FC2ブログ

悪の男達は哀れな親子に交尾を強いる

2019.09.07.Sat.21:00
跳び箱のような形状をした台に仰向けで寝かされ、台の側面に左右の手足を頑丈な革製のベルトで縫い付けられた男が、絶え間無く襲い来る緩い快楽の波に弄ばれくぐもった唸り声を上げている。

「う、うぅっ……んぐ、むっ、あぉ、おぅぅ……!」

もう何時間も、乳首を震わされている。男根を震わされている。尻穴を、奥深くまで埋め尽くされた状態でゆっくりとほじくられている。
間違いなく気持ち良いのに、どうやっても絶頂には辿り着けないもどかしい快楽で長時間責め立てられた男の肉体は痛々しいくらいの痙攣を絶えず繰り返し、苦悶に歪んだ鳴き声を塞がれた口から零している。
だが、甘い刺激でどんなにいたぶられようとも男の心は屈しない。射精欲のみが掻き立てられる弱い快楽を流し込まれようとも、男は淫欲に溺れない。敵に捕らわれ、身に着けていたヒーロースーツから戦うための力を奪われ非情な快楽責めを生み出す道具へと作り変えられても男は自身の正義を奮い立たせて理性を強く保ち、いつか来る救いの時を信じて陥落を必死に拒んでいた。

「んも、あおぉ……うぐ、むぐぅっ、ふぅ、ふうぅ……」

頭部を守るヘルメット内に取り付けられた極太の張型で口を塞がれ、スーツ内に取り付けられたパッドに乳首と男根を振動させられながら腸内をバイブに掻き回される男は、大粒の涙を流しながら拘束された身をよじらせ、責めに耐え続けている。
破裂寸前の射精への渇望を押さえ込みながら惨めに悶えなくヒーローの男。そんな男が置き去りにされていた部屋に、扉が開く音が響いた。
男は思わず、音がした方へと顔を向ける。そして、男は潤んだ目を驚愕に見開き絶望を胸に募らせた。
救いが来たと淡い期待を寄せていたというのもある。しかし、真の絶望の理由はそれじゃない。男が絶望を募らせた理由は自分を捕らえ、ヒーロースーツを改造し淫らに苦しめている悪の男達が、一人の少年を連れてきたからからだ。
赤い首輪を嵌められ、背中で伸ばした腕にアームバインダーを装着され、衣服を剥ぎ取られた裸体を晒して羞恥に震えているその少年は紛れもなく男の息子で、男は首輪の前部に繋がれた鎖を引かれ丸出しの幼い男根を揺らしながら歩かされる息子を見つめながら、男達に向かって怒りの唸りを放つ。
もちろん、自由を完全に奪われたヒーローがどんなに怒りをぶつけてもそれは滑稽なだけだ。情けない姿にさせられた息子を助けたくても助けられず、ただただ無様に唸ることしか出来ないヒーローの男を堪能しながら少年を父親の前に立たせた男達は、改造したスーツに取り付けたチャックを開け、男の尻穴を緩く嬲っていたバイブを抜き取りながら少年に言った。

「さ、坊主。憧れのヒーローのケツマ○コを思う存分犯してやれよ」
「ヒーローさんのケツマ○コも、今すぐ犯して欲しいってヒクヒク震えておねだりしてるぜ?」
「っ……!?」

信じがたい言葉に、理解したくない言葉に、男がヘルメットの下で表情を凍り付かせる。同じ言葉をぶつけられ、非道な命令を下された少年は泣きそうな表情を浮かべながら弱々しく顔を左右に振り、拒絶を口にした。

「い、嫌だ。そんなの、嫌だ……そんなの、したくない、したく、ないぃっ……!」

目の前で拘束されているヒーローが自分の父だという事実を知らぬ少年が、ヒーローを辱める命令を心から嫌がる。
すると、悪の男達は残忍に口角を吊り上げ、粘つくような口調で言った。

「ん? お前、まだ自分の立場が分かってないみたいだな?」
「嫌だじゃなくて、俺達がやれって言ったらやるんだよっ!」
「ひ、あぁっ!? や……やめて、やめて、えぇぇ……っ!」
「うぅ! むぐぅぅぅっ!」

男が少年の隣にしゃがみ込み、尻穴に右の人差し指と中指を潜り込ませる。もう一人の男は首輪に繋いでいた鎖を素早く外すと少年の左右の乳首を指で摘まみ、そのまま手前へと引っ張っていく。
体内に潜り込んだ指の力で前立腺を抉られながら前に押され、乳首を摘まむ指の力で硬く尖った肉の粒を弄られながら前に引かれ、少年の裸体は男根を硬く膨張させながら為す術無く逃れられぬヒーローとの距離を、息子を助けたくとも唸ることしか出来ない父との距離を、詰めさせられてしまう。

「さ、ここまで来たら自分で入れられるだろ? ヒーローさんにぶち込んでやんな」
「やだ! やだぁぁっ!」
「聞き分けの悪い奴だな。ま、今回は俺達がこのまま手伝ってやるよ。明日からは何があってもお前自身に入れさせるから、やり方をしっかり覚えておくんだぞ、坊主」
「あぁっ、んあぁ! ひあぁぁぁんっ!」
「うぎゅぅぅっ! ふーっ! ぶむぅぅぅぅぅっ!!」

ヒーローを犯す命令に無理矢理従わせるために乳首と尻穴を責める男の指で裸体を更に前へと移動させられる少年は、立ったままの裸体をくねらせ張り詰めた男根で父であるヒーローの尻穴を無意識につつきながら甘く絶叫し。緩い快楽で焦らされながら目の前で息子を憎い男達にいたぶられるヒーローの男は、自身の無力さを呪い、尻穴をつつく息子の男根が生む甘い悦びに身を震わせている自分に嫌悪を抱きながら無意味な呻きを鋭く発している。
哀れな親子に、もう逃げ場は無い。哀れな親子は息子に犯され、父を犯しながら、悪の男達の前で情けなくイき狂う道しか残されていない。

「あぁ、いや、だめぇっ! 入る、入っちゃう……レッドのお尻で……気持ち良く、なっちゃうぅ! だめぇぇぇぇーっ!!」
「あ、むぅぅっ! ふぐ、うぅ、むぉ、おぅぅぅっ……!」

腸内へと潜り込まされてしまった男根を襲う腰が溶けるような快楽に一層甲高く喘ぎながら、少年はより悲痛な声で拒絶を叫び。息子の男根で腸内を擦り上げられた男は長い間焦らされたせいで嫌でも快楽を感じてしまう自分の肉体に改めて打ちひしがれながら、息子をこれ以上苦しめたくないと考えて腸壁のうねりを少しでも抑えようと下腹部に意識を集中させる。
そんな二人の様子を愉しみ、笑みの黒さを濃くしている男達は目で合図をし合うと少年の尻穴を右の指で責めている男が左手をこっそりと動かし、二人を陥落へと導くために改造したヒーロースーツの機構の動きを、乳首と男根を震わせるパッドの動きを、容赦無く最大限の物へと引き上げていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


なのかばかりの
スポンサーサイト
[PR]

息子は父を作り変え尊厳を捨てさせる

2019.06.24.Mon.21:00
一ヶ月前、僕は父さんの秘密を知った。街を守るヒーローとして活動している人物の正体が父さんであると分かったのだ。
今までもしかしてと思っていたことが確信に変わり、僕は悦びに打ち震えた。最愛の父さんがヒーロー、これほど嬉しい事実は無い。
故に僕はその事実を知ったその日から、幾つもの仕込みを重ねに重ねた。食事に工夫を凝らし、風呂に一手間を加え、部屋のあちこちに僕が開発した機械をこっそり設置した。
薬品研究を行う部門から用意してもらった薬を混ぜた食事を一ヶ月間知らずに摂取し、同じように薬を混ぜた風呂に毎日浸かり、部屋のあらゆる場所に設置した僕特製の機械が発する電磁波で長い時間を掛けて頭の中を作り変えられた父さんは、もうヒーローどころか普通の人間として生きることも出来ない。
僕が所属する悪の組織に何の疑いも無く服従し、悪の組織の科学者として働いている僕の思い通りの行動を取り、とても人間とは思えない痴態を晒しながら何もかもを僕に愛し抜かれるしか無いんだ。

完全に陥落した愛しい父さん。いつも通りと思いながら、情けない格好を取って僕の目を悦ばせる惨めで可愛い父さん。そんな父さんを見つめながら、僕は組織の本拠地へと僕達を運ぶ迎えの車が来るまで、父さんに施した改造の最終確認をすることにした。全身を駆け巡る興奮と父さんへの愛情を感じながら、僕は父さんに命令を下す。それはヒーローとしての立場と人としての尊厳を捨てさせる命令。だが、堕ちた父さんは当然のように受け入れてくれた。幸せそうに笑い、僕の名前を呼びながら迷いを見せずに従ってくれた。

「父さん、今日から新しいお家に行くから、これはもう要らないでしょ? だから、未練を無くすために今からこれをたっぷり、父さんの精液で汚そうね。僕の前で一生懸命オ○ニーをして、父さんがヒーローだった時に着てたスーツをぐちょぐちょに汚して、二度とヒーローには戻らないって意思表示をしようね」
「分かった、じゃあしっかり見ててくれよ。父さんがエッチに作り変えられた身体を自分で弄って、息子の○○の前でイきまくって、ヒーロースーツを精液塗れにするところ、新しい家に行く前にたくさん見て、愉しんでくれよ、○○」

壊される前と同じ調子で言葉を放ちつつ僕を呼び、足を開いてしゃがんだ体勢で左の乳首をくりくりと捏ねながら、右手に握った男根を床に無造作に置いた赤色のヒーロースーツに向けてにちゅにちゅと擦り始める父さんはこれ以上無く淫靡だ。
毎日食事と入浴で摂取させられた淫薬の効果で乳首と男根の感度と体積を肥大させられているのを差し引いても、堪らないくらいに淫らだ。愛しい父さんが、逞しく鍛えられた裸体を晒し僕の目の前で夢中になって乳首と男根を弄り回している。その様子を眺めながら僕は自覚出来るくらいに表情を緩めさせ、父さんが絶頂に近付くにつれて興奮を募らせていく。

「あぅ、あんっ! イく、イくぅっ……気持ちぃ、イく……見てぇ、父さんが射精するところ、見て。ヒーロースーツに射精する無様な父さんのこと、見てぇ……○○っ!」
「うん、ちゃんと見てるよ。エッチな父さんの顔も、父さんの指に苛められてる乳首も、ビクビク震えてるおチ○チンも、精液でぐちょぐちょにされるスーツも、全部見ててあげる。だから、イって、父さん。可愛く鳴きながら、可愛く射精して、父さん……!」
「んぁっ、あぁ! あぅ、ふぁぁぁぁーんっ!」

掠れた僕の声を聞き、欲情に染まりきっているであろう僕の顔を見上げながら、父さんは幸せ色の笑みを浮かべつつ射精を迎えた。
びゅくびゅくと溢れ出た精液が床に置かれたヒーロースーツを淫らに汚し、痙攣する父さんの裸体から飛んだ汗が周囲のフローリングと僕の足を濡らす。その光景に興奮を加速させた僕は、時計を横目で見てまだまだ迎えが来る時刻には余裕があると確認すると、湧き上がる欲望が求めるままにズボンのファスナーを下ろし、取り出した自分の男根を父さんの口の前に突き出した。

「凄くエッチで、可愛くイってたよ、父さん。あまりにエッチだったから、僕のもこんなに大きくなっちゃった。ね、父さん、その可愛い口で僕のも気持ち良くしてよ。いやらしい鳴き声を上げてた口で、今度はいやらしく……僕のおチ○チンにご奉仕して?」
「良いよ、○○。○○の勃起チ○ポ、父さんの口で今からたっぷりご奉仕するからな。乳首とチ○ポ弄って気持ち良くなりながら、○○も気持ち良くして、父さんの口にいっぱい射精させてやるからな……」
「あぁ、父さん……!」

自慰に耽りながら僕の性器を舐めしゃぶる父さんの姿は、さぞかし可愛らしく淫猥だろう。これからは毎日、その姿を本拠地で愉しめる。それどころか僕の他の構成員の男根に囲まれヒーローであることを完全に忘れ全身を精液に汚されて悦ぶ父さんの姿や、僕を含めた何十人もの構成員の男根を挿入されてよがり鳴く父さんの姿も見られる。
大きく口を開けて僕の男根を口内に収めていく父さんを見下ろし、数え切れないくらいの男根で淫らに悶え狂う父さんを想像しながら、僕は幼い頃から溜め込んできた恋情がついに実った幸せを噛み締めていた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


汝、我を攻略せよ 【電子限定特典付き】

少年達は父達を支配して淫らに苦しめる

2019.02.08.Fri.21:00
シングルファザー同士で仲を深め、息子達を含めた四人で片方の生家である山中の家へと遊びに来た二つの家族は、古びた家の掃除を楽しみながら行い、都会とは比べ物にならないくらいに広い庭でバーベキューを堪能していた。
だが、二人の父親達が目を覚ましたとき、状況は一変していた。父親達は身に着けていた衣服を脱がされ、裸体に厳重な拘束を施されていたのだ。

「んーっ! むっ、むぐぅぅ!」
「む……っ? う、うぅっ!? んぐぅっ! ふぅぅぅ!!」

一人の父親が必死になって拘束を解こうとする唸りを聞いてもう一人も目を覚まし、二人は困惑と焦りの感情を抱きながら仲良くじたばたと裸体をもがかせる。
しかし、拘束は解けない。二人の裸体を背にした柱へと縛り付ける黒のガムテープ達は幾ら力を込めても全く緩まず、二人は万歳をしているような体勢から抜け出せない。
父親達は、丸出しの裸体を覆い隠すことすら許されないのだ。

「う、ぐむぅぅ! ふぅ、ふぐぅぅ!」
「んー! んっ、んむぐぅっ! うー! うぐぅぅ!!」

視界を閉ざすテープの下で眉根を寄せ、口を塞ぐテープごしになりふり構わず救いを望む唸りを発しながら、父親達は裸体を柱に縫い付けるテープから逃れようと無駄な足掻きを繰り返し続ける。
一体ここは何処なのか。自分達に何が起きたのか。そして、息子達は無事なのか。思い出そうとしてもバーベキューの途中から先が途切れている記憶を必死に辿りながら、父親達は息子達の無事を祈りつつ裸体を暴れさせる。
無我夢中で危機からの脱出を求める。そんな父親達がいる部屋に、障子が開く音が響いた。
唸るのをやめ、音の方に顔を向ける父親達。その父親達の耳に聞こえてきたのは、畳を踏み締める軽い足音と、無事を祈っていた息子達の声。想像もしていなかった言葉を放つ、嬉々とした息子達の声だった。

「父さん、おじさん。よく寝てたね。睡眠薬のおかげで、テープを巻いている間も二人ともぐっすりだったよ」
「こんな恥ずかしい格好で自由を奪われて……すごく可愛いよ、親父、○○さん」
「んぐぅっ、む、ぶふっ……?」
「むぐぅぅっ!! んーっ! ふぶぅぅ!!」

うっとりと呟く息子達の声に、片方の父親は怯え混じりの困惑を見せ、もう片方は怒りを込めて早く拘束を解きなさいと唸る。
もちろん、息子達は拘束を解きなどしない。飲み物に睡眠薬を混ぜてまで生み出した無抵抗な父親達という状況を捨てたりなどしない。
情けない格好の裸体を震わせながら父親の立場を忘れて恐怖し、情けない格好の裸体をもがかせながら父親の立場を保って怒りを放つ二人の様子を眺めて興奮を高めた少年達は、室内を照らすために用意したランタンを床に置きつつ、親友の父親の前へと歩み寄った。

「おじさん、今からたっぷり……気持ち良く苛めてあげる」
「○○さんのおチ○チンをじっくり責めて、その強気な鳴き声をエッチな鳴き声に変えてあげますからね?」

そう言って、少年達は親友の父の男根にこっそり持ち込んだ器具を押し当てた。それは、薄桃色をした楕円形の淫らな玩具。父の目を盗んで通販で購入したローターだ。

「うぅ!? んーっ、んーっ!」
「もごぉっ!? うぶ、むぶあぁぁ!」

目が見えないが故に身構えることも叶わなかった父親達は、男根を嬲り始めたローターの振動に思わず裸体を仰け反らせ、ローターから男根を離そうと無意識に腰をくねらせる。当然、裸体を縛り付けられている以上逃げ切れはせず、少年達は淫猥にくねる裸体を至近距離で堪能しながら、徐々に体積を増しながら一生懸命に逃げ回る親友の父の男根をローターを持った手で執拗に追いかけていく。
一切の抵抗を封じられた男達が、友人の息子が操るローターが生み出す快楽で一方的に弄ばれ始めてから数分、無意味な身悶えも行えないくらいに疲弊させられた男達は裸体をビクビクと跳ねさせながら、プライドを捨てた哀願の叫びを息子達に向かって放つ。

「むぅーっ! ふっ、ふっ、ふぐ! むぉぉぉっ!」
「ぶぅぅっ! む、ごもぉぉ! むふぅぅぅ!!」

二回り近く年下の少年に、それも息子と同い年である友人の息子に救いを求める父親達。けれど、その意思はくみ取って貰えず、無慈悲な少年達は親友の父にとどめの言葉を浴びせた。

「我慢しちゃ駄目だよ、おじさん。我慢なんてしたら、お仕置きだよ?」
「○○さんは、僕の父さんと一緒に可愛いおチ○チンと乳首に玩具を貼り付けられて、朝までほったらかしの状態で射精させられたいですか? もしそうだったら、好きなだけ我慢しても良いですよ?」

残酷な快楽責めを提案された父親達は、自分達の今の立場を理解した。
肉体を拘束で支配され、抗えなくされた自分達は息子達の命令に従い、息子達が注ぐ刺激によがり狂わされるしか無い。逆らったら二人一緒に更なる甘い苦悶へと叩き落とされてしまう。
絶望の事実を脳に染み渡らせ、肉体からわずかに残っていた抗いを放り捨てた父親達は一層激しく裸体をビクつかせ、息子達の目をこれ以上無く悦ばせながらほぼ同時に絶頂を迎えた。

「ぶ、むぅぅぅぅぅっ……!」
「お、おむぅ、もぼぉぉぉぉーっ!!」

柱に括られた裸体を汗を飛ばしながらめちゃくちゃによじらせ、甘い絶叫を救いの来ない山中に虚しく溶かしながら男根から精液を迸らせる父親達を見つめる少年達は、あどけなさの残る顔に欲情に染まった獣の表情を滲ませながら、父達をより淫らに苦しめる目的で淫具のリモコンのダイヤルを最強と示された方へと回していた。






↓よろしければ、応援クリックお願いします↓

小説(BL) ブログランキングへ

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL短編小説へ
にほんブログ村

B L ♂ U N I O N
↓よろしければ、こちらも応援クリックお願いします↓




















ゲイ向け野郎系コミック、電子書籍のダウンロードショップ - DLsite G


会社のかわいい後輩(♂)をハメたくてしょうがない!
 | HOME |