FC2ブログ

教師は問題児を良い子にする

2014.03.03.Mon.21:00
放課後を迎えた高校の、今は使われていない旧校舎の空き教室。
椅子や机をどかして作られた中央の広い部分に、一人の少年がいた。

「んぅー…んっ、うぅ」

口にギャグボールを噛まされ、言葉を奪われ。
衣服を脱がされて裸体にされ、寝かされた黒いマットに拘束された少年が。

「うっ、ふぅっ!」

顔を真っ赤にした少年は、必死になって手足をバタつかせる。しかし、少年は両手両足を大きくX字に広げた状態で手首と足首をマットに取り付けられた枷に繋がれている。
頑丈な枷はちょっとやそっと暴れたくらいじゃびくともしない。少年は拘束から逃れられず、マットの上で全てをさらけ出した体勢を強制されていた。
自身を捕らえ拘束した人物によって。

「ふふ…良い子にしてたかい?」
「んぐっ!」

教室のドアを開けて入って来たのは、眼鏡の男。少年から見ると、教師にあたる人物。

「最初の頃より随分しおらしくなったね。問題児君」
「ぷはっ…うるせぇ、外せよぉっ」

大きく怒鳴ろうとしたが、ようやく解放された口はその力を失っていて、少年ははぁはぁと息を切らしながら教師に言った。
それが、何の効果も無いどころか、恥辱の開始のきっかけとなるとも知らずに。

「んー…まだまだ反抗的だな」

呟き、教師はポケットから小さなボトルを取り出した。
強がってはいても、怯えてもいる少年は中身の分からないボトルを見せられ、恐怖に身をすくめた。

「大丈夫だよ、ほんのちょっと君を素直にしてくれる薬だよ」
「あ…いや、やめ」

顔を左右に振って拒否を示す少年を無視して、教師はキャップを外したボトルを、逃れられない少年の胸の上で逆さにする。
少し粘りのある液体が、重力に従って垂れ落ちた。

「あ、つめたっ」

冷たさに身をよじると、教師は小さく笑って空のボトルを床に置き、液体でぬらぬらと光っている少年の胸部をまさぐり始める。

「や、め。んあぁっ!」
「もう効いてきたみたいだね。感度を良くするお薬」
「いやぁぁんっ!」

左右の乳首を同時に指で転がされ、少年の腰が跳ねる。薬剤の効果で過敏に変わっていく乳首は触られただけでも堪らない快楽を感じて、ペニスを勃起させた。

「なんで、こんな…っ!」
「ただの指導だよ。悪い子を、とびっきりの良い子に変える為のね…」

黒い本性を隠していた教師に捕らわれた少年。旧校舎には助ける者も来ない。
少年は絶望しながらも甘い快楽に溺れ、教師好みの良い子へと、作り変えられていくのだった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

不良少年に淫らな躾

2013.11.17.Sun.21:00
「あっ、んぁっ、はぁぁんっ!」

地下に造られた、隠された空間で少年は喘いでいた。
手首は背中、足首は太股とガムテープで拘束され、女子用のセーラー服を着せられた身体を必死にもがかせながら。

「もう、や…っ、たひゅっ、たすけへぇぇ…!」

目隠しの下から涙を零し、ソファーの上に転がった少年がもがく度、下着を履かされていない股間のペニスが、スカートの布地に淫らな染みを描いていく。
しかし、少年がどんなにペニスを振り乱して叫んでも拘束は外れず、乳首とペニスに貼り付けられたローターは剥がれはしなかった。

「んぐ、ふっ…うぅぅぅっ!」

歯を食い縛って、少年が細かく痙攣する。それは絶頂の証。
だが、少年が絶頂を迎えたにも関わらず、ペニスから精液は放出されない。
何故なら、ペニスには根元に射精を封じる革のベルトが巻き付けられているからだ。

幾ら少年がイきたいと願っても、非情なベルトは熱い流れを塞き止めてしまっている。動きを制限された手ではその状態から逃げる事が出来ず、少年は機械に与えられる快楽にただ悶えるしか無い。

「ゆるひて、おねがっ、イかせて…」

プライドも無く、必死に欲望の解放を求める少年。その姿に、静かに空間に訪れていた数人の男が声をかけた。

「随分大人しくなったな。最初はあんなに口汚かったのに」

そんな侮蔑の言葉も、今の少年にはどうでもよくて。
懇願する相手を見つけた少年は、淫具を貼られた性感帯と女装を揺らして、淫らなおねだりを始めた。

「射精…させてっ! イきたいぃぃっ」

惨めに叫ぶ少年を鼻で笑い、一人の男は近付くと…。

「そうじゃ、ないだろう?」
「んぐぅぅっ!」

隠せずにヒクついていた少年のアナルに、右手の指を一気に差し込んだ。
かなり乱暴な挿入であったのに、調教されたアナルはやすやすと指を受け入れて嬉しそうに絡み付き出す。

「昨日教えたおねだりの仕方をもう忘れたのか? まさかお前が躾されてる理由まで忘れてはいないだろうな?」
「忘れてませんっ、あっ、先生…ごめんなひゃいぃっ」

怒られて、拘束された不良生徒は教師に謝る。

「なら、言って見ろ。大きな声で言わなかったらおあずけだぞ」

うながされ、不良は唇を舐めて言葉を紡ぐ。

「俺が躾されてるのはっ…授業を何度もやしゅんだかられふっ」
「そうだな、で?」

前立腺を強く抉られて少年は仰け反ったが、おあずけを恐れてすぐにまたしゃべり出す。
たっぷりと教え込まれた、服従の言葉を。

「女子の服着て…いやらしく感じまくってる問題児の俺をっ、はしたなく犯してイかへてくらしゃいぃっ、おねがしまふぅぅっ!!」

舌を突き出して、躊躇いも無く卑猥な文言を並べる不良に、教師達は満足そうに微笑み。

「良い子だ」
「あうぅぅっ! おチンポ入ってきたぁっ!」

指を抜いたアナルにペニスを潜らせて、不良少年の顔にペニスを押し付けた。

「あむっ、むんっ」

目隠しで見えなくても、身体で覚えさせられた不良は匂いだけでペニスを見つけ。一生懸命に、舌を這わせた。
強気で、反抗的で、教師に噛み付いていたかつての姿はもはやどこにも無く、あるのは教師に従順な性の虜の姿だ。

「それじゃ…イかせてやろうな」

ペニスを絞め付けているベルトに手が伸びるのを感じ、不良は悦びに全身を震わせ感謝を口にする。

「ありがとうございまひゅっ! おえの汚いしぇーえき、ださせてくれへありらとうございまひゅぅぅっ!!」

無惨に躾けられた少年を嬲る教師は耳に心地良い甘い絶叫を愉しみ。
ベルトを、素早く外してやった。

「あぁぁぁっ! イぐイぐイぐぅぅっ、しぇーえきグングン上がってくりゅぅっ!!」

全身をガクガク震わせ、腰を大きく突き出し。

「あはぁぁぁっ!!」

少年は大量の精液を、自分の胸や腹に吐き出した。
絶頂の余韻に震えている少年の肌を撫で、教師達は。

「その調子だ」
「あぐぅぅんっ!? イったばか、りっ」
「口答えするな」
「あぅっ、ごめんなしゃいぃっ」

己の欲望のままに、少年の身体を弄び始めた。
敏感な場所を嬲られ、身悶える少年は縛られた手足をビクつかせる。そして甘く歪んだ声を、いつまでも教師に聞かせ続けていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























不良君と保健体育

2013.04.13.Sat.20:24
「割と大事な話があるからさ、放課後来てよ」




翔はそう言われて、素直に行った。
言った相手は、保健医の渋川。サボリ目的の翔にもベッドを使わせてくれる、翔にとっては唯一気を許している教師だった。
そんな気を許していた渋川の前で翔は今、快感に身悶えている。

「んぅ…んぅぁぁ。はず…して…」

放課後保健室に着いた翔に出された一杯のコーヒー。普段から出してくれていた飲み物だから、翔は何の疑いも無くコーヒーを口にした。
その中に、翔の身体の自由を奪う薬が入っていたとも知らず。

「あっ…あっんぁ。バイブ…抜けよぉ…」

翔の服を剥いだ渋川は、そのアナルをほぐしバイブを仕込んだ。
そして首輪を嵌め、首輪から伸びた鎖の手枷で、翔の手を封じた。ただ封じたのでは無い、翔の腕で自分の膝を抱えさせ、そのまま下ろせないように手首と首輪を繋いだのだ。
足を大きく上げさせられ、手も使えないので、翔は恥部を隠せない。アナルを捏ね回すバイブの動きも、快感でカチカチになってしまったペニスも、渋川の目に晒されていた。

「エッチだね、翔君。ここ、こんな太いバイブくわえてぐしょぐしょに濡れてるよ?」
「ひぁぁっ! 動か…さないで…っ!」

アナルに入った玩具を回され、翔は保健室のベッドの上で逃れようともがいた。
しかし拘束されてしまった身体では小さく左右に転がる事しか出来ず、ベッドの軋みとアナルの水音が虚しく響くだけだった。

「はっはぁ…ん、やぁ……」
「可愛いね、翔君。その泣き顔…堪らないよ」

楽しそうに熱っぽく笑う渋川。目が合って、翔は背筋がゾクゾクと震えてしまった。

「んっ、んぁ…何で、こんな事…」
「翔君が好きだから」

あっさりと言われた。

「ベッド貸してたのも、サボリに使わせてたのも、君を見ていたかったから。…でも、もう我慢できないからさ」
「はぅっ?」

ペニスに、強い締め付けが訪れる。見ると、渋川の指が翔のペニスに包帯を巻き付けていた。目的はすぐに分かったが、翔には止める事は出来ない。包帯は、翔のペニスをギチギチと絞め付ける。射精を、完全に塞き止める為に。

「はっ、はず…んんっ!?」

頼もうとした翔の口に、丸めた包帯が押し込まれた。

「うぐっ…ぐっ、ふぅ!」

吐き出そうとするが、押し込む力には敵わない。これで、これで、声も出せない。
手も足も声も出せず、翔はもはや何もかもを渋川の好きにされるしか無い。

「大好きな翔君を泣いて喘がせて…僕無しじゃいられないよう、たっぷり調教してあげる」
「んっ…ん」

している事はレイプに近いのに、触れる指は優しく感じさせてくる。
それを頭で否定している翔は、自分がどうしようも無く渋川に惹かれていく未来を…まだ、知る由も無かった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


↓こちらもよろしければ応援クリックお願いします↓

























 | HOME |