅぅぅんっ!!」

硬く尖った乳首を挟み込むクリップに吊るされたローターに甘い快楽を注がれ、男根の根元と亀頭のすぐ下に巻き付けられたベルト型のローターに甘い快楽を注がれ、尻穴を奥までみちみちに埋め尽くした上で腸壁を休み無く抉り続けているアナルバイブに快楽を注がれ数え切れない程に絶頂させられた少年達の肉体の感度は限界を超えて高まり、断続的に絶頂に達するイきっぱなしの状態となってしまっている。
終わりも、途切れも無い絶頂。そんな絶頂に悶え苦しみながらも、少年達は確かに幸福の感情を抱いていた。
愛しい主に与えられる快楽は嬉しさに満ちた悦び以外の何物でもなく、何よりこの快楽の先にはこれ以上無いご褒美が待っていると知っているからだ。

「あんっ、あぁぁんっ!! イく、イくぅぅ! ごしゅじんさまぁ、イきますぅぅぅっ!!」
「僕も、イぐぅぅ……見てください。エッチな僕達が玩具ではしたなくイくところ、みてくらしゃいぃぃっ!」

ベッドにいる主に二人の少年がバイブに掻き回されている尻穴とベルト型ローターに震わされている男根を突き出す。すると、主はにっこりと微笑みながら身体を前に乗り出し、二人が淫具で絶頂する様を望む通りにしっかりと凝視した。
恥部に突き刺さる主の視線に興奮と羞恥と充足感を募らせながら、二人はまた絶頂した。それは二人同時に迎える、吐き出す精液も尽きた絶頂だ。

「おひっ!? んぎ、ひぅぅ!? しぇーえき、れないにょに、イっでる! イっでりゅぅぅっ!!」
「何こえぇっ!? 精液、出てないのにぃ……ぎもぢいいぃっ! イぐの、とまらにゃいぃぃぃっ!!」

ブリッジの体勢を取っていた裸体を折れてしまいそうなくらいに仰け反らせ、何も吐き出せずに先端を虚しく開閉させている幼い男根をぶるぶると振り乱しながら初めて味わう射精無しの絶頂に少年達は甘い絶叫を放ち、裸体を先程よりも激しく痙攣させる。
淫猥極まりない絶叫と痙攣。それらが収まり、少年達が快楽に悶えながらもわずかに理性を取り戻した頃、主と二人だけの部屋に別の存在の声が響いた。
その声は、主がセットしていたアラームに従って流れ出した目覚まし時計からの声。午前零時の到来を、新年が訪れたことを伝える声だ。

『午前零時です。午前零時です。午前れい』

主の右手が自分の右横においていた時計のボタンを操作し、同じ内容を繰り返していた声を停止させる。そして主は少年達に顔を向け直すと、優しい声音で言った。

「あけましておめでとう。二人とも、ご褒美の時間だよ」

その言葉を聞いて二人は目を輝かせ、今まで落ちないようにしっかりとくわえ込んでいた尻穴のバイブを二人仲良く力んでひり出し、ぽっかりと口を開いた淫らな穴を主によく見えるよう枷で繋がれた足を大きく開きながらおねだりをした。

「あけましておめでとうございましゅ、ごしゅじん、ひゃま。去年は淫乱な僕達をたくひゃん苛めて下さり、ありがとうごじゃいまひた」
「どうか今年も、僕達をたくさんいじめへ、かわいがっへくらひゃい。ごしゅじんひゃまのたくまひいおチ○ポ様で、僕達の淫乱けひゅマ○コをしゅきなだけじゅぼじゅぼしてくだしゃいぃぃっ」

舌足らずながらも、言い付けておいた言葉を忘れることなくちゃんと口に出来た少年達に主は満足そうな表情を浮かべてベッドから立ち上がり、二人の淫らな姿で硬く勃起していた男根をファスナーを下ろして取り出しながら二人に近付いていく。

「はい、良く出来ました。それじゃあ、エッチなおねだりを上手に言えた良い子達に姫初めのご褒美だよ。君達の大好きなおチ○ポで、玩具にイきまくらされた身体をもっともっとイきまくらせてあげるからね」
「あ、あぁぁんっ……うれひい、嬉しいですぅっ」
「ご主人様、しゅきぃ……らいしゅき、でひゅぅっ」

快楽と嬉しさによる涙を目から零しながら、手足を拘束された裸体を無意識によじらせている淫らな少年達から向けられる愛情に頬を緩ませながら、無防備に口を開いた二人の尻穴にいきり立った男根をねじ込んで甘いご褒美を与えるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


燃えないゴミの再利用法。~女性の敵は女装奴隷にしてしまいましょう~

男と少年は父子の関係を捨てて幸せに求め合う

2018.12.31.Mon.21:00
仕事上のトラブルだけでなく、私生活のゴタゴタも落ち着いた大晦日の夕方。愛しい一人息子と共にゆっくりと過ごせるこれからの数日間に思いを馳せていた男は、息子の前で柔和な笑みを困惑色に強ばらせていた。
口を小さく開き、言葉を放とうとしてやめる。それを何度か繰り返して言葉を慎重に選び、男は息子に笑みを作り直して言った。

「ありがとう、嬉しいよ。でも、父さんと○○は両方とも男だし、何より親子だから恋人同士にはなれないよ」

床に膝をついて体勢を低くした男は、顔を赤く染める息子の頭を優しく撫でながら一般常識を引き合いに出して息子から告げられた恋心を受け流そうとした。
しかし、男が大人しい子だと思っていた息子は引き下がらなかった。息子は火照った顔を父である男に向け直すと、男の言葉に反論する。それは、男が全く想像していなかった内容での反論だ。

「関係ないよっ! 男同士だって分かってても、パパが大好きなんだもん。僕はパパと恋人になりたい。それに……僕とパパは血が繋がってないでしょ?」

少なくとも高校生になるまでは伏せておこう。そう思って言わずにいた事実を息子から口に出され、男は驚愕の表情を浮かべた。

「○○……知って、いたのか?」
「うん……パパが、おじいちゃん達とお話ししてるの、聞いちゃった」

一体、この子は何処まで把握しているのだろうか。目の前の男は父親ではないこと。本当の両親は不貞行為を責められた結果慰謝料の支払いから逃げる形で駆け落ちし、息子である少年を捨てていったこと。
あらゆる事実が頭を巡り、同時にそれを知ったときに受けた心の傷が開き、男は息子の前でうなだれた。
うなだれる父を、愛しい人を見て、息子は顔を切なげに歪めて言った。

「パパ、わがまま言って、ごめんなさい。でも、もう我慢出来ないの」
「え……んぅっ……?」

息子の小さな手が、男の両頬に触れる。そして、持ち上げられた男の顔に息子の顔が近づき、唇が触れた。
羞恥に染まった表情を震わせながら行われる、拙いながらも嘘偽りの無い愛に満ちた口付け。その口付けを終え、唇を離すと息子は男の顔から離した手で自身の衣服をずらし始めた。

「僕はパパの子供じゃないって知ったとき、パパと親子じゃないって分かったとき、僕、嬉しかったの。だって、パパを好きだって気持ちを持ってて良いって分かったから、大好きなパパの近くにいるだけでエッチな気分になっちゃうのが、変なことじゃないって分かったから」

そう口にしながらずらされた衣服の下から、息子の裸体があらわになる。父への欲情で硬く尖った乳首と、膨張しきって透明な蜜を先端から滲ませている可愛らしい男根がぷるんと飛び出て、男の眼前で誘うように揺れる。
その淫猥な光景に思わず生唾を飲み込む男。そんな男に気付かぬまま、息子は父に向かって興奮と恥ずかしさに掠れた声でおねだりをした。

「お願い、パパ……僕と恋人になってぇ。恋人になったパパに、僕のエッチなおチ○チン、いっぱい触って欲しいのぉ。パパと恋人になって、パパのおチ○チンをいっぱい気持ち良くしてあげたいのぉっ……!」

無意識に行われる淫ら極まりないおねだり。そんなおねだりを至近距離で見ていた男の理性は一瞬で焼き切られた。血が繋がっていない事実を知ったときから際限無く湧き上がり続けていた親子とは違う愛しさの感情を募らせ続けていたのは、男の方も同じだったからだ。
一緒に風呂に入りながら触れてはいけないと理性で抑えていた裸体に、触れて欲しいと言われた。その情報で脱ぎ捨てられた理性の皮の下から現れた男の獣のような欲望は熱烈な口付けと男根への愛撫という形で現れ、幼い裸体へと襲いかかった。

「あっ、んっ、んむっ、んふっ、ふぅ、ぅんっ……」

噛みつくような口付けを唇に降らされ、男根全体を優しくくすぐるように撫で回される息子は、痛がる素振りを欠片も見せずむしろ嬉しそうな表情を見せて自分からも唇を寄せ、男根を撫でる父の右手に自ら男根を擦り付けていく。そんな息子の様子に目を細めた男は増幅する興奮のままに口付けをより深くし、男根への刺激をゆっくりと強めていく。

「○○……○○……パパも、好きだよ。大好きだ……!」
「んふ、ふぁ……うれひい……パパ、ひゅき……んぅっ、らい、しゅきぃ……っ!」

父子の関係を捨て、より幸せな関係を築いた男と少年の甘い時間は夜遅くなっても、新しい年が訪れても全く気付かずに続けられ、二人は覆い隠していた思いの強さをお互いに見せ付けるかのように裸体を淫らに求め合っていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


先生はマテない××ニスト【単話版】1

少年は幸せによがり狂う

2018.12.24.Mon.21:00
去年のクリスマスは仕事で一緒にいられなかったから、今年のクリスマスは何でも言うことを聞いてあげる。

可愛い恋人が無茶を言い出さないと分かっているが故にした、そんな約束。何を欲しがるのか、何処に行きたいというのか、そう考えていた男が耳にした返答は完全に予想外の物で。
クリスマスの夜に暖房を効かせた部屋で、男は恋人の少年の裸体を細長いベッドに仰向けに寝かせ、少年がベッドの下側に回した手と足に赤色のガムテープを巻き付けて厳重な拘束を施していた。

「手と足、痛くはないかい?」
「はい……っ、大丈夫、です。っ、は……○○、さぁん……!」

もはや少年の手足はテープでぐるぐる巻きに縛り上げられ、思い通りには動かせない状態だ。ベッドから下りることも出来ない。何をされても抵抗出来ない。そんな状況を自分から求め、息を興奮で荒げながら幼い男根を限界まで張り詰めさせている淫らな少年の様子に思わず生唾を飲み込んだ男は使い終わったテープを近くのテーブルの上に置くと、発情して火照っている少年の顔の真上に自身の顔を移動させて微笑みながら言葉を掛けた。

「まだ何もしてないのにおチ○チンをこんなに大きくしちゃって、君はエッチな子だね」
「あぅ、ごめ、んなさいぃ……エッチで、ごめんなさいぃっ」

男は咎める口調だったわけでは無い。むしろ、愛しさを込めたからかうような口調だった。
しかし、少年は淫らさを指摘する男の言葉に対してごめんなさいと謝罪を口にしている。それは、淫猥な仕置きを求める遠回しなおねだりの言葉だ。
他の者が聞いたら謝罪にしか聞こえない言葉も、少年を心から愛している男には本当の意味が伝わっている。少年の思いをくみ取った男は嬉しそうに目を細めると、内容とは真逆の優しい声で少年にお仕置きを宣言する。

「駄目、許さないよ。こんなエッチな子には、たっぷりとお仕置きをしてあげないとね」

お仕置き、その単語に反応して目を悦びに輝かせ、男根をピクンと跳ねさせた少年に男はまた笑い、宣言通りにお仕置きを開始した。
触って触ってと透明な蜜を零して意思表示している少年の男根を右手で優しく包み込み、上下に扱いて快楽を与え始めたのだ。

「あっ、あっあぁっ! んぁ、んひ、くぁ、んぁぁんっ!」
「おやおや、随分と気持ち良さそうに鳴いてるね。これじゃ、お仕置きにならないから、もっとひどくしてあげないと」

そう言いながら男は汗ばんだ少年の前髪を左手で掻き上げ、顔を下ろして喘ぎを漏らしている少年の口を自分の唇で塞いだ。
自ら望んで手足を縛られた少年は、そのキスから逃れられない。喘ぎを発して快楽を散らすことを禁じられても、口呼吸を制限されたことで息苦しさに襲われても、口内に潜り込んだ男の舌で歯列をゆっくりと撫でられながら唾液を飲まされても、抗えない少年は上乗せされた快楽に翻弄され、甘く幸せに悶え狂うしか無い。

「んっ、んむっ、ふぅ! おふっ、んちゅ、ふぅ……んむぅぅぅっ!」

ただでさえ男から注がれる刺激に対して弱いのに、男根と口を同時に責め立てられたら長時間の我慢なんて出来るはずも無い。
少年はあっという間に絶頂へと追い立てられ、男の口内に淫らな鳴き声を流し込みながら男の右手を吐き出した精液でぐちょぐちょに汚した。
だが、少年が絶頂しても男は責めを緩めない。それどころか男はより熱烈に少年の口内を舌でくすぐり、達したばかりの男根を擦って快楽を無抵抗の裸体に加えていく。仕置きと称した淫らな戯れを、更に甘ったるい物に変えていく。

「んっ、んぐっ、むぅ、ふむぅぅ……!」

口内で動く男の舌に自分の舌を絡ませ、男根を擦る右手に合わせていやらしく腰をくねらせながら少年は愛しい恋人の男から与えられる悦びに目を蕩けさせ、淫猥なおねだりの末に与えられた快楽責めというクリスマスプレゼントを心から愉しみ、痴態と嬌声を躊躇い無く晒して幸せによがり狂うのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


アコガレの君は生意気淫魔!?
 | HOME | Next »