FC2ブログ

探偵入りの着ぐるみは箱の中でのたうち回る

2018.07.19.Thu.21:00
「んむぅぅぅっ! むっ、ぐぅぅ! ふぅっ、うぐぅぅ!」

喉奥までを貫く太い棒によって言葉を奪われた口からくぐもった唸り声を上げながら、男が檻の鉄格子に体当たりを繰り返して脱出を試みている。男が格子に身体をぶつける度に、ガチャンガチャンと大きな音が立つ。だが、頑丈な格子は全くビクともしない。まともな状態ですら素手ではどうにもならないというのに、頭からつま先までを包み込む茶色の犬の着ぐるみを着せられ、その着ぐるみの上から手首同士と足首同士を短い鎖で繋ぐ首輪と同じ材質の真っ赤な革の枷を装着されているのだから当然だろう。
背中に回された手首を拘束され、左右の足首を短く繋がれた着ぐるみ姿でどんなに体当たりをしても、それは体力の消耗を促すだけだ。しかし、だからといって諦めたら絶望の未来しか待ってはいない。故に、男は着ぐるみ内に汗と熱がこもり始めても、自分の惨めさを感じて激しい屈辱を感じても決して休まずに体当たりをし続けた。
そして、男の必死の行動はとうとう変化を生んだ。それは、男を捕らえ、着ぐるみに押し込めて檻へと放り込んだ男達がやってくるという、男が全く望んでいない変化だ。

「探偵さん、いい加減にしろよ? あんまり行儀が悪いと、お仕置きだぞ?」
「うぅぅ!」

自分を拉致し、着ぐるみを着せて拘束を施した上で檻に閉じ込めた男の言葉を聞いた探偵の男は、感じた苛立ちのままに一際強い体当たりを行い、反抗の意思を示した。
その体当たりを見た男達は顔を見合わせ、檻の扉を開けると床に転がっている探偵の元へと歩み寄り、数人がかりで探偵の身体を持ち上げた。

「そうかそうか、そんなにお仕置きされたいのか」
「んじゃ、お仕置きしてやるよ。馬鹿な探偵さんに相応しい、屈辱的なお仕置きをね」
「うぅ! むぅぅぅ!!」

不穏な空気を感じ取った探偵は、焦りを抱きながら持ち上げられた身体を暴れさせる。けれど、自由を大きく奪われ、着ぐるみによって視界を覆われた状態で暴れてもそれは無意味でしかない。
むしろ、男達の怒りを加速させる分、悪影響でしかない。

「おら! ここに入ってろ!!」
「むぐぅぅっ!!」

数人の男達の手で箱の中へと乱暴に放り込まれ、探偵は着ぐるみごしでも強く感じた衝撃に呻き声を上げてうずくまる。
そうして箱の中でうずくまる探偵に向かって、男達は残酷に言い放つ。

「その箱の中で、しっかり反省してろ!」
「探偵さんがちゃんと反省できるよう、機械のスイッチは最大に設定しておいてあげるからね」
「この箱は防音になってるからよ。好きなだけ騒いで、暴れて、苦しみ抜きな」
「うぅぅぅ!? むぅ、んむぐぅぅっ!!」

救いを求めて狂ったように叫ぶ探偵の声は、途中で消えた。男の一人が、箱の蓋を閉じてしまったからだ。

「それじゃあ、探偵さん。今から箱の中に媚薬を流し込んでやるよ」
「俺達がまた戻ってくる頃には、大人しくて従順な良い子になれていると良いね」

残酷極まりない男達の呟きも知らず、これから始まる望まぬ発情と発情によって着ぐるみ内に溜まる汗と熱に苦しめられる拷問のような責め苦も知らず、探偵は箱の中の暗闇の中で誰にも届かぬ哀願の叫びを上げながら、着ぐるみと枷に拘束された肉体をじたばたとのたうち回らせていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ー穴ー
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ケースの中で少年達は反省を促される

2018.07.14.Sat.21:00
「お……お願い、しますっ……出して、ください。ここから、出して、くださいぃっ……!」
「あ、つい……暑いの、もう、無理ですぅ……! 許して、下さい。ご主人様ぁ……出して、ください……っ!」

日の当たるベランダに置かれた透明な衣装ケースの中で、二人の少年が憔悴しきった声で哀願を繰り返している。
背中で重ねさせられた肘から先の部分を銀色のガムテープで縛り上げられ、もう一人の男根が眼前に来るよう裸体を密着させられた状態で衣装ケース内に閉じ込められた少年達は裸体を夏の暑さに容赦無く晒され、逃げ場の無いケースの中で苦悶を味わい続けていた。
火照った裸体の熱と、太陽光の熱でサウナのような暑さとなったケース内には少年達が流した汗の匂いが漂っている。それらの熱と匂いは呼吸のためにと衣装ケースの蓋に開けられた穴では小さすぎて充満する一方で、少年達は強まっていくばかりの熱と汗の臭気に追い詰められ、嘘偽りの無い心の底からの哀願を主に向かって必死に発していた。

だが、二人の少年を飼い慣らし、好き勝手に弄ぶ無慈悲な主は少年達の悲痛な哀願の様子を目にしても許しを与えず、冷房の効いた部屋の中からガラス戸ごしに、残酷な言葉を少年達に浴びせた。

「少し静かにしていなさい。これは勝手に自慰をした君達へのお仕置きなんだよ? あんまりうるさくしてると、反省の意思が無いと見なしてそこからいつまでも出してあげないよ?」
「そんっ……!」

思わずそんなと口にしようとした少年は、慌てて口をつぐんだ。
射精禁止の命令を守り切れず、湧き上がる淫欲に屈して自慰を行った自分達に対して怒りを覚えている鬼畜な主を今以上に不機嫌にさせたら、どんな罰を与えられるか分からないからだ。
もしかしたら、死ぬまでこの衣装ケースに閉じ込められるかも知れない。主がその選択肢を取っても不思議では無い人物であることをその身をもって知っている少年達は、もはや許しを請う言葉を紡ぐことも叶わず、汗で濡れた肌同士が擦れ合う刺激に反応して硬く膨らんでしまったもう一人の男根が眼前で揺れ動く様を眺めながら、疲弊した呼吸を漏らすしか無い。

「あぁ、はぁ……っは、はぁ」
「ふぅ、ふっ、あぁ、あぁぁ……」
「ようやく静かになれたね。それじゃ、私はここでちゃんと見ててあげるから。二人ともしっかりと反省するんだよ?」

ベランダに置かれた衣装ケースの中で苦しげに裸体をくねらせる二人の少年を眺めながら、男は少年達を支配し、命令に従わせる悦びを噛み締め、表情を醜悪に歪ませていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


輪姦FUCK!! 女装少年悶絶レイ!!

林間学校は機械で淫らに壊される

2018.07.12.Thu.21:00
家から数日間離れ、山の中に存在する建物で自然に触れて過ごす林間学校。普段の生活では経験できない体験に二人の少年は心を躍らせ、着替えと筆記用具と林間学校への期待をリックサックに詰め込んだ少年達は抑えきれぬ笑みを零しながら家を出た。
だが、少年達が楽しみにしていた林間学校は、想像を遙かに上回る最悪の形で滅茶苦茶に壊された。二人の少年が人知れずヒーローとして活動している事実を暴いた悪の組織が林間学校が行われる建物周辺に何十何百もの機械を設置したせいだ。
長い時間を掛けて設置された機械達は、ヒーローである少年達を含めた全生徒と教員達が建物内に集まる夜を狙って起動された。その結果、機械が放つ電波を浴びた者達は、二人の少年ヒーローを除く全ての者は常識を無自覚に書き換えられ、二人の少年を好き勝手に弄ぶのが当然の行為だと認識するようになってしまった。

クラスメイト達と教員達に突然襲われる。その状況を想定などするわけが無い。故に、少年ヒーロー達は不意に、一気に迫ってきた何十本もの腕の力に抗えず、身に着けていた衣服とヒーローに変身するためのブレスレットをあっという間に毟り取られてしまった。
そして、二人は一糸まとわぬ姿にされてしまった裸体に数え切れない程の男根を突きつけられ、容赦無く、絶え間無く、全身を男根でいたぶられ始めた。

男根を握らされた左右の手は、熱く張り詰めた男根を扱く事を強要され。許しの言葉を紡ごうとする口は、許しの言葉を最後まで発する事も叶わない程続けざまに男根を突き入れられ。自分ですらちゃんと見たことのない尻穴は、無遠慮に指で拡げられながら男根で掘削され、何十人もの精液を腸内の奥深くに放出されている。
そんな無慈悲な凌辱の様子を、男根を持たない女生徒に観察され、女性教員のスマートフォンで撮影されているのだから、少年達の恥辱と絶望の感情は際限なく高まっていく。高まっていくが、変身に必要なブレスレットを奪われ、数の暴力で淫らな責めを叩き込まれている状況ではどうすることもできず、少年ヒーロー達はただただ高まる一方の恥辱と絶望に心を痛め付けられながら、裸体を望まぬ快楽でもみくちゃにされるしかない。

「んごっ、ぶぅ! ぼ……ほぉっ! んぐ、むぐぅぅ……っ!!」
「んむぅぅ、おも、おむ、あもぉぉぉっ!!」

涙を零し、男根で塞がれた口から甘く歪んだ悲鳴を上げ、汗と精液に塗れた裸体をガクガクと痙攣させながら無様によがり狂う少年ヒーロー達。そんな少年達を建物から少し離れた車内に置いたモニターで愉しむ悪の組織の男達は、自分達の計画を妨害した少年達が苦悶する様子に残酷な笑みを浮かべながら徐々に徐々に建物を取り囲む機械達の出力を上げて生徒と教員達の理性をより狂わせ、少年ヒーロー達を嬲る淫獄を更に無情な物へと作り変えていった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


輪姦FUCK!! 女装少年悶絶レイ!!

スパイ達は土下座の体勢で尻穴絶頂を強いられる

2018.06.12.Tue.21:00
一人は、研究員として。もう一人は、社内の清掃員として。大企業にそれぞれ別の立場で潜り込んだ二人のスパイは、お互いにだけ分かる合図で連絡を取り合いながら機会を虎視眈々と狙い、その企業が持つ技術に関しての資料を盗み出そうと画策していた。
しかし、事態は二人の思うようには進まなかった。若き社長である男は鋭い嗅覚で二人の不審な行動に気付き、二人がスパイである事を暴いた上で、愚かなスパイ達を捕らえる罠を仕掛けたのだ。
資料を手に入れ、逃げ出そうとしたスパイ達は突然壁に空いた無数の穴から室内に流し込まれた肉体の自由を奪うガスを為す術無く吸わされ、床にうずくまる自分達を取り押さえるために現れた男達を振り切ろうと試みる事もままならずに二人仲良く捕らわれの身に堕とされてしまった。

そして、エレベーター内で特殊な操作を行わなければたどり着けない地下へと運び込まれた二人のスパイは、衣服を毟り取られて裸体にされ、手首同士と足首同士を鎖で繋ぐ黒革の枷を嵌められ、ガスの効果で痺れている肉体に辱めを加えられている。
社長の男が部下に命じてスパイ達に加えさせているその辱めは、快楽を用いた淫らな辱めで。ガスと拘束具で肉体を思い通りに動かせなくされたスパイ達は抗う事も許されずにその淫らな責め苦で喘ぎ鳴かされ、無様な射精を何度も何度も繰り返していた。

「おっ、んおぉぉっ! んひ、ひぎぃっ! イぐ、イぐぅぅ……りゃめ、りゃめぇぇ……!」
「もっ、もぉ……ゆりゅじで、ゆりゅひへぇぇっ! けひゅあな、ばかになりゅぅぅ……イきしゅぎへ、ばかになっひゃぅぅぅっ!!」

地下室の床に両手両足をつけて裸体を丸めさせられたスパイ達は、ソファーに腰掛けている社長の男に向かって土下座をしているような体勢のまま、無防備にさらけ出されている恥部を部下達の手で容赦無くいたぶられている。
尻穴を丹念に指でほじくり回され、前立腺を激しく抉られたスパイ達は男根に触れられずに迎える絶頂を数え切れない程に強いられ、望まぬ射精を幾度となく繰り返した。もはや、スパイ達の尻穴は淫らな収縮を抑えられず、腸壁を部下の指が強く擦るだけで小さな絶頂を迎える過敏な性器となってしまっている。一切刺激を与えられぬまま尻穴の快楽で射精を要求され続けた男根も、感度が限界まで高まり、力の入らない肉体がビクビクと無意識に痙攣して亀頭を床に擦り付ける度に生まれる悦楽に反応して透明な蜜を勢いよくぷしゅっと噴き出させている。

「ぎもぢ、いい……ぎもひ、よしゅぎへ、あらま、おかひぐなりゅぅぅっ……たじゅげで、くらひゃいぃぃ……も、ゆりゅじでぇぇ……っ!」
「おにぇがい、しまひゅ……も、おひり、ほじほじ、やめへぇぇっ……! ひぬ、ひんじゃ、うぅぅっ……!」

土下座の体勢のまま子供のように泣きじゃくり、絶頂を迎えながら哀願を行うスパイ達。
そんなスパイ達をソファーに腰掛けた状態で眺めている社長の男は、部下達に目で指示を出しながら優しい声音で尋ねた。

「もう、お尻の穴を指でいたぶられるのは嫌かい? スパイ君」

今までずっと無言を貫いていた社長の声に二人のスパイはガスの効き目が薄れてきた裸体をピクンと反応させ、尋ねてきた社長に懇願の返答を叫ぶ。

「ひゃいぃっ! いや、れひゅうぅぅっ! もぉ、イぎだくない、おひりでイぐの、いやれしゅぅぅっ……」
「情報は、はなひましゅから……なんれも、しましゅからぁっ! もぉ、イがぜないれくらひゃい……指で、おひりを、ほじほじしないれくだひゃいぃぃぃっ!!」

無様極まりない許しを請うスパイ達の叫び。その叫びを聞きながら社長の男は残酷な笑みで口元を歪め、優しい口調で無慈悲に言った。

「そっかそっか、じゃあもう指でイかせるのは終わりにしてあげるよ。スパイ君達のために用意した玩具があるから、それでお尻を苛めてあげる」

聞かされた言葉に打ちひしがれ、言葉を失うスパイ達の裸体が、部下達の手で持ち上げられる。そうして持ち上げられたスパイ達の涙で霞んだ目に見えたのは、床に置かれた箱形の機械から天井に向かって垂直に伸びた柱の先に、先端が醜悪なイボを何十個も生やした極太の張型となっているU字型の器具が取り付けられた悪趣味な玩具で。部下達は持ち上げたスパイの尻肉を鷲掴みにして拡げさせながら、二人の裸体を張型の上へと運んでいく。

「ここからは、指じゃなくて特別製の玩具でお尻をほじほじして、イきまくらせてあげる。薬の効果が抜けても逃げられないよう手足の枷をその玩具に繋いでも良いよね? 立ったまま何処にも行けずに射精し続けるスパイ君達の情けない姿をたくさんの人が愉しめるよう、君達をその玩具ごと中庭に設置しても良いよね? 何でもするって言ったんだからさ」
「い……いや! いやぁぁぁっ!!」
「そんらの、やらぁぁぁ!! だじゅげで! だれか……たしゅけへぇぇぇぇーっ!!」

地獄のような辱めの計画を聞かされたスパイ達は半狂乱になって叫び、逃れようと身悶えるが手足を拘束された薬の効果が抜けきっていない肉体で暴れても当然意味は無く、社長の指示を受けた部下達は喚いて力無くもがく二人のスパイの裸体を悪趣味な玩具の上へと難なく運び、たっぷりと解したスパイの尻穴に極太の張型をずぶずぶと飲み込ませていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


本当に何でも言うことを聞いてくれる執事くん

少年は懲罰室で淫らに反省を促される

2018.03.30.Fri.21:00
「んんっ! んぅ、ふぅ! むぐぅぅぅ-っ……!!」

幾ら騒いでも外部に音が漏れ出ない地下室の中に、くぐもった悲鳴が響く。その声の主は一人の少年。刑務所内で反抗的な態度を取ったために、地下の懲罰室で反省を促す甘い責め苦を施されている受刑者の少年だ。

「ふ、うぅぅ! も……おぉぉ! うぐぅぅ…!!」

視界を塞ぐ黒革の目隠しの下から涙を頬に伝わせ、言葉を封じる黒い棒状の枷の隙間から唾液を零しながら、少年は裸体をじたばたともがかせて苦悶からの脱出を試みる。もちろん、少年がどんなにもがいても状況は変わらない。椅子に腰掛けさせられた少年の裸体を拘束する縄は背後に回された少年の手首と腹部を椅子の背もたれを経由して緩み無く括り、床に着いた少年の足を椅子の脚へときつく縛り付けており、少年は手足の自由を完全に奪われ椅子から立ち上がる事すら不可能にされてしまっている。こんな状態で、甘い苦悶から抜け出せる訳が無い。看守達がテープで貼り付けていった乳首と男根のローターを毟り取り、椅子の座面に固定された極太のアナルバイブを尻穴から抜き取れる訳が無い。
肉体の動きを大きく制限され、椅子に腰掛けたまま淫らな機械達から逃れられなくされた少年は看守の思惑通りに快楽でよがり狂わされ、体液を情けなくまき散らしながら反省の感情を胸に募らせるしか選択肢はもはや無いのだ。

「んんんーっ!! ふぅ、ふうぅぅ! うぎゅぅぅぅぅっ!!」

椅子をガタガタと鳴らし、体液に濡れた裸体を激しく痙攣させ、少年は痛々しいくらいに甘い絶叫を懲罰室に響き渡らせながら十数度目の絶頂を迎えた。
しかし、快楽はとまらない。淫らな機械達は少年が絶頂している事などお構いなしに駆動を続け、じんじんと痺れている左右の乳首と色の薄まった精液を垂らしている男根と絶頂に合わせて収縮を繰り返している尻穴をめちゃくちゃにいたぶり、少年に更なる絶頂を強いる。
イってもイってもまたイかされ、絶頂をしている最中にまた絶頂へと追いやられる拷問のような連続絶頂。そんな連続絶頂に心と身体を痛め付けられ、疲弊させられた少年はこの責め苦のきっかけとなった反抗的な態度を完全に忘れ、なりふり構わずに悲痛な唸りを上げて看守に哀願を行うようになっていた。

「むぅぅぅーっ! ふっ、ふぅっ! うふぅぅぅぅぅ!!」

もう、イかせないで欲しい。言う事を聞くから、玩具をとめて欲しい。
切羽詰まった思いのままに看守に許しを請う少年は、看守が夜に戻ってくると口にした事はもう思い出せず、まだ時刻は昼過ぎだという残酷な事実を、知る由も無かった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


暴愛フレンドシップ【特典ペーパー/電子書籍限定イラスト付】
 | HOME | Next »