FC2ブログ

狂わされた街の広場で少年達は壊される

2017.09.11.Mon.21:00
昼の日差しが注ぐ中、スーツを着たサラリーマン達は足早に目的地へと急ぎ、買い物を終えた人々が両手の重い荷物を早く下ろす為にと家に向かい、公園に遊びに来た子供は園内を高い声で叫びながら走り回り、親はその様子をしっかりと確認しながら談笑をしている。
何でもない日常が、その街では流れている。誰も、その日常に疑問を持ってはいない。すでにその日常は、悪の組織が街を囲むようにして仕掛けた機械達によって狂わされているというのにだ。
もはや街の住人達は、忌み嫌っていた悪の組織の者達が出す要求を何一つとして拒めない。食料を出せと言われれば喜んで出し、金品を渡せと言われればその金品に込められた思い出を忘れて渡す事を最優先にしてしまう。
悪の組織に敗れて無様な姿に変えられた二人の少年ヒーローを見ても、街の人々は彼らを救う事ではなく悪の組織から与えられた命令を守る事を考え、自分の目の前で起きている光景の意味を正確に理解出来ぬまま、苦悶する少年ヒーロー達をあらゆる角度から観察してしまう。肉体の動きを完全に支配する首輪のみを着せられた裸体を街の広場に置かれた檻の中で晒し、首輪の効果で自分の意思とは関係無く動く手によって自慰を強制されて絶頂を繰り返す哀れな少年ヒーロー達の姿を、操られた街の人々はただ淡々と、スーパーで品定めをするような目で見つめ、汗と淫液に塗れた少年ヒーロー達に更なる恥辱を与えてしまっている。

「あ、あぁ……見ないで、見ないで、くらひゃいぃっ…!」
「お願い、しまひゅ…っ! こんな、恥ずかしい所…見ないれぇぇぇっ……!」

檻の底に敷かれたクッションに頭を預け、檻の柵に腰を寄りかからせる体勢を首輪に強いられた少年ヒーロー達は、涙を零しながら哀願を繰り返している。
もちろん、操られた街の人間達は目を背けてくれはしない。数十の瞳は少年の右の指が丸出しの尻穴をほじくり回す様子と左の手が硬くふくらんでいる幼い男根を擦る様子を射貫き続け、ヒーローとはとても思えない情けない絶頂を断続的に迎える様をじっと視線に捉えている。

「あ、ひあぁ! もぉ、やらぁ! イっぢゃ、う! まら、まら…イぎゅぅぅぅぅ……!」
「もぉ、しぇーえき、出ないのにぃ。イぐの、とまんにゃ、い……イぐ、イぐ…イ…くぅぅぅっ……!」

射精を伴わない絶頂を再度迎え、少年ヒーロー達は天に向けた尻穴で自身の指をきゅうきゅうと絞め付けながら、左の手に握った男根を哀しくビクビクと脈打たせた。
しかし、当然苦悶は終わらない。無慈悲な首輪は少年ヒーロー達の手を勝手に動かして尻穴を掻き回しながら男根を擦らせ、街の人間に見られながらの絶頂地獄という淫らな苦悶を二人に味わわせる。

「んおぉぉぉーっ…! も、いや、いやぁ……ゆりゅじ、で…たひゅ、けへぇぇぇ……!!」
「おがじく、なりゅぅぅぅ……! これ以上、イっひゃら……僕達、こわれ、ひゃぅぅぅぅぅ……っ!!」

悪に狂わされた街の広場に出来た人だかりの中心で、檻に入れられた少年達は首輪に強要される自慰行為に追い詰められながら、ヒーローとしての正義感と共に人間としての理性を跡形も無く叩き壊されるのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


愛はなくとも匂いがあれば! 1
スポンサーサイト
[PR]

哀れなヒーロー達はカプセルの中で幸せな快楽に溺れる

2017.09.06.Wed.21:00
「ご覧ください。こいつらが、我々の計画の邪魔をしていたヒーロー達です」
「ふむ…見事、生け捕りにしたという訳だな? 加えて、無様な姿をいつでも愉しめるようにしたと……お前は、実に有能な奴だ」
「お褒め頂き、ありがとうございます」

白銀の体毛を生やした狼の獣人が、自分の組織の頂点に位置する黒いマントを羽織った男に生け捕りにした二人の青年ヒーローを見せ、男は大きな働きを見せた優秀な部下に褒める言葉を与えた。
だが、そんな悪達の会話は何一つとして青年ヒーロー達には届いていない。分厚いガラスと液体が、二人のヒーローを閉じ込める檻の役割も兼ねている円柱状をした強化ガラス製のカプセルと、そのカプセルを満たす特殊な液体が、悪達の声を遮ってしまっているからだ。

外側から何をしゃべっても、カプセルの中にいる青年ヒーロー達には聞こえない。逆に、カプセルの中にいるヒーロー達がヒーロースーツを剥ぎ取られた裸体をよじらせながら叫んでも、悪達には聞こえない。
そんな状況の中で、青年ヒーロー達は望まぬ刺激に悶え苦しんでいた。その刺激は、カプセルを満たす液体が絶えず生み出している刺激。自身の内部での呼吸を可能にする能力を持った水色のスライムが、ヒーローである青年達の裸体を好き勝手に弄んで生み出す、甘く苦しい快楽の刺激だ。

人間の指とは全く違う粘ついた物体に文字通り身体中を愛撫されたヒーロー達は、もはや自分達を敵の首領が眺めている事に気付けず、同じカプセル内に閉じ込められた仲間を気遣う余裕も無いまま断続的に訪れる絶頂に身を震わせている。
スライムに吸い付かれ、不規則に弾かれ、真っ赤に充血して尖り切ってしまった乳首が、気持ち良い。スライムに全体をまんべんなく撫で回され、幾度と無く射精させられてもガチガチに勃起したまま萎える事も叶わない男根が、気持ち良い。スライムに奥深くまで丹念にほじくられ、雌の悦びを教え込まされてしまった尻穴が、気持ち良い。滅茶苦茶に蹂躙され、自分と仲間が吐き出した精液を混ぜた液体を飲まされている口が、息苦しいのに気持ち良い。
どこもかしこも気持ち良い。イきたくないと絶頂を我慢していた自分を思い出す事も不可能な程に快楽に翻弄され、幸せそうに絶頂を繰り返す惨めな青年ヒーロー達。そんなヒーロー達を観察していた首領の男は、狼の部下に顔を向けて問いかけた。

「一つ聞きたいのだが、このカプセルはここから移動させられるのか?」
「えぇ、可能です。お部屋に運びますか? それとも寝室で愉しみますか?」

気を利かせ、自分の私的空間に運ぶかを尋ねた狼に、首領は笑って返す。

「いや、食堂に飾っておいてくれ。これだけの素晴らしい見世物を私が独り占めする訳にはいかない。組織の者全員に、ヒーロー達が淫らに踊る様を愉しんでもらおう」
「かしこまりました。仰せのままに…」

小さく頭を下げる狼をしばらく見つめてから、首領の男は再びカプセルに目を向ける。
カプセルの中では、自分達が淫らな見世物として敵の組織の食堂に飾られる未来を知らない哀れな青年ヒーロー達が、精液が漂るスライムの中で嬉しそうに腰を振りながら、情けない表情を晒しつつほぼ同時に男根から薄まった精液を放出していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ファイアスラッガー エナジードレイン絶頂地獄

二匹の犬は淫らできついお仕置きを施される

2017.07.17.Mon.21:00
「嫌だぁぁぁっ! 許して、くださいぃっ! やめて、やめ、んむぐぅぅぅぅ!!」
「お願いしますぅっ! もう、逃げたり、しませんから! 助けて! うぐぅぅぅぅーっ!!」

両手両足を幾重にも巻かれた布によって折り畳んだまま伸ばせないように拘束され、その上から首から下をすっぽりと包む黒犬と白犬の着ぐるみを着せられた二人の男が、なりふり構わない哀願の言葉を発する。だが、その言葉は無情にも途中で遮られてしまった。白犬と黒犬の顔を模した着ぐるみを頭部にも被せられ、その着ぐるみの内側に付いている太い棒で口内を塞がれてしまったからだ。
手足の自由を奪われ、最後に装着された頭部の着ぐるみに言葉を視界を塞がれた哀れな男達は、もはや何をされても受け入れるしか無い。
着ぐるみの上から赤い首輪を装着され、その首輪に繋げられた二本の鎖をもう一人の首輪と床に打ち付けた金具に南京錠で結合されても二人は着ぐるみの中で鎖が擦れる音を聞くしか無く。着ぐるみの股間部分に空いた穴に手を突っ込まれ男根と睾丸を取り出され露出させられても、二人は着ぐるみの中で羞恥に震えるしか無く。自分達を金で買い性奴隷として飼い慣らしている富豪の男が部下に指示を出しながら意地悪さと愉快さが混じった声で話しかけてきても、二人は着ぐるみの中でただただ恐怖するしか無い。

「さてと…私から逃げ出そうなんて考える悪いワンちゃん達にはきついお仕置きだよ。二度と逃げ出そうなんて考えられないように、気持ち良くなる事だけしか考えられないように、たっぷりと躾け直してあげるからねぇ…」

富豪の男が言葉を放つ間にも、部下の手で仕置きの準備が進められる。男根の根元と亀頭のすぐ下に射精を禁じる為の細く黒い革ベルトが巻き付けられ、着ぐるみの内側に生え尻穴を奥深くまで埋め尽くしている尻尾と一体化したバイブのスイッチに指がかけられる。

「うーぅっ! うぅ! うぎゅぅぅぅっ!!」
「んっ、むぅ、んぐぅぅっ!!」

幾度と無く弄ばれ、尻穴を性器として扱われた男達は視界を閉ざされていてもこれから何が行われるかが分かってしまった。故に、男達は犬の着ぐるみを被せられた頭部を富豪の男の声がする方に向け、無我夢中で許しを請う唸りを上げた。
もちろん、そんな唸りで慈悲を与えるような人物なら、最初から手間のかかる拘束など施さない。富豪の男は自分の性奴隷である男達があどけない表情の犬の顔を向けて意味を持たない声で救いを求める度に興奮と加虐心を募らせ、耐え切れないと言わんばかりに背筋を震わせながらバイブのスイッチに指をかけている部下達に目配せで指示を出し、哀れな黒犬と白犬に残酷な言葉を浴びせた。

「それじゃ、始めるよ。ここはどんなに騒いでも大丈夫な部屋だから、好きなだけ鳴き声を上げていいからね」

富豪の男の言葉が終わると同時に、部下の指がバイブのスイッチをオンにする。途端、二人の尻穴からは激しい駆動音と共に柔らかな腸内の肉を淫猥に掻き回す粘ついた水音が響き、着ぐるみの中の男達は拘束された手足をガクガクと痙攣させながら、塞がれた口で甘い悲鳴を部屋中に響かせた。

「んむぅぅぅぅーっ!! ぐ、ぎゅ! ふむぅぅぅぅ!!」
「あ、がぉっ! おぼっ、ほ! うぅぅぅぅーっ!!」

尻穴を襲う快楽に抗えずに二人の男根が膨張し、膨張してしまった男根に射精封じのベルトが強く食い込む。そのベルトの食い込みで痛みを感じながらも淫らに躾けられた男達の肉体は尻穴を掻き回される悦びを覚え、無意識に着ぐるみに包まれた裸体をくねらせてベルトに絞め付けられている男根とバイブと繋がっている黒と白の尻尾を左右に揺らめかせる。
その様子を、無言で頭を下げて部屋を後にした部下の代わりに二人の背後へと移動してしゃがんだ富豪はじっくりと眺めて笑い、左手で黒犬の左の尻を、右手で白犬の右の尻を掴んで力を込めた。

「ほら、もっと気持ち良くしてあげるよ。こうすると、ワンちゃん達のお尻の穴が更に気持ち良いでしょう?」
「うぅ、うぐ! ふぐぅぅぅ!」
「もっ、ふっ、ぶふぅぅぅっ!!」

富豪の男の手で引き寄せられた二人の尻が着ぐるみごしに触れ合い、そのままぐりぐりと手でこねられる。尻穴をバイブに掻き回されながらその動きを加えられた二人は一層激しいバイブの擦り上げを嫌でも感じ、あっという間に射精を伴わない絶頂へと追いやられてしまった。

「ふふっ…もうイっちゃったね。随分と気に入ったみたいだから、今から、ずっとバイブを動かしながらお尻を苛めてあげるよ。どっちかが勝手に気絶したらもっとひどいお仕置きをするから、気絶しないように気を付けながらイきまくるんだよ?」
「うぅ!? むっ、ふぐぅぅぅ!!」
「おぅぅぅ! ほふっ、お! あおぉぉぉぉ……っ!」

もう一人の尻と擦り合わせるように尻を捏ねられたかと思えば、一人一人順番に左右の尻肉を丹念に揉み込まれ、手が疲れたからと言われて自ら腰を動かして尻肉をぶつけ合う事を命令された男達は、着ぐるみの内部に溜まる汗の臭いと暑さに追い詰められ、息苦しさと否定出来ない快楽に理性を削り落とされながら数え切れない程に射精無しの絶頂を迎え、反抗する意思を失って快楽の事のみを考える淫乱な肉の塊へと、どうする事も出来ずに躾け直されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


カテキョ中、生意気なショタをお仕置きした結果エロ可愛い件ww

男は悪い青年を躾け直す

2017.05.21.Sun.21:00
「お許し…くだ、さいぃっ! ご主人…様ぁっ! お許しくださ、いっ…ごひゅじん、さ、まぁぁ…っ!」

乱れた呼吸交じりに、青年が謝罪の言葉を何度も何度も繰り返す。一人掛けソファーに腰掛けた男に向かって、休み無く何度も謝罪を行う。
しかし、謝罪された側の男は青年を許す素振りを一切見せない。裸体を縛り床に繋いでいる縄を解く事もしなければ、青年の尻穴を容赦無く辱める無慈悲な機械をとめてやる事もしない。

左右の手首を背中で縛り、その手首の縄と二の腕を胸部に括る縄を別の縄で短く結合する上半身の縄。そして足首と膝と太ももをきつく括る下半身の縄。これらの縄だけでも身動きをほぼ封じられる厳重な拘束だというのに、男はここに青年に与えた黒い首輪の前部と膝の縄を繋ぐ縄を加え、足首と太ももの縄を繋ぐ縄を加え、全身の縄に新たな縄を結わえて床に打ち付けた幾つもの金具へと繋いで、青年を腹側を下にした窮屈な体勢のままどこにも移動出来ないよう、男に向かって頭を下げ無防備な尻穴を無慈悲な機械に向けて捧げた状態から離れられないよう完全に拘束してしまった。
これではもう、青年は男の良い様に弄ばれ、心と身体を一方的に嬲られるしか無い。
背後の床に固定された極太のアナルバイブで尻穴を奥深くまで掻き回されてもただただ望まぬ快楽によがり鳴いて縛られた裸体をビクつかせるしか無く、男に指示された言葉を口にするよう命じられても抗う意思を見せる事も叶わずに屈辱の言葉を発し続けるしか無い。

相手が自分を愛玩奴隷に堕とした憎い男である事実を嫌という程に理解していても、青年は逃走未遂に対して施される罰に喘ぎ、無慈悲な快楽調教で良い子に躾け直されるしか無いのだ。

「ゆりゅじで、くだ、ひゃいぃ…ごひゅじん、しゃまぁぁ……っ!!」
「本当に、許して欲しいのかい?」
「は、いぃぃ…もぉ、逃げません、良い子に、なりましゅから…」
「誰が別の言葉を発して良いって言ったんだい? 命令が守れない悪い子には追加のお仕置きだね」

長く続いた甘い苦悶で思考が蕩けている青年に、男は意地の悪い罠を仕掛け、まんまと引っ掛かって命令に無い言葉を発した青年に残忍な笑顔を向けながら左手のリモコンのダイヤルを操作した。
途端、青年の尻穴を掘削していたバイブの動きが激しくなる。うるさいくらいの駆動音を部屋に響かせながらバイブは青年の尻穴を滅茶苦茶にほじくり、腸液を掻き出しながら暴力的なまでの悦楽を叩き込んでいく。

「あぉぉぉぉぉーっ!? ほっ、お! あがっ、はあぁぁぁっ!!」
「ほら、私は何て言えって命令した? 早く言わないと、もっとひどいお仕置きをしちゃうよ?」
「ひっ、はぁ…おゆりゅし、くだひゃ…いぃぃぃ! ごひゅ、ご主人、さ、まぁぁぁっ!!」

耐え切れずに尻穴だけでの絶頂を迎え、白の薄まった精液を縛られた自身の足に掛ける青年の甘い絶叫を聞きながら、主の男は逃げ出そうなんて二度と考えない従順な愛玩奴隷へと青年を躾け直す事を心に決め、次の意地悪を幾つも幾つも頭に浮かべていた。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


PINK GOLD2【デジタル版・18禁】

トラックの中で男達は淫らに壊される

2017.03.23.Thu.21:00
今日は良いところに連れて行ってやるからな。そう告げられてから数時間、二人の男は攫われた日からずっと監禁されているトラックに設置された金属製の檻の中で、何日も加えられた調教で快楽に弱くなった肉体を無感情な淫具達にいたぶられ続けていた。
男達をいたぶっているのは、尻穴を大きく拡張したまま小刻みに震えているアナルプラグと、男根に巻き付けられた二本のベルトと一体化しているローターの振動。決して絶頂には至れない、弱い刺激による生殺しの快楽責めだ。
奥深くまでを貫かれほじくり回される甘い悦びを教え込まされた尻穴は、到底入り口近くだけを弱く責める快楽では満足など出来る訳も無く、男達の尻穴の深い場所はもどかしさを覚え、いやらしくきゅうきゅうと窄まっている。容赦無く手で擦り上げられ淫具に嬲られ、休み無く絶頂に追いやられる責めに慣れてしまった男根はカリ下と根元の裏筋を弱く震わせるローターの責めではどうやっても射精には辿り着けず、男根はパンパンにふくれ上がったまま萎える事もイく事も許されずに透明な先走りだけを涙のように垂れ流している。

イきたいのにイけない、甘い快楽地獄。そこからどうにかして抜け出したいと思っても、男達に与えられた拘束はそれを許さない。
男達の手首と檻の天井を遊び無く繋ぐ黒革の枷と鎖は、足首と檻の床を繋ぐ短い鎖は男達に淫具を毟り取る事はもちろんもどかしさに苦しめられている性感帯に追加の快楽を注ぐ事も禁じ、その上立ったまま座る事も、口に与えられたギャグボールを外す事も、男根の淫具と尻穴の淫具に電気を供給しているコードを足で強引に取る事も封じている。

「んぐっ…んぅ、むぐぅぅんっ…!」
「ふーっ、うふっ、ぐふぅぅっ!」

塞がれた口で喚き、二人並んで拘束された裸体をもがかせればもがかせる程、二人の中に絶望が湧き上がっていく。
防音がされているトラックの中で幾ら喚いても外には届かず、裸体を一心不乱にもがかせても拘束はおろか淫具さえ振り切れず、自力ではこの生殺しの地獄から脱出する事は出来ないという事実を理解させられるからだ。

「んむぅぅーっ…ふっ、うふぅぅ」
「むぐ、ぐふっ…ふぅ、ふぶぅぅ…!」

見開いた目から涙を零し、ギャグボールを噛まされた口から苦悶の唸りと唾液を零し、男根と尻穴から淫らな体液を零し、苦しげにくねる裸体から汗を檻の床に零す男達はもはや、射精の事で思考を埋め尽くされそれ以外を考える事は不可能な状態だ。
良いところに連れて行くと言われた事も頭から抜け落ち、そう告げてトラックで自分達を運んでいた男達が当の昔にトラックをとめている事にも、すでに男達がトラックを下りている事にも気付かない。

自由を奪われ、淫具に弄ばれ、射精の事だけを考える淫乱な思考へと追い詰められた男達を閉じ込めたトラックはそのまま一晩中放置され、男達は翌朝変わり果てた姿で発見された。
警察署の真ん前に道路をふさぐ形で駐車されていたトラックの中で、人間を性奴隷として売買する組織の一員として警察が探していた人物とは思えない淫液塗れの姿で発見された男達は、目の前にいるのが自分を逮捕する警察の人間だという事実も認識出来ず檻ごしに腰を突き出し、狂った声で呻いて射精をねだっていた。

壊された男達が所属していた組織に親類や家族を奪われた男達が自身の復讐を正当化し切れずに出頭したのは…それから、数日後の事だった。





↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


drap milk 2016年11月号
 | HOME | Next »