FC2ブログ

淫蕩な夜は山奥で

2017.06.06.Tue.21:00
「んむぅぅぅーっ!! ふっ、ふぅっ、んむぅぅぅーっ!!」

古民家の中から、青年のくぐもった唸り声が発せられている。
騒いでも助けの来ない山奥に存在する古民家の中で白布の目隠しと猿轡を施された青年が唸りを上げ、はだけた着流しの上から縄を施された肉体を腹側を上にして鴨居から低い位置で吊るされ、無抵抗のまま無防備な尻穴を男の手が操る極太のアナルバイブで掻き回されている。
その状況は、周りから見れば一方的な凌辱にしか見えないだろう。だが、実際は全く違う。
青年は手首を背中で縛られ、足首と太ももを短く括られた足を閉じられなくさせるように縄で吊るされているにもかかわらず。バイブの刺激で腸内をいたぶられて絶頂を強要され腹が白でどろどろに汚れる程体液を絞り出されたにもかかわらず。目隠しごしでも分かる程表情を恍惚色で染め、猿轡ごしでも分かる程、悦びに満ちた鳴き声を上げている。

愛しい主が自分と心置き無く愛し合う為に手に入れた山奥の古民家の中で愛しい主の手で縄の拘束と目隠しと猿轡を与えられ、一切の抵抗が叶わぬまま愛しい主が動かすバイブでめちゃくちゃに絶頂させられているのだから、当然だろう。
周りから見れば凌辱でしか無くても、青年と男にとっては甘い営みで。愛しい主に自分の全てを捧げたいと考えている青年は心の底から悦んで快楽責めに喘ぎ鳴き、愛しい青年の全てを自分の物にしてしまいたいと考えている男は青年の声に、身悶えに、流れ落ちる体液に興奮を募らせ、より淫らな姿を目に焼き付けようと暴れるバイブを青年の弱点に押し付けた。

「むふぅぅぅーっ! んぐっ、うぅ、うふぅぅぅんっ!!」

過敏な弱点である前立腺をバイブに強く抉られ、度重なる絶頂で高まっていた青年の淫らな肉体はあっさりと絶頂に押し上げられた。縄で吊られた肉体が、ギシギシという音と共に仰け反る。胸元で真っ赤に尖り切った乳首がふるふると揺れ、尻穴は男の手に伝わるくらいにバイブをきつく絞め付け、男根がほとんど白の混ざっていない精液を力無く放出する。
その光景に、男の欲望は一気に加速していき、とうとう堪え切れずに破裂した。

「んぅぅんっ…!?」

男がバイブをズルリと引き抜き、青年は突然バイブが抜けた事に対する驚きの声を上げながらぽっかりと開き切った尻穴をヒクヒクと震わせる。
そうしてヒクヒクと震えながらまた閉じていこうとする尻穴に、男は限界まで滾っていた自身の男根をあてがい、興奮を隠し切れずにかすれた声で青年に言った。

「今から、私のモノで気持ち良くしてあげるよ。君の大好きな、私のモノで、ね」
「ふ、むっ…んむぅぅぅぅぅーっ…!」

ずぶずぶと侵入してくる、熱い肉の塊。幾度と無くくわえ込み、幸福を与えてくれた愛しい人の一部。心から愛する人物の一部を受け入れている幸せに、青年の肉体は電流が走ったようにぞくぞくと痺れ、尻穴は無意識に主の男根に勢い良くむしゃぶりつく。
そんな淫猥で可愛い反応に、興奮し切った男が耐えられるはずは無い。男は男根を歓迎する腸壁の動きに思わず息を漏らしながら、嬉しそうに告げた。

「動くよ…君のいやらしいここを、もっともっといやらしくしてあげる。エッチで可愛いお尻の穴を…もっともっと、エッチで、可愛くしてあげるよ……っ!」
「ふぐぅぅんっ! んっんっ、んぅ! むふぅぅぅ!」

もっと、してください。もっともっと俺を、エッチで、可愛くしてください。ご主人様。

誰にも邪魔されない淫蕩で甘ったるい夜はまだ、始まったばかりだ。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


抱かれたい人がいます
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

二人きりの淫らな空間

2017.03.09.Thu.21:00
季節外れの大雪は、ビルが立ち並ぶ街を白く染め上げた。交通機関が麻痺した為出掛ける予定を諦めねばならず、近場に行く事さえ困難な為、買い出しに行く気も起こらない。
せっかくのデートをふいにされ、二人きりで部屋にこもる事を強いられた。そんな状況で、青年の恋人達がデートの穴埋めにと、時間を潰す為にと性行為を選ぶのはある意味当然で。二人は暖房を強く効かせた寝室で汗に塗れつつ、朝からずっと愛情を確かめ合っていた。
普通の性行為に飽き、今まで手を出していなかった新しい性行為を試す程に、だ。

こんな事をしてみて欲しいと口にしたら、さすがに引かれてしまうだろうか。こういう事をして気持ち良くしたいと言ったら嫌われてしまうだろうか。普段ならそう考えて思いとどまるのに、朝から肌を重ね合っていた今日の二人はいつもより積極的で、して欲しいという欲望とこれをしたいという欲望を包み隠さずに伝えた。
その結果が、あられもない恰好でベッドの柵に手足を縛り付けられた青年と、身動きの取れない青年を好き勝手に責め立てている青年だ。

自由を奪われた姿で抵抗も出来ぬまま一方的に快楽を注がれてみたい。そう告げた青年は頭上に持ち上げた手首と大きく開いて持ち上げた足首をタオルを使ってベッドの柵に短く繋がれ、仰向けの裸体を無防備にさらけ出す姿を強制された。
何をされても拒めない。尖り切った乳首をしつこく吸われ、摘ままれても。丸出しの尻穴を指や男根でめちゃくちゃにほじくり回されても。拘束されただけで興奮と期待を膨らませはしたなく体積を増している男根を休み無く絶頂に追いやられても。手足を使えない青年は受け入れるしか無い。
抑え切れない興奮で更に息を乱しながら、愛しい恋人の欲情の視線をいつも以上に鋭く感じながら、自らが望んだ拘束を施された青年は腰を振って快楽を欲しがった。しかし、その淫乱なおねだりを向けられた青年は、恋人が望むままに抵抗を封じた青年は快楽をねだるその姿に意地悪な心を芽生えさせ、恋人が望む物とは違う快楽を与えた。
それは尻穴に挿入した指で過敏な前立腺を抉り、勃起した男根を舌で優しく容赦無く舐め回しつつも絶頂だけは決してさせない生殺しの快楽責め。責める側が口にした快楽をたっぷりを注いでおかしくなるくらいに喘ぎ鳴かせたいという欲望を満たす責めだ。

「あ…あぁぁっ! イ、くぅっ…イく、イくぅぅんっ…!」
「おっと、危ない危ない」
「あぅぅぅ……や、あぁぁ…!」

震える口で絶頂を伝えると、責める青年は腸内を掻き回していた指をとめ、亀頭を責め立てていた舌を離した。
また絶頂をお預けされた青年は拘束された汗まみれの裸体を苦しげによじらせ、自分の男根の近くで愉しそうに笑っている恋人に向かって一生懸命に絶頂をねだる。

「お、ねがいぃ……もぉ、イかせてぇ…俺、おりぇぇっ……おかひく、なっちまうよぉっ……!」

目から涙を零し、口の端から飲み込めない唾液を垂らし、真っ赤に充血した乳首と射精欲に打ち震えている男根を揺らして青年は哀願を口にする。だが、責める側の青年はまだまだ許しを与えない。ずっとやりたかった意地の悪い責めを、向こうが拘束の上での責めを求めてきたという言い訳に隠れて行えるのだから、もっともっと愉しまなければ損だ。
故に、青年は淫ら極まりない絶頂に対するおねだりを聞いても興奮に掠れた声でそれを否定した。

「まだ、駄目だよ。もっともっと焦らして、君の頭の中が射精する事しか考えられなくなってからイかせてあげる。もちろん指じゃなくて、君が大好きな俺のチンコでね。その方が、君も嬉しいでしょう?」
「あ、あはぁぁ……っ!」

再び指を動かされながら尋ねられた青年は無意識に指と男根の違いを意識し、過剰に高まった尻穴を男根でほじられながら迎える絶頂の悦びを想像してしまった。

「やっぱり、嬉しいんだね。俺の指をお尻がきゅうきゅう絞め付けて、先走りもさっきより溢れてる。こんなにエッチで可愛い反応を独り占め出来るなんて、俺は本当に幸せ者だよ」
「ん、あぁぁ! はひっ、あんっ、あぁぁんっ!」

可愛いと褒められながら、自分と恋人である事を幸せと称され、それと同時に前立腺をぐいぐいと押し上げられた青年の裸体に甘い悦びの電流が駆け巡る。

「ほら、もっと可愛いところを見せてよ。俺が欲しくておかしくなる、可愛い恋人の姿を俺に見せて?」

二人は外が大雪である事も、寒い事も忘れて二人きりの熱く甘い空間にこもり、新しく手を出した性行為の形でよりお互いへの愛しさを確認し合い、疲弊しきって動けなくなるまで淫蕩な時間を仲良く貪っていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


体当たり 真剣交際 【電子限定かきおろし付・18禁】

淫乱兄弟は男根を心からねだる

2017.03.03.Fri.21:00
誤字は無い。脱字も無い。俺は書き終えた仕事の書類に不備が無い事をしっかりと確認して保存し、椅子から立ち上がって伸びをした。
外は夕方のオレンジが薄まり始め、夜の闇が差し込んできている。休日の昼過ぎに始めた作業は思っていたよりも時間が掛かってしまった。
きっと、二人も俺が来るのを待ち侘びている事だろう。俺は椅子をしまうと自室の扉の横にある梯子を上り、ロフトに移動する。そこには、俺が作業を始める前とほぼ変わらない二人の姿が、俺の手で拘束された裸体を重ねられ、お互いの男根を口に含んだ状態で身動きを封じられた二人の少年の姿があった。
忙しいから今日も可愛がってやれそうにない。大好きな俺から注がれる甘い快楽を愉しみにして訪れた双子の兄弟は同じだけど少し違う顔を分かりやすくしゅんとさせた。そんな二人に俺はほとんど冗談でほったらかしでも良いなら気持ち良くしてあげられると告げたが、返ってきた言葉は予想外の、俺だったらなんでも嬉しいという物だった。
そこまで快楽を期待させておいて冗談だったとは言えない。それに、愛しい年下の恋人達に何でも悦ぶと宣言されて牙を隠せる程俺は出来た人間じゃない。俺は欲望のままに二人に服を脱がせ、二人が抵抗しないのを良い事に二人の手首を背中で布を巻いて縛り、足首と太ももを手首と同じ布で足を伸ばせないように縛り、口に含んだ男根を出せないよう二人の胴体を布で緩み無く括り付け、尻穴にバイブを布で固定した上で二人をロフトに置き去りにして作業を始めた。
それから数時間、二人は俺が与えた拘束に裸体を囚われたまま尻穴に入れられたバイブでイきまくり、お互いの口に絶頂の証である精液を放出し合っていた。
ロフトに置かれたベッドの上に転がされた二人は、俺が離れている間に何度絶頂したのだろう。どちらの裸体もガクガクと人間の物とは思えないくらいに痙攣を繰り返し、バイブに掻き回されている尻穴から腸液を垂れ流している。顔は汗と唾液、飲み切れなかった精液ともう一人の尻から撒き散らされた腸液でぐちょぐちょに汚れている。
双子の少年達が自由を奪われ、淫具で連続での絶頂を強いられ、自分ともう一人が分泌した体液でどろどろになっているという淫猥極まりない状況がロフトに存在している。だが、俺は決してやり過ぎたとは思わない。何故なら、淫猥な兄弟達の顔は体液で汚れているとは到底思えないくらい幸せ色に蕩け、その蕩けた顔は俺を見た途端更に蕩けて、二人が塞がれた口で一生懸命におねだりの唸りを発し始めたからだ。

「んむぅぅぅんっ…んふっ、むふぅぅ」
「んもっ、おふっ…ふぅんっ、くむぅぅんっ」

二人が身悶えているベッドの横に俺があぐらをかくと、二人の少年は股間をもう一人に押し付けながら身をよじり、俺に何かを伝えようとする。もちろん、それが何かは分かっている。二人は俺に対し、俺の男根が欲しいと示しているのだ。
淫乱な少年達は、もともとの素質に俺の調教が加わった事でもはやバイブの責めだけでは物足りない肉体になっている。どんなに絶頂を強いられても、精液が尽きる程にイかされても、俺の男根でなければ満足出来ない。故に、二人は自分に入れて欲しいと唸りを上げ、もう一人のおねだりに負けないようにと頑張って男根をねだっている。

無我夢中で淫欲を求める淫乱少年達にあてられて、俺の男根もズボンの中で張り詰めていく。けれど、俺はまだ手を出さない。
俺が仕事の書類を進める間、二人は自分達の淫らさを押し込めて我慢をしていたのだろう。だが、我慢をしていたのは俺も同じだ。愛しい二人の少年を甘く喘ぎ鳴かせ、自分の男根で二人交互によがらせたい衝動を抑え、俺は今日まで我慢を続けていた。その我慢を強いていた書類の作成が終わった以上、我慢をする必要は無い。思う存分欲望のままに振舞い、思う存分、愛しい少年達に意地悪をして淫らな様子を愉しめるのだ。
俺を欲しがる二人により俺を欲しがらせ、愛されている実感を抱きながら二人の痴態を愉しめるのだ。

「今から先に十回相手をイかせた方に、俺のを入れてやるからな。負けた方はもう一人に俺のを入れている間、バイブでおあずけだからな? 頑張れよ」
「んふぅぅぅんっ、んっんっ」
「むぅぅんっ、んぐぅぅ」

拒む意思を一切見せず、了承の声を上げる二人。そんな二人を見て俺は顔をだらしなくにやけさせながら言葉を続けた。

「スタートって言ったら初めだからな。俺がスタートって言ったら、イっちゃわないように頑張りつつ、もう一人をイかせる為にチンコを舐め回してやるんだぞ? 良いね?」
「んぅぅんっ、んぐぅんっ」
「むふっ、むふぅっ」

淫らなゲームに意気込んでいる愛しい少年達を眺めながら、俺は淫らな欲で埋め尽くされた頭でスタートを口にするタイミングをうかがっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


野良猫に首輪を

青年は過剰な拘束と舌奉仕に悦ぶ

2017.01.09.Mon.21:00
黒髪の青年の腕は背後に回しピンと伸ばした状態で、指先から二の腕までをすっぽりと覆う黒いアームバインダーによって自由を奪われている。それだけでも抵抗を奪うには十分な拘束なのだが、青年に施された拘束はアームバインダーだけでなく、窮屈に折り畳まれた裸体の上半身と下半身を緩み無く括る二本の黒いベルトに加え、そのベルトとアームバインダーを短く繋ぐ鎖と、左右の足首を一括りにしている足枷とベルトを繋ぐ鎖が施されている。
自身の膝を胸元に付けたまま離せず、伸ばしたままアームバインダーに絞め上げられた腕は指を使えない上に大きく動かす事さえ出来ず、左右を括られ鎖で移動を制限された足では逃げ出す事はおろか転がされたベッドの上から下りる事さえままならない。
青年はもはや、拘束を与えた者が拘束具の鍵を外してくれなければ立つ事も不可能。丸出しの恥部をじっくりと観察され、執拗に弄ばれても受け入れるしか無く、自由に使えるのは目と耳と口のみだ。
だが、青年はその自由に使える三つの箇所を拘束を与えた者に対する抗議には一切使っていない。青年の目は怒りを込めた睨み付ける視線ではなく、甘えるようなうっとりとした視線を拘束を与えた者に向けている。青年の耳は拘束を与えた者が放つ身動きが取れない状況を笑う言葉に悔しさではなく、興奮を募らせている。そして口は拘束を与えた者に拘束を解けと喚く事は全くせず、眼前に突き出されたその者のたくましい男根を一生懸命に舐めしゃぶり、快楽を注ぐ舌奉仕に夢中になっている。

幸せ一色で男根をくわえる表情だけを見たら、とても過剰な拘束で抵抗を封じられている者とは思えない。男根と恥ずかしい尻穴を無防備にさらけ出す姿を強いられている者とは思えない。
拘束に反感とは真逆の甘い高ぶりを抱き、悦んで男根に奉仕する青年の様子は誰の目から見ても明らかな淫乱で。そんな淫乱な青年に自身の男根をしゃぶらせている男は舌奉仕に勤しむ青年の頭を優しく撫でてやりながら、意地悪く直接見えていなくても分かる青年の尻穴の状況を指摘した。

「拘束具を鳴らしながら腰を揺らしちゃって…エッチだねぇ」
「ひゃいぃっ…んむっ、んふぅ……おれは、エッチでふぅぅっ…!」
「私のおチンチンを舐めてるだけなのにもうお尻の穴がヒクヒクして、今すぐ入れて欲しくて堪らなくなっちゃってるんでしょう? 君は、お尻を私のおチンチンに掻き回されるのが大好きだもんね」
「そう、れひゅぅっ…むぅ、んぐっ…この、ごひゅじんひゃまのおっきいおひんひんれ、けひゅあなずぼずぼされるのぉ、んぅ、むっ、しゅきれふぅっ! むぷ、はぁっ…お願いしましゅぅ…ご主人ひゃまぁっ……入れて、んむっ…いれひぇくらしゃいぃぃっ…!」

男根を舐める舌を決して休めずに、青年が愛しい主の男に男根の挿入をおねだりする。しかし、今日の主はそんな可愛らしいおねだりを見ても男根を挿入してはくれない。いつもより意地悪な主の男はおねだりする青年を愛しげに見つめた後、咎める口調で言った。

「おやおや…私を口だけでイかせたら入れてあげるって言ったのに、イけない子だね。我慢の出来ない悪い子は、お仕置きだよっ」

おねだりさせるように言葉で仕向けておきながら、おねだりをした青年に仕置きを加えると宣言した主は手を軽く振り上げ、青年目がけて振り下ろした。
柔らかな尻肉を緩く打ち据え、疼きに疼いている尻穴に甘い衝撃を注ぎ始めた。

「んふっ!? むぅ、あぁ! ご主人、しゃまぁっ!」
「口を休めちゃ駄目でしょ? 私をイかせられなかったら、ずっとお尻に入れてあげないよ?」
「やぁぁんっ! んちゅ、むふっ、んむぅぅぅっ!」

挿入のおあずけを持ち出された青年が、今まで以上に男根にむしゃぶりつき、鼻で荒い呼吸を繰り返しながら亀頭や竿の部分に濡れた舌を這わせる。

「そうそう、上手だ。その調子で私を上手くイかせられたら、今日はこの拘束のままたっぷり中に君の好きな物を流し込んであげるからね…」
「んっ、んんっ、むぶぅっ、うぅんっ!」

欲しい、早くたくさん中に出して欲しい。
淫乱な青年は一層激しく主の男根へ刺激を加え、主は一心不乱になって男根をしゃぶる青年をより長く愉しむ為に、平静を装いながら込み上げる射精感を抑え込んでいた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


となりの片想いMF

主と犬は交尾を愉しむ

2016.11.23.Wed.21:00
辺りが暗闇に覆われきった時間帯に、高級マンションの扉が開いた。開けたのは家主の男と、男の秘書を務める青年。仕事に限らない関係もある二人は同じ部屋に暮らしている為、開いた扉から室内へと二人が入っていくのは何の変哲もない光景だ。
中に入った二人が床に荷物を置くのもいつも通り、それぞれのハンガーに衣服を掛けるのもいつも通り。そして、家主の男がテーブルの上に置いておいた道具を手に取り、ボクサーパンツのみの姿でソファーに腰掛けるのも、青年が一糸まとわぬ裸体となりソファーに腰掛けた男の前で自身の男根が良く見える位置に手をついて犬のお座りの体勢を取るのも、二人にとってはいつも通りの、何の変哲もない光景だ。

「ちゃんと出来てるね。良い子だ」

言い付けに従った格好を自ら取った青年に男は満足そうに微笑み、青年の頭を優しく撫でた。
温かくて大きな手が髪を滑る感覚に青年は表情を幸せそうに緩め、嬉しさを示す鳴き声を上げる。

「わんっ…わぅっ…」

犬を真似た格好に、犬に似せた鳴き声。それは、青年が凛々しき秘書である表向きの自分の仮面を外し、愛しい男に心だけでなく身体でも忠誠を誓う雄犬の本性をさらけ出した証拠だ。
恥じらいもせずに裸体を露出し、湧き上がる興奮に息を荒げながら鳴く青年を、秘書としての青年しか知らない者は誰一人として想像もしないだろう。瞳を欲情で蕩けさせ、期待で男根をふくらませ、無意識に腰を前後に揺らしながら愛しい主の手に握られた器具の装着を視線でねだる淫らな青年を知る者は、恋人であり飼い主でもある男だけ。
隷属の証である黒いリード付きの赤い首輪を巻き付け、頭部に茶色い犬の耳の飾りが付いたカチューシャを取り付け、両手両足に指を使えなくさせる構造をしている犬の足を模したグローブとブーツを履かせ、お座りの体勢から無防備な尻穴を眼前に捧げる体勢にさせた青年の可愛らしい尻穴を丹念に舐め解し、犬の尻尾がぶら下がったアナルパールを挿入するのも男だけ。
愛しくて、淫らで、可愛い青年の何もかもを独り占めにしている男はその幸せをじっくりと噛み締めつつ、柔らかな尻肉を鷲掴みにして広げさせた尻穴にわざとらしく音を立ててむしゃぶりつき、青年に快楽と発情を、尻穴にアナルパールをすんなりと受け入れられる状態を与えていく。

「わ、んっ…きゃぅ! んぁ、わんっ、わぉ、おぉんっ…!」

緩く閉じた尻穴を濡れた舌が撫でる度、緩く閉じた尻穴をこじ開けて侵入した舌が過敏な腸の粘膜を擦る度、床に着いた青年の手足は小刻みに震え硬く勃起した男根は透明な先走りをぽたぽたと滴らせる。
数え切れない程男に愛のこもった躾けを施された青年の肉体は、尻穴を弄られた事でどこもかしこも火照り切り興奮状態となっている。尻穴に貪り付いている男には見えていないが、青年は口から舌と唾液をだらしなく垂らし、恍惚に満ちた表情で鳴き喘いでいる。
その鳴き声と、舌で感じる穴の解れ具合に男は頃合いを感じ、ソファーに置いていた尻尾付きのアナルパールを掴むと、青年の尻穴の周りや太ももに垂れた自身の唾液をパールにまぶしながらいやらしくヒクつく尻穴に、パールを一つまた一つと押し込み始めた。

「あぉ! わぅ、わぅ…わぅぅぅんっ…!」

青年の鳴き声が一際激しくなる。苦痛の鳴き声ではなく悦びの鳴き声だ。
少しずつ、中が満たされていく。尻穴から尻尾が生えた状態が近付いていく。
淫らで情けない犬のコスプレがもうすぐ完成する事が嬉しくて堪らなくて、青年は余りの嬉しさと刺激に手足から力が抜けつつも尻穴は限界まで高く持ち上げ、主による尻尾の装着が早く終わるように努める。
そんな青年のいじらしさに男は微笑み、優しい声音で褒め言葉を口にしながら最後のパールを人差し指と中指で勢い良く押し込んだ。

「ちゃんとお手伝いが出来て、偉いぞ。ワンちゃんのおかげで、しっかり最後まで入れる事が出来た…よっ!」
「あぉぉぉぉぉぉぉーんっ…」

ずぷん、と卑猥な音を立てて最後のパールが腸内に消え、青年の尻穴から茶色い犬の尻尾が生える。犬の尻尾を生やし、耳を生やし、手足を犬の足型の拘束具に包まれ、首輪を嵌められた青年は淫猥なコスプレが完成すると同時に軽い絶頂を迎えて全身を痙攣させ、そのままくったりと床の上に倒れ込んだ。

「おや? ワンちゃんはもう眠たいのかい? 良い子にして私のお手伝いもしたワンちゃんに、ご褒美を上げようと思ってたんだがね」
「わ、ぅ…?」

首輪から伸びたリードを弱い力で数度引かれ、床に倒れていた犬の青年は主の方を見た。青年の痴態で張り詰めた男根を主張している主の方を、毎日のように味わい毎日のように穴を掻き回しているというのに飽きもせず欲しくなる愛しい男根が主の下着を押し上げている様子を、青年は見た。
その光景を見てしまったら、若干落ち着いていた興奮が再度湧き上がるのも当然だ。青年は脱力していた肉体に力を入れ、主の股間を目指して身体を移動させていく。

「ふふっ…ご褒美が欲しいかい? 良いよ、好きなだけあげる。可愛いワンちゃんが大好きなご褒美をたくさん、ご馳走してあげるからね」
「わ、、んっ…わぅんっ…!」

幸せな主と幸せな犬が愉しむ甘い交尾の時間は、まだまだこれからだ。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


【檻の狐】
 | HOME | Next »