FC2ブログ

秘密の休暇は淫らな獣をさらけ出す

2019.10.15.Tue.21:00
逞しく鍛え上げられた肉体と、部下を思いやり困っている者を決して見捨てない誰にも好かれる人格を持ち、商売敵であるはずの他ギルドの窮地に率先して駆け付ける度量を有する虎獣人の男は、毎年恒例となっている長期休暇を自身を含めたギルドの所属員全員に出し、ギルドの仕事を全て停止させた。
あらかじめ依頼はこなしていたため、依頼解決に動いている者は一人もいない。普段なら忙しなく離着陸を繰り返しているギルド所有の飛行船達もメンテナンスを済ませた状態で格納庫内にしまわれている。ギルドの受付には数人がいるもののそれは中小のギルドに依頼を斡旋する団体から派遣された者達であり、彼らは依頼の大きさに応じた別ギルドの紹介を訪れた依頼者に対して行い、雇い主であるギルドの所属員達が気兼ねなく休暇を楽しめるように努めている。
そうして激務から離れ、自身が育てたギルドを中心にした生活から遠ざかった虎獣人の男は、個人で所有する飛行船に揺られながら休暇を満喫していた。それはギルドの設立時から共に助け合い、人知れず愛を育んできた狼獣人の副ギルド長と過ごす秘密の休暇だ。
激務の合間を縫い、人目を気にして愛し合う必要など今は無い。本来の関係と表向きの関係を使い分け、言葉遣いが混ざらないように気を付ける必要も無い。
故に、虎獣人の男は衣服を全て脱ぎ去った裸体となり、何の迷いも無く表向きには部下である愛しい狼獣人の男に甘えた言葉を放っている。それは自身の淫らさと欲望をさらけ出した、隷属色の甘い言葉だ。

「ご主人様ぁ……っ、お願い、しますぅっ。俺のおち○ぽ、触ってください……ご主人様に触って欲しくて、ずっとうずうずがとまらないんですぅっ……!」

目をとろんと潤ませ、口から熱い息をはぁはぁと漏らし、縞柄のしなやかな尾を切なげにくねらせながら虎は張り詰め切った自身の男根を恋人の狼に向かって突き出しいやらしく腰を前後に揺らしている。
激しく愛し合いたくても愛し合えない日々が長く続き、虎の肉体には欲求が溜まりに溜まっている。だが、恋人の狼は虎の衣服を剥いだ上で自ら快楽を得る行為を取らないよう命じ、発情しきった虎の身体を眺めて愉しみ出したのだ。
尖りきった乳首を捏ね回されたい。疼きに疼いている男根を扱いて、射精させて欲しい。快楽への期待で収縮を繰り返している尻穴を狼の男根で貫いて、めちゃくちゃにほじくり回して欲しい。狼の視線に炙られながら、虎は裸体のくねりを更に激しくし、腰の動きもよりはしたなくしていく。
もう虎に、巨大ギルドを束ねる長の面影は欠片も残されてはいない。様々なしがらみを一時的に捨て、恋人に可愛がられることのみを一生懸命に考えている虎の姿は、淫乱以外の何物でも無い。
そんな淫乱で可愛い恋人の必死なおねだりを聞き、十年以上見続けても毎回新鮮な愛しさを抱かせてくれる虎の痴態に笑みを零した狼は身をよじる虎の眼前で右手を軽く揺らすと、その右手を虎の股間へと動かしパンパンに膨らんだ男根を優しく握り込む。
そして、狼は新たに命令した。虎に快楽を与え、可愛い虎の姿をもっと堪能するための命令だ。

「こうして握っててあげるから、自分で腰を振ってシコシコ扱いてごらん? 上手に出来たら、乳首も苛めてあげる、○○のエッチなお尻にご褒美のチ○ポを入れてズコズコ掻き回してあげる。○○の大好きなキスをしながら、たくさん中に精液を撒き散らしてあげるよ」

魅惑的な提案を拒む理由など虎には無い。虎は何の躊躇いも無く腰を振り、狼の手で自身の男根を擦り始める。狼が何時でも乳首を苛められるよう震える手を後頭部で組んで胸元を無防備にし、狼の目に恥部が見やすくなるよう足を大きく開いて、一心不乱に腰を前後にカクカクと動かし始める。
そうして弄ばれる準備を整えた虎に狼は笑みを濃くしながら、掠れた声で言った。

「ふふっ、よくできました。良い子だね、○○」
「あぁ、んぁぁっ! ごしゅじんひゃま……ありがとう、ございまひゅぅぅっ……!」

ギルドのトップとしての自分に隠した淫猥な獣をさらけ出し、トップを補佐する自分に隠した意地悪な本性を露わにした虎と狼は、自動操縦で人里離れた孤島の別荘へと向かう飛行船に運ばれながら、別荘に着く前に我慢出来ずに始めた淫猥な戯れを心の底から味わうのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


いちゃいちゃするぞ
スポンサーサイト
[PR]

馬獣人は自由を奪われ精液を搾取される

2019.10.02.Wed.21:00
太い金属の棒を組み合わせて作られた台形の枠は、下辺の部分を床に固定され押しても引いても動かないようにされている。
ちょっとやそっとの衝撃では、その枠はビクともしない。少なくとも生身で加えられる力程度では何の変化も起きはしない。それ故に、その枠へと厳重に繋がれた馬獣人の男の裸体は無様に恥部をさらけ出した格好からどうやっても抜け出せず、無意味に足掻いては疲弊して休み、また足掻いては休みを繰り返していた。

「う、うぅっ……む、んぐ、うぐぅぅ……」

頭部に取り付けられている馬獣人に合わせて作られた黒革の全頭マスクの下で苦しげに眉根を寄せ、閉じたまま開けなくされた口からくぐもった唸りを漏らし、唯一マスクの革に覆われていない鼻から荒く乱れた呼吸の音を情けなくプスプスと立てながら、馬の男は危機から逃れようと必死に裸体を動かしている。けれど、やはり拘束は解けない。台形の枠に幾本もの革ベルトを使って縫い付けられた足は床から離すことすら叶わず、開かされたまま閉じることも出来ない。睾丸をくびり出す形で巻き付けられた革ベルトを台形の上辺の部分へと鎖と南京錠を用いて遊び無く結合されてしまっているために馬は大きく暴れることも許されない。指を使えないよう握り拳を強制する鍵付きの黒い手袋を嵌められた手は太ももを枠へと縛り付けるベルトと短い鎖で繋がれていて、拘束を外そうと試みる以前に馬の手は拘束に触れることすらままならない。
ありとあらゆる方向から自由を取り上げられ、抵抗を封じられた哀れな馬。そんな馬を作り出し、馬の無駄な足掻きを壁にもたれかかりながら観察して微笑んでいた狼獣人の男は、憔悴しきった馬が足掻くことすら諦めてぐったりと脱力したのを確認すると壁から背を離し、馬を閉じ込めている地下室にわざとらしく靴音を響かせながら脱力した馬との距離を詰めていく。

「う、んぐぅっ……う、ふぅ、ぶむぅっ……!」

靴音に気付き、怯えに支配された唸りを漏らしつつも身悶える気力すら失った馬はただビクビクと震えるだけだ。
近付ききった狼が丸出しの尻肉を無遠慮に撫で回してきても、馬は力無く呻くだけ。無防備にさらけ出された男根に狼が筒状の器具を被せ馬が身をよじっても外れないよう睾丸のベルトとその器具の根元を金具で繋いでも馬はこれから始まる地獄を把握して絶望するだけ。狼が自らの男根を取り出し、連日の凌辱で緩みきった尻穴をその男根で埋め尽くしながら取り付けた器具のスイッチを入れてきても、馬はどうすることも出来ずによがり狂わされるだけ。尻穴を犯されながら男根に被せられた器具が生み出す強烈な吸引に嬲られ精液を無理矢理に搾り取られても、視界と言葉を奪われ手足を台形の枠へと結び付けられた馬は腸内で暴れる狼の男根を感じながら、注がれる快楽に屈して何度も何度も絶頂へと追い詰められるしか無いのだ。

「うっ、うぅっ! んぐ、むぅ! うふ、ぶむふぅぅぅぅっ!!」

じゅぼじゅぼと尻穴を掻き回され、男根を吸い上げられながら馬は器具の中に精液を吐き出した。その吐き出された精液はすぐさま男根の器具に繋がっているチューブで吸引され、少し離れた地下室の床に固定されているタンクへと運ばれていく。
その運ばれる精液を横目で眺め、狼は笑いながら言う。残忍に目を細め、愉快そうに口角を吊り上げ、自身の男根を熱烈に包み込んでくる馬の淫猥な腸壁に感嘆のため息を漏らしながら、狼は醜悪な笑みを浮かべて捕らえた馬に言葉を浴びせた。

「今日も良いイきっぷりだね、馬さん。その調子でたくさんイきまくって、高値で売れる濃い精液をびゅるびゅる出してくれよ?」
「んむぅぅぅっ! うぶ、ふぶぐぅぅぅっ!」

捕獲した馬獣人の男から精液を搾取し、魔術師や好事家などに売り飛ばす狼の男の言葉に拒絶を返しつつも抵抗を禁じられた上に精液の放出を促し肉体を淫猥に高める薬品を混ぜた餌を摂取させられた馬の身体は嫌がる心とは裏腹に快楽には決して逆らえず、今日も馬は狼に犯されるがままに絶頂し、濃く量の多い精液を搾り取られ、様々な意味で狼を満足させながら失神するまでイき狂わされてしまうのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


真夜中ラブアライアンス DEEP 【電子限定特典付き】

狼は熱と匂いに悶え苦しむ

2019.08.15.Thu.21:30
倒しても倒しても途切れることの無い機械仕掛けの敵の猛攻を捌きながら、狼獣人のヒーローはこの場を切り抜ける方法を探っている。この場所が引火の危険性が高い薬品が多く置かれた倉庫である以上、武器は迂闊には使えない。ならば道は一つ。武器を自由に使える場所へとどうにかして移動し、一体一体を冷静に対処するしか無い。
敵の動きに注意を払いつつ、狼は倉庫の出口に意識を向けて脱出の機会を伺っている。一度逃せば、その機会は二度と訪れない。神経を研ぎ澄ませ、狼は拳を振るった直後に生まれた敵の壁の破れ目を縫って倉庫からの脱出を図った。
しかし、脱出は叶わなかった。狼が通ろうとしていた出口への道を塞ぐ形で倉庫の外から新たな敵達が現れ、走る狼へと勢いよく飛び掛かってきたからだ。

「ぐぁぁっ!?」

不意を突かれ、かわす間も無く機械で作られた敵の体当たりを受けた狼は後ろに倒れ込み床の上に仰向けで転がってしまった。
そんな隙だらけの状態を晒す狼に、敵達は容赦無く覆い被さっていく。腕に覆い被さり、足に覆い被さり、頭部に覆い被さり、腰に覆い被さり、敵達は狼の動きを封じていく。その拘束から逃れようともがいてももはや手遅れで、狼はあっという間にあらゆる箇所を抑え込まれ、引火を承知で武器を振るうことすら不可能にされてしまった。

「く、うぅっ……うぁ、あ、がぁぁっ……!」

狼の視界にはもう、自分から抵抗を奪った機械製の敵しか入らない。外から見ても狼の肉体は全く見えず、狼を中心にして折り重なった機械達が見えるだけだ。
全身を圧迫され、立ち上がることさえ叶わない哀れな狼のヒーロー。そんな狼を作り出した機械達は狼が手も足も出せない状態に追いやられたことを感知すると、自身に内蔵された機構を作動させた。
その機構は、狼のヒーローと対立する悪の組織が狼を苦しめるためだけに用意した残酷な機構。自身の表面温度をじわじわと高めながら、特殊なガスを逃れられぬ狼の方に向かって放出する、熱と匂いで狼を二重に追い詰める非情極まりない拷問の機構だ。

「がふっ!? あ、あぁ……ふぅ、おぁぁ……!!」

熱だけならば、狼も理性を保てただろう。けれどそこに、精液の匂いを再現し濃縮したガスを浴びせかけられては堪らない。
狼特有の過敏な嗅覚で感じ取ってしまった強烈な淫臭に平静さを乱される狼は呼吸を制限し、少しでも淫臭の吸入を抑え込もうとする。けれど、徐々に高まっていく機械達の表面温度に自身の肉体を熱せられていては呼吸を我慢したくても出来ない。狼は少しずつ少しずつ我慢と呼吸の割合が入れ替わっていき、やがて常に荒い呼吸を繰り返し暑さと淫らな匂いに悶え苦しむ無様な姿へと変わってしまう。

「ふ、んっ……うぐ、っ! ふぅ、うぶ……ぶはぁぁっ……!」

折り重なった機械達の中に捕らわれ、熱と匂いで嬲られる狼のヒーローの苦悶に満ちた呼吸の音はどんなに悲痛な物になろうとも機械達が立てる駆動音とガスの放出音に、虚しく掻き消されていくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


ヒトリノヨル

主は淫猥な香りと虎を愉しむ

2019.07.27.Sat.21:00
庭木の剪定、屋敷内の掃除、ゴミ出し、防犯装置の点検。使用人を務める虎獣人の男は作業着姿で一日中屋敷内を駆け回り、山積みの仕事をこなしていた。
夏の暑さと、自身の体毛、それに加えて怪我防止のために着込んでいる長袖の作業着のせいで虎の身体は全身汗に塗れてしまっている。だが、そんな状態になっても虎の仕事は終わらない。虎の男はこれからその汗塗れの身体で屋敷の主の部屋へと赴き、一番大事な仕事を行わなければならないのだ。
夜の闇に染まった窓の外から聞こえてくる涼しげな虫の音を聞きながら、逞しく鍛え上げられた身を強ばらせつつ主の部屋へと歩み寄った虎は、小さく深呼吸をすると右手に握ったドアノブを回し、室内に足を踏み入れた。

「やぁ、待ってたよ。それじゃあ早速、始めようか」

扉の前に椅子を置き、虎の到着を待っていた屋敷の主である狼獣人の男は優しくにっこりと微笑みながらも、虎の意見を全く聞かずに開始を促す言葉を口にした。
せめて軽くシャワーを浴びさせて欲しい。そんなことを言っても無駄だと今までの経験からよく知っている虎は主の言葉を受け入れると閉じた扉に鍵を掛け、椅子に座った狼の前に立ち、身に着けていた作業服を愉しそうに笑っている狼の目の前で脱ぎ始めた。
首元から腰近くまで存在するファスナーを右の人差し指と親指で摘まんで下ろした虎は羞恥に表情を歪めながら、上下が一体化している薄緑色の作業服の上半身にあたる部分を下ろしていく。右手を使って左側の作業服を脱ぎ、素肌を晒している左で今度は右側を脱ぎ、虎は上半身を狼に向かって晒した。
一日中動き回ったことで分泌された虎の汗の匂いが、狼の主の過敏な嗅覚を甘く刺激する。縞柄の体毛に覆われた筋肉質な腕と白い体毛の上で可愛らしく自己主張している虎の乳首が、狼の主の淫らな欲望を加速させる。
いくら嗅いでも飽きないこの香りをもっと愉しみたい。目の前で揺れるこの乳首を今すぐ苛めてやりたい。それらの願望を抑える必要など虎の主である狼には無い。故に、狼は何の躊躇いも無く右の指で虎の左の乳首をくにくにと責め、距離を詰めた鼻で汗に濡れた虎の香りを堪能しながら舌で右の乳首を舐め回し、腰に引っかかっていた作業着を足下まで下ろそうとしていた虎に不意打ちの快楽を注ぎだした。

「あぅっ!? ひゃ、あぁ、んあぁぁ……!」

突然の責めに驚きの悲鳴を上げた虎は、作業着を掴んだまま硬直し、自分の左右の乳首をいたぶる狼の指と舌を淫らに鳴きながら見下ろしている。美しい白銀の毛に覆われた狼の指が、左の乳首を摘まんで揉み込み指先で上下に弾く。熱烈に動かされる舌が右側の乳首を乳輪ごと舐め上げ、堪らない悦楽を味わわせてくる。
その光景を喘ぎながら眺めていた虎は甘い波に翻弄されつつもわずかに正気を取り戻し、狼に向かって蕩けた声で制止を口にした。

「らめ、りゃめ、れす……乳首ぃ、弱い……すぐ、イっひゃい、まひゅ……から、やめへ……やめひぇ、くらひゃいぃっ……!」

快楽に耐えるように一層強く作業着を握り、虎は舌足らずな言葉で懇願を放つ。しかし、狼はやめない。それどころか、乳首を弄ばれただけで絶頂に至ってしまう淫らな虎に愛しさを募らせた狼は、より激しく指と舌で乳首を責め立て、より濃くなっていく虎の香りを感じながら、虎を射精へと容赦無く導いていく。

「んひゃぁぁっ!? しょんな、されひゃらぁぁっ! イぐ、イっぢゃぅぅぅっ! しゃせー、しひゃいまひゅぅぅっ! あ、あぁっ! ごしゅじん、しゃま! ごひゅじん、ひゃまぁぁぁーっ!!」

弱点の乳首を、手加減の無い狼の指と舌で責め抜かれた虎はあっという間に肉体を追い詰められ、立ったままの体勢で、作業着を半分だけ脱いだ状態で、射精へと至らされてしまった。

「ん、ひゃ……あぅ、あっ、はひ、んあぁ……」

幸福色に染まった喘ぎを零し、作業着の中に白く濁った体液を吐き出しながら虎は淫臭を放つ肉体を小刻みに振わせる。
その更に濃くなった虎の香りに満足げな笑みを浮かべた狼は尖りきってピクピクと跳ねている乳首から指と舌を離すと、虎の汗と自らの唾液で濡れた口を動かして虎に指示を与えた。

「さ、下も脱いで精液塗れのオチ○チンを私に見せなさい。上手に脱げたら、次は乳首と一緒にオチ○チンも可愛がってあげるよ。君のエッチな匂いをたっぷり嗅ぎながら、君の大好きな乳首とオチ○チンの同時責めで、立てなくなるまでイかせまくってあげる」

汗の匂いを狼の主に嗅がれる羞恥など、虎にはもう無い。作業着内に精液を撒き散らした男根を露出させることに対する羞恥すら、無い。
自分を淫らに躾け、溢れんばかりの愛情で調教した主から魅力的な快楽を提示された虎は完全にスイッチを入れられ、甘い悦びを追求することしか考えられなくなっている。
下も脱げば、もっと気持ち良くして貰える。大好きなご主人様にたくさん可愛がって貰える。そんなことを考えながら、虎は絶頂の余韻で痺れている身体を動かし、掴んだままだった作業着を下ろしきって足を抜くと、命令されてもいないのに主が自分を責めやすいようにと足を開いて恥部を見せ付け手を頭の後ろに組んで無防備な格好を取った。
淫猥に火照った裸体から汗と発情が混ざり合った獣欲を掻き立てる香りを撒き散らし、体積を増して自己主張している乳首とさっき達したとは思えないくらいに張り詰め切った精液塗れの男根を一生懸命に突き出す虎に狼は愛しさを抑えきれずに感嘆の息を漏らすと、責めを待ち侘びている虎に再度口と手を寄せていく。

「よくできました。それじゃあ、良い子にはご褒美をあげようね」

ご褒美の単語に背筋をゾクゾクと震わせながら、虎は左右の乳首に迫る右の指と舌、そして男根を握り込もうとする左の手を、期待に満ち溢れた目でじっと見つめつつ、乳首と男根の硬度と体積をまた増していくのだった。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


June ADULT 人外特集【R18】

手練れ達は儀式の主役にされる

2019.07.04.Thu.21:00
魔物達の襲撃に遭い、辺境の村が壊滅の危機に見舞われている。その情報を受けた王の指示に従い、我々はその村へと急いで駆け付けた。
だが、襲撃を受けたと伝えられていた村は何の異常も発生してはいなかった。村人達はいつも通りに生活を送っている。もしや村人に化けているのかと考え変化を看破する魔法具を用いてみても、村人になりすましている魔物は一体も見つからない。まさか王都の守りを手薄にするための策略かとも考えてみたが、襲われている自身の村から命からがら逃げてきた村人の男が瀕死の重傷を負っているという情報がある以上それは考えにくい。手薄にするだけなら動けなくなるほどの傷を作る必要は無いからだ。
思考を巡らせてみても、目の前に広がっている何の変哲も無い村の日常が意味する物は分からない。故に、我々は情報収集を目的として村人達が口にした村伝統の儀式に参加していって欲しいという言葉を受け入れることにした。
我々は導かれるがままに、村の中央に位置する広場へと足を運ぶ。広場に辿り着いた我々は儀式を取り仕切る村人が説明する手順を聞きながら、身に着けていた道具や衣服を全て脱ぎ捨てていく。
王から与えられた最高級の魔法具を地面に放り投げても、王都に根を張る前に行っていた旅の途中で手に入れた敵の魔術を軽減する衣服を土で汚しても、大した問題では無い。情報が手に入るならば些細な問題である上に、我々はもう二度と衣服や道具を身に着けることはおそらく無いからだ。
全裸になった我々は、広場に作られていた木組みの舞台に上がると説明されていた通りの体勢を、左右の手の平と足の裏を舞台に付け手足をピンと伸ばす四つん這いの体勢を取った。普段打ち倒している魔獣と同じ格好を取った裸体の我々を、舞台を取り囲む村人達が笑いながら観察している。一対の角と羽を生やした村人も、人間より一回り以上大きな体躯を持ち薄緑色の肌を有している村人も、左右二本ずつ四本の腕を生やしている魔術によって生み出されたであろう虎獣人の村人も、全員が愉快そうに笑い我々をじっと眺めている。
ここまで関心を寄せている、ということは間違いなくこの儀式は村にとって大事な儀式なのだろう。元々旅をしていた性だろうか、私は村人との関わりを持ち情報収集を円滑にするという目的を忘れて初めて体験する儀式に高揚を抱いてしまっている。これではいけない。私は隣にいる仲間を横目で眺め、儀式に参加している目的を確認し直すと手足に改めて力を込めた。
自ら裸体になり、舞台上で四つん這いとなってからどれだけ経っただろう。不意に背後から階段を上がる音が聞こえ、並んで裸体を晒す我々の後ろに村人の誰かが立った。その我々と同じ舞台に上がった村人は、階段から近い位置にいた私の尻肉を体毛を纏った手で撫でながら、舞台を見上げる村人達に向かって宣言した。

「魔族復興の第一歩として、この村の制圧は完璧に成功した。その上、村周辺に張っておいた魔術で馬鹿になったこの国の手練れ達をいきなり捕まえられた。俺達の計画はこの上無く順調に進んでいる。いずれこの国を、そしてこの世界を、この無様な奴らのように俺達魔族の玩具として支配してやろう! 皆!」

舞台上の村人の宣言を聞き、他の村人達が沸き立つ。沸き立っていた村人達の声を聞いていた私の背後の村人は、私の尻を撫でていた手を一旦離すと、左右の手で尻肉を広げながら情けなく丸出しとなっている私の尻穴に熱い何かを押し当ててきた。

「この世の全ては、俺達魔族の物だ! 愚かな人間達など労働力に過ぎん! 肉欲の捌け口に過ぎん! 今日は一晩中この四人を弄び、犯し抜き、それを再確認する宴だ! 皆、大いに愉しめ!!」

再び村人達が沸き、次々に舞台へと上がってくる。その上がってくる村人達が生む振動を手足で感じ、村人達を沸かせた背後の村人が私の尻穴を何かで無理矢理にこじ開けていくのを感じながら、私はまた目的を忘れ儀式の盛り上がりに心を躍らせてしまっていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


寸止め焦らしエッチ性欲図鑑
 | HOME | Next »