FC2ブログ

青年達は浴室で欲望のままに愛し合う

2018.11.24.Sat.21:00
駅からマンションへと向かう途中で予報外れの雨に降られ、急いで帰った二人の青年は冬の寒さも相まって冷え切った身体をシャワーの湯を浴びることで温めていた。二人一緒に浴室に入ったのは、一人ずつ入っていたらどちらかが風邪を引いてしまうと考えたため。それ以上の意味は欠片も無かった。だが、愛し合う恋人同士とすぐ近くで裸体を見せ合っていたら、嫌でも行為の時のことを想起してしまう。一度想起してしまったら、もう裸体の相手をその意味でしか見られなくなってしまう。
勝手に張り詰めてしまった男根を隠しながら、わき上がる欲情を抑え込みながらシャワーを浴びていた青年達は、淫猥な欲望を掻き消していた身体の冷えが消えて行くにつれて次第に欲望に忠実な行動を取るようになり、どちらからとも無く口付けを交わした瞬間、欲望を誤魔化すことを完全に諦めた。
ここは二人で住んでいるマンションの部屋で、誰にも迷惑はかからないし、邪魔する者もいない。浴室で愛し合ってはいけないなんて決まりがあるわけでもない。そして何より、自分と相手がお互いの肉体と快楽を求めている。
だったら、答えは決まっている。本能のままに、際限なく溢れ出る愛しさのままに、求め合う以外の答えは無い。寝室に移動することさえもどかしいくらいに欲情を高めた青年達は肉欲を求め、シャワーの湯を浴びながら淫猥な行為へとなだれ込んでいた。

「あ、んむっ……ふぅ、んふぅっ……」
「すっげ……気持ち良い、ぜ。俺のチ○コを一生懸命に舐めてるお前……めっちゃエロくて、可愛い……っ」

壁に寄りかかっている青年の前で正座をし、床に手を着いて上体をかがめた体勢で熱く膨張した男根に口奉仕を施している青年。そんな青年の淫猥な様子に興奮を高めながら、口奉仕を受けている青年は湯を浴びている青年の髪を右手で優しく撫でつつ、自分を悦ばせようと頑張る恋人の姿を快楽に上ずった声で褒めた。
その上ずった声と淫らさを褒める恋人の言葉に、口奉仕を施す青年は発情と幸福を裸体に駆け巡らせると、自身の男根をビクビクと跳ねさせながら一層激しく舌と顔を動かし、恋人の男根に射精を促し始める。

「んっ、むふっ、むみゅぅっ……!」
「うっ、あぁ……! そんなに、したら……すぐ、イっちまうって……ちょ、くぅ……もう、ちょい、ゆっくり……」
「いい、よぉ……んみゅ、んふぅっ、らひへ……俺のくひに、精液……たくひゃん、らしへぇ……っ!」

一段と強まった舌での刺激に狼狽する恋人の制止を無視して、青年は脈打つ男根から精液を絞り出すために夢中で口と舌を動かす。すぼめた唇で幹を扱きながら舌で過敏な亀頭を丹念に舐めしゃぶられ続けた青年は多少堪えはしたもののあっという間に絶頂へと追いやられ、先程まで優しく髪を撫でていた手で恋人の頭を無意識に男根へと引き寄せながら、精液を欲しがる恋人の喉に向かってゼリー状の濃い精液を大量に放出した。

「んっ、んぐっ! んぶ、むぶぅぅっ!」

喉奥まで男根を押し込まれている状態は間違いなく苦しいはずなのに。喉の肉を打たれながら食道へと精液を流し込まれている状況は苦しくない訳が無いのに。愛しい恋人の体液を嚥下する青年は陶然とした表情を浮かべている。
その陶然とした表情をしばらく眺めていた青年は、自分の手が恋人の頭を強く押さえていることに気付いて慌てて手を離す。自由になった頭部をゆっくりと後ろに動かして口から男根をずるりと出した青年は、精液と唾液塗れになった口でうっとりと呟いた。

「お願いぃ……もっと、精液のまひぇてぇ……口だけじゃ、足りないのぉ……こっちにも、おひりにも、おチンポ突っ込んで……○○の精液、たっぷり飲ませてぇ……」

垂れた精液を指ですくって口へと運びながら青年は浴室の床に仰向けで寝転がり、尻の肉を左右の手で掴んで収縮する尻穴を恋人に見せ付けた。
愛しい恋人にそこまで熱烈なおねだりをされて、欲情が高まらない男はいない。先程口で射精させられたばかりの青年の男根は痴態と蕩けたおねだりの言葉を受けた瞬間また硬く膨らんでいき、青年はその膨らんだ男根を見せ付けられた尻穴へとあてがった。

「お望み通り、飲ませてやるよ。○○が大好きなチ○ポでこの淫乱ケツマ○コをほじりまくって、嫌ってくらいにイきまくらせながら中に精液を撒き散らしてやるからな」
「あぁん……うれひぃ、うれひいぃ! ○○! しゅき、らいひゅきぃぃぃっ!!」

二人きりの浴室にはシャワーが吐き出す湯の水音と、腰が前後する度に発せられる淫猥な肉同士が擦れ合う音と、甘く蕩けた悦びの喘ぎが反響し、愛し合う二人の淫らな熱を更に強めていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


モブ×殺し屋
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

エッチなわんこは甘いいたずらをおねだりする

2018.10.31.Wed.21:00
小さな町のため、少年と青年が幼い頃からの付き合いであることは誰もが知っている。小さな町のため、少年の両親が仕事の都合で遠方に一週間ほど行かなければならなくなったことも、ほぼ全員が把握している。
故に、町の広場で行われたハロウィンのイベントに、青年が少年の保護者として現れたことを疑問に思う者は誰一人としていなかった。頭部に茶色い犬の耳の飾りを付け首から下に茶色い犬の着ぐるみを身に着けた少年と、吸血鬼を意識してコウモリのアクセサリーと漆黒のマントを身にまとった青年。二人は、周りから見てごくごく普通にイベントを楽しみ、屋台の出し物で遊び、一緒に帰っていった。
二人が淫らな遊戯に耽っている事実に気付く町の者は、誰一人としていなかった。

「ふふ、楽しかったかい、○○」

帰宅直後。玄関で靴を脱いですぐに、青年は少年の名前を呼びながら少年の右肩に右手を置いた。
すると、少年は着ぐるみに包まれた肉体を小さくピクンと跳ねさせながら、背後の青年に顔を向けて答える。

「うん、お兄ちゃん、楽し、かった……っ」

右後ろに向けられた少年の顔。あどけなさの残るその顔は、真っ赤に火照っている。
その火照りの理由を知っている青年は、少年の表情を見つめながらにっこりと微笑み、荒い息を漏らしている少年の唇に噛みつくようなキスを与えた。

「んっ? む、ふぁ、んむぅぅ……」

突然のキス、それも幼なじみの同性からのキス。それは驚きと拒否反応を示しても不思議ではない状況だが、少年はむしろキスをされた瞬間に瞳をうっとりと蕩けさせ、自分からも唇を寄せてキスを深くした。

「むふっ、んん、むっ、ぷぁ……」

息を切らしながらも、少年はもっともっととせがむように唇を青年に寄せていく。そんな少年に青年は目を細めながらお望み通りにキスを深くし、肩に置いていた右手を少年の着ぐるみの背中に滑らせて、チャックをゆっくりと下ろしだした。

「んっ、んぅ、むふっ、ふむぁぁ」

口内をいじり回す青年の舌に翻弄されながら、少年はその青年の舌に自分の舌を絡めていく。
着ぐるみを脱がそうとする青年の手に一切の抵抗を行わず、夢中でキスをする少年。そんな少年がキスで完全に脱力し、玄関前の廊下に四つん這いで崩れ落ちるのと、着ぐるみのチャックが全て下ろされるのはほぼ同時だった。

「あっ……んぁ、はっ、ひ、はっ……」

乱れた呼吸と共に甘い声を漏らしながら、四つん這いの肉体を小刻みに震わせる少年。着ぐるみを半分脱がされたことであらわになった裸体をくねらせ、硬く張り詰めた男根と尻穴に埋まったアナルパールと繋がっている茶色い犬の尻尾をゆらゆらと左右に揺らす淫らな少年。
そんな少年の正面に移動し床に片膝を着いた青年は、右手で優しく少年の顎を持ち上げながら言った。

「エッチなワンちゃん、お菓子をちょうだい? くれないと、君よりエッチな吸血鬼が一晩中ワンちゃんにいたずらしちゃうよ?」

先程楽しんできたイベントと、自分達の今の格好に合わせた青年の戯れの言葉に少年は笑い、青年と自分が望んでいる答えを返した。

「お菓子、持ってないから……いたずらしてぇ。一晩中、エッチなわんこの俺にいたずらして、いっぱいっぱい、可愛がってぇ……」

犬の仮装をした淫らな犬の少年が放つおねだりに背筋をゾクゾクと震わせる青年は溢れ出る愛しさと欲情に突き動かされ、本物の吸血鬼が血をすするように少年の唇へと噛みつき、舌を熱烈に絡ませながらの濃厚なキスを与え、犬の少年は瞳を更に蕩けさせながらさっきよりも激しいキスを悦び、一生懸命に流し込まれる唾液をこくこくと飲み干していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ドスケベアーマー、完全敗北

甘い夜は二人きりの山奥で

2018.10.22.Mon.21:00
都会から遠く離れた、田舎の個人商店。食料品を中心に扱い、依頼があれば配達も行うその商店の主人である青年は、常連の配達先へと向かうため、夜の山道を車で走っていた。
段々と家と街灯が少なくなっていく山の奥深くまで車で進み、たどり着いたのは木々の中にぽつんと立つ一軒の家。車を降りた青年は、呼び鈴を鳴らして家の主を待つ。数十秒後に現れたのは、一人の男だ。

「こんばんは、○○商店の□□です。ご注文の品をお届けにあがりました」
「やぁ、いらっしゃい。待ってたよ。配達ご苦労様」

何でもない、店の主人と客の会話。だが、それはほんの一瞬の戯れに過ぎない。
にっこりと微笑んでいる客の男は、不自然に息を荒くして顔を赤く染めている青年に意地悪く問いかけた。

「さて、今日はもう遅いし荷物を置いたらすぐに帰るかい? それとも、ここに泊まっていくかい?」
「え……っ?」
「好きな方を選んで良いよ。決めるのは……君だからね」

客としてではない口調で男に問われた青年は、もどかしげに下唇を噛んだ。
朝からずっと期待で疼いていた身体は薄緑色の作業着の中で甘い熱を発している。男の家との距離が近付くにつれて火照りを増していた肉体は、もう意地を張る余裕すら無い。
青年は男の顔を見上げて甘えた視線を向けると、男の問いかけに答えた。店の主人としてではなく、男に愛情を寄せる淫らな獣の本性をあらわにして、男に抱きつきながらおねだりをした。

「お願い……しますぅっ……ここに、泊めてください。俺をここに泊めて、いっぱい苛めて……よがり鳴かせてください……っ!」

教え込んだ淫猥なおねだりの言葉を切羽詰まった様子で口にする青年の蕩けた顔を見つめる男は、青年を自分が独占している事実に強い興奮と欲情を抱き、感情が求めるまま噛みつくように青年の唇に自身の唇を重ねた。

「んっ、むふっ……んっ、ふぁ……きひゅ、きしゅぅっ……」

口付けを与えられた瞬間、青年の表情と心は更に蕩けた。男の口から注がれる唾液を夢中に飲み干し、口内に入り込む男の舌に自身の舌を一生懸命に絡ませ、着ている作業着が零れた唾液で汚れることもいとわずに男の口付けに応える青年。二人きりの山の中に粘ついた水音がぴちゃぴちゃと鳴り始めてから約一分。長く続いた口付けが終わると同時に、青年の身体はくったりと脱力して男へと寄りかかった。
その寄りかかった身体を愛しげに抱き留めた男は、青年の体勢を腕の中で変えさせると、脱力した青年を力強く持ち上げた。
背中を右手で支え、膝を左手で支えるそれは、いわゆるお姫様抱っこの状態だ。

「さ、いつまでも外にいたら風邪をひくし、中に入ろうか。この続きは、お布団の上でゆっくり……ね」
「はい……っ」

店の主人と客から大きく踏み越えた甘く幸せな二人の夜は、まだまだこれからだ。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


火華

淫乱な犬は主のミルクを待つ

2018.09.05.Wed.21:00
「ご主人様っ、おはようございますわんっ」

目を覚ました主がベッドの上で上半身を起こすのを確認したペットの男は、嬉しさ一色の笑みを見せながら犬の芸であるチンチンのポーズを何の躊躇いも無く取り、主に犬の鳴き真似混じりの挨拶を行った。
犬の手足を模した白いグローブとブーツ。頭部に取り付けられた白い犬耳の飾り。首に巻き付けられた黒の首輪。そして、尻穴から垂れ下がっている白い犬の尻尾。男は犬になりきる効果を持った様々な装飾品を身に着けているが、それらは大事な場所を一切隠してはいない。逞しい胸筋の上で硬く尖って淫猥に自己主張する乳首だけでなく足の間で膨らみきっている立派な男根も丸見えで、尻穴に至っては腸内に埋まっている男根を模した薄紫色の棒の一部が見え隠れしているために余計に見た目の卑猥さを引き立てている。
恥部を隠す気が全く無い、白犬の衣装。それを身にまとい、蕩けた表情で自分に挨拶を行った男に気付いた男は身体を動かしてベッドに腰掛けると、良い子のペットの頭を左手で撫でて褒める言葉を与えながら、右手で良い子のペットに与えるご褒美の準備を進めていく。

「私が起きるまで、近くで待っていてくれたんだね。良い子だ。そんな良い子のワンちゃんには、だーい好きなおやつをあげようね」
「わぅんっ!」

主の左手に頭を撫でられて幸せそうに目を細めていた男は、主の右手が自身の寝間着のボタンを外したことで現れたモノを見て目を見開き、息を興奮で更に荒く乱し始めた。

「ほら、君の大好きなオチ○チンだよ。たっぷり、味わいなさい」

主の左手が頭を撫でるのをやめ、男の頭部を自身の男根へと引き寄せる。
男はその引き寄せる力に抗わず、むしろ自分から男根への距離を縮めていき、もう我慢できないと言わんばかりに大きく口を開いて主の男根を一気に根元までくわえ込むと、そのまますぼめた唇で主の男根を扱きながら舌で亀頭を一生懸命に舐めしゃぶり始めた。

「んっ、んむっ、んぶっ、んふぅっ!」

主の太ももに白犬のグローブを嵌めた左右の手を置いて顔を上下に激しく動かし、主の男根に甘い刺激を注ぎ込む男。男が貪るように男根へと注ぎ込んでくる快楽に震える主は、男の頭部で揺れる犬の耳と尻穴を支点にして左右に振り乱される犬の尻尾を愉しみながら、男に言った。

「オチンチンにがっついちゃって、エッチなワンちゃんだ。そんなに、美味しいのかい? そんなに、ミルクを飲ませて欲しいのかい?」
「んっ、んむぅっ」

男根から口を離さずに肯定の唸りを発したペットの男に主は微笑むと、男の頭部を一層強く引き寄せながら絶頂を告げる。

「正直なワンちゃんには、大好きなオチ○チンから出るミルクをご馳走してあげるよ。たくさん出してあげるから、一滴残らず、全部飲み干すんだよ?」
「んみゅ、むぅぅんっ!」

言われずとも口内に注ぎ込まれる淫らなミルクを飲み干す気だった男は、頭部の更なる引き寄せに合わせて手の位置を主の腰に移動させると、主の腰を自分からも引き寄せてより深い場所まで男根をくわえ込み、喉肉を抉った状態で小刻みに震えている男根からミルクが放出される瞬間を今か今かと待ち受けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


にゃんことアイスキャンディー

メイドは淫らな本性のままにおねだりする

2018.06.13.Wed.21:00
窓の外が夜の闇に覆われる時間に、屋敷の主である男の部屋の扉がノックされた。
そのノックの音を耳にした男は読んでいた本を机の上に置くと椅子から立ち上がりながら、扉に向かって声をかけた。

「空いているよ。入りなさい」

男の声を聞いたノックの主は、室内に入ると扉の鍵を掛け、ふらふらとしたおぼつかない足取りでメイド服を揺らしながら男に近付くと、潤んだ瞳と赤く火照った顔を持ち上げて男を見上げながら、甘えた声を上げた。

「ご主人、様。一日中……言われた通りにして過ごしました。お願いしますっ。ご褒美を……下さいぃっ」

主である男に寄りかかるようにしてすがりつき、はぁはぁと息を乱してご褒美を欲しがるメイドに男は微笑み、左耳に唇を近付けながら優しく囁いた。

「どんなご褒美が欲しいんだい? 一日中私の命令に従ったご褒美として、エッチなメイド君は何をして欲しいのかな?」
「ひゃぅっ!? あ、あんっ! ご主人、さまぁっ」

主の囁きに気を取られていたメイドは、こっそりと下半身に移動しスカートの中に潜り込んでいた主の手が生み出す刺激に甘い鳴き声を上げる。
その甘い鳴き声を愉しみつつ、主は左手の指で朝からずっと尻穴を拡張しぶるぶると弱く振動させていたアナルプラグをとんとんと軽く叩き、右手の指で朝からずっと根元に射精を禁じるベルトを巻き付けられたまま亀頭のすぐ下に巻き付けられたベルトと一体化しているローターで休み無く震わされていた男根の先端を撫で、愛しい少年メイドの可愛らしい反応に目を細めながら続けて問いかける。

「ね、どうして欲しい? ご褒美として、更にたっぷり焦らして気持ち良く苛めて欲しい? ご褒美としてうんと気持ち良くして、気を失うまで射精させて欲しい? それとも、射精の事しか考えられなくなるまでたっぷりと焦らした後、待ちに待った射精を何度も何度もさせて欲しい? 君がして欲しい事をしてあげるよ」

主の言葉を聞きながら、少年メイドは表情を淫猥に蕩けさせて息を更に荒くし、アナルプラグ越しでも分かるくらいに尻穴をきゅんきゅんとヒクつかせつつ、主の右手に撫でられている男根をより硬くして脈打たせる。
完全に発情しきった少年は、わずかに残っていた羞恥心を自らかなぐり捨て、淫乱な本性のままにおねだりした。

「ご主人様ぁっ、お願い、しますぅっ。エッチで、はしたないメイドの僕をいっぱい焦らして苛めて、たくさん射精させてくださいっ。ご主人様の手で、舌で、おチ○チンでっ、僕をたっぷり弄んでっ、イきまくらせてくださいぃっ……!」
「ふふっ……欲張りだね。そんな欲張りでエッチな君が、大好きだよ」
「あむっ、んんっ……ごしゅじん、ひゃまぁ……しゅき、僕も、らいひゅき、れすぅぅ……」

アナルプラグを緩くくるくると回され、亀頭を親指でぐりぐりと擦られながら口付けを落とされた少年メイドは悦びの感情を全身に駆け巡らせながら、早くも絶頂を迎えて射精を塞き止められた幼い男根から透明な先走りを主の親指に向けて噴き出させていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


おとこのこMIX
 | HOME | Next »