FC2ブログ

少年の秘密は甘く幸せに置き換わる

2019.10.25.Fri.21:00
父親の仕事の都合で両親が地方に赴いたために一時的な一人暮らしを行っている少年は、夜更けの帰宅を咎める人間がいないのを利用して秘密のアルバイトに精を出していた。自分の身体を差し出し、金と雌の快楽を得る淫らなアルバイトだ。
同年代の少年、年下の少年、一回り以上年上のサラリーマンに二回り年上の中年男性。ありとあらゆる相手とまぐわい、金銭と甘い悦びを手に入れていた少年はその日も同じように依頼相手の家へと淫猥な期待を抱いて足を運んだ。
そうして行った先で、少年の通う学校に勤める教師が待っていることなど少年は想像もしていなかった。

「○○……お前、何で……?」

部屋の扉を開けた少年が教え子であると気付き、教師は驚愕と困惑に声を震わせている。一方、少年はここが教師の家であると把握し、後ろ手で扉を閉じる途中の体勢で固まっている。
夜の街で見られただけなら、普段被っている優等生の仮面の力で幾らでも誤魔化しが利くだろう。だが、この状況では誤魔化しなど出来ない、即座に否定していれば他人の空似と認識させられたかも知れないが一度思考と行動を凍り付かせ表情を強ばらせてしまった以上、言い逃れは通用しない。
少年はこの場を切り抜ける方法を必死に考え、言葉を探し、そして一つの案を思い付いた。それは捨て身のような案ではあったが、他の術を探す時間は無い。少年は腹を括り、扉を最後まで閉めると身に着けていたシャツを手で捲りながら教師に歩み寄った。

「ふふっ……せーんせ。ご利用ありがとうございまーす。今日は僕の身体でたっぷり、先生にご奉仕して差し上げますね」
「な、何を言って……」

学校での様子と全く違う少年の妖艶さに教師は狼狽している。だが、その視線は少年がシャツを捲り上げたことで露わになった乳首へとチラチラ向けられている。それを見逃さずに少年は言葉を続けた。

「僕がお仕事でここに呼ばれたってことは、僕みたいなエッチな男の子の身体を愉しみにしてたんですよね、先生?」
「そ、それは……」
「今更言い繕わなくても良いじゃないですか。僕も先生もこのことが表に出たら困るんですし、だったらお互いに忘れて気持ち良く愉しみましょ? 生徒の身体を好きなだけ味わえるなんて、したくても出来ない経験ですよ?」
「う、あ……」

少年の誘惑に押され、教師はたじろぐ。たじろぎながらも教師は抑えきれぬ興奮を募らせ、自身の男根でズボンを内側から押し上げていく。
後もう一押し。そう判断した少年は、意を決してとどめの一言を放った。それは足の指先に力を込め、教師の左耳に唇を寄せて発せられる偽りの告白だ。

「僕、先生のことずっと気になってたんですよ。だから、今日だけで良いから、お仕事としてだけでも良いですから……僕をめちゃくちゃになるまで愛してください」

掠れた声で紡がれたこの場を切り抜けるための嘘の告白。そのなりふり構わない少年の誘惑は、教師である男の理性と建前をとうとう壊した。
教師は生唾を飲み込み、少年の肩に手を回して穏やかながらも興奮色に染まった声で言った。

「分かったよ。じゃあ、寝室に行こうか」
「はい、先生」

捲っていたシャツから手を離し、教師に促されるがままに寝室へと移動する少年は自分のアルバイトの件が露呈する危険が過ぎ去ったことに安堵しきっており、これから始まる教師とのまぐわいの激しさなど欠片も想像していなかった。




お互いに一糸まとわぬ姿となり、教師と生徒の立場を捨てて快楽を貪り始めてから数時間。とっくに教師が支払う代金分の時間は経過したというのに、二人はまだ裸体を重ね合い肉欲に溺れ続けていた。

「あんっ、あぁっ! 先生、せんせぇっ!」
「またイくぞっ、○○! ○○の中に、精液、流し込むぞっ!」
「ひゃいぃっ! くらしゃいぃっ、先生の逞しいおひんぽから、精液たっぷり中にだひてぇっ!」

身体の相性が良すぎたのか。それとも禁忌の交わりに耽っているという事実に対する興奮のせいなのか。それとも両方か。二人は疲弊に襲われつつも快感を追い求めることをやめられずにいる。

「うぁ、出るっ……○○の中、うねって、搾り取られる……っ!」
「ひゅごいぃ……しぇんせぇのおひんぽ、まだ精液濃いのぉ……いっぱいらひたのに、僕のおひりにびゅるびゅるっへぇ……」

精液を欲しがって蠢く腸壁に男根を揉み込まれ、蕩けきった少年の淫猥な言葉に欲情を掻き立てられ、教師の男根はまた硬度を取り戻した。それを知った少年は、震える手と足で自分に覆い被さる教師に抱き付き、演技ではないおねだりを行った。

「せんせー……さっきみたいに、ちゅーしてぇ。ちゅーしながら、またおひり、ずぼずぼほじくってぇ」

可愛らしく抱き付かれながら淫らなおねだりをぶつけられて、平静でいられる男などまずいない。教師は少年のおねだりで更に男根を膨張させ、少年が望んだ通りに口付けながら一層激しく腰を前後に振り、少年に甘い幸福感を注ぎ込んでいく。

「んむっ、ふー……あぷっ、むぅぅんっ!」

教師と舌を絡め合いながら教師の唾液を飲み干すのが、心地良い。今までに相手にした中で間違いなく一番と言える教師の男根で解れきった尻穴を掘削されるのが気持ち良い。教師にベッドの上で揺さぶられることで生まれる男根の跳ねすら、堪らない快楽に繋がる。
少年はもう、教師から与えられる全てを幸せと感じることしか出来ない。思考と肉体で暴れ回るその幸せは少年の中で教師への愛情へと変わっていき、少年はとうとう嘘では無く本心からの愛を口付けの合間に叫んだ。

「ふぅ、むふっ、ひぇんひぇ、しゅきぃ……んむ、もっろ、ひて、きもひよく、ひてぇ……!」

その叫びに対して返されたのは言葉ではなく、更に熱烈な口付けと荒々しくも優しい腰の打ち付けで。増えた快楽の量に目を剥き手足に力を込めて教師を抱き寄せながら少年は悦びに全身を震わせつつ愛しい男根を甘く腸壁で圧迫し、教師に悦びを返しながら精液の放出を一生懸命にねだっていた。

少年の秘密のアルバイトにあてられていた時間がこの日を境に恋人同士の蜜月の時間に置き換わったことは、男と少年だけが知っている甘い幸福に満ちた秘密だ。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ぼうけんしゃはのろわれてしまった!
スポンサーサイト
[PR]

少年は獣と化した男に服従と隷属を教え込まれる

2019.09.26.Thu.21:00
生徒と教師だから交際は出来ない。交際するとしても卒業してからだ。
その言葉を喜び、卒業の日を待ち望んでいた少年はとうとうその時を迎え、恋心を寄せていた教師の男と付き合えることとなった。
それまで何度も何度も遊びに行っていた教師の家に卒業してから初めて向かう少年は緊張と期待と幸福感を胸に抱き、教師の仮面を外し獣と化した男が待ち受けていることなど欠片も想像できぬまま何の警戒もせずに男が住むマンションを訪れ、自らの意思で男の部屋へといつものように向かってしまった。



少年が男の部屋へと足を踏み入れてから、どれくらいの時間が経ったのだろう。疑いを一切持たずに出された飲み物に口を付け、盛られていた薬品の効果で肉体の自由を奪われ手足に上手く力を込められない状況に置かれてから何時間が過ぎたのだろう。
逃れられない肉体を男に抱き上げられ、衣服を剥ぎ取られながら寝室へと引きずり込まれた少年は、防音が効いている室内に甘い悲鳴を痛々しく響かせながら数え切れない程に絶頂へと追いやられ、心と身体を淫らに蕩けさせられてしまっている。けれど、男は少年にわずかな休みすら与えない。少年が生き物とは思えないくらいに激しく裸体を痙攣させ、人間の言葉を発することすらままならない口で舌足らずに許しを請うても、男は溜めに溜め込んだ欲望を吐き出すように一方的な言葉を発しながら荒々しく腰を振り、苛烈な掘削ですっかり解れきった少年の尻穴を硬く張り詰めた男根で奥深くまでめちゃくちゃに掻き回し続ける。

「ひゃん、ひぇぇっ! んもぉ、ゆる、ひへ……あぅぅんっ! まらイぐぅぅぅぅ! イぐにょ、とまらにゃひぃぃ! らめぇっ、やめひぇぇぇっ!!」
「俺のチ○コを一生懸命絞め付けながらやめてって言っても説得力なんて無いぞ、○○。毎日毎日あんなに俺を誘惑してきた淫乱なお前が、この程度で限界な訳無いよな、○○?」
「あぅ、あん、んぁぁぁぁぁっ! しょこ、だめへぇぇぇっ! きもひ、いっ、あぁ、あがっ、ひぐぅぅぅぅっ!!」

必死に限界を訴えても聞き入れて貰えず、それどころか男は少年の過敏な弱点である前立腺を男根で狙い撃ちにしながら、一層容赦無く腰を前後に動かし始めた。
あまりにも強い快楽に、少年はもう翻弄されることしか出来ない。途切れ途切れながらも口に出来ていた哀願すら紡げぬまま、少年は愛しさを寄せていた男に凌辱される悦楽に鳴き叫び、想像していた物とは全く違う哀しい絶頂へと追い立てられるしかない。

「おら、イけぇっ! 淫乱ケツマ○コで俺のチ○コにむしゃぶりつきながら、中にたっぷり精液注がれながら、はしたなくイき狂え、○○!」
「あぉっ、はぉぉぉっ! ひゃひぃ、んぎぃぃ! あー! うあぁぁぁぁぁぁーっ!!」

こんなはずじゃ無かったのに。そんな思いを抱いていても身体は甘い悦びに対して正直で、少年は男の望み通りに腸内で男根を熱烈に絞め上げながら体内に流し込まれる精液が暴れる刺激で小さな絶頂を断続的に味わい、吐き出す精液を失った自身の男根を虚しくビクつかせつつはしたない悲鳴を発してイき狂わされてしまった。
けれど、少年はまだ許されない。少年の体内に精液を吐き出し終え落ち着きを取り戻した男は、自身の男根が再び硬く勃起したのを確認すると絶頂の余韻から立ち直っていない少年に追い打ちを仕掛けるかのように腰振りを再開した。

「うぁぁぁっ!? あぉ、あぁ、んひぃぃぃぃぃっ!!」
「可愛い鳴き声だな、○○。今日から毎日、嫌って程に喘ぎまくらせてやるよ。毎日毎日イかせまくって、喘ぎまくらせて、お前を俺のチ○コ無しじゃ生きられないよう躾けてやるよ。大好きな俺とずっと一緒にいられるんだぜ、嬉しいだろ、○○?」
「あぅ、あぁぁぁ! りょう、ほっ、らめぇぇぇっ! まりゃ、イぐ! じゅっと、イぎゅぅぅぅぅぅっ!!」

今朝まで自分の指すら入れたことの無かった尻穴を男の肉棒が生み出す快楽で長時間蹂躙され、放出する精液が尽きるまで触られること無く放置されていた男根を男の右手による巧みな擦り上げで甘く刺激されだした少年は大粒の涙を流しながら男に向かって救いを求めたがやはり受け入れては貰えず。柔和な教師の仮面の下に非道な獣を隠していた男は淫らに苦悶し心からの懇願を見せる少年の様子に興奮を加速させながら、自分に好意を向けた少年を自分だけの物へと堕とす為の悦楽を手加減無く叩き込み、少年の心と身体に服従と隷属を二度と消えないよう、丹念に時間を掛けて執拗に教え込んでいくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


女装おにいさんがノンケをとろとろになるまで開発したら(1)

教師は問題児を良い子にする

2014.03.03.Mon.21:00
放課後を迎えた高校の、今は使われていない旧校舎の空き教室。
椅子や机をどかして作られた中央の広い部分に、一人の少年がいた。

「んぅー…んっ、うぅ」

口にギャグボールを噛まされ、言葉を奪われ。
衣服を脱がされて裸体にされ、寝かされた黒いマットに拘束された少年が。

「うっ、ふぅっ!」

顔を真っ赤にした少年は、必死になって手足をバタつかせる。しかし、少年は両手両足を大きくX字に広げた状態で手首と足首をマットに取り付けられた枷に繋がれている。
頑丈な枷はちょっとやそっと暴れたくらいじゃびくともしない。少年は拘束から逃れられず、マットの上で全てをさらけ出した体勢を強制されていた。
自身を捕らえ拘束した人物によって。

「ふふ…良い子にしてたかい?」
「んぐっ!」

教室のドアを開けて入って来たのは、眼鏡の男。少年から見ると、教師にあたる人物。

「最初の頃より随分しおらしくなったね。問題児君」
「ぷはっ…うるせぇ、外せよぉっ」

大きく怒鳴ろうとしたが、ようやく解放された口はその力を失っていて、少年ははぁはぁと息を切らしながら教師に言った。
それが、何の効果も無いどころか、恥辱の開始のきっかけとなるとも知らずに。

「んー…まだまだ反抗的だな」

呟き、教師はポケットから小さなボトルを取り出した。
強がってはいても、怯えてもいる少年は中身の分からないボトルを見せられ、恐怖に身をすくめた。

「大丈夫だよ、ほんのちょっと君を素直にしてくれる薬だよ」
「あ…いや、やめ」

顔を左右に振って拒否を示す少年を無視して、教師はキャップを外したボトルを、逃れられない少年の胸の上で逆さにする。
少し粘りのある液体が、重力に従って垂れ落ちた。

「あ、つめたっ」

冷たさに身をよじると、教師は小さく笑って空のボトルを床に置き、液体でぬらぬらと光っている少年の胸部をまさぐり始める。

「や、め。んあぁっ!」
「もう効いてきたみたいだね。感度を良くするお薬」
「いやぁぁんっ!」

左右の乳首を同時に指で転がされ、少年の腰が跳ねる。薬剤の効果で過敏に変わっていく乳首は触られただけでも堪らない快楽を感じて、ペニスを勃起させた。

「なんで、こんな…っ!」
「ただの指導だよ。悪い子を、とびっきりの良い子に変える為のね…」

黒い本性を隠していた教師に捕らわれた少年。旧校舎には助ける者も来ない。
少年は絶望しながらも甘い快楽に溺れ、教師好みの良い子へと、作り変えられていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























不良少年に淫らな躾

2013.11.17.Sun.21:00
「あっ、んぁっ、はぁぁんっ!」

地下に造られた、隠された空間で少年は喘いでいた。
手首は背中、足首は太股とガムテープで拘束され、女子用のセーラー服を着せられた身体を必死にもがかせながら。

「もう、や…っ、たひゅっ、たすけへぇぇ…!」

目隠しの下から涙を零し、ソファーの上に転がった少年がもがく度、下着を履かされていない股間のペニスが、スカートの布地に淫らな染みを描いていく。
しかし、少年がどんなにペニスを振り乱して叫んでも拘束は外れず、乳首とペニスに貼り付けられたローターは剥がれはしなかった。

「んぐ、ふっ…うぅぅぅっ!」

歯を食い縛って、少年が細かく痙攣する。それは絶頂の証。
だが、少年が絶頂を迎えたにも関わらず、ペニスから精液は放出されない。
何故なら、ペニスには根元に射精を封じる革のベルトが巻き付けられているからだ。

幾ら少年がイきたいと願っても、非情なベルトは熱い流れを塞き止めてしまっている。動きを制限された手ではその状態から逃げる事が出来ず、少年は機械に与えられる快楽にただ悶えるしか無い。

「ゆるひて、おねがっ、イかせて…」

プライドも無く、必死に欲望の解放を求める少年。その姿に、静かに空間に訪れていた数人の男が声をかけた。

「随分大人しくなったな。最初はあんなに口汚かったのに」

そんな侮蔑の言葉も、今の少年にはどうでもよくて。
懇願する相手を見つけた少年は、淫具を貼られた性感帯と女装を揺らして、淫らなおねだりを始めた。

「射精…させてっ! イきたいぃぃっ」

惨めに叫ぶ少年を鼻で笑い、一人の男は近付くと…。

「そうじゃ、ないだろう?」
「んぐぅぅっ!」

隠せずにヒクついていた少年のアナルに、右手の指を一気に差し込んだ。
かなり乱暴な挿入であったのに、調教されたアナルはやすやすと指を受け入れて嬉しそうに絡み付き出す。

「昨日教えたおねだりの仕方をもう忘れたのか? まさかお前が躾されてる理由まで忘れてはいないだろうな?」
「忘れてませんっ、あっ、先生…ごめんなひゃいぃっ」

怒られて、拘束された不良生徒は教師に謝る。

「なら、言って見ろ。大きな声で言わなかったらおあずけだぞ」

うながされ、不良は唇を舐めて言葉を紡ぐ。

「俺が躾されてるのはっ…授業を何度もやしゅんだかられふっ」
「そうだな、で?」

前立腺を強く抉られて少年は仰け反ったが、おあずけを恐れてすぐにまたしゃべり出す。
たっぷりと教え込まれた、服従の言葉を。

「女子の服着て…いやらしく感じまくってる問題児の俺をっ、はしたなく犯してイかへてくらしゃいぃっ、おねがしまふぅぅっ!!」

舌を突き出して、躊躇いも無く卑猥な文言を並べる不良に、教師達は満足そうに微笑み。

「良い子だ」
「あうぅぅっ! おチンポ入ってきたぁっ!」

指を抜いたアナルにペニスを潜らせて、不良少年の顔にペニスを押し付けた。

「あむっ、むんっ」

目隠しで見えなくても、身体で覚えさせられた不良は匂いだけでペニスを見つけ。一生懸命に、舌を這わせた。
強気で、反抗的で、教師に噛み付いていたかつての姿はもはやどこにも無く、あるのは教師に従順な性の虜の姿だ。

「それじゃ…イかせてやろうな」

ペニスを絞め付けているベルトに手が伸びるのを感じ、不良は悦びに全身を震わせ感謝を口にする。

「ありがとうございまひゅっ! おえの汚いしぇーえき、ださせてくれへありらとうございまひゅぅぅっ!!」

無惨に躾けられた少年を嬲る教師は耳に心地良い甘い絶叫を愉しみ。
ベルトを、素早く外してやった。

「あぁぁぁっ! イぐイぐイぐぅぅっ、しぇーえきグングン上がってくりゅぅっ!!」

全身をガクガク震わせ、腰を大きく突き出し。

「あはぁぁぁっ!!」

少年は大量の精液を、自分の胸や腹に吐き出した。
絶頂の余韻に震えている少年の肌を撫で、教師達は。

「その調子だ」
「あぐぅぅんっ!? イったばか、りっ」
「口答えするな」
「あぅっ、ごめんなしゃいぃっ」

己の欲望のままに、少年の身体を弄び始めた。
敏感な場所を嬲られ、身悶える少年は縛られた手足をビクつかせる。そして甘く歪んだ声を、いつまでも教師に聞かせ続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























不良君と保健体育

2013.04.13.Sat.20:24
「割と大事な話があるからさ、放課後来てよ」




翔はそう言われて、素直に行った。
言った相手は、保健医の渋川。サボリ目的の翔にもベッドを使わせてくれる、翔にとっては唯一気を許している教師だった。
そんな気を許していた渋川の前で翔は今、快感に身悶えている。

「んぅ…んぅぁぁ。はず…して…」

放課後保健室に着いた翔に出された一杯のコーヒー。普段から出してくれていた飲み物だから、翔は何の疑いも無くコーヒーを口にした。
その中に、翔の身体の自由を奪う薬が入っていたとも知らず。

「あっ…あっんぁ。バイブ…抜けよぉ…」

翔の服を剥いだ渋川は、そのアナルをほぐしバイブを仕込んだ。
そして首輪を嵌め、首輪から伸びた鎖の手枷で、翔の手を封じた。ただ封じたのでは無い、翔の腕で自分の膝を抱えさせ、そのまま下ろせないように手首と首輪を繋いだのだ。
足を大きく上げさせられ、手も使えないので、翔は恥部を隠せない。アナルを捏ね回すバイブの動きも、快感でカチカチになってしまったペニスも、渋川の目に晒されていた。

「エッチだね、翔君。ここ、こんな太いバイブくわえてぐしょぐしょに濡れてるよ?」
「ひぁぁっ! 動か…さないで…っ!」

アナルに入った玩具を回され、翔は保健室のベッドの上で逃れようともがいた。
しかし拘束されてしまった身体では小さく左右に転がる事しか出来ず、ベッドの軋みとアナルの水音が虚しく響くだけだった。

「はっはぁ…ん、やぁ……」
「可愛いね、翔君。その泣き顔…堪らないよ」

楽しそうに熱っぽく笑う渋川。目が合って、翔は背筋がゾクゾクと震えてしまった。

「んっ、んぁ…何で、こんな事…」
「翔君が好きだから」

あっさりと言われた。

「ベッド貸してたのも、サボリに使わせてたのも、君を見ていたかったから。…でも、もう我慢できないからさ」
「はぅっ?」

ペニスに、強い締め付けが訪れる。見ると、渋川の指が翔のペニスに包帯を巻き付けていた。目的はすぐに分かったが、翔には止める事は出来ない。包帯は、翔のペニスをギチギチと絞め付ける。射精を、完全に塞き止める為に。

「はっ、はず…んんっ!?」

頼もうとした翔の口に、丸めた包帯が押し込まれた。

「うぐっ…ぐっ、ふぅ!」

吐き出そうとするが、押し込む力には敵わない。これで、これで、声も出せない。
手も足も声も出せず、翔はもはや何もかもを渋川の好きにされるしか無い。

「大好きな翔君を泣いて喘がせて…僕無しじゃいられないよう、たっぷり調教してあげる」
「んっ…ん」

している事はレイプに近いのに、触れる指は優しく感じさせてくる。
それを頭で否定している翔は、自分がどうしようも無く渋川に惹かれていく未来を…まだ、知る由も無かった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























 | HOME |